今日の人気記事

300: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/22(日) 06:34:01.13
稼ぎが悪いを連呼されすぎて、疲れてしまった。 

腰のヘルニアで手術する羽目になって、病給有給消化して退職ってことで 
会社と合意したのね。当時年収800万あったけど、3年しか勤めてなかったから 
退職金は無いようなもの。んでも同業他社に復帰できる体調になったら 
ウチに来いって声かけて貰えてたから、そこまで心配はしてなかった。 
貯金もそれなりにあったしな。 
嫁と話し合って、まずはしっかり体調が回復するまで復帰はせずに養生して、 
復帰後も最初の1年は収入より体調重視で・・・と。 

それが病給中から、収入が無くなる、辛いを連呼され、お湯を使うことも 
許されん惨めな生活を嫁が強行するもんだから、退職と同時に無理して再就職。 
新しい会社の好意もあって週4勤務、年棒600万、残業なしで合意。 
年収は下がったけど、残業150時間が常態化してた前職よりは時間給でいえば 
上がってるし、夫婦で会社側の好意に心から感謝したんだ、そのときは。 

再就職1ヶ月後には毎日稼ぎが悪いを連呼される日々に。 
35歳で年収600万は悪くないって思ってるかもしれないけど、 
世帯年収600万はハッキリ言って少ないから!共働きで年収300万夫婦だよ? 
って、嫁側が言っていい台詞じゃないだろ、どう考えても。 

すぐ仲直りするし別れる気も無いけど、収入のこと責められるのが 
こんな疲れると思わんかったわ。



724: 名無しさん@HOME 2011/01/21(金) 01:16:44 0
小姑が二人いるのですが、 
「家族みんなで旅行に行きたいね!」って言い出しました。 
義親・小姑夫婦×2で旅行に行かれるそうです。 
小姑様、あなたたちのご家族は嫁ぎ先のご家族なのでは・・・? 
その論なら、私の家族は生家の家族になるっちゅー話だわい。 
まぁ、これが日常です。 
慣れたつもりでしたが、毎回ちょっとだけ驚きます。 
もしかして、違和感を感じる私がおかしいのですか? 


266: おさかなくわえた名無しさん 2012/07/18(水) 13:24:42.94 ID:K8YCHs7A
よくあるのかもしれないけど、彼女が勝手に俺の携帯を見てた。 
俺「勝手に見るな!」 
彼女「見られたら困るメールでもあるわけ!?」 
俺「じゃあお前の携帯も見せろ!」 
彼女「嫌よ!なんで見せなきゃいけないのよ!」 
俺「見られたら困るメールでもあるのかよ!」 
彼女「今は私の携帯は関係ないでしょ!!」 

何言ってんだこいつ…でスレタイ。 
最初に「勝手に見てごめん」と謝ってくれてたら、別れることはなかった 
ろうなあと思う。
 
彼女「見られたら困るメールでもあるわけ!?」 
俺「じゃあお前の携帯も見せろ!」 
彼女「嫌よ!なんで見せなきゃいけないのよ!」 
俺「見られたら困るメールでもあるのかよ!」 
彼女「今は私の携帯は関係ないでしょ!!」 

何言ってんだこいつ…でスレタイ。 
最初に「勝手に見てごめん」と謝ってくれてたら、別れることはなかった 
ろうなあと思う。


964: 名無しさん@おーぷん 2014/09/08(月)09:57:14 ID:lsoZGFNZr
自分でやった復讐ではありませんが、身近なところであった復讐ってことで。
7年前に父が亡くなったのですが、遺産のほとんどが長い時間をかけて私にだけ残されていたことです。
適当にフェイクを入れますので、齟齬があっても勘弁してください。
私の上には2人、つまり私は3人兄弟の末っ子ってことなんですが。
私は兄弟の中であまり母に好かれていなかったというか、私には厳しいというか、冷たいというか、
まあそんな感じでした。父はどの子供も分け隔てなく3人一緒という感じでしたから、
母が亡くなって私にだけ遺産を残さないことはあったとしても、父が私にだけほとんどの財産を
生前贈与して遺言書も私に有利に書いてあるということは驚きでした。
父は20年ほど前から糖尿病になり、合併症で死ぬ半年ほど前から入院をしていたのですが、
母は体の調子が悪いと言ってあまり見舞いにも行かず、上2人も似たような感じでした。
私は会社の最寄り駅の近くに父の病院があったこともあり、朝は5分ほど顔を出して、
帰りも残業がない日はよって顔を見せることにしていました。
父が亡くなった日も、朝に顔を出していました。
気分がよさそうにしていたので、まさかその日に亡くなるとは想像もしていませんでした。
丁度昼の休憩になろうかという頃に病院から電話がかかってきて、父が亡くなったことを知りました。
心臓まひで、食事が残っていたので看護婦さんが配膳に行ったら、眠るように亡くなっていたそうです。
そこからはよくあるように葬儀の準備などで、家族みんながバタバタとしていて、悲しむ間もない感じでした。
冷たいようですけど、70を超えていて持病もあっての入院でしたから、亡くなった時も家族みんながそんな感じでした。
そして葬儀後、遺産整理をすることになったのですが、そこからが驚きの連続で、
遺産の総額を調べることになったのですが、生活口座に300万ほど入っているのみで、
母親が住んでいる土地建物は、20年ほど前に私に生前贈与されていて、私が受取人になっている保険が数件、
私名義の通帳が数冊。あとは金庫に500万ほどの現金と、生活口座に入っている300万しかなかったのです。
そして父の葬儀にもすっせ記してくださった父の友人で弁護士をされている方から、遺言状が作成されていますので、
と連絡があり、家族4人で弁護士事務所に伺いました。
上記の理由から、残りの家族は俺が父をだましたと思っていて空気は非常に悪かったです。
そして、父の遺言状にはまず葬儀費用のことが書かれていて、葬儀費用は金庫のお金を当てるようにとのことでしたので、結果、金庫のお金は
残り200万となり合計500万が相続対象となりました。
私以外の3人は、私が父をだまし遺産を独り占めした。裁判をすると言いましたが、
弁護士さんがまず遺言状を説明させてくださいと言われ、まず話を聞くことになりました。
そこには、母の浮気に関する調査書と、上2人との親子鑑定書(?)が加えられており、私以外は、
父とのつながりがないことが書かれていました。
そして、残りの500万を法律通りに分けられることをお勧めしますと言いました。
結局母と兄は裁判を起こそうとしましたが、どこに相談に行っても裁判に勝てる見込みはないと
言われたようで、結局協議書に全員が判を押して、終了しました。
私は父は温厚な人であった野のい、そこまで深く怨みを持ち、自分が死んだ後にこのような形で
母に復讐するとは思いませんでした。
現在母はまだ、父と住んでいた家に一人で住んでいますが兄弟たちからは援助もなく、途方に暮れているようです。
私は、もう少ししたら残りの兄弟と相談して母には施設に入ってもらうつもりです。
子供のころからなぜ母が私に冷たかったのかという理由もわかりましたし、
兄たちが母の面倒を見なくても私が母の面倒を見る気はありません。
なんかものすごくわかりにくい文章しか書けなくてすいませんでした。


520: 名無しさん@おーぷん 2014/09/08(月)09:34:24 ID:s5LwZTmqf
最近寒くなってきたねー。それで思い出した修羅場。

7年前の冬、その日は天気予報で今日は大雪になるから気をつけれって流れてて、朝から対した量じゃなかったけど雪が降ってた。
大雪になる前にベランダの物干し竿下ろしとくか~とベランダに出て窓を閉めた。
(3歳と8ヶ月の子供達がいるから部屋が冷えない&外に出ないように。)
物干し竿をガタガタ下ろしていると後ろでカチャッて音がして、ん?と振り返ると3歳が鍵かけてドヤ顔。
「俺すごくね?w」とでも言っているようだった。
「ちょ、おまwまじかw」と思いながらも、この鍵かけは鍵開けとワンセットの行動なので3歳を誘導して鍵をまた開けさせたのだが窓が開かない。
え。とよくよく見てみると寝返りイタズラ大好きの8ヶ月、窓の下に付いてるキッズロック(子供が窓を勝手に開けないようにしておく非常に軽いボタン)を押しておったわい。
「やべーよまじかよ...。だが3歳を誘導すれば!」と思ったんだが、鍵かける→かーちゃんが「開けて~」言う→俺開けてあげる→かーちゃんに「ありがと~」ってチューしてもらえる!(・∀・)の絶対公式が崩れた3歳はパニクって泣きながら鍵をガッチャガッチャやってた。
「かーちゃーんんん!!お願い帰ってきてえええ!!あおーんんん!!」って泣き叫んでたから話聞いてくれない。
なんとか落ち着かせようと説得したんだがなんせ寒くて(物干し竿下ろすだけのつもりだったから長袖Tシャツに短パンの超軽装な上携帯も家の中w)唇真っ青でガチガチなってる姿を見て3歳更にパニックwww
「かーちゃんだ、だい、大丈夫だか、ら、おちつ「かーちゃーんんん!!いやあああ!!」と阿鼻叫喚。
そうこうしてたら子供達は泣き疲れたらしく寝だした。
助けを呼ぼうにも携帯は無い、叫んでも周りは田んぼのみで隣の家には到底声は届かない、「自宅のベランダで雪だるまになって死亡って明日のニュースになんのかなぁ...」とか考えつつ私の意識はログアウト。
目が覚めると病院のベッドだった。
何で私生きてんの??何で発見してもらえた??とキョトンとしてると涙目のトメがいた。
トメが怒鳴りながら言うには、愛しのムチュコタンを奪った私を敵認定してるトメが私の携帯に何度も電話してたらしく、「嫁の癖にトメ様の電話に出ないなんて!」とプンスカ家に来てピンポン押しても出てこないから勝手に作ってた合鍵で中に入ると孫タン達発見。
「嫁やっぱりいるんじゃない!キー!どこに隠れてるの!?」と探してみるとベランダで半分雪だるまになって顔が真っ青通り越して白くなってしゃがみ込んでる嫁発見。
あばばばばとなりつつ救急車呼んで私を風呂場に引きずっていきお湯をかけて温めてくれたらしい。
「しょうがなくよ!?しょうがなくあんたを助けてやったら腰痛が悪化したのよ!どうしてくれるのよふじこふじこ!」ってまだなんか言ってたけど泣きながらだからよく聞こえないし、私もそれ見て泣いちゃったから聞いてない。
無事退院してからは、トメを腰痛の病院に連れてってあげた。しょうがなくねw


535: 名無しの心子知らず 2012/05/16(水) 14:10:29.39 ID:3/ZAlomo
昔プールのある施設でアルバイトしていたときの話。 
・身長制限のあるウォータースライダーに子供と一緒に乗ろうとするのを 
止めたら、掴みかかられる。 
(140cm制限だったんだけど、どう見ても120cmくらいしかない) 
「何か起きてからじゃ遅いですから」と言うも、 
「何か起きたら私が責任とるわよ!ほら、(子供)、今のうちに行きなさい!」 
ママと揉めている間に子供が脇をすり抜けて階段を上がる 
→階段の上にも役員がいたため、止められて子供号泣。蹴られる。 
「もう帰る!」の捨て台詞。 
・ご飯を食べたすぐあとプールサイドでリバース。 
親は「食ってすぐ動くからだよ~」とへらへら。ゲロ始末。 
子供また遊び出して今度はプール内でリバース。親へらへら。 
・貸出用浮き輪を破裂させたまま放置。 
・貸出用浮き輪じゃない個人の浮き輪で遊んでいるのを注意したら逆上。 
「ちょっとだけだからいいじゃん!名前書いとけよ!」 
→油性マジックの貸出しが始まる


501: 恋人は名無しさん 2014/04/07(月) 00:57:14.53 ID:U/55Po1mi.net
私 大学生 当時20歳 
彼氏 大学院生 当時23歳 
お互い別の学校に通っていた 

彼氏の母親が紹介しろとうるさいのである日会いに行ったら 
「うちの○○(彼氏)ちゃんはイケメンで勉強も出来てスポーツ万能なの!」 
と鼻高々に自慢してきた 
その後も彼氏の自慢のオンパレード。 
まあ男の母親なんてこんなものか、と思っていたが 
「通ってる大学はどこなの?」と母親に聞かれたので答えると見る見る顔が鬼の形相に。 
帰れ!うちの息子と二度と会うな!と怒鳴られ、慌てて逃げ帰った 

彼氏に聞くと、彼氏は私の通っている大学に落ちたらしく 
息子ラブな母親は息子より高学歴な私を許せない、とのことだった。 
その後も彼氏に電話すると母親が出て発狂して暴言吐かれたり、彼氏のケータイから死ね!とメールが来たり大変だった 

一番腹が立ったのはそういう馬鹿親の犯罪一歩手前の行動に対する彼氏のひと言 
「でもママは間違ったこと言ってないよ」 
その後バカ親子とは一切会っていない


941: 名無しさん@HOME 2009/04/30(木) 14:02:49 0
初めての妊娠で出産の時のことを話してたらトメがwktkで「陣痛始まったらすぐ知らせなさい! 
私が飛んでいってあげるから!それが常識!コトメちゃんの時もお姑さんすぐ行ってたわよ、ね 
コトメちゃん?」とまくしたててたな。 
話ふられたコトメちゃんは「あー、まあね。うちのお母さんと違ってお姑さんはいい人だし、 
うちのお母さんと違って昔の常識に囚われて妊婦を追い詰めたりしなかったし、うちのお母さん 
と違って役立たずじゃないし、うちのお母さんと違って私を大事にしてくれるし…」 
と反撃していた。 
トメは途中で「うるさい!」と机バーンしてどっか行ったけど。 
実子全員からも嫌われてることにそろそろ気づいたかなぁ。 
この時が最後の顔合わせだったんだよね。


520: 名無しさん@HOME 2011/01/18(火) 11:20:31 0
コトメは現在海外在住。 
この年末年始も帰国はしなかった。 
(だいたい年に4回くらい帰国する&超絶金持ち) 

先月末、ウトが70歳の誕生日だった。 
まあ、毎年正月の席で誰かがウトに○歳誕生日おめでとうとか言う程度。 
今年も正月の席で長男氏がそう言って、新年と併せておめでとうと 
例年通り乾杯した。 

先日次男嫁の私にコトメからメールが。 
「おとうさんが古希なのに誰もお祝いしないの? 
それっておかしいでしょう。 
どこか予約しておとうさんの古希をお祝いすべき。」と。 

何故自分の母や兄たちや弟に連絡しない?何故わたし? 
っていうか11月下旬~12月上旬に 
俳優のナントカ(詳しく知らない)の舞台挨拶とかで帰国してましたよね? 
なんでその時に自分でやろうとしないの?

208: 1/2 投稿日:2013/09/20(金) 20:35:41.77 ID:bJDV6oOz
ふと思い出したので書く。 

一人暮らししてたころ、ある夏の深夜、ふと目を覚ましたら知らない男が 
寝てる自分の太ももを触ってたのが最大の修羅場。 
戸締り忘れててベランダから入ってきたらしい。 
幸い、こっちが気づくとすぐベランダから逃げてくれたが、 
顔を見られたコロス、とかの思考の男だったら死んでたな。 

110番したら、すぐに派出所のおまわりさんが、 
少し遅れて所轄の刑事さんが来てくれた。 
110番オペレーターも刑事も 
「説明したくないことがあればしなくてかまいません。 
 ご希望でしたら女性の担当者をつけます」 
と気を使ってくれて、とても安心したのを覚えている。 
性犯罪の可能性がある時のマニュアルなんだろうね。 

その後、皆さんに部屋に入ってもらったのだが、 
当時ダイエット中で、戒めのために部屋の壁に貼ってた 
「注意一秒デブ一生」 
「ブタは市ね」 
などの張り紙を初対面の男性たちに見られたのが 
恥ずかしくていたたまれなくて、第2の修羅場。


このページのトップヘ