今日の人気記事

725本当にあった怖い名無し 2012/01/27(金) 23:07:02.93 ID:72Ar3f6V0
俺も小学校、中学校と苛められてた
そいつのせいで文房具の欠損やら教科書やら実害の他に
日常生活で使うような言葉をあだ名にされたせいで他の人間が他意なくその言葉を使ったとしても
聞いただけで激しい動悸や過呼吸になるようになった
あれから15年経った先日事故だかでそいつの葬式があった
タキシードと薔薇の花束もって出席してやった

ホントはそいつの家族がタヒんだ時にやろうかと思ってたんだけど
その親もDQN親だったしその時列席してた同級生もイジメ当時は傍観者だったしで決行した
他の人達と比べるとショボイ復讐でゴメン


832: 可愛い奥様 2017/03/03(金) 03:29:32.69 ID:e9xfXcHYp0303
緩やかに独喪から毒喪へハンドルを切りつつある友人 

三十路ジャストから、既婚者を影で「あんなのと結婚するなんてw」と鼻で笑ったり、
人様の結婚式を貶したりし始めていた 
私が妊娠してから、サプライズでなんども高級食材を送ってくれていた 
こちらも最初は感謝していた 
けれど、緩急つけて何度もお断りをしてもしても、送ってくる... 

切迫流産で仕事辞めたし、身体は思うように動かない中で、
毎回お返しをするのも正直キツくなってきた 
以前から、お礼や賞賛を欠かすと周囲の人に悪口を触れ回るところがあるんだよ、その人 
おまけに自分のことを「(名前)ママと呼ばせたいの!」と熱弁してきて参っている 

この不快感はガルガル期()ってやつなの? 
他の独身の友達はこんなことしないし言わないから戸惑ってる 
最初は自分の穿った見解で彼女を悪く捉えてしまっているのでは、
と悩んでたんだけど、無理だわ 

それは優しさだと誰から言われても怖い

279: 名無しさん@HOME 2012/11/12(月) 18:29:11.24
コトメとコトメ夫のせいで、あっさりまとまるはずの話が混乱している。 
義実家は長男、長女、次男、次女の4人兄弟。旦那は次男。 

義姉と同居していたトメに認知症が出た。義姉の仕事の関係で、トメは日中ひとりで 
留守番しているんだけど、火の元や戸締りで危なっかしくなってしまったこともあって、 
どうにかしなきゃと家族会議が開かれた。
基本方針は、グループホームかケアセンターのお世話になることにしたんだけど、
コトメとコトメ夫が余計な口を挟んで、邪魔してくる。

コトメ夫婦「トメがボケたんなら、ここはやっぱりアニキさん(長男)が面倒みなならんでしょう。
      それが長男の義務ってもんでしょう」

長男、長男言うけど、ウトが仕事が続かない転職クセのあった人で、そのせいで、ウトが
働いてる間も生活はぎりぎり、ウトがリタイア後(数年前に鬼籍)は年金も小額で、それで
義姉が同居してた。相続するような財産も貯金も全く無い。
それなのに義兄に「長男だから」とトメの世話をしろと迫ってる。だが、義兄は仕事の関係で
海外在住、帰国の予定は無い。今は話し合いのため、一時帰国してるだけ。
それでも「長男なんだから」仕事をやめても戻って来いって言う。

長男を盾にとって無茶言ってるけど、コトメ夫婦の本音は「グループホームやケアセンターに
頼んだら金がかかる。兄弟で費用負担することになったら、払う金が無い。でも払えないって
そんな格好悪いこと言いたくない」
コトメは最近バイト先で上司と喧嘩してクビ、コトメ夫は建築現場で働く作業員だけど、最近
お呼びがかからないみたいで、殆ど収入無いらしい。
金が無いなら無いで他の兄弟で何とかするのに、見栄張って、それで長男教を振りかざしてくる。
余計な邪魔しかできないんなら、話し合いに口出してくんなって言っても「子としての義務だから」と
首を突っ込んでくる。もうやだ。


66: 54 2008/11/06(木) 00:37:12
嫁さん寝たので携帯コッソリ見てみたよ。 
怪しいメールや履歴&ブクマはなかったのでひとまずホッとしたけど、半端ねえ量の写真が出てきた。 
カメラの方は殆ど食ったお菓子の写真、DLした方は全部嫁の好きなV系の野郎絡みだったけど 
待ち受けまでそいつになってたorz 

俺は前スレの最後の方で嫁が中学生とメールしてた話を書いた者です。 
スペックは俺30嫁27、結婚二年目子供無し。 

中学生♂とのメールっていうのは、嫁の携帯に3ヶ月ほど前に「○○!初メールだ!」とか 
友人に宛てたっぽい誤メールが届いて、嫁が違いますよ?と送信。 
ここまでは嫁に聞いて知ってたんだが、どうやら友達に携帯持ってる奴が少ないし 
メル友になってくれと頼まれたらしく、その後もやりとりが続いてたみたいだ。 
最初に発覚したのは携帯の中に嫁ピンの写真が入っててどうやら写メ見たいとせがまれて 
送ったらしい。危機感ないのかとか散々言ったけど「でも中学生だよ?」と埒があかん。 
結局「気分悪いし、もう送んな」でこの話は終わりになったはずだったが、 
それからも夕方以降になるとちょいちょいメールが着てて頻度の高さに嫁の携帯コッソリ見たら 
前日分までは消されててなかったものの、その日届いてた分はまだ残ってて 
「今部活終わりました」「今日は~」とか絵文字満載の中学生からの日常メールが。 
すぐにどういう事か問い詰めて俺の目の前でお断りメール入れさせた後アド&送受信消させた。 
ちなみに嫁写メは可愛かったのでムカツキつつ速攻で俺携帯に保存しといたw 

嫁は前回も書いたが「実際に会ったわけでもないのに…」とかブツブツ言ってたけど 
罪悪感はまるで無し。「俺にも中学生♀が間違えてメール送ってこないかなー」とか 
言ったら「ちょ!それ犯罪だからwww」とか言ってたwどう違うんだよwww 

一応今日着てた分のメールと嫁からの報告は一致してたし、とりあえず今の所は信じる事にするよ。 
ただ、前回も俺が怒った後履歴消してたしなー、とは思う。認識が甘かったかね。 
ここの流れじゃつまらん報告に終わったのにダラダラ書いてスマンかった。

178: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/02/09(火) 13:21:47.65 ID:PT8sUYuL0.net
去年の秋に挙式をしたんだけれど、 
式場に私にとっては取り返しのつかないミスをされたんだけど、 
相談してもいいですか?

740: 名無しさん@HOME 2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN P
すみません、特に男性の方へ相談・質問です。 
週末、私の実家に帰った時に中学~高校時代に腐女子だったことがバレて、 
信じられない、気持悪い、もうお前が別の人に見える→離婚したいとなり 
旦那が昨日の夜から旦那実家に帰ってしまいました。 
今日も帰ってこないそうです。 
隠していたことは悪かったと思っています。 
でも、今は完全に卒業(?)していて、買うことも読むことも、興味もありません。 
今は違っていても過去、腐女子だったということは離婚の理由になりますか? 
(法律的にというのではなく、離婚したいと思うほど嫌か、ということです) 
私はどうしたら旦那は私を受け入れてくれるのでしょうか?

544: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/02/27(金) 20:22:45.10
体調が悪くて朝から夕飯前まで寝ていると
嫁が般若になるからやってられん。

そりゃ今月10回以上休んだが
体調悪いんだから仕方ないだろ。
心配だから病院に行ってと言われても
そんな顔で言われちゃ心配されてるとは思えん。

155: おさかなくわえた名無しさん@転載は禁止 2015/02/19(木) 21:11:53.64 ID:u86qSra3
相談です 
辞めたいと言っている事務さんを辞めさせたくない 
俺の勤めてる会社は60人程度の小規模会社(立ち上げ時は10人程度だった) 
設立当初からいるA美さんというベテラン事務さんが仕事量が増えて限界だというので 
B子さんという事務員を雇うことになった(A美さんとB子さんは親子ほど年が違う) 
B子さんは凄く優秀で初めのひと月はA美さんのやり方で仕事をしていたが 
しばらくすると社長とA美さんの許可をもらって業務をデジタル化・効率化しはじめた 
全ての業務をデジタル化すると事務の仕事がほとんど無くなり二人もいらなくなった 

A美さんは空いた時間で編み物したり雑誌読んだりしてたがベテランなので誰も何も言えなかった 
B子さんは空いた時間で俺らの仕事も手伝ってくれ、仕事の効率が数倍よくなった 
社長や常務が気まぐれに「やってみたい」といった仕事も今までは無理だったが 
B子さんはそれに必要な資格を取ったり勉強したりして実現可能にしてくれた 
さらに膨大な仕事資料をすべてデータ化しパソコン音痴のオッサンでも
ボタン一つで簡単に見られるデータを作ってくれた 
マクロ?だかなんだかわからんが、これを作るのは本当に大変そうだった 
それを見ていた社長が特別ボーナスを出したほどだった

707: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/02/21(土) 10:29:28.97 .net
嫁がメシマズなんだけど
真生メシマズではないからメシマズスレにも書けない。

一品一品の味は普通にうまいけど、出すタイミングが悪くて
結果的にメシマズ。

夜遅く帰ったのに揚げ物とか、平日ど真ん中にギョーザとか、
スポーツして結構疲れて帰ったのに肉料理ドーンとか。
普通の奥さんって旦那の体調管理も考えて食事用意してると思うんだけど、
嫁の基準は自分が食べたいものってだけで文句言うと拗ねる。
今朝も朝食の件でふてくされて二度寝中。疲れる・・・。

このページのトップヘ