196 :名無しさん@HOME 2015/01/19(月) 21:40:52 0.net
お茶請け代わりにプチ修羅場。
娘が生まれて、ようやくハイハイできるようになった頃の話。

20年以上昔、旦那・私・娘の3人で狭くて古いアパートで暮らしていた。
旦那は仕事が激務で、家にはほぼ寝るために帰ってきている状態で、土日出勤もしょっちゅうだった。
あまりにも疲れきっていて、夜泣きのひどかった娘の隣でも、全く目を覚ますことなくぐーぐー寝ていた。
あまりに気づかなかったため、自分の娘は夜泣きを一回もしたことがないと思っていた。そんなわけない。
しかし生活を支えるため懸命に働いてくれていたため、何の不満もなかった。


197 :192 2015/01/19(月) 21:41:46 0.net
ある明け方、私はなぜか目を覚ました。そういえば今日は夜泣きがない?
不思議に思って隣を見ると、親子三人川の字で寝ていたはずが、娘がいない。
とはいっても、その頃ハイハイ大好き&寝相が超絶に悪い娘は、目が覚めたら布団の外に事がっていることも多かった。
どうせ今回もそのパターンだと思い、あたりを見渡した。しかし見当たらない。
布団の周りを注意深く見てもいない。
まさかと思い、洗面所やお風呂場まで見に行った。しかしいない。
外に出たのかと思ったが、立ち上がれもしない赤ん坊が、鍵を開けてチェーンを開けるとは考えられない(実際チェーンはかかったままだった)

今考えればすぐに旦那を起こせばよかったのだが、そんな時間も惜しくて娘を探し回った。
199 :192 2015/01/19(月) 21:42:56 0.net
六畳一間の部屋の中を3周回り、キッチン・トイレ・洗面所を3回見直し、これはもう誘拐だ!と思った私は旦那を起こそうと振り返った。

娘発見
旦那の顔の上に。

何が起こったか理解できず、私は脱力し、その場に崩れ落ちた。

旦那の顔の上に「うつ伏せ」で娘が寝ていたのだ。
「仰向け」ではなく「うつ伏せ」でぐっすり寝ており、そして旦那も目を覚ますことなく寝ていた。(ちなみに旦那はとても顔が長い)
呆然とそれを見ていた私は、はっと我に返った。
赤子とはいえ、子供が顔の上に寝ているのに目を覚まさない→窒息している!?と判断した私の心境はまさに修羅場。
慌てて娘を旦那の顔の上から取り除くと、旦那は大きくいびきをかきはじめた。
私は、「寝ている間に娘が行方不明!?」という修羅場から、「娘の寝相で旦那が窒息タヒ!?」という二つの修羅場をわずか3分以内に体験し、二人の無事を理解した途端体の震えが止まらなかった。
200 :192 2015/01/19(月) 21:45:04 0.net
うつ伏せではなく、仰向けて旦那の顔に乗っていたのならすぐにわかったと思う。
というより、娘はどうやって、うつ伏せで旦那の顔に上ったのか。
そして旦那はなぜ目を覚まさなかったのか。

これは我が家の定番の笑い話だが、そんな状態でも目を覚まさないほど仕事を頑張ってくれてたんだなぁ、と思うといたたまれなくなる。
今でも仕事命で働きまくちの旦那のために、明日は好物をたくさん作ろうかな。

長文、乱文失礼いたしました。
割り込んでしまってすみません。
読んでくれた人ありがとう。
201 :192 2015/01/19(月) 21:46:49 0.net
あ、推敲したはずなのに、肝心なところを間違っていた…


「うつ伏せ」ではなく、「仰向け」で娘は旦那の顔にのっていました。

わかりづらくてすみません。
202 :名無しさん@HOME 2015/01/19(月) 21:52:50 0.net
乙 ハッピーエンドでよかった
203 :名無しさん@HOME 2015/01/19(月) 22:00:23 O.net
そんな何度も間違えるかな…それも定番だそうなのに
204 :名無しさん@HOME 2015/01/19(月) 22:06:55 0.net
>>196
うちも子供が旦那の顔に覆い被さって寝てた事ある
自分は起き上がった段階で気付いたけどw
転がっているうちに枕に這い上がったら旦那の顔があった、みたいな感じだったなぁ
205 :192 2015/01/19(月) 22:16:23 0.net
>>203
不快な思いをさせてしまいすみません。
うっかり、思い込みで間違えたまま書いてしまいました。


>>204
きっとそうした勢いで転がっていったんですね!
今からでも、旦那の顔に乗りあがる娘の光景を見たいです。

レスいただいてありがとうございました。
名無しに戻ります。

1000: 名無し@HOME