今日の人気記事

事故

805 :おさかなくわえた名無しさん 2009/03/25(水) 01:13:45 ID:vgnZETs9
50キロ制限道路を90キロ近く出してた友人Aに速度違反を指摘したら
「いけないってわかってるけど流れに合わせないのはKY」
「交通の流れを妨げる方がやばい」「速度守ってトロトロ走るとかありえないだろjk」
と言って減速もせず交通の流れにあわせて速度違反をし続けていた
同乗者として命の危険を感じるのでせめて55ぐらいに落としてくれと頼んでも
「事故の遭遇率なんてそんな高くないから大丈夫」と笑っていた
おまえが大丈夫でもこっちが大丈夫じゃねーよと言ったが
運転手であるAも、同乗者B(友人)も平気だといってきかなかった
それどころか速度守れよとか言っちゃってるこちらの方がアホみたく言われた
「偽善者乙www」だの「優等生気取りpgr」だの言いたい放題された
そんなこともあってFOを決意し、Aの運転する車に乗らなくなった

暫くしてAの親から電話があった
いつも通り、交通の流れにあわせて速度オーバーしていたAが
交通事故を起こして人をタヒなせてしまったらしい
同乗していたBは重態で意識不明
で、それらは全て、速度を守って安全運転する俺がAの代わりに車を運転していなかったせいなので
訴えますから責任とってください、ということだった
斜め上どころか話の次元が違いすぎて目んたま飛び出て、その先は詳しくきかなかった
その後Bの意識は戻ったが脊椎損傷が激しくて首から下が不自由になった
で、やっぱりそれは速度を守って安全運転する俺がry

他スレで制限・法定速度守るやつは交通の流れを乱すDQN
というようなレスを鼻息荒くしているやつがいたので思い出した昔の話
FOしておいてよかったと心底思う


254 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/07/15(土) 12:05:17 ID:Kp2jG6yQ.net
障/害者の熱中タヒのニュースで古い話だけど思い出したので書く。

一人息子が障/害児だったけど、それはもう二人で可愛がって育てていた
ご夫婦がいた。「全然大変じゃない。むしろ大人になっても赤ちゃん
みたいだから可愛い」などと仰っていて、幸せそうだった。
お二人は子供の将来のためにとすごく倹約してお金を遺し、自分達に
万が一のことがあったらということまで考えて万全の準備をしていた。
ところがそのお子さんが20歳を目前にして交通事故タヒ。お二人は
後を追うんじゃないかと心配して交替で付き添って見張らないと
行けないほど嘆き悲しんでいた。その葬儀の後、出棺を待つ間に
心ないことを言うアホ2人がいた。

「まあ、障/害児だったから楽になるよな」
「賠償金も入るし、ウハウハだろ」

殴ってやろうと思ったらすでに胸ぐら掴まれてた。

131 :おさかなくわえた名無しさん 2018/08/08(水) 19:09:06 ID:3EB9pZTe.net
パックンフラワー

その日、俺は休みだったので三島駅のホームで新幹線を撮影していた。

で、たくさん撮って疲れたのでベンチに座り酒を飲んだ。

こだまが定刻通り到着し、ドアが開く。
高校生くらいの男の子が電車からかけ降りてきてベンチのちかくにある公衆電話に駆け込んだ。

発車ベルが鳴り始め、ドアが閉まる。が、男の子はハッチが閉まりきる直前に指を挟む。

チッ、ギリギリ指挟んだから乗り遅れずに済んだのかと見ていたら新幹線はそのまま発車。

途中までは挟まれながら新幹線と伴走してたが途中で転んで引きずられていった。そしてホームの端から転落。

野次馬根性.で見に行ったら頭部を

209 :おさかなくわえた名無しさん 2013/11/18(月) 10:10:28 ID:SvYVe+FX
金曜日の夜、夫が急な飲み会があったので帰りは車で迎えに行き、
最寄りの駅まで乗って行っている原チャリをそのままにしてあった。
で、土曜日に夫婦で車で駅に向かって夫が車で帰り、私が原チャリで戻ることになった。
駐車場のない本屋さんに寄りたかったから。
途中まで同じ方向なので、夫の車の後を私が追いかけるような状態になり
信号で止まってる夫の後に私も停車していた。
すると直角になった路地から自転車が突っ込んできた。
私は後にいたからずっと見てたんだけど、背中に赤ん坊を背負ったまだ20代ぐらいの女の子が
スマホを見ながら片手運転だったからブレーキが間に合わなかったみたい。
うちの車の助手席のドアにドスーン!と当たり、自転車は倒れはせずに止まった。
ビックリして運転席から飛び出した夫に「すみません!」と一言だけ言って
その母親、あろうことか来た路地より更に細い路地に入って逃げやがった。
その路地の出口がどこかは分かってたから、原チャリで先回りしてその母親を確認し
そのあとさりげなく追跡した。
そしたら大きくて立派な一戸建てでさ。
そこのカーポートに自転車止めて玄関から入って行くの確認してから、
前輪のカバーの部分が歪んだ自転車の拡大写メと
表札が写る全体写メを取ってからインターホンを押した。

558 :名無しさん@HOME 2016/08/31(水) 00:42:08 0.net
私が小学生の時に父親が家の前でチャリにはねられた。
目撃者の話では、自分の肩掛けカバンを探りながら坂道を下って来たチャリが父親の後ろから追突。
父親も怪我したけど、加害者は派手に投げ出されて頭を打ち意識不明の重体。

加害者は近所に住む新婚夫婦の旦那さん。

それから新婚奥さんはまるで被害者みたいに、偶然うちの家族に会うと睨んできたり、ご近所さんにも自分が被害者みたいに事故の話をしたりして、それが広まりうちの母親が引き篭もり気味になった。

近所の目もすぐに完治した父親よりも、なんとなく加害者同情してる感じが子供の私にも分かってきて家から出るのが怖くなってた。

ついに学校でも「私ちゃんのお父さんとぶつかった人、植物人間になったんでしょー?かわいそう」と言われるようになり
先生が「事故の話を私さんにしないように!」と腫れ物に触るな!みたいなお達しを出したもんで余計にうちが加害者みたいな空気になって、家族以外、私には味方がいないと思った時が修羅場だった。

348 :名無しさん@HOME 2011/10/11(火) 18:53:21 O
本当にdqn&携帯から投下します。
昔元偽家族にした事。

新婚から二世帯で住んでて私が妊娠したら、家事や仕事を押し付けられなくなるのを危惧したのかトメに腹パンチされて流産した。

流産した当時は元旦那も泣きながら謝ったりしたけどすぐにパパママと一緒に流産を私のせいにしだした。
私はもう無理だって思ったけどどうしてもアイツ等に復讐しなきゃいけなかったし、もう相討ちになってもいいから何かしたかった。

一旦切ります

42 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 17:16:08 p.net
小学の時、低いフェンスある溜め池近くの原っぱで友達Aとままごとしたり遊んでいてたら、乱暴で大嫌いな友達Bが混ざってきて、つまらなくなったから私は先に帰った。
夕方、Aがまだ帰らないって電話来たけどお前知らないか?と母に言われたけど先に帰ってきたから知らないと答えた。
Bに電話してAちゃんの事聞いてみたら、動揺してて、あんたのせいだしって意味不明な事言われて切られた。
夜遅く、Aちゃん溜め池から遺体でみつかった。
今も私のせいで池に落ちたのかと、思い出して辛い。でもBが何かをずっと隠してる気がしてる。

113 :名無しさん@HOME 2013/05/13(月) 23:20:25 0
小学校5年の時、目が覚めたら病院だった
小学校3年のはずの弟が、小学6年生になってた
事故に遭って、過去3年ちょっとの記憶が完全に消えてた
どう考えても、今は小学5年の夏休みのハズだった
実際は中学2年の冬だった
中学に行っても、先生にも見覚えないし、クラスの半数は知らない人だし
当然授業にもついていけなくて、ストレスで500円玉大のハゲが出来た
身体も自分の知っている体じゃない状態で、心身ともに疲れ果てた
親が家庭教師をつけてくれて、ほとんど自宅学習で3年分の遅れを取り戻し
一般入試で遠くの高校に入った
そこでは記憶喪失(退行性記憶障害)の事は一切話さなかった
頭に強い打撃を受けると良くないというので、体育には出なかった
高校の友人と話が合わない部分は、(記憶が無い期間に流行ったもの等)は
「あー。多分その頃入院していてテレビ見てないかなー」で誤魔化した
一応身体が弱いって事になっていたので、それで納得してくれた

445 :1/2 2016/03/11(金) 17:30:41 ID:fmd
去年の話だけど、私が外出中に事故にあい、意識不明になった
生タヒの境をさまよっている間、夫が義兄家に娘(5)を預かってくれるように頼んだ
それまでお互いの子を預けあっていたこともあり、義兄夫婦は快諾

私が意識を取り戻したのは事故から2週間後、さらにそこから2ヵ月後に退院
冬でノロやインフルが怖いから娘を病院に連れてくることはせず、ずっと義兄家で
預かってもらっていた(義兄娘と同じ幼稚園だったので送り迎えまでしてもらってた)
その間、時々夫が様子を見に行って、そのつどお礼を包んで渡していた
ちょうど繁忙期だった夫の帰宅が毎日遅かったこともあり、義兄夫婦が
「お互い様だから、退院するまでは遠慮なく預けていてかまわない」と言ってくれたので
その言葉に甘えていた

退院して娘を迎えに行ったら「娘ちゃんです」と出してきたのが、娘ではなく義兄娘
義兄娘もぎこちなく「おかあさん」なんて呼びかけてくるし
「その子はお宅の娘だから連れてかえってくれ」という義兄夫婦の意図がわからず
困惑しつつも、もちろん受け入れるわけに行かず大揉め
最終的に2階に閉じ込められてたうちの娘を発見して無事連れて帰った

714 :名無しさん@HOME 2014/09/04(木) 17:22:53 0.net
母が事故で急逝した時に日記のようなものを見つけてしまった時。

日記(というよりやり場のない気持ちを書き殴っている感じ)の内容
・なぜだかわからないけど(私)の事が好きになれない、というか嫌い
・生んでしまったからにはきちんと育てなければいけない、嫌っていると気付かれてはいけない
・上の2人と態度が違うと嫌っているというのがわかってしまうので
(私)にどこまで厳しくして良いかわからず
つい(私)を甘やかしてしまっている気がする
・早く巣立って欲しい
・帰省が終わった、態度には出さなかったと思う。
などなど

ケンカもしたこともあるけど、普通の親子だと思っていた。
風邪をひけば看病してくれて、金銭面でも差別されたこともなかったし、
進路など相談に乗ってもらったこともあった。
どこにでもいる母親だったと思う。
私が結婚して家を出るまで邪険に扱われた事もなかった。
結婚後もの帰省も里帰り出産もやさしく受け入れてくれた。
母が亡くなってしまった今となっては真偽を確かめる事もできないけど、生きていたとしても
確かめる勇気なんてなかったかもしれない。
母のタヒ後抜け殻の様になってしまった父親が元気を取り戻した頃、
「母がタヒぬ前に一度だけ意識を取り戻して、ノートを見つけたら読まずに捨ててほしいと言っていた
何か心当たりはあるか」
と聞いてきた。知らないとだけ答えた。

日記を読んだ当時は1人で修羅場だった。

このページのトップヘ