113: 子供とゲーム楽しいよ! 2012/08/06(月) 16:26:26.96
会社が早めの夏休みに入り、ボーッと2ch覗いてたらたどり着きました。
私の結婚の過程は…
信じてもらえないかもしれないが、ゲーセンのゲームが繋げたんですわ。
大マジで

こんな話でも、もしkwskって人がいたら
書いていこうと思います。
イラねーよってことなら、ごめんね



114: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/08/06(月) 16:46:53.40
せっかく来たんだ、書いて行きなよ。

116: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/08/06(月) 17:00:29.96
>>113
支援する

117: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/08/06(月) 17:04:07.31
さあさ、kwsk

120: 子供とゲーム楽しいよ! 2012/08/06(月) 17:49:31.67
まずは出逢いからなんだけど

結構前に、ゲーセンでは格ゲーがものすごく流行ったときってあったでしょ?
ストⅡとか、餓狼伝説とか、龍虎の拳とかの対戦格闘のヤツ。
私はとあるゲーセンの常連で、いつものように友人とダベりながら
対戦に燃えていたわけなんだ。

確かあのときはストⅡダッシュだったかなぁ?ターボかもしれない。
まあ、そこに対戦者が入ってきたのよ。
対戦台ってのはゲームの筐体が背中合わせっていうのが結構多くて
対戦相手がどんな人かって、相手側に行かないと見えないのよ。

だから最初は常連が対戦相手だと思ってたんだ。
常連同士で対戦していると、大体相手の動きとか分かってきたりするんだけど
そうじゃなかったんだ。
いつも相手にしている常連の動きじゃない。

ほぅ…新しき挑戦者とは心躍る!!
ならば、見せてくれよう。我がケンの強さを!!

若かったとはいえ、本当にあの時はこんな感じだったんだ…OTZ

んで、戦ったんだけど…弱かった。
ふと、離れていたところにいた同じ常連がサインを送ってきたんだ。

「アイテハオンナノコ、スコシテヲヌケ」って

私はとことん焦った。
今でこそゲーセンって女の子も多くて、結構華やかになっては来ているんだけど
あの当時は女の子がゲーセンにいることはあっても
格ゲーの対戦台に挑戦してくる女の子なんて
どう考えても奇跡の範疇だったから。

その焦りからか、手を抜くとはいかないまでも
かなりのコマンドミスをして、技が暴発しちゃったのよ。

まあ、そんな要素があって負けちゃた。

んで、対戦が終わり席を立ったら、相手側から女の子が
ツカツカ歩いてきて

「あんた、なんで手を抜くのよ、この卑怯者!!」

って怒鳴られた。

周り騒然、私呆然。
その女の子は顔真っ赤にしてゲーセン出て行っちゃったけど。

これが最初の出逢いだったのよ。

あ、布団取り込んで洗濯物たたまなきゃいけないから、
また後で書き込みますわ。
書いて行きなよ。とレスくれた>>114さんに感謝です。
では、また。

121: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/08/06(月) 18:19:35.63
いつまで布団取り込んでんだ
旅館かよ

122: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/08/06(月) 18:35:21.52
まぁ、ゆっくり待とうぜ。

123: 子供とゲーム楽しいよ! 2012/08/06(月) 19:18:04.42
お待たせ、続きです。

結局その場はなんとか収まって、しばらく遊んだあとに
友人と一緒にゲーセンを出て夕飯食いにファミレスへ行った。

案内されて席につき、オーダーしようとしてウェイトレスさんを
呼んだとき、私は凍りついた。

そのウェイトレスさんが、私を怒鳴りつけた女の子だったからね。

その時の友人曰く「『顔面蒼白』って言葉を本気で理解した」

んで、注文したんだけど
私に対しての目がすっごく怖かった事を今でも覚えてる。

飯食ったあと、会計時もその女の子だった。
だから
「ゲーセンのことで怒ってるのなら、謝るよ。あれは手抜きじゃなくて
 ちょっと焦ってただけ。
 もし今後対戦することがあったら、完璧に打ち負かすから」
って言っちゃったんだ。

今考えると、えらく恥ずかしいことを言ったもんだと思うよ。

それからその女の子はちょくちょく私の行きつけのゲーセンに
くるようになり、その都度、対戦を挑んできた。

私はもちろん、手抜き手加減一切ナシに返り討ちにし続けた。
そんな女の子を見ていた友人や、ほかの常連連中は
『女の子を一流の格ゲーマーに仕立て上げてヤツを倒す』

などと応援団を作り、ゲームのテクを仕込み続けた。

飲み込みもよかったのだろう、センスもあったんだろう。
あれよあれよという間に、女の子は上達し
1ヶ月後には、常連相手でもかなり手こずる位までに上手くなっていった。

もちろん、私も教えたよ。
ぶっちゃけると、勝者の余裕だった。
まあ、どんどん上手くなっていくのを見ているのは楽しくもあったんだけどね。

今考えたら、あの時にはもう惚れてたのかもしれない。

2ヶ月後位かな、女の子からいつもどおりに対戦を挑まれたんだけど
その時は常連連中や、友人も加わってえらい盛り上がりの中で
勝負したんだ。

124: 子供とゲーム楽しいよ! 2012/08/06(月) 19:28:16.92
結果、見事に負けちゃった。
周りからは大歓声。勝った女の子も涙ぐんでいた。

そんで、女の子が私に向いて、ちょっと赤い目をして
「やっと言える…私と付き合ってください!!」
って告白された。

もうね、何がなんだかわからなかったですよ?
その女の子に対しての好意は少なからずあったけど
告白なんてその時までされたことなかったし
相当パニックになってました。

常連連中はアホみたいに盛り上がるし、友人はドロップキックかましてくるし
店長は「騒ぐな!!」って怒りながらニヤニヤしてるし…

それがきっかけで付き合うことになって
2年後に結婚しました。

今でも子供を連れて、時々そのゲーセンに遊びに行ったりしています。

まあ、嫁さんの家に挨拶に行ったときとかもいろいろあったんだけど
長くなりそうなんで割愛します。

読んでくださった皆さん、ありがとうございました!!

145: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/08/07(火) 03:45:58.72
ほっこりした!

146: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/08/07(火) 04:31:35.84
いい話だー


引用元: http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1336569831/


1000: 名無し@HOME