今日の人気記事

920: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/12/01(水) 14:50:26
家の采配を振るう代わりに死亡保険金を全部くれると親に約束した。
実際、兄貴は馬鹿だし嫁も馬鹿だし親父は痴呆だしそれ以前に馬鹿。
誰かが采配振るわなきゃならないから、嫁に行きたくても行けないし、
縁談はことごとく、この状況が潰したようなもの。
人生狂わされた私が同情はされても批難される言われはないけど?
それとも煽り?



570: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/09/25(金) 19:16:31
私の実母に張り合う義母にDQN返し。今までの経過
私、リスク持ち妊婦だったため里には帰らず病院へ徒歩5分の自宅で過ごす。
義母、勝手に床上げまでは夫実家(電車30分)で過ごすと思い込む(かなり後からコトメに聞いた)
私と夫、つゆ知らず実母に産後1ヶ月来てもらい楽しく過ごす。
義母、アポなし訪問してくる度に実母に「わざわざ来ていただいてすみませんね。」発言。
(孫ちゃんと24時間べったりしたかったのにすごく悔しがっていたらしい)
しかし出産祝いはくれない。
以後、実母に買って貰ったベビー服で夫実家に行きそれを話すと
実母に「う ち の 孫に買って頂いてありがとうございます」の電話。
義母がくれるのは古着屋で安かったの~という服や、
え?このゴミ何?的なおもちゃ。夫迷惑だと言うも変わらない。

私が産後体調を崩しても、口だけ心配してうちに来ては
「孫ちゃん見てるから食事はゆっくり作ったらいいからね。」と夕食食べてから帰る。孫眺めるウトは空気。
実母が義母からの電話の件で「私の孫でもあるのに。」と悲しそうに言うので
私も悲しくなり、ついに〆ることにした。


537: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/09/25(金) 17:57:23
今まで散々夕飯のおかずを強奪していったコトメちゃん。
今までは彼氏を家に呼んだ時に料理できるアテクシアピールの為だったけど、今日は婚約したお祝いに彼氏の両親にも振る舞うんだって。
ウトメが「いつもいつもみっともない!止めなさい!あたし達はやめろって言ったわよ!」と制止するのも聞かずに冷蔵庫からミートボールと豚の角煮を持って行った。

ちなみに今日のミートボールはケチャップの代わりにタバスコを入れて砂糖の代わりに塩を入れて酢の代わりにスポーツドリンクを入れた失敗作です。
疲れてたからうっかり間違えちゃった。
角煮も砂糖と塩間違えたしみりんと酢間違えたし圧力鍋使うの忘れてかっちかちだけど、まぁいっか。
ウトメも「あいつにはお灸が必要だから、病院に行かない程度の破壊力で頼む」って許可貰ったし。
ただ彼氏ご両親にだけごめんなさい。
くそまずいですから……
しかし匂いも見た目も全然違うのに気付かないのがすげぇ。


203: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/05/15(土) 15:21:46
質問しても良いでしょうか?
現在離婚問題を抱えています、家庭内別居から今度は夫の私が事情により実家に戻りました。
家をダブルローンで折半(50:50)で購入、妻はローンを支払い終わりました。
私のほうはローンの残りがあります。名義は妻と私の2人です。
財産分与では、家の売却値の折半なのか、それとも家の売却値からローンを
差し引いた分に対しての折半なのかがわかりません。
売却値を折半だけでも良いのですが、財産分与を書き出すうちに気がついて
しまい気になりました。
また、株や投信などは売りはらって清算してしまって方が良いのでしょうか。
これは私だけの名義となっています。


616: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/26(月) 10:37:54.76
高校生の時春休みで部活で登校するために電車のホームにいた。
十時過ぎていたからそこそこ空いていて、電車待ちの列の前に妊婦さんがいた。
何気にお腹大きい人なんだなぁって見ていたら突然前の人がすがりついてきた。
「す・み・ま・せ・ん きゅう……」と途切れ途切れに言いながら座り込んでしまった。
座った下をみるとなんだが濡れている。女子高生なんてなんにも出来なくて
妊婦さんの手を握るしか出来なかった。後ろにいた年配の女性が「破水よ。誰か
救急車と駅員呼んで!」と叫んだら大学生らしい男の人が階段上がって
改札まで飛んで行った。

駅員さんが毛布持って飛んできて救急車呼びましたからって言ったけど
年配の女性が「だめ!頭が出てる動かせない。」と言ったけど吹きっ晒しのホームじゃ
しょうがなく救急隊員が来て連れて行った。年配の女性があんた学校休みでしょ。
ついておいでと言うので、産まれて始めて救急車に乗ったんだけど
平日の昼間なのに受け入れ先がない。救急隊員が一生懸命電話しているんだけど
断られてばかりでびっくり。そのうちだんだん頭が出て来ちゃって「いきんじゃだめ!」
と年配の女性が言うんだけどだめでやっと受け入れ先が見つかって向かっている
間に産まれてしまった。初めてみたリアル出産シーンで私はパニックでがくがく。

結局母子ともに無事でよかったし、妊婦さんから頼まれて連絡して駆けつけた
身内の人にもすごく感謝されたけど私は付いてきただけでなんもしてなかった。
しきっていた年配の女性と一緒に遠い病院からバスと電車乗り継いで帰って
来てわざわざ家まで来て親に遅くなった理由を説明してくれた。
今でもそのおばちゃんと交友があります。今は自分が結婚して遠くなったので
たまにメールと年賀状を交換してます。しかし大阪のおばちゃんは親切だよね。
親が転勤族で結構日本中回ったけど大阪のおばちゃんは最高だったよ。


145: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/05/14(金) 02:10:35
相談させてください。

私は結婚2年、子なしです。
主人は、とても優しい人で、何でも我が儘を聞いてくれて、何でも言うとおりにしてくれる
理想的な人でしたが、去年、会社でリストラにあい、無職になりました。
私も働いているので、生活には困っていませんが、主人の性格が変わったようになり
以前と別人です。
今まではどんな我が儘でも笑って許してくれたのに今では無口で陰気でしゃべりません。
まるで人が変わったみたいで怖くてしかたありません。
実家の親も、そんな主人とは別れてしまえというし、私も今の主人は好きではありません。
就職したら元の主人に戻ってくれればまだ我慢もできますが
メッキがはげたような感じがして、最近はだんだん家に帰るのが嫌になってきました。
家に帰れば、陰気な主人の相手をしなければならず、毎日帰宅が苦痛です。
こんな理由で離婚はできないのでしょうか。
友達がこれは精神的DVだから離婚の理由になるとおしえてくれましたが、本当でしょうか?


510: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/25(日) 13:39:03.38
つまんない話ですがごめん、吐き出させてもらう

舅が死んで初めての彼岸だった。
舅は屑だったと思うが、なぜか死ぬ2年ほど前にウォーターした。
お金は有り余るのに、人は誰もいない、とどっかで愚痴ったら、
その話を聞いてくれたどっかのばあさんに、
「あなたは可哀そうね、人にやさしくできなかったのは誰もあなたにやさしくしてくれなかったからなのに。
可哀そうな人生だったのね」
とさめざめと泣かれて、初めて自分のやったことをじっくり振り返ったんだそうな。
泣いてくれたばあさんに、自分のしたことを語って、
ばあさんに泣かれて一緒に泣いてたら自分のしたことがいかにひどいことだったかわかった、すまなかった、と。
今更許してくれ、と言ってもたぶん無理だろうから、せめて自分が死んだ後に息子(夫)に遺産を受け取ってほしいと手紙がきた。
(絶縁して連絡先も教えていなかったので、親せき経由で)

『夫は10年前に死にました。今わの際の言葉は『あいつ(舅)にだけは連絡するな。葬式にも絶対呼ぶな』でした。
あなたが殺し損ねた長女は3年前に幸せに結婚して、子供も生まれていますが、
絶対にあなたには会いたくないといっています。子供も会わせたくないと。
あなたが知らない孫があと2人いますが、性別も教えたくはありません。
二度と連絡はよこさないでください』
という手紙を送り返した。
舅から来た手紙と、あまりに遠くて顔が全くわからない娘と孫の写真を、その中に何故入れたのか自分では判定不能。
写真は背景を入れようとしてあまりに遠くから撮った失敗作。


910: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/11/30(火) 17:23:08
うちは、親の方針で私は中学がら私学、兄と弟は中学は公立で
高校から私学だった。
兄嫁が「中学の学費がかかっていない分を援助してもらわないか」と
弟嫁に相談しているみたいで…
一体何を考えているんだ。


474: 逃げ ◆ox9KD6nGJQ 投稿日:2012/03/25(日) 02:27:48.37
分かりにくかったらごめん。

私が中学生の時、妊婦だった母と買い物に行った。
久しぶりの買い物で和気藹々としてたんだけど、
私がちょっと目を離した間に母の体が吹っ飛んだ。

私の視点からでは曖昧なんだけど、警察から聞くには、
車椅子に乗った小さい男の子が、急に車の前に飛び出してきたため母がその子を逃がすために飛び出たらしい。
母が突き飛ばした子供は無事で、母は子供を庇ったために即死した。もちろん腹の中にいた赤ちゃんも。

父と母はラブラブだったので、まず最初に父が狂った。泣いて、母のそばを離れなかった。
小学生になる妹は泣きじゃくって、私にすがりついた。

目の前で母に死なれた私は、親戚の目も同情の言葉も責められてるように感じて、精神的に修羅場。
けど父は狂ってるし、妹は面倒みてなきゃだし、私まで泣いたら終わる気がして最優先で走り回った。葬式とか。
祖父母は手助けはしてくれたけど裕福ではなかったので、特に援助とかはなかった。

とりあえず葬式の事務的なことは私が担当して、父には喪主として出てもらった。
葬式には別々で「事故を起こした運転手」と「母がかばった子供一家」が来た。
「運転手」は土下座で謝り、保険だけでなく一生をかけて償う、と言ってきた。私はなにも言えなかった。


このページのトップヘ