今日の人気記事

178 :名無しさん@おーぷん 2016/01/21(木) 13:28:26 ID:sHl
吐き出し。

私の母は高校生の時に急タヒして、父は出張と残業の多い人だったから
普段色々面倒見てくれたのは叔母(父の妹)だった。
叔母は一度も結婚歴のない独身だったんだが、
そのことを姉や妹が時々裏で馬鹿にしてたのがすごく嫌だった。
食事や掃除など、色々お世話になってるのに。
馬鹿にするなら自分のことぐらい自分でしろよっていつも思ってた。
私は何故か叔母とウマが合い、色々相談に乗って貰ったりした。
叔母は頭のいい人で、大学受験の時も家庭教師をしてくれたし、
就職する時も結婚する時も色んな相談に乗ってもらった。
そしていつも的確なアドバイスを貰った。
その叔母が定年退職を目前にして病気で早期退職した時、
昔母の代わりに面倒見て貰ったお返しとして看病するのは当り前だと思った。
父も既に他界していたし、叔母の身内は私たちしかいない。
だけど姉も妹も、一度だけ見舞いにきただけだった。
5年近くの間、手術して入院と退院を繰り返した。
幸い私の夫も子供たちも
「お母さんのお母さんみたいな人だよ、とってもお世話になった人だよ」
って説明したらよく理解してくれて、看病を手伝ってくれたりもした。
叔母は最期が近づいた頃に、私たち家族が自分の娘家族のようで
楽しかったよって言ってくれた。
そして叔母が亡くなったあと、叔母の友人だったという司法書士さんから
遺言書があることを知らされた。
叔母の財産の全てを私に譲ると書いてあった。
驚くほど大きな遺産だった。
考えてみれば独身でずっと正社員で働いてた人だし、
いくら早期退職って言ったって退職金もあったろうし、
それなりに残してても不思議じゃないけど本当にびっくりした。
どこから聞きつけたのか、姉と妹がハイエナのように連絡を取ってきた。
姉も妹も生活が豊かではないらしく、少しでいいから助けてほしいと言った。
ハッキリ断った。あれだけ叔母を蔑ろにしたくせに。
葬儀の時だって、身内は私たちだけなのに火葬場にも来ずにさっさと帰った。
利用するだけ利用して、何の恩返しもしなかったくせに。
姉から「うまくやったね」って言われた。
妹からは「実は知ってたんでしょw狙ってたんでしょw」と言われた。
なんとでもどうぞ。
今回のことでハッキリわかった。
姉も妹も百害あって一利なしな人間だ。身内なんて思わない。
二度と会いたくない。


317 :彼氏いない歴774年 2013/09/21(土) 18:49:33 ID:NReL5n5k
創作ダンス授業
5人1列ステップ練習
5人振り分け先生指示
同列の子「喪山さん列違い」
私外され行き場皆無
練習始まり私焦り高まり
後ろの列に勝手に加わりステップ
先生「えっなんでここ6人なの?」
列の子チラ見私見た目平然中身テンパり
生きた心地皆無
なぜか4人列も皆無
未だ謎

長すぎたから縮めた
要領悪くてすぐ焦るくせに平静を装っていろいろやらかすクセが治らない

483 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 18:08:15 ID:aQSTH3tE.net
スレの流れ見てて思い出した事故話。

何年か前、買ったばかり新古車に乗って、交差点で右折待ちをしていた。
ちなみに季節は冬、場所は北の国。私の車は先頭で、後ろにずらっと右折待ちの車が並んでた。
冬道走った人ならわかると思うが、この時期は路面状況が悪いので、赤信号とか青信号はあってないような感じ。
どういうことかというと、たとえ信号が赤になったとしても、安全に止まりきれない距離と判断して、
猛スピードで交差点駆け抜けていく車が多い。圧雪アイスバーンだからね。
対向車線がそこそこ混んでいたのもあって、私は焦らずに構えていたんだが、後ろのワゴン車がクラクション鳴らしてくる。
いやいやどう見ても行けないタイミングだろう、というのに二度三度鳴らしてくる。
まいっかと無視していたら、なんとその車、右折二番手なのに私をぬかして急発進!!
・・・が、決して走りぬけられるタイミングじゃなかったのと、アイスバーンで滑ったのとで、対向車と激突。
反動で吹っ飛んだ対向車に、私は正面から突っ込まれた。買ったばかりの車、フロント部分大破。

19 :名無しの心子知らず 2010/04/07(水) 10:06:58 ID:zzNiY8Y2
 

小さい頃の話で、三十年近く前だけど…今でも覚えている出来事。
メ○ードの美容部員?を母と同期でやっていた人Aがいて、その娘A子とは歳も一緒で家が近く、よく母娘で遊んでいました。

その母娘(プラス下に弟B)がうちに来たとき、無くなってしまったイルカのぬいぐるみ。
三匹色違いをまとめて大事にしてたうちのひとつが無くなって、母と一生懸命探しましたが見つからずに落ち込んでいました。

後日Bくんが自宅にてそのぬいぐるみを無造作にもてあそんでいて、
「私のだから返して!」と言えなかった気の小さい私は、帰り道母に訴えました。
母も私の大事にしていたものだと気づいていたようでしたが、
「お母さんの大事なお友達だから…ね?○○くんはまだ小さいから、ひとつあげようね」と。

今思うと、子供の前で母なりに考えた末の発言だったかもしれません、そのお母さんとは次第に疎遠になったようでしたから。
しかしあんなに大きなものを、人様の家からしれっと持ち出す人の精神構造が解らない。
そして自宅に持ち主が来ていても、平気で出しておける神経とか。

Aの実家は近所にあり、裕福な地主さん。本人も、とても綺麗な人。
おっきくて優しいお父さんが日曜は私たちも呼んで手作りカレーをごちそうしてくれたり、うちではとても買えないような家電のオモチャがたくさんあったり…
(洗濯機とか掃除機。リアルに洗ったり吸ったりするもので、当時は珍しく憧れでした)
そんなに恵まれているくせに!…って、子供心に傷つきました。

イルカのぬいぐるみは、外に女の人がいてなかなか家に帰ってこない父が、ある日罪滅ぼしのように私にくれたものでした。
「色ちがうのもいたぞ」って言うから、「ぜんぶほしい!!」ってお願いしたら次に買ってきてくれて。

灰色がお父さん、ピンクがお母さん、水色のを自分と言う設定で、いつもくっつけて置いていたんです。
今思い出すとちょっと切ないなぁ私w

泥するような母親はゴミ。
子供の大事なものを盗るような輩も多いようで、ココ読んで驚いてます。

93 :名無しさん@HOME 2006/12/19(火) 00:41:36
今年10月に義弟が結婚したのだがその相手が最悪!
32歳、最終学歴農業高校、パニ○ク障/害、貧乏育ち、おまけにブスでデブ。
それでも性.格が良けりゃ納得するが性.格も悪い。
病気で休職していたものの復帰したくないので 渡りに船とばかり義弟と結婚したと思われ。
今じゃヒマな専業主婦。32で専業主婦のくせに何もできない。
それは頭が悪いから。
農業高卒で工場に就職し、そこで箱詰め作業しかやってないんだから頭も悪くなるよね。
それでも工場の班長さんだったとかで結婚式のスピーチで一番のほめ言葉として語られてたっけ。
今時『農業高校』『班長さん』『工場』『箱詰め』。。。
昭和40年代かと思ったよ。

彼女は私にライバル心でもあるのか無視とか平気でしてくる。
結婚式でも失礼三昧。
写真撮ってるのにカナリ無視されました。
やだね、育ちの悪い女は。
私はアンタと違って、大卒、実家は銀行頭取、仕事も銀行で現役なんですけど。
自分と私を同列にするなっての。
全くどういう躾されたんだか。
そういえば結婚式でも一番最後に家族が到着してたっけ。
普通、ゲストより前に来るでしょ?
そういう家の人だからね。
そんなのが私の義妹なんて最悪!!

435 :名無しさん@HOME 2015/12/19(土) 11:02:44 0.net
今日のトメ
妊娠してる私を階段から突き落とそうとして
自分が落ちていって複雑骨折とか開放骨折とか
病院で自爆して医者から説教されるが聞いちゃいねぇし
双子妊娠は畜/生が生まれるから頃すんだと
絶縁しないと本当に頃されかねん
夫がごねたら離婚する覚悟でいなきゃ

115 :可愛い奥様 2013/02/05(火) 08:57:03 ID:rGIq+LkE0
豚切り失礼します。
さっきのことでちょっとガクガクしているので文がおかしいかもしれませんが、アドバイスお願いします。

子供を学校へ出したあと、近所を散歩するのが日課です。いつものように散歩していると、大通りの交差点で大型犬を2頭連れた女性.が信号待ちしていました。
うちも小型犬ですが犬がいますし、とても大きな見かけない犬だったので近づいてみると、1頭が私に気づいて尻尾をふってきました。
なので、私も近寄ってなでていたら、突然飛びかかってきたため、私は派手に尻餅をついてしまいました。
直ぐに飼い主さんが引き離し、大丈夫ですか?とお声をかけていただいたのですが、恐怖で固まってしまい、また、派手に転んだ恥ずかしさでその場を立ち去りたい気持ちが強く、大丈夫ですと言って帰ってきました。
帰宅して、転んだ箇所を確かめましたが特に怪我はしていません。
ただ、よくよく考えてみるとあんな大きな犬が飛びついてきて、人間を転がすとか、かなり危ないことなのでは?と思えました。
主人に電話で説明したら、飼い主に責任があるのだからそのままにしてはいけないと言われました。

大きな犬なのでどこのお宅が飼っているかは容易に調べられそうですが、危険にさらされた代償というか、苦情くらいは言ってもいいものでしょうか?

30 :名無しさん@おーぷん 2019/01/18(金) 22:48:22 ID:ECR.ef.da
何を書いてもスレか衝撃的スレかここか迷ったんだけど、私的にはやっぱりここかなと思って投下。
長くてすみません。

夫は長男。義実家は同じ市内で車で30分ぐらい。義姉夫婦も同じ市内で車で10分ぐらい。
義弟夫婦は転勤族で全国の県庁所在地を転々。という位置関係だった。
うちと義姉夫婦の所は子供がひとり。義弟夫婦は子梨。
義父母は共通の趣味(史跡巡り旅行)を持ってて、とても仲が良い。
夫ら子供たちに対しては良い意味で淡白と言うか、孫のお祝い事にはお祝い金やプレゼント下さるし
旅行すれば旅行先から海産物や果物など送って下さったりするけど子供たちの生活には無干渉な人。
変な言い方だけど“お金は出すけど口は出さない”良ウトメ。
義姉は嫁ぎ先でお舅さんの介護してるし、義弟は転勤族なので
何かあったら義父母のことはうちがお世話するんだろうなーと漠然と考えていた。
が、義父母が古希を迎えたある年に全員が集まった時の事。
「いいとこ見つけたから〇〇(老人ホーム)に入る」と宣言された。
ふたりともまだ古希を迎えたばかり、要支援すら受けていないぐらい元気に自立していたが、
そこは元々自立か要支援が入居条件なんだって。
でも今後要介護になっても終身面倒みてくれるらしい。
窓から富士山が見える場所で、何度か見学に行って体験入居もいつの間にかしてた。
呆気にとられながらも義父母らしいなーって思ってたが、
「そんなわけで、自宅も処分していくから」って義父が発言してから義弟夫婦が分かりやすく取り乱した。
なんでも自分たちは転勤貧乏で、兄ちゃんや姉ちゃんは地元で暮らして家持ってるけど
自分だけこんなんだからいずれ地元に戻ったら実家を貰うつもりだった。ってことらしい。
それを聞いて義父は「自分たちは親の介護で苦労したから子供たちにはそういう思いをさせたくなかった。
幸いこの家は地価が上がってくれたので、処分すれば蓄えと年金を合わせてやっていけると言う算段なんだが
この家を欲しいってことは父さんたちの面倒を見る覚悟はあるのかな?」と聞いた。
黙ってる義弟夫婦に今度は義母が「口を開けば転勤貧乏って言うけど(確かにしょっちゅう言ってた)
帰省してくるたびに交通費として援助してたでしょ。まさかただの小遣いとでも思ってたの?」と。
年末年始に帰ってくると毎回30万ずつ交通費として渡してたんだって。
義母としては、うちや義姉夫婦の所には子供関係でお金を出す事があったけど
義弟の所には子供がいないのでそれがないからってことも含んだお金だそうだ。
確かに子供関係って言ったって年間でそんなに貰ったりしないから、転勤貧乏への援助だったんだろうな。
結局その半年後に予定通り家を処分してホームに引越して行ったが、
引越す前に生前贈与としていくらか義弟だけに渡したみたい。
但し相続時にはそのぶんを相杀殳することは念を押したそうだけど。
夫と義姉に、事前に今回のその話はあったらしいけど、それについてはふたりとも特に何も言わなかったとか。
介護が嫌だとかそう言う事ではなく
親がそんなふうに考えて、自分たちで気に入ったホームに入る決心をしたのなら
子供が何を言うこともないと思ったって言ってた。私も賛成。
あとで聞いたら、10ヶ所ぐらい体験入居したんだって。凄いw
この間の年末年始、義父母がいるホームの近くの温泉地で宿をとって
義父母も一緒に義姉一家と私たち一家で年越しをした。
義弟夫婦はあれ以来、地元に帰省してくることもないし、その時も誘ったけど来なかった。
もう来るメリットがなくなったってことなのか・・・な。
義弟の話になると義父母が寂しそうなのが堪らない。

476 :名無しさん@おーぷん 2015/08/08(土) 00:51:19 ID:hlk
小学生のときに両親が離婚した。
親戚巻き込む熾烈な親権争いをしたが、父親が号泣土下座した結果、
姉妹(姉小5、妹小3)一人ずつ引き取られることに。
父親に引き取られた姉は最初は楽しかったらしい。
土日ごとに遊園地とか水族館とかあちこち楽しい場所に連れていってもらったんだって。

一月もしないうちに姉は徐々に家事をやらされるようになって、
「姉はお母さんの代わりなんだからな、頑張るんだぞ」
と次第に家事の全てを任せられるように。
でも姉はまだ小学生だから上手くできなくて…
ゴミを家の中に巻き散らかしてしまって号泣してるところに父親帰宅。
泣いてる姉に「何してるんだ!早く片付けなさい」と怒鳴り、また出かけたらしい。

びっくりして泣き止んだ姉はすぐに母親に電話。
そのとき私が出たんだけど「姉ちゃん?ヒャーッ姉ちゃーん!!ママー姉ちゃーん!」
と久しぶりの姉の声にテンション上がってたら電話口の姉が号泣。
姉「妹ぢゃああん!がえりだぃよおお」
私「なした!?ママ!姉ちゃん泣いてる!」
母「姉?どうしたの?お父さんは?」
姉「おおおぉうん」

泣くだけで会話にならないので、私に姉との電話を任せ、
母がタクシー2時間かけて迎えにいった。
私は姉を電話で慰めてたんだけど、もらい泣きで号泣。
「姉ぢゃああん大好きだよおおタヒないでええ」と号泣。
姉も「ありがどうわだじもだいずぎだよおお」と号泣。
母は無事すすり泣く姉を確保し、我が家に帰宅。

このページのトップヘ