今日の人気記事

  • カテゴリ:
801 :名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金) 09:07:06 ID:BWX
兄嫁の祖母の叔父の奥さん?がアメリカ人らしく、何故か兄嫁アメリカ人気取り。
もちろん兄嫁自身は純然たる日本人。
例上げると、
・私「兄嫁さーん。」
兄嫁「ホワーイ?」
・母「これはこうするんだよ。」
兄嫁「アハーン。」
・何か失敗したりすると、
兄嫁「オゥジーザス!」

兄は「恥ずかしいからやめろよ…。」て言うんだけど、「あーごめん。つい癖で出ちゃうんだよねー。」と。
でも兄曰く昔はあんな外人気取りな返答した事なかったし(兄と兄嫁は小中大職場が一緒)兄嫁両親も「あんなの聞いた事ないけど…。」らしい。
100歩譲って家の中だけならいいんだけど、バスとか電車とか病院みたいな不特定多数がいる場所でもやるんだよ…。
誰が聞いても日本人英語だなーって喋り方だし、なにより文章じゃ喋れないから周りの人にもバレバレ。
ルー大柴さんみたいな喋り方やめてよ…。
兄は恥ずかしさのあまり最近禿げてきた。


39 :名無しさん@おーぷん 2017/05/10(水) 11:47:29 ID:mDe
モラハラ夫と離婚した後に付きまとわれた時が修羅場だった。
今思い出すと、何故あんなに命令に従っていたのかわからない。
洗脳の一種なのかと思う。
一日一回以上、電話しなければならない。
引越等する場合は必ず連絡をしなければならない。
男友達を家に入れてはならない。
毎週、子供と合わせなければならない。
車等、大きい買い物をする時は連絡しなければry
勿論、養育費なんかもらってない。
離婚後なのに、もの凄く束縛され監視されても従っていた自分が
今では馬鹿みたいに見える。
今、結婚生活で「このままこの人と一生、生活していくのか、この状態が一生続くのか」
とか、少しでも思ってる人いたら、家族や友達や会社の人にちゃんと相談した方がいいですね。

815 :名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金) 14:50:47 ID:QMK
ちょっとした修羅場

京都にお兄ちゃんといった時
当時私は16歳でお兄ちゃんは18歳

京都駅のバスターミナルでレッドリボン運動をしてて、男女のカップルに避妊道具を配り、性行為の際は避妊道具使いましょうという呼びかけをしてた

お兄ちゃんと一緒に並んでるとカップルと思われたようで、お兄ちゃんが避妊道具を渡された
私もお兄ちゃんも気まずい空気
しかも帰りにまた通った時も避妊道具配ってて、今度は私に渡された

お兄ちゃんが受け取って上着のポケットに入れてたんだけど、それがまずかった
帰り雨がパラパラ降ってきて、家に帰るとお母さんが私達の上着を受け取って洗濯しようとした
その時お兄ちゃんの上着のポケットから入れっぱなしの避妊道具がこんにちは
お母さんが顔面蒼白になってから真っ赤になった
私もお兄ちゃんも恋人がいなくて、お母さんは私達ができてるんじゃないかと思ったみたい
その後の説明が大変だった

241 :名無しさん@おーぷん 2017/08/09(水) 13:09:01 ID:WRU
40後半独り身男
結婚して子供がいてっていう世間の『普通』に疲れ果てて
いっそお前らとはぜんっぜん違う未来選んだるわいって一念発起
隣の家まで畑何枚もはさむような過疎地に家買って引っ込んだ
仕事も同じ分野で空きがあって安泰
運よく周囲の人は親切で妙な詮索しないし
地域の活動にちゃんと参加したおかげで そこそこ仲良くなって野菜とかもよくくれる

でも最寄りの若夫婦に親切にされるのが本当にしんどかった
はた目にも夫婦仲良くてしかも最近子供産まれた
俺の欲しかったものフルで持ってる
回覧板だの野菜だのを幸せオーラ満開で持って来られると劣等感で泣きたくなってた

都会住みの両親がまめに遊びに来るけど それを見られるのもなんだか恥ずかしかった
年寄りしかいない家 俺の未来のなさを見られてるみたいで

でもこないだまた親が遊びに来て庭の草刈りしてくれてたら
そこの奥さんがスイカ持ってきてくれて
「○○さん(俺のこと)はとても親孝行ですね」って言った
「ご自分の建てた家にこまめにご両親を招待して、本当に親孝行だと思う」って

奥さん震災で両親もういないんだと

当たり前なんだけど どんな家庭にも悩みとか悲しみみたいのはあるんだなって
なんかそれをすとんと理解して
はじめて人と比べるのよそうって思えた

今日もその家の子が奥さんと一緒にきゅうり握りしめて持ってきてくれた
ありがとうって笑顔で言えた
奥さんに「今日は暑いからお仕事休みでよかったですね」とか世間話されて
気楽におしゃべりもした
なんか今なら前いた場所に戻っても苦しまない気がする

242 :名無しさん@おーぷん 2017/08/09(水) 15:03:53 ID:oIO
今年63歳のオヤジが、子供の頃買って貰えなかったラジコンヘリを
ホームセンターで購入し、日々練習している
そんな時、庭の隅で何かの声が聞こえると、ラジコンヘリを縁側に置いて
声のする方へ近づいて行った結果、そこには子猫が!
「子猫がいる」との一言で我が家はお祭り状態
母も「どこ!?どこにいるの!?触れる!?ミルクあったっけ!?」
自分も「久しぶりの子猫!触りたい!」と思いつつ
やじ猫して「フシャー!!」と子猫に威嚇する婆ちゃん猫をケージに入れて
子猫を見に行く騒ぎっぷり
大騒ぎする人間を見て、ビビった子猫はもちろん逃走
しかし暫くすると「ニャー」とまた近寄ってくるので、どうにか捕獲
丸っと太っていたので、どっかの家から逃げ出したか?と思ったが
近所で猫を飼ってる家はいないので恐らく誰かが捨てたと思われ
うちで飼いたいけど元々飼ってる婆ちゃん猫は元々気性が荒いし
ものすごく威嚇してるので相性は合わなさそうと判断し
母がその子猫を引き取った
母親は農業をしているので、自宅から数十キロ離れた畑の小屋で
その子猫は飼われている
朝早くから夜まで母が畑にいるので、子猫もその後をちょろちょろついて来るようで
「も~仕事にならないよー」と子猫にデレデレで楽しそうで何より
日刊「今日のトラッチ(母命名)」の写真を見せてもらっている
父は「猫より犬派!」と言う割には、婆ちゃん猫を可愛がってるし
仕事の帰りにたまにトラッチを見に行っている

952 :名無しさん@おーぷん 2017/08/11(金) 06:20:10 ID:lSP
母の百年の恋を冷めさせてしまった。

還暦過ぎの母と昔話をしていたら、母の当時の好きだった人の話になった。重いものではなく「あの頃は若かったのよーアハハ」みたいな感じで。
バリバリの片想い。しかも相手は母の好意を利用してたフシがあった。
スポーツサークルで知り合ったらしいが、母にお弁当を作ってと頼んだり、服のほころびを繕わせたり。
「日曜日に時間ある?」と言われて、デートだと思い喜びいさんで当日は念入りにお洒落。
当日喫茶店に入ったら、別の誰かとの待ち合わせの繋ぎで30分位したら「じゃ!」と出ていかれてしまったりとか。
「酷い男だねーめちゃくちゃ利用されてるじゃん」と言うと、「でもあの時は好きでねー」と遠い目。母が言うには片想い中は誰にも相談してなくて、後で友人に相談したら「そんな男止めなよ!」の大合唱で、泣く泣く諦めたとか。
「全然振り向いてくれなかったけど、いい思い出」と語る母。

「その相手の写真ないの?」と聞くとモジモジしながら、サークルでの集合写真を見せてくれた。
どんなイケメンが…と思い見たらMr.オクレのような気の弱そうな七三分けの男が。
勝手にイケメン想像した私も悪いけど、意外過ぎて噴いた。
「何これオクレじゃん!めっちゃオクレじゃん!」と爆笑したら、今までキラキラ目で語っていた母なのに「本当だわ、オクレだわ」とめっちゃテンション下がってしまった。
悪いことしたかなぁ、母の思い出を。
客観的に人から言われると、ハッと気付く事ってあるよね。
しかしうちの父もオクレ風だから、オクレは母にとっては褒め言葉なような気もする。

それと、弁当も繕い物も自分の母(私の祖母)に全てやらせていた母も結構なタマだと思う。
ばあちゃん…

267 :名無しさん@おーぷん 2017/08/10(木) 09:39:44 ID:IbO
あるある話かな?
築35年くらいのマンションに住み初めて2年目。
駅近でしかもこの辺で初めて建ったマンションというのもあり、その時代の裕福層が購入し今でも暮らしている。
不動産屋さんに当時のパンフ見せて貰ったら内装が昭和のホテルまんまw(うちはフルリフォームしてるので)

で、最近駅寄りのデパートが閉店した。
マンションに住んでいる奥様方がこぞってその中で勤務していたらしく、エントランスで会うと愚痴混じりに延々と話される。
それは良いんだけど、仕事紹介してコールがちょっとうざい。
パッケージ制作関連の仕事をしてるので、できたパッケの組立部門(座り仕事)はどうかな?と紹介しているが、うーんそれはちょっと…となる。
更に、ここからシャトルバスが出てるSCが最近オープンしたので職歴でいけるのでは?と聞いたら
デパートとSCはレベルが違うのよ!とオブラートに包んで返される。口調は丁寧だけど。
大体ここで話が途切れて別れるんだけど、皆さん裕福層なだけあってプライド高いオーラ出てるから小心者の私はドキドキしてすごく疲れる。
今年入ってからは挨拶のみにしてる。

その奥様の所含む数件は寝たきりや要介護の方が居て、デイケアや往診の先生がよく来られてるのを見る度なんとも言えない気持ちになる。
孤独タヒもすでに発生してる(件数は言えない)
頼むからこれ以上何も起きてくれるなって願ってる。

ここから余談、猫の話題が出てたので
今年の総会で独居の方のみペットOKになった。
仲良い年配さんに猫を見せて貰ってるけどカワイイわ。

693 :名無しさん@おーぷん 2017/01/04(水) 10:20:44 ID:jgy
今年は私と姑、双方納得の上で義実家参りのないお正月だった。
姑曰く「(私)さんの何が悪いわけではないが、嫁だというだけで気に入らない。
嫁イビリしたくないのに目の前に嫁がいるとどうしても駄目だ。
醜い自分を直視したくないのでなるべく疎遠になりたい」
だそうで、そこまで正直に言われてかえって有難いくらいだった。
舅も同様に嫁イビリする妻何て見たくない&正月はゆっくりしたいらしく、姑に同意。

そんなわけで元日は義実家、我が家ともに夫婦だけでまったり其々の家で過ごした。
二日になって夫が「やっぱり母さんの顔を見てこようよ」と言い出した。
私は来るなと言われているので夫さんだけで行ってよ、と言うも
夫は「夫婦で行かなきゃ意味がない」
「何のために結婚したと思ってるの?」
「君が大人になって歩み寄ればいいんだよ」
それでも私が断り続けると「君にはガッカリだ」「失望した、軽蔑するよ」
と捨て台詞を吐いて義実家へ行ってしまった。
さすがに腹が立ち、以上の会話をまとめて夫が着く時刻までに義実家にFAXしておいた。
電話も断られてるからね、FAXするしかないのよ。

夫は夕方前に帰宅しました。
着いた途端に姑にガチギレされたらしい。
滞在時間わずか1時間、その間ずっと説教されてたそうだ。姑からいま一度
「あなたが悪いわけではないが~」の文面がFAXで届いて
「息子を叱っておきました」
「あなたのことは気に入らないが、落ち度はないと思っている」
「息子の事は愛しているが、あれは落ち度だらけで擁護できない」
みたいなことが書いてあって笑ったw
夫にそのまま見せたら真っ青になって肩を落としていた。

昨日は夫を置いて自分の実家へ帰り、両親と姉夫婦と姪っ子と楽しく過ごした。
結婚して初めてのびのびした良いお正月を迎えられたわ。

859 :おさかなくわえた名無しさん 2013/10/18(金) 02:08:29 ID:qaVhyosi
話してる時とかは普通だと思ったし優しいと思ったけど違った
バイト先の人だったんだけど、ある時ラストオーダー取った?と聞かれた
私は別室で接客ではない作業をしていたので分からないと言うと
先輩はAさん(客は少なかったがホール1人でやってた)にラストオーダーとったか聞いた
Aさんが取りましたと答え、それを聞いた先輩が大きくため息をついた時引いた

ラストオーダーとったんなら言えよって気持ちはわかるよ
でもAさんや近くにいた私にすら聞こえるぐらい盛大なため息をつくのはどうかと思う
その後よくよくみてるとしょっちゅう舌打ちしてるしぶつぶつ文句言ってるし
年上+先輩の人にもキツイ口調で言っててさめた

162 :名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水) 19:46:10 ID:rMZ
過疎ってるのでひっそり投下w

実家の父が倒れて介護が必要になったとき、父を引き取りたいと夫に申し出て大喧嘩になった。
ふたりで建てた戸建て、いつか親の世話をしなきゃいけなくなった時のためにと
部屋は余分に造ってあったのでまさか反対されるとは思わず
私は仕事を辞めるけど、金銭的に迷惑はかけないことを申し出て引き取りを相談したが
夫から了解を得られなかった。
今更他人に入られて窮屈な生活をしたくないと。
建てたころから気持ちが変わってしまったのは仕方がないし
これまで自由に暮らしていたから窮屈になるってその気持ちは分るけど、
母が亡くなった時に何もできなかった後悔があったので
父の介護は精一杯やりたくて説得したが理解してもらえなかった。
そんな時、父は一人娘に迷惑を掛けたくないと言い老健に入ると言い出した。
ずいぶん悩んだが、結局は引き取っても父が気疲れするだけだと思い受け入れた。
それから2年、洗濯物や雑事で週1~2回顔を出す日が続いたが
ある時父がインフルエンザに罹り高熱が続いてると老健から呼び出しがあった時に
たまたま同じタイミングで義父が自転車で転んで怪我をし
病院に連れて行ってほしいと義母から電話があった。
私はすぐに夫に電話して、そういう事情なのであなたが連れて行ってあげてほしいと言ったら
大事な会議があるので無理だから老健で話を聞いてから連れて行けばいいだろうと言われた。
ところが老健に着くと入院させたほうが良いとのことで、付き添っていかなければならなくなった。
義実家にその旨伝えると「困った」を繰り返すばかり。
父の病状を気遣う言葉なんて一言も出ず、それどころか
「一人娘さんなんか貰うんじゃなかった」と言われたことが突き刺さった。
これまで何度も義実家のお手伝い等してきたのに何故今更そんなことをと。
その後しばらく父は入院し退院後は老健に戻ったものの、目に見えて弱っていった。
そして退院してすぐに誤嚥性肺炎で再び入院、それから数日で息を引き取った。
この頃から夫に対する気持ちは急速に冷めていった。
父の介護に一切ノータッチだったのは別に構わない。
そりゃあ一緒に心を砕いてくれたらとは思うけど。
でも何もしてくれなかったのに葬儀の時には「一人娘の嫁を貰ったから義親の面倒を見るのは当然」
「精一杯やったから悔いはない」「肩の荷が下りた」などと言ってるのを聞いてしまい
腸が煮えくり返った。

このページのトップヘ