今日の人気記事

149 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/01/23(月) 03:27:38 ID:IVzPDK/+.net
断ったのにしつこく口説いてくる職場の勘違い男が「星は無限にあるけど月はひとつしかない、お前は俺の月だ」とか言い出したので
「月どころか地球も太陽も水星も金星も土星も木星もひとつしかないわけだけどそれについてはどうですか」
今度は「女はたくさんいるけど私は1人しかいない」と言い出したので 
「Aさん(同僚)もBさんも1人しかいませんよ。人間は分裂増殖しないので」
と言い返して、初めて黙らせることに成功したこと
同僚だからと気を遣って言い返さなかったのをいいことに散々つきまとわれてきたのでスッとした
このまま一生話しかけてくんな


606 :名無しさん@HOME 2011/01/10(月) 15:44:26 0
テレビで若年性痴呆についてやっていた時に、
「僕の場合はもう60歳過ぎているから痴呆になったとしても大丈夫だね。」
と既に痴呆が進行している様な意味不明の事を言い出した。
何が大丈夫なのか分からないけど、
多分「面倒みるのも楽だよ。」的ないつものように自分勝手な妄想だろうw

「えー無理でしょ。施設でしょ。」と答えると「そうか施設なのか。」とがっくりきた様子。
私より20kgも多い人をどうやって介護しろと?
更に「1月の連休どっか行くと言ってた。あれどうなったんだ!」と急に怒り出した。
連休は既に今日で終わりだし、「どっか行こうかな?」とつぶやいていたことをよく覚えているもんだ。
行くとしても連れて行かないよ我儘で疲れるからね。
5月の連休は既にギリシャ一人旅と決めているし。

1 :名無しさん@おーぷん 2017/05/04(木) 11:33:14 ID:CMi
タヒぬほど後悔してる
別れてから彼氏の生き方の魅力に気がついた
ヨリを戻したくて連絡を取ったらもう新しい彼女ができてた
タヒにたい

376 : ◆HN4jZOeLeY 2011/11/28(月) 16:57:02 O
育児板から誘導されてきました。
長男の嫁だからって一生同居決定。
毎日子育てしながら買い物行って、舅の用事をいくつも押し付けられて、バラバラに帰ってくる旦那、舅姑、義弟義妹のご飯作ってます。

大体、同居は少しの間の予定だったのに、私が嫌な顔しないで何もかもしてきたせいで完全に頼られて、最近では「ずっとここに居て~」とか言われてます。


最近産後鬱気味で睡眠導入剤のおかげで眠れてるけど、お医者さんに「今度精神科の先生に相談して安定剤も処方するから」と言われたが、義祖母の入院でまたいろいろ押し付けられて時間がないです。

明日はバスで赤ちゃんと30分の義祖父の病院に洗濯をしに行かされそうです。


長文すみませんでした。

941 :名無しさん@おーぷん 2017/03/01(水) 21:20:19 ID:NIw


高校時代にTと言う男とクラスで一緒になった。
このTと言う男、体格も力も恵まれ+中学までフルコン空手の経験があったらしい
だからか、自分が勝てると思う相手には、マウンティングしその人間を支配しようとする。
さらに、格下認定した生徒の人格を否定したり、理不尽な行動や暴力を振るったりしていた。

俺も、Tに「こいつに勝てる」と思われたのか。
昼休みにスマホでゲーム中に、横柄な態度で「おい!お前のスマホ貸せ!」と言われた。
貸す理由が無いので、「何で、貸さないといけないんだ?」と質問しても、「いいから貸せよ!」しか言わず。
自分なりに貸したくない理由を言っても「貸せうるぁ!」「貸せょォあ!」の一点張りで話にならなかった。

「(日本語が通ない...)」と思い、離れようと背を向けたら、Tに思いっきり背中を蹴られた 。
勢いよく倒れる俺に、Tは「おい!俺に謝れ!!」と何故か俺に謝罪を求めた。(謝るのはそっちだろ...)
数分後に教師が入って来たので事なきをえたけど、背中の痛みとTに対する憎しみが尋常じゃなかった。
時期が来たらTの行いを明るみに出すと決めた俺は
Tがした事をノートに書き、ボイスレコーダーで録音したりした。

Tを陥れる証拠を集めていると、ネットある呪いを見つけた。
呪いの方法は、『どこで、誰に、何をされたか、それでどんな気分か。』を紙に書きある事をする
「(簡単だし、気晴らしにやるか)」程度で、「学校で、Tに、暴力を振るわれ、困ってる」と
軽い気持ちでやって見ると1週間後に、Tが松葉杖をついて登校して来た。
バイク事故で派手に転んだらしく、骨に影響があるけど大した事じゃないらしい(T談)
「(よく分からないけど、大した事じゃなくて残念だな~)」と思ったが

Tの足が治ったと思ったら、早くて1ヶ月、遅くて2~3ヶ月以内に足に怪我を負い、松葉杖で登校して来た。
それも決まってTが周りに迷惑をかけた1~2日後にケガをする。(きっと、今までのツケが来たんだろう。)
初めてケガをした時は偉そうに座り、周りをこき使っていたけど
ほぼ毎回足にケガをする未来の老害に、嫌気がさしたクラスメイトは
休み時間はTが来ないであろう。運動場や食堂に避難していた。(その間Tは教室で一人。)

猿みたいに怒鳴るTだったが、団結した?クラスメイトの行動に何も言わなくなった。
「少しだけ可哀そうかな?」と思った俺は、何となく「学校で、Tが、シケた顔する、心の支えの人物がいなくて~(略)。」って呪ってみたら
その2ヶ月後にTに彼女が出来たという情報を掴んだ。
クラスで美人な女子に必要以上に絡む位、美人好きのTだから綺麗な彼女が出来たんだろう。(クラスの女子から嫌われてたけど。)

冬のイベントで、松葉杖をついたTが彼女らしき人物と歩いているのを発見した。どんな顔か見てみると
Tが今までに買った恨みや憎しみが、そのまま具現化した様な、何か凄いのと歩いていた。
ただ、Tには美人に見えるのか、周りに見せつけるようにイチャイチャしていた。
(呪ってから、美人な女子生徒を邪険にしたり、ブス呼ばわりしてたけど、僕は悪くない。)

Tには色々恨みもあったし、何をしてるか分からないけど、
人を呪わば穴二つって言葉もあるし、このままTには幸せになって貰いたい。

1 :1 2014/12/29(月) 17:47:36 ID:tI9
駄目と言われても勝手に話す

書き溜めてるからあんま時間は掛からない
暇なやつだけ見てってくれ

198 :名無しさん@HOME 2014/06/26(木) 06:36:45 0.net
母が俺への仕送りを自分の小遣いにしてたことが父にバレたこと。
父は仕事人間で海外に単身赴任中で年末年始に帰ってくるくらい。俺が大学が受かった時も同様で、一人暮らしをしたいと言った時は
「母さんに仕送りさせるように言っておく」
とだけ電話で言われた。
で、年度末になった途端に母から
「父さんの仕事がうまくいってない。悪いが学費しか出せない」
と言われた。
学費も生活費も全て稼いで勉強してる奴もいると思い、俺は了承して大学に入学した。
深夜にバイトして日中は勉強と確かに忙しかったが生活は問題なく出来ていた。
それでその年の年末、俺と父が地元に帰ってきて父が開口一番
「金は足りてるのか?足りないなら仕送り増やすぞ」と言った。
俺ポカーン。母キョドリまくり。
「仕送りは貰ってないけど」
と俺が言った瞬間、父が恐ろしい形相で母を睨みつけお説教した。
母は俺への仕送りを旅行やら食事やらで散財していた。
父は
「一緒に海外出張に来てくれない上に、子どもも大切にしない他人のお前に払う金などない!離婚だ!」
と大声で叫んで、母を雪が降る年の暮れに家から蹴飛ばして追い出した。母は泣きながら玄関の扉を叩いていたけどすぐにいなくなった(母の実家は歩いて5分)
いきなりのことでキョドリまくりの俺に父は
「良い機会だった」
とニヤリと笑って好きな人がいる、結婚しようと思ってる、あいつ(母)は慰謝料払えば文句言わない、そう言う奴だと言った。
そのあと色々あったけど2人は翌年の初め頃に離婚して親権は父が持つことに。夏に父は20歳年下の部下と結婚した。
確かに夫婦は他人。でも俺にとっては両方とも他人じゃなくて親なので複雑な気持ち。母は嫌いじゃなかったし、どちらかと言うと仕事ばっかの父の方が苦手だった。
母を追い出した父を酷いと思ったけど怖くて何も言えなくて俺は父に従うしかなかった

  • カテゴリ:
61 :名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/27(金) 22:18:36
離婚決まって嫁との経緯を最近よく考えるのだけど、
人格障害って結婚という依存関係によって進行加速して行く事って無いかな?。
特に家族信仰の強い嫁の場合…。


79 :名無しさん@お腹いっぱい。 2009/03/13(金) 19:23:50
モラハラ妻から離婚&親権とる方法求む。
すでに家を飛び出しているためすごくきつい状況。
若干の証拠は抑えてあるが決め手に欠く気が…。

279 :1/3 2013/10/14(月) 00:53:13 ID:l37t5JCi
些細なことと言えば些細なことなんだが、とんでもない勘違いが起こった。

俺は妻と息子(9歳)と暮らしている。
この間、俺が夕方頃に「仕事が長引くから今日は帰りが遅くなる」という旨の電話をした時、
妻が「今から買い物に行くけど何か買ってきてほしいものある?」と訊いてきた。
俺は試しに「100g1000円くらいのステーキ肉をヨロ…」と言ってみたが即却下された。
これは分かりきっていたことなので別にいい。
そして俺は、栓抜きが何処かにいってしまって見当たらないということを思い出し、
それを買って来てもらうことにした。それは即OKしてくれたわ。

このページのトップヘ