今日の人気記事

  • カテゴリ:
520 :名無しさん@HOME 2008/06/04(水) 00:05:19 O
汚宅に住むトメが近距離別居の子世帯に凸しては夕飯を食べて文句を言いまくる。
旦那が〆てもウトが〆ても効果無し。
今日もやって来て
「嫁子の料理は不味い」
「女孫が欲しいのに男しか産まない役立たず」
「部屋が散らかってる」
等々、言いたい放題。
ぼんやりと聞き流しながら
「旦那はトメ飯の方がマズくて食えねぇと申しておりますが、なにか」
「トメさんだって男しか産んでない件について」
「ハイハイワロスワロス。自己紹介は結構です」
と頭の中で言い返したつもりが、口に出てた。
トメがファビョって帰ってから一時間後にウトが電話で謝ってきた。


661 :名無しさん@おーぷん 2016/12/25(日) 05:24:18 ID:Iv8
今年で18歳になる弟は五年来の引きこもり
いじめられたとかそういうのじゃない。むしろ弟は加害者。
中学の時、何を思ったのか弟は一人の女の子を執拗に虐めたらしい
私は当時とっくに中学卒業してたから詳しい話は知らない。弟が被害者面して愚痴ってきた話だけが情報源
何が凄いって、いじめがきっかけでクラスの女子全員が弟の敵に回ったんだって
女子の団結力って凄いね
弟は女子の視線とヒソヒソ話に耐えられなくなって学校に行かなくなったんだと
身内ながら心底軽蔑したけど母の手前何も言えなかった

弟は未だに反省してない
十代の五年間を家族だけと関わって過ごしてきた弟の精神年齢は五年前のまま。顔の老けた中学生と話してる気分になる
五年前のままどころじゃないかも。引きこもり生活の中で色々と増幅されちゃったんだろうね。どんどん挙動がおかしくなっていってる
「淑やかに…大人しく…もっと女を女らしく躾ていれば邪魔されなかった。○○(被害者の女の子)とこれからも関われてた」
一昨日はこう語っていた
もう二十歳を前にしてるのに、弟の思考は五年前のことで埋め尽くされている
私が弟を軽蔑してることとかもう薄々バレてるから
「じゃあまず●●からお手本見せて男らしく生きよう!やっぱ男といえば筋肉ないとね!」
って年末に向けての掃除を丸投げしてやった
もちろん文句言われたけど強引に押し付けた
どうせ母が手伝ってくれるだろうから大丈夫でしょ

  • カテゴリ:
17 :名無しさん@HOME 2008/05/23(金) 12:45:56 O
トメが勝ち誇ったように
「○○って苗字になって、よかったでしょ。
●○嫁子より、○○嫁子のがいいじゃない」
いつも言ってきてた。
いい加減うざいので
「●○嫁子のが姓名判断とかでは、凄くいいんですよね。
確かに宝くじとか当たらなくなったなぁ。
うざい思いも増えたし」
と言ったら、トメ金魚みたいに口をぱくぱくしてた。

677 :名無しさん@おーぷん 2015/04/23(木) 14:24:31 ID:cD2
よく子供間でLINEいじめの話を聞いてたけど、まさか大人の私が目の当たりにするとは思わなかった

大学のサークル仲間とは卒業後も男女問わず皆で集まって遊んだりしてた
その連絡を昔はスカイプを使って行っていて、リアルタイムでやり取りできるのが便利だった
それがLINEが普及し始めてからはLINEに移行したんだけど、何人かは頑なにLINEを拒否した
電話帳から勝手に友達登録されるシステムや既読システムなど面倒な機能が多いと判断した人たちは利用を嫌がっていた

拒否組の中にA子がいた
A子は大人しく人当たりも良いが正義感の強い子だった
前にサークル仲間であつまった時、メンバーのB男が歩いている人のポケットから落ちたiPhoneを拾った
落とした人は足早に去っていったが、走れば追いつける距離だった
しかしB男は「天からの恵み」と冗談めかして自分のポケットにiPhoneを突っ込んだ
A子は少し離れて別グループと話していたので気付かなかったようだが
B男グループの「おまえwドロボーw」「え、何のこと?w」「ちょっw落とした人可哀想でしょw」「え?これ俺のだし?w」
というやり取りで何かを察し
「B男くん落し物拾ったらちゃんと届けなよ?」と注意
B男はA子に好意を持っていたので、「何もしてないよー」「こいつらの冗談、何でもない何でもない」とその場は一方的にごまかした

B男は家に帰るなり、拾ったiPhoneを脱獄させ好きに使い始め、それをツイッターにあげた
それを見たサークルメンバーのC男が「流石にやり過ぎだ」と注意するが、B男が「おまえ優等生ぶってんじゃねーよ」と逆切れし、2人の関係が切れた
C男はサークルメンバーに「していいことと悪いことの区別もつかない人と共にいることが嫌だ、そんな人と同じ人種だと思われたくない、以後二度と集まりには参加しない」と名言して他のメンバーとも関係が切れた
A子は薄々とB男のことだと気づいていたようで、C男と連絡をとった際にそれとなく聞き、ツイッターの件を教えられたらしい
C男もB男がA子に好意を持っていたのを知っていたので、仕返しだったのだとも思う
A子はそれからB男のどんなコンタクトも拒否し続けた
B男は他のメンバーにA子のことを聞き回ったが、収穫はなかったようだ
B男の好意はその後憎悪に変わっていった
「A子の態度が失礼で腹が立つ、身に覚えもない、理不尽だ、後悔させてやる」
そう宣言してすぐ、B男はサークルの集まりの声をかけた
表向きはA子と仲のよかったD男が開催すると装って

103 :1/1 2011/11/01(火) 21:39:12 0
ティファールの流れをぶったぎろうかと思う。
本当に胸糞悪い話なんで注意。膿家絡みです。

糞トメとB***hコトメ(不倫で出戻り)と同居していた。
夫はママと妹に頼られてはっちゃけ発病した次男君。ウト長男はすでに鬼籍。
嫌味三昧の生活で、私ら夫婦には離婚話が出ていた。
そんななか、コトメが再婚を決めて出ていくからと言ってきた。しかもトメも連れて出ていくと。
連れてきた相手見てびっくり。大学の時の同級生でやんの。

どうも、私の留守中にその男が電話かけてきて。「嫁子の男!」とコトメ勝手に変換。
B***hのスイッチが入ってしまったらしく、猛アタック猛アタックで結婚にこぎつけた。
田舎の農家の息子、ということでトメはいい顔をしなかったが、調べてみたらなんと大地主の息子!
しかも「農作業はさせません、家事は手伝いが居ますから」「コトメさんだけでは不安でしょうから、
よければお母さまも御一緒に。粗末ですが 家 を 建 て ま し た ので」の一言とともに、
相手のパパンからいくらか積まれたらしいトメ、あっさり賛成派に寝返る。
「跡取りが産まれるまで籍は入れない」いわゆる足掛け結婚だったのだが、「ということは、
なにやっても不倫じゃないんだ!」とB***h変換をかましたコトメ、トメを連れて喜々として輿入れ。
「嫁一人説得出来ない能無し」「稼ぎの悪い駄目駄目男」と罵倒されエネ夫鬱病に。

714 :名無しさん@HOME 2014/09/04(木) 17:22:53 0.net
母が事故で急逝した時に日記のようなものを見つけてしまった時。

日記(というよりやり場のない気持ちを書き殴っている感じ)の内容
・なぜだかわからないけど(私)の事が好きになれない、というか嫌い
・生んでしまったからにはきちんと育てなければいけない、嫌っていると気付かれてはいけない
・上の2人と態度が違うと嫌っているというのがわかってしまうので
(私)にどこまで厳しくして良いかわからず
つい(私)を甘やかしてしまっている気がする
・早く巣立って欲しい
・帰省が終わった、態度には出さなかったと思う。
などなど

ケンカもしたこともあるけど、普通の親子だと思っていた。
風邪をひけば看病してくれて、金銭面でも差別されたこともなかったし、
進路など相談に乗ってもらったこともあった。
どこにでもいる母親だったと思う。
私が結婚して家を出るまで邪険に扱われた事もなかった。
結婚後もの帰省も里帰り出産もやさしく受け入れてくれた。
母が亡くなってしまった今となっては真偽を確かめる事もできないけど、生きていたとしても
確かめる勇気なんてなかったかもしれない。
母のタヒ後抜け殻の様になってしまった父親が元気を取り戻した頃、
「母がタヒぬ前に一度だけ意識を取り戻して、ノートを見つけたら読まずに捨ててほしいと言っていた
何か心当たりはあるか」
と聞いてきた。知らないとだけ答えた。

日記を読んだ当時は1人で修羅場だった。

838 :1/2 2014/09/07(日) 20:00:50 0.net
では話題転換を
私と旦那がアメリカでの街中を歩いてた時のこと

休日に人も疎らな車線のない道路を歩いていると
向こうから来た高校生くらいの男の子数人が、うち一人がいきなり道端で寝転んでたホームレスをいきなり蹴飛ばした
高校生位の子たちはそれを見て大爆笑
次々にホームレスを蹴り始め、
みんなで蹴りを入れては、のた打ち回るホームレスを見てみんなして大爆笑
「え?」と思ってるうちに暴力はあっという間にエスカレートしていき
ほんの二、三分ケースみたいなのから金属バット出して、金属バットでホームレスを叩き始めた

止めようにも、高校生とは言え
白人の高校生は旦那よりずっとガタイがいいし
何より笑いながら暴力を奮う様子は狂人そのまんまで
怖くてそんな勇気が出なかった

そんな中、最初に「止めろ!」と大声を出したのは70超えてるようなヨボヨボのおじいちゃん
反対側の歩道にから大声を上げると、そのまま大声で子供たちを叱り付けつつ杖を付きながら若者たちにズンズン向かっていった
位を介さずにホームレスを蹴って遊ぶ高校生たち
その後すぐ100メートルくらい先からも、太った40位の女の人が走ってこっちにやって来て、
3、40メートルくらい手前からは「止めなさい。なぜそんな酷いことをするの?」
と大声を上げて制止をしたりもした

彼女の声はかなり大きくて、みんなの注目が集まると、
高校生なんか一人で全員一発KOできそうな巨漢でゴツい黒人さんとか
同じくその黒人さんほどじゃないけど高校生たちを優に上回る体格の家族連れのお父さんも集まって来て
「彼に構うな」とか「おい。彼がお前たちに何をした?言ってみろ」とか口々に言って
高校生達を攻め始めた
屈強な男の人たちの登場で高校生たちは一気に大人しくなって、
黒人の「去れ」という指示に大人しか従って、バットを仕舞って何処かへ行ってしまった

223 :名無しさん@おーぷん 2017/02/22(水) 12:54:26 ID:hVV
うちの親父は空手をやってて、俺達にも自分の教室で教えてた。俺が長男、下には双子の次男三男
親父は教室開けるぐらいだからそこそこ強かったんだけど、残念ながら息子には才能は遺伝せず
習い事感覚で続けてた俺と違って弟は高校受験を機にやめて、高校入ったら上は帰宅部、下は野球部に
野球部=無条件で丸刈りって時代だったから入学してすぐ頭を丸めた

GWの連休に、下が部活でいないから上と俺とで街に遊びに出かけたら、
いきなり後ろから「おい」と声かけられて、上が見知らぬおっさんに殴られた
反撃で俺が殴り返したらきょとんとして「へ?え?」と情けない声あげて、
立て直した上が腹蹴り飛ばしたら腹抑えてうずくまったから、そのまま襟首掴んで近くの交番に
んで警官と一緒に話をしたら、練習サボって遊びに来て暴力まで振るいやがって退学にしてやるとかブツブツ言ってて
よくよく聞いてみたら下の弟の野球部の監督だった
練習日のはずなのになんで遊んでる!しかも髪まで伸ばしやがってけしからん修正してやる!といきなり殴りかかってきたらしい
いやこいつは双子です当然よく似てるけど別人ですと言っても通じないから、一旦家に帰って親父と下の弟に事情説明
親父キレたキレた。次の日当事者の俺を連れて学校に乗りこんで
部活責任者が練習日に何やってんだ?昨日坊主頭だったやつが一晩でこんな髪伸びんのか頭おかしいのか?
体罰はいいとして(そういう時代だった)無関係の人間後ろから闇打ちしといてごめんなさいもなしか?と
ここまで怒らんでもと俺が引くぐらい教頭と監督に怒鳴りまくってた
今にして考えたら自分も教室の責任者でしかも武道やってたから、無責任な姿勢と無意味な暴力が許せなかったのかもしれない

結局、被害届出さないかわりに上の治療費+α貰って監督は厳重注意食らって
事の顛末が学校中に知れ渡って「不意打ちしたくせに反撃でボコられたヘタレ」とかなり肩身が狭くなったらしい
下は空手やってたのを隠してたのがバレて、ヤンキーに絡まれたりして色々大変だったけど
最終的には仲良くなってちょくちょく家に連れてくるようになった

こないだそのヤンキーと何十年かぶりに再会してあの時の話をしたら
「自分が殴られたわけでもないのにすぐ反撃するって喧嘩慣れしてたんですね…」としみじみ言われた
伝統派だったから稽古以外で人殴ったことないのに

823 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/04/04(火) 14:47:58 ID:tOe6/Hm9.net
USJに行った時のこと

数年前に行ったのはハリポタエリアのできる前だったので(遠方住まいなので滅多に行けない)
どうしてもバタービールが飲みたくて夢にも見るほどだった
いざエリアに入り、ようやく念願のバタービールの屋台?に並ぼうとすると一緒にいた友達が発狂した
「前に飲んだけど寝込むかと思うほど不味いからやめなよ!」
「あんなのまともな飲み物じゃないから!悪いことは言わないからやめときな!」と大騒ぎ
いやそこまでディスる必要ある?味覚は人それぞれだし並んでる人にも失礼だし迷惑だから大声出すなよ
せっかく来たんだから一度は飲みたいしマグカップも欲しいし、と窘めても聞く耳持たず
「あんなマグカップ百均に売ってるし!本当にやめとけよ悪いこたぁ言わないから!」
「どうしてもカップが欲しいならヤフオクで買いな!」と一歩も譲らない
百均には絶対売ってないし他人の使ったカップなんて嫌だよ…

これ以上騒がせても周りに迷惑だしみっともないのでその場は諦めたふりをして
友達がトイレに行っている隙を見計らって速攻でバタービールマグカップ付きを無事入手
あまりの美味しさに感動した…今までの飲み物で一番美味しいとさえ思った
トイレから出てきた友達はバタービールを飲む私を見て絶句してたけど関係ないね
帰り際にももう一杯購入した(友達は不機嫌顔でぶすくれてたが知らねえよw)
そして後日、共通の友人たちに
「(私)は欲しいものはどんな手を使ってでも必ず手に入れないと気が済まないタイプなんだよw」と言いふらされた

バタービール で検索すると熱狂的なアンチ意見が多数ヒットするけど
友達はその手のバタービールアンチだったのかな
たしかに好き嫌いの分かれそうな味ではあるがお前はバタービールに故郷を滅ぼされでもしたのかと
それにしても「悪いことは言わない」という言い方をする奴は大抵悪いことしか言わないんだな

532 :1/2 2014/08/28(木) 01:49:42 0.net
流れ読まずに投下する

北九州の事件みたいに、私の元彼に自分の母親ごとマインドコントロールされてた時が、ここ数年で最大の修羅場だった

元彼とは趣味のオフ会で知り合ったのだが、最初は本当に好青年で楽しい人だった。
少々正義感が強く、人と衝突する事もあったが、その元彼の前に付き合ってた人が、事なかれ主義の平和主義者という名のヘタレ野郎だった為、全然許容範囲だった。むしろ格好良く輝いて見えてしまっていた。
そんな素敵な人が自分にアプローチしてきた為速攻で付き合い出し、半年後には同棲も始まった。
だけど、ただの同棲ではなかった。
私には母親がおり、所謂母子家庭で更に母親が下半身に軽い障害持ち。杖ナシじゃ歩けない。
そんな母親を元彼は受け入れてくれ、なんと3人での同棲生活が始まった。
しかし、一ヶ月過ぎたあたりから元彼が豹変しだした。
モラハラにありがちだが、私が作る料理にだけケチをつけ始めたのだ。
3人生活なんで家事は母親とローテーション組んでたが、とにかく私が料理担当だと、
「まずい。美味しくない。食べたくない」
を連呼し、作った料理を機嫌の悪い時は捨て、機嫌の悪くない時は私の以外の皿を回収して料理をフライパンなどに無言で戻して目の前で作り直すなどやってくれた。
最初は私自身がメシマズなのかと思い、彼の見てない所で料理を練習し、作った物を母親や友達に食べて貰っていたが、皆
「美味しい」と言ってくれていた。それでも、元彼はその行為を繰り返し、見兼ねた母親が
「全然美味しいよ?どうしてそんな事するの??」
と、尋ねれば元彼は笑顔で
「コイツに遠慮しなくて良いんだよ。家族なんだし、本当の事言ってあげなきゃダメじゃん。コイツの為になんないでしょ?」
と、逆に母親を諭し始め、そんなやり取りを見ているうちに、
「私は味覚障害のメシマズで、友達や母親は気を使ってるんだ。元彼は本当の事を教えてくれてるんだ…」と思い込むようになってしまった。

このページのトップヘ