今日の人気記事

196: 1 2013/11/05 22:50:23 ID:yjitVdyO0
おっさんの昔話投下。


俺とA子は部署の違う社内恋愛。
年齢は同じだが、A子は中途採用なので俺の方が1年先輩。
A子が入社してすぐに社員食堂で挨拶して、趣味が同じだったので
仲良くなり付き合うにいたった。

2年たっても3年たってもイチャコラ仲良しで「そろそろ結婚を」という雰囲気になった。
A子も同様だったようで、俺を自宅に招いてA子両親とA子妹に紹介。
温かく迎えていただきA子宅にしばしばお邪魔するようになった。
(俺の実家は地方なので年末にでもという予定だった)

ある日、アポ済でA子宅を訪ねるとA子妹が独りでいて
「他はもうすぐ帰るから上がって待っていてください」という。
そこでノコノコ上がったのが運の尽き。
非常識だったなと思う。

応接で新聞読んでて気配を感じ、顔をあげたらパンツ一つのA子妹がいた。
意味も状況もわからなかった。
そいつが俺に抱き着いてきて、もっと状況がわからなくなった。
「A妹の気が狂った」と思ったような。



101: 恋人は名無しさん 2013/10/27 07:57:46 ID:1erQMpOUi
忘れたいので吐き出させてください。


A子…超美人。海外の大学に通っていて、夏休みの3ヶ月弱、帰国。
私…普通のブスな大学生。A子姉の後輩
A子姉…社会人。既婚。

B男…A子彼氏。3年くらい付き合ってる。A子とは海外で知り合い、就職で帰国し、今は遠距離。
C男…A子の新しい彼氏。メディア関係の社会人。
D男…私のクラスメイト。社会人学生。
他多数…A子の浮気相手。


A子とはA子姉を通じて知り合い、大学での専攻が近かったこともあり、とても仲良くなった。
A子が夏休み帰国してる時は、A子の実家によく遊びに行っていた。
一家(両親、祖父母含む)で可愛がってくれた。


A子にはB男という3年付き合っていて今は遠距離の彼氏がいたが、「このまま付き合っていてもお互い幸せになれない」らしく、別れたと聞かされていた。
でもA子実家に行くとB男もちょくちょくいたので、「別れてもいいお友達なんだなぁ」なんて思っていた。


74: 恋人は名無しさん 2013/10/20 19:41:05 ID:akXbCgExi
姉と婚約寸前まで行った姉の彼氏が、大学時代に同級生を孕ませていた。
しかも産んでいたことを、両親から知らされたことかな…………
姉は彼を往復ビンタし、エルボー食らわして別れたらしい。


132: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/05 12:26:41 ID:wp2ZK9Pn
自分は中学の頃に両親が離婚して父子家庭で育った
離婚の原因は母の浮気で、父は私の反対を押しきって離婚
母も特に抵抗はしなかったようで両親話し合いの結果、私は父方へ
父はいつも優しかったし、自分自身も子を持つ親となった今
改めて振り返ると本当に苦労しながらも私を大事に育ててくれてたとわかるんだけど
当時の私は母親がいないということが非常にコンプレックスで
母に非があるとはいえ私が泣いて嫌がった離婚を強行したり
私と母を引き離した父のことを反抗期も相まって本気で憎んでた
お父さんなんか死ねばいいのに、私はお母さんと暮らしたかったのに!が
当時の私の口癖で父本人にも何回も言ってしまってた

それでいつの間にか自分の中で「本当は浮気なんかしてなかったけど
深い理由があって泣く泣く出ていった可哀想な母」みたいな
勝手な設定で母親を恋しがって父や父方の祖父母は悪役にして
無視したり悪口言ったりワガママ放題してたんだけど
大学生になった頃、母方の祖母が私にコッソリ母の居どころを教えてくれた

後日、私は大喜びで電車乗ってバス乗ってワクワクしながら会いにいった
その時は自分の勝手な妄想設定が真実みたいな思い込みになってて
母と感動の再会を信じてたんだけど現実はめちゃくちゃ嫌そうにされた
迷惑だから二度と来ないでほしいと言われても、母は父に気を遣って
そんな心にもないこと言ってるんだと思い別の日にまた行ってみたら
本気で迷惑がられて、自分は母親に捨てられたという現実に遂に引き戻されたあの瞬間が
なんとも言えない衝撃を受けた瞬間で帰りは死ぬほど号泣した
それ以降は父とも普通に仲良く暮らせたから良かったけど
あの瞬間を思い出すと今でもたまに息苦しくなるほどの精神的な衝撃度だった


97: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/04 19:09:29 ID:FvlnkHpS
娘が婚約者を連れてきたんだが、娘が中学生高校生のときに連れてきてた彼氏だった。
深くは聞いてないけど初めての恋愛で別れることもなく18年間ずっと付き合ってきたらしい。
大学、社会人と彼氏はいるとは聞いてたけどずっと続いてたとは思わなかった。
かつてのメタボ少年は面影を残した若ハゲメタボ青年へと大きく成長していた。
体型といい頭といい娘よりも俺の子らしくてなんか笑った。意気投合せずにはおれん。
妻と「初恋同士で結婚とか素晴らしいよね」とか話してたら
「初恋に私を選んでくれて嬉しかったよ。私は初恋ではなかったけど、現在進行形で好きだから」
なんて言われたぜ。この歳で妻をデレさせる俺の魅力パねぇ。
後半自慢になったけど反省しない。


17: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/03 13:57:07 ID:Y5JN1esk
ウチの36歳の旦那がワカメと昆布が同じものだと思っていたこと。
Wikiによると厳密に言えば同じものらしいが…
びっくりして思わずワカメと昆布水で戻して比べさせて、違いを確認させた。
そういえばくしゃみと咳も区別つかないみたいなこと言ってたな…


このページのトップヘ