今日の人気記事

111: 名無しさん@おーぷん 2017/02/17(金)00:58:02 ID:Kpm
流れ読まずに書き棄て


544: 可愛い奥様 2017/03/21(火) 01:59:27.80 0
眠れない夜はいつも思い出してしまう。 

新婚の頃、夫とドライブ中に大ゲンカ。 
高速のサービスエリアに置き去りにされた。 
すぐ迎えに来ると思ったら真っ暗になっても現れない。 
ベンチで泣いてたら、中年のおじさんに声をかけられて事情を話した。 
その人はトラック運転手で、寒いからとトラックの中で待たせてもらうことになった。 

トラックの中で泣きながら夫への不満をぶちまけた。許せなかった。 
運転手さんは優しくしてくれて、私はすぐに心を許してしまった。 
話しているうちに、手を握られ、肩を抱き寄せられ、気がついたら裸で抱き合ってキスしていた。

439: 名無しの心子知らず 2017/03/23(木) 10:20:01.91 ID:xym5GvaW
姫路のこども園 

室温20、ご飯の量これが虐待なら
うちの子どもの通ってるのびのび放牧園ヤバイわ 

のびのびだから給食も子どもが自分で自由によそうから
量少ないし、絶対あんなに食べてないよ
…  
なんせ、プリントに
給食はいかに子どもが喜ばないメニューにするか考えてる
とか書いちゃってるし
室温も20あるようには感じない、なんせ教室一歩でると外だし 

教室の中にはオープントイレ
そこの教室で子どもがご飯おやつ食べてる 

子どもがすぐ開けて外のすのこと教室を走り回ってるから寒い 
雪の日でも基本裸足だ


467: 名無しさん@おーぷん 2016/12/13(火)18:30:24 ID:???
新入社員ちゃんが入社当時に
「高校~大学までナンコモバイトしたけど、どこも一週間でクビになる。
バイトリーダーとか店長に消えろ!!って言われて辞めさせられた」
って言ってて、可哀想…と同情してたけど

今になって店長やバイトリーダー達の気持ちがめっちゃわかる
障害でも有るのかな?ってレベルで理解力も記憶力もない
顔会わせるだけで、こっちが吐きそうになる
「何度も教えたよね?覚えてね」って前置きして説明しても
マスオさんみたいに「エーー!!」とか言って初耳!!みたいな顔される度に鼻が折れるくらいに一発ぶちこんでやろうかと思うほどイライラする

229名無しさん@HOME 2017/03/10(金) 20:36:22.55 0
息子の嫁が、私の知らない間に2人目妊娠してた。 
少し遠い大型スーパーで見かけてびっくりしたわ。 
何考えてるか知らないけど、普通は夫の親にも 
報告するものでは? 
最近の若い子は本当に礼儀知らず。

519: 2011/04/11(月) 14:35:32.20 ID:kqQJCZuz
キチママ遭遇したので書き込み。

子供(7ヶ月)が4月から保育園。

5月から復帰予定だったが、人見知り全開で
ギャン泣きして1時間保育しか出来ない。
保育士さんから半ば呆れられながら、
肩身の狭い思いで子供を迎えにいく日々。

しかも私が育休切りにあってしまい、
現在転職活動中。
(一応まだ席はあるけど復帰無理) 

そんな状態なので、旦那の通勤時間に合わせて
一緒に保育園に送りにいくんだけど
シンママから託児&旦那?をロックオンされる。 

週末に子供を迎えに行ったら、
シンママが子供を抱えて、
保育園の前で突っ立ていた。 
会釈してギャン泣きする子供を
抱えて帰ろうとした所、
声を掛けられてお茶に誘われた。


574: 名無しさん@HOME 04/10/31 12:49:37
私ではなく義理姉さんが言ってくれた一言ですが。

義理姉さん(実は私より二つ下)は
看護師さんで内科病棟の主任さんです。
義理姉さんの勤め先が総合病院で、
そこの産婦人科で二ヶ月前に出産しました。

陣痛が始まってから入院したのですが、
夫が別居している義父母に連絡したせいで 
個室に親戚までつれて駆けつけてしまい、
大騒ぎに。 

同居を拒んだ時から会う度にねちねちと
嫌味を言われていたのですが、 
初産で半日以上苦しむことになったのですが、 

「これっくらいで大声出して情けない」
「日頃家の手伝いなんかをちゃんとしてないから長引いて」 
と嫌味を言い続け、
夫が注意しても止めようとしませんでした。 

痛いのと情けないのとで、
私が泣きそうになった時に、
勤務の合間を縫ってきてくれたらしい
(白衣着たままでした)義理姉さんが
鬼の形相で入ってきました。 

ちょっと長くなったので切ります




278: 名無しの心子知らず 2008/02/21(木) 10:52:17 ID:VX7bBAn4
以前、家庭教師をしてたんだけど 
生徒がまさに浅ましい、そのものの子だったよ。 

普通のカテキョと違い、私のアパートに呼んで勉強するんだけど 
どんなに片付けてもしまっても、私の部屋のものをあさるあさるあさる! 
姉妹で勉強しにきてた生徒なんだけど、下の子ががめつい浅ましい子。 

リクエストがあって、いつも子供たちには紅茶を出してたんだけど
その用意のために私が別部屋のキッチンに行くと、必ず何かをあさってる。 
ベッドの下の収納からマンガの箱とかインナー、服の箱を引きずり出してたり 
ベッドの支柱にひっかけてあるバッグ(大学に通学する時に使う)
の口を開けてあさってたり。 

はなはだしきは、たまに紅茶とスイスロールwとかをカットしていると 
「残りは?食べるの?先生食べるとブタになるからやめなよ
あたしが持って帰ってあげる」。 
他にも何件か、私の部屋に呼んで勉強する生徒がいたので、 
「これは明日来るほかの生徒のもの」と言い聞かせても
「その子、これ嫌いかもしれない。 
っていうか嫌いだと思う。だってこれ安いやつじゃん」
・・・テメー、これは私の自腹サービスだぞ! 
ひと切れずつ出せば、「こっちのほうが大きい」と勉強そっちのけで計り、大騒ぎ。 
ガツガツ食べて「おねぇのまだ残ってる。食べてあげる」
「いや、私のだからやめて」「いいじゃん」で、大喧嘩。 

ある時、下の子から月謝の封筒をもらい(手渡しでした)、領収書を書くため、 
子供たちと一緒に中身を改めたら・・・あれ、500円玉がひとつ足りない。 
もちろん領収書出せないので、そう言うと
「ないとパパに怒られるから書いて」。 
「でも500円足りないから書けないよ。
書くとしても、500円足りない額でなきゃ書けません」というと 
いいから書け書けと大騒ぎ。あんたらのカバンに落ちてない?というと
上の子は素直にカバンの中身をあけて「ない」。しかし下の子は絶対に開こうとしない。 
ついに上の子が強行突破でカバンをあけると、底に落ちてました、500円玉。 
それを私が徴収し、領収書を書いて渡すと、びっくりするほど
憎々しげな目つきで私を睨んで 
「500円ぐらい、いいじゃん。3万も貰ってるんだからさ」と。 
浅ましいと疎むどころか、怖くなったよ。

897: おさかなくわえた名無しさん[] 2009/10/07(水) 17:20:29 ID:7ys5bXRt
長文、携帯からすみません。 
結婚式の流れで。 
5ヶ月前に親友♀がデキ婚した。私は学生、親友はフリーターだった。 
当日私は着物を来ていったんだが、着付けをしてくれた美容室のミスで式場に一時間遅刻してしまった。 
私が到着した時にちょうど披露宴が始まった頃で、挙式に出席できなかったことは勿論何回も謝った。 
美容室には予約をした際に料金を前払いしており、私は就活中でとにかくお金がなかったので、御祝儀は1万5千円を渡した。親友には事前に、着物で行く事と御祝儀の額は伝えて了解を得ていた。

257: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2015/05/08(金) 08:11:35.19
相談です。

2歳の娘があまりにパパっ子で、妻がおかしくなりかけてます。

トイレに行かせたり、オムツを交換したり、お風呂に入れたり、ご飯を食べさせたり、歯を磨かせたり、一緒に寝たり、とほぼ何もかも「パパにやってほしい」「パパと一緒がいい」状態で、
妻が娘にすぐブチ切れるので彼女のストレスを解消するために
1. さらに育児頑張って妻の負担をより減らす
2. 娘が妻にも甘えたり懐くように距離をとって様子を見る、あるいはそう仕向ける

どちらのほうが良いか(あるいは何をしたら良いか)本人に直に聞いたところ、妻は1だと助かる、と答えてくれました。

なのでまずは妻の精神状態を落ち着かせるためにも、さらに育児を頑張ってみたのですが、やはりパパっ子化は進んでしまうばかりです。

もちろん私だって娘が悪さをしたら叱りますし、母親のいうことを聞くように言い聞かせもします。(厳密には母親のいうことを聞かないわけではないですが......)

娘 も別に母親を無視するわけでもやたら母親に対してだけイヤイヤ反抗的なわけでもないのですが、とにかくいつでも何をするにも「パパ!」「パパ!」「パ パ!」で、私の目から見てもちょっと度が過ぎてると感じています。周りの親や妹からも「近年稀に見るパパっ子」と言われてしまっています。

妻のほうは一時に比べて娘に対するバイオレンス的な行動は収まっているのですが、ことあるごとに「私なんていなくてもいい」「二人で暮らして。私はタヒにます」と結局ノイローゼみたいになっています。

娘のパパっ子はあと数年もしたら「パパきもーい」に変わるんだろうと思うのですが、とにかく妻が心配です。

どうすればいいでしょう?(専門家に話を聞きに行こう!と妻を誘ってもなかなか応じてくれないんですよね......)




このページのトップヘ