今日の人気記事

カップル

841: おさかなくわえた名無しさん 2016/11/11(金) 05:00:04.84 ID:WXUYcg2c
結婚を前提にお付き合いしている彼から、少し引っかかることを言われました。 
言われたことというのは、 
「専業主婦になるということは、俺の給料で君を雇っているのと同じこと。 
仕事だという意識できちんとやるべきことをやって欲しい。」 
というものです。 

もちろん専業主婦業はきちんとやるつもりでいます。 
働いてきれくれる彼に感謝しながら、きちんと主婦業をこなして、 
卑屈になりすぎず生活していけたらと思っていました。 
でも、彼自身の口から直接、はっきり立場が下だと言われてしまうと、 
なんだかな・・・と思ってしまいます。わがままでしょうか。 

現時点で同棲していますが、私担当の家事は一切手伝ってくれません。 
その割に、自分の家事担当はいい加減な感じで私にお願いしてきたりします。 
もし専業主婦になったら、この傾向はいっそう強まり、多分家事は一切手伝ってくれないのだろうなと思います。 
でも、専業主婦なのだから、手伝ってもらおうだなんて考える事自体甘えているかな、とも思います。 

ちなみに専業主婦は彼希望です。 
彼に十分な収入がある上、私もそこまで仕事に思い入れがあるわけではないので、 
やめてしまおうかなと思っていましたが、どうしようか迷っています。


1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/30(日)20:49:42 ID:d9b
大丈夫な日だからとか言われてゴム無しでしたら
やっぱりダメな日だったかもしれないとか言い出した

391: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/17(土) 23:14:00.50 ID:xewY+XPk.net
結婚を前提に同棲を始めた彼に冷めた 
彼は勝手に物件を契約してきてしまった 
私は通勤時間が2時間もかかってしまう場所 

6時には家を出る事になり帰宅も8時近くになるので 
朝食は簡単な物しかできないし夕食時間も遅くなるだろう 
昼のお弁当は作れない、無理だと思うので勘弁して欲しい 
その他の家事は分担制にしたい、とお願いした 
彼は反対することもなく「そういうのは仕方ない、協力するから頑張って」と言っていた 
なのに実際に同棲が始まると弁当は作ってもらわなきゃ困るとか 
夕食は7時には食べたい、掃除洗濯は奥さんの仕事 
11時には寝るのでそれまでには家事を終わらせて静かにして欲しい 
などなど最初の約束と違う事を言い出した 
それは時間的に無理だという事を言ったら 
ちょっとそこに座れと床に座らされ彼はソファーに座った上からの位置で 
「他の家庭の奥さんは同じ事をやっている 
洗濯してくれないから2日続けて同じ服になり上司から注意された」 
と部下に注意するかのような口調で言われもう一気に冷めた 
すぐにも別れたいところだけど住むところがなくなるので 
引越し先が決まり次第別れて出ていくつもり

467: A子 2007/02/02(金) 02:52:50 ID:60yZln51O
この時間に見てる人がいるかわかりませんが… 

一応投下する前にまとめてみたんですが、わかりにくかったらすいません。 

まず登場するのは 
A→私、大学生 
T→彼、紳士服販売員 
M→彼の同期で同僚 
R子→Mの彼女 
Y子→R子の友達です 

修羅場に発展するまでの彼の職場内での話は彼と同僚から説明してもらいました 
ある日彼の職場にR子とY子が就活用のスーツを買うために来店。 
もちろん担当はMで二人のスーツを見立ててたけれど近くにいたTを見てR子が気に入った、というか一目惚れ状態になったらしく、MにTのことを聞いたりしていたんです。 

その時点でMはTには彼女がいると伝えたらしいんですがR子がTのところにY子を連れて 

「二人担当するのは大変だと思うからこの人担当してくれませんか?」 

とTに言いました。Tも自分の売り上げも上がるし、何よりY子の気持ちを知らなかったので快諾してスーツを見立てました。 

するとY子は完璧にTを好きになったらしく、Tに年齢、どこら辺に住んでるか、休日は何してる。などを聞いてきてTも不思議に思ったようです。 

R子はその間Mに仕事が終わったら4人で夕飯食べたいからTを誘って!!と頼んだんですがMは 

1: 埼玉ファザー 2011/09/20(火) 12:01:07.86
今週末、息子が彼女をつれて挨拶にくる。 
普通に考えれば幸せな話だが、それがそうでもない。

その息子の彼女、いのぶた似らしいのだ。 
仙台勤務だった息子が現地で半同棲していたのは
知っていたんだが、関東にもどってきても
つき合ってるので家内が興信所を使って
調べた写真を見たら愕然とした・・・

かわいくない、というか動物、いのぶたそっくり。 
挨拶に来て話してみたら意外と性格が
良かったりするのか? 

結婚して子供ができても
あれが遺伝するかと思うと不憫でならない。 
憂鬱だ。

334: 愛とタヒの名無しさん 2014/02/05(水) 23:02:16.72
この間レストランへ行ったら 
相手がペットボトルをカバンに入れてて 

若い店員から「当店は持ち込み禁止ですっ!」
と叱責されてこっちまで一緒に睨まれて 
あー恥ずかしかったわ…

784: 名無しさん@おーぷん 2016/10/30(日)01:34:35 ID:sBi
今年入籍するつもりだった彼の身内に不幸があって、
結婚は先延ばしになったけど、同棲は始めた。

勤務時間等の関係で、家事は私がやる方が多いけど、
割とマメな方だし今のところ苦ではない。
彼は炊事は苦手だけどきれい好きだし、
私がやって当然な態度でもないので、不満もない。

ただ一つだけ、ちょっと困ったなと感じているのが、
彼が「白いごはん」を食べない、という点。
デートの食事は、お昼時なら麺類がほとんど。
夜は、どちらもお酒が好きなので、「白いごはん」を食べるようなお店には行かなかった。
手料理をふるまう時も、彼のリクエストに沿った料理や、
お酒のおつまみばかりだったので、全く気づかなかった。
彼から「白いごはん」が好きではないという話も、聞いた事がなかった。

私は逆で、「白いごはん」が好き。
家での夕飯はほぼ「白いごはん」とおかず、という組み合わせ。
食事については任せる、と言われていたので、彼にもそういう夕飯を出した。

初めての夕飯は
・牛肉と玉ねぎのオイスターソース炒め
・焼きナス
・スモークサーモンと野菜のサラダ
それと味噌汁と「白いごはん」だった。

すると彼は「そういえば言ってなかったけど、俺、白いごはん嫌いなんだよ」と言って、
牛肉と玉ねぎのオイスターソース炒めを「白いごはん」にかけて食べ始めた。
二膳目は、味噌汁のお椀に直接「白いごはん」を投入して完食。

食べ物の好き嫌いはある程度はしょうがないし、
彼も「白いごはん」に他の味がついていれば食べる。
ある程度の汁気があるおかずなら、そのままかけて食べる。
汁気がないおかず、主に揚げ物(唐揚げ、トンカツなど)の場合は、
ごはんにのせて、唐揚げなら中華ドレッシング、
トンカツならソースを多めにかけて食べる。

私の料理に不満があるわけでもなく、ただただ「白いごはん」が嫌いなんだそうだ。
彼のお母さんに聞いてみると、小さい頃からずっとそうだったようで、
嫌いな理由は「味がないから」。

チャーハンやカレーライスやどんぶりものなら、出したまま食べてくれる。
私が「白いごはん」を食べるのを咎めるわけでもない。
無理に味のついたご飯を作る必要もない。
その日のおかずの中で味が濃い目のものを
「白いごはん」にかけて食べるからそれでいいと彼は言う。

別に私の負担が増えるわけでもないんだけど、
なんとなく、うっすらと、「なんかイヤだな」と感じてしまう。
こういうモヤモヤって、誰かに言ってもわかってもらえない気がする。
具体的に何が「イヤ」なのか、自分でもよくわからないわけだし。

今日は彼が留守にしていて、
私は一人で焼きサンマと野菜炒めをおかずに「白いごはん」を食べた。
彼はきっと焼きサンマと大根おろしをごはんにのせて、
醤油をたっぷりかけて食べるんだろう、って考えたら、
やっぱりちょっと、イヤだなあと思ってしまった。

167: 愛とタヒの名無しさん 2005/08/23(火) 23:39:47
おれの彼女は借金500万あるのに結婚しようとしてる 
結婚したら専業主婦になって家計から借金返すんだとよ。 
それ、はじめて聞いたとき悶絶しそうになったよ。 

向こうの親も、払うの当然みたいな態度だし・・・

1: 名無しさん@おーぷん 2015/05/18(月)13:59:00 ID:5ni
元カノはとにかく男を試したがるタイプだった。
例えば、デートでディナー代支払い時に
「ごめーん、お財布忘れてきちゃった。今回支払いお願い」
と言い出して、俺は元から払うつもりだったら
「いいよ、今日は俺のおごりね」
と言って支払ってくると
「うん!合格。偉い偉い。ちょっと試してみたの。ちゃんとお金は払うよ」
と言って財布から金出そうとしたり、なんかの拍子で荷物持ってあげると
「合格!持ってくれるかなと思ってちょっと大きなカバン持ってきたの」
といった感じでとにかく上から目線で俺を試して合否を出してくる。
いい加減うざいなと思ってたら、今度は共通の友人である元カノの親友が俺を
口説き始めた。これは絶対元カノの新しい試験だなとピンときた俺は適当にあしらった。
そしたら案の定、次に元カノに会った時
「浮気しないで偉いね!合格」
と満面の笑みで言われた。
俺はもうこいつとはダメだなと思ってその場でフって帰った。

211: 恋人は名無しさん 2010/09/15(水) 21:26:33 ID:54TCa3PvO
今から10年近く前。 
友人の紹介で付き合いだした彼。とても温厚で優しい人だった。 

勤務場所が近くということもあり、帰りに待ち合わせをし彼に送ってもらうことが度々あった。 


付き合い始めて半年ほど経った頃のこと。 
その時もいつものように待ち合わせをし、彼が車を停めている駐車場まで談笑しながら歩いて行った。 


駐車場に着き、車に乗ろうとしたら、突然 
「おぃっ!〇〇(彼の名字)」と怒鳴りつける声が!

声の主は50ぐらいのオヤジ。小柄だがガッチリした体格で、893っぽい雰囲気を醸し出していた。 
その横には、やはり50ぐらいの女性がいた。 
スレンダーで美人タイプ。 

何が起こったか全くわからず、キョトンとする私を慌てて車に乗せようとする彼。 

続きます。

このページのトップヘ