150 :名無しさん@HOME 2010/03/06(土) 11:18:03 0
甥や姪にああだこうだ口を出す洗濯小梨の義姉。
学校の造りとか、勉強のこととか、習い事とか、ママ友とか、ドッジボールとか、最近のことは知らないはずなのに話し始めると長い。
たまたま居合わせたうちの子供の友人(小1。妙に利発なおぼっちゃん)がひとこと。
「こんど、おばちゃんちの子と遊ばせて!ドッジボールやりたい!」

「ごめんねー。おばちゃんのうち、子供いないのよー」と義姉。
「でもすげーくわしいじゃん!!もしかして学校の先生ですか!」と子供の友人。
「それも違うのよー。」と義姉。
「えーそうなんですか!じゃあ学校の用務員さん?ドッジボールの先生?ドッジボールの会社の人?」と食らいつく子供の友人。
「それも違うのよー。学校関係の仕事もドッジボールの仕事もしてません」と義姉。
「えーじゃあドッジボールやってるんだ!大会とか出てるんですか!大人のボールって、当たったら痛いですか!!」と、テンションあがってもう引き下がれない子供の友人。
「いや、ドッジボールは。。。べつにやってない。。。てゆうか知らない。。。」とついに破綻した義姉。

「えっ知らないの!でもすげー知ってるますよね!!」といったところで、子供の友人は我に返り、
「もしかして、エスパーですか??」と神妙な顔で質問。

これ以来、知りもしないであろうことを知った風にしゃべることを「エスパー」というようになった私たち夫婦。
そして息子の友人が来ないことを確認してから我が家に来るようになった義姉。


152 :名無しさん@HOME 2010/03/06(土) 11:21:06 0
その友達は大事にしろwww
153 :名無しさん@HOME 2010/03/06(土) 11:22:15 0
いいねエスパーw
154 :名無しさん@HOME 2010/03/06(土) 11:36:35 0
>>150
純粋無垢なツッコミは破壊力満点だねw

1000: 名無し@HOME