今日の人気記事

ペット

546 :名無しさん@HOME 2009/08/25(火) 21:18:57 0
土曜日のこと。
もうすぐ2ヶ月になる赤さんに会いに飛行機距離のウトメさんが来た。
ハッキリ言って結婚前から合わない人達だけど、
お祝いに来てくれるんだからと喜んで迎えた。

「こんにちはー。ばぁばでちゅよー」と赤さんに手を伸ばした瞬間。
ベビーベッドの下で寝てたヌコが「シャァァァァァァッ!!!」って飛び出した。
『じぃじ と ばぁば』は腰を抜かしたw

赤さんを守ろうとしたのか、「まだネコがいる」と言われたことに怒ったのか、
ただ単に寝てるとこにいきなり足が来たのに驚いたのかは不明だけどヌコGJ。
ヌコご飯をワンランク上げたw


342 :名無しさん@お腹いっぱい。 2009/05/23(土) 20:19:06
前置き長いけど、今日あったことを何かに残しておきたいので報告。

結婚して1年後、俺の身体的事情で子供が望めないことが判明。
嫁に離婚を切り出すと(辛かったけど、俺から言うべきだと思った。)
「私のこれからの人生に、子供を産むことしか幸せがないとでも思ってるの?
あんまりバカにすんじゃないよ。確かに子供がいなきゃ味わえない幸せもあるけど、
夫婦2人で色んなことを身軽に楽しむ幸せだってあるでしょ?
私は行きたい場所も勉強したいこともまだまだいっぱいある。
それをあんたと共有したいと思ったから結婚したんだよ!!」
と凄い勢いで怒られた。

お互いの親や親しい友人にも事情は説明し、
それ以外の人間からは心無い詮索を受けることもあったが、
嫁はいつでも明るくフォローしてくれていた。


結婚後4年目(今から1年位前)嫁が衰弱した子猫を拾ってきた。
元々大の猫好きなのは知ってたし、俺も嫌いじゃないので自然と家で飼うことに。
しかし最初の頃、嫁が妙に申し訳なさそうにしているのが気になった。
「余計なこと言ってくる人がいるかもしれないのにごめんね?
どうしても見捨てられなくて。」とか。

俺は「建てたばっかりの家を猫に傷つけられるからかな?」とか思ってたんだけど、
俺だけで俺実家に帰省した時に母から
「子供の代わりにペットを可愛がって、虚しくならないの?」と言われ
嫁はこういう状況も想像して俺を心配してたんだと気づいた。
ちなみに父がすぐに母を諌め、母も泣いて謝ったのでその後確執はない。
もちろん嫁に同じことを言ったら絶対に許さないとは伝えたが。


16 :おさかなくわえた名無しさん 2012/07/25(水) 13:28:05 ID:zCva6hMo
うちの高齢犬(17歳)が、突然廊下で動かなくなった
その場でペタッと座り込んで、段々目も虚ろになっていく
身体もドンドンかたむいていって、呼吸も弱くなっていった。
もう高齢だし、タヒんじゃうのか!?
と思って、号泣しながら一生懸命からだなでてずっと名前呼んでた
10分後。
犬が、くぁ~~ふっと大きなアクビを一つしたかと思ったら、
突然立ち上がって、何事もなかったかのように尻尾ブンブンふりながら廊下駆け回りはじめた

ホッとしたけど、この十数分はなんだったんだよ!と思った
その夜、あまりにもショックをうけた私は高熱だして寝込みました。

667 :彼氏いない歴774年 2011/02/22(火) 19:14:48 ID:bYeW4VJN


自分の悪事。
近所のわんこを拉致してやったぜ(`・ω・´)
あからさまに不安そうに嫌がってたけど、気が優しい子だからろくに抵抗できないでやんの。
3日も飲まず食わずで留守番してたのに無理矢理拉致されて動物病院に連れてかれたレトリバーざまあ(`・ω・´)
さらに自宅に連んで込み水とペディグリー缶与えて絶食に終止符を打ってやったぜ。
忠犬ハチ公アピール邪魔された犬ざまあ(`・ω・´)
熱い水をぶっかけ薬品まみれにしたあげく全身をもみくちゃにされた犬ざまあ(`・ω・´)

そのまま喪女宅で監禁された犬。
ちょwwwセレブ風味リア充一家のペットから天涯孤独ぼっち喪女の飼い犬なんて転落ぱねえw
お姫様が遊女に落ちたようなインパクト。犬ざまあマジざまあ(`・ω・´)


3日くらい前に旦那さんの転勤で引っ越したらしいんだが、誰もいない家にわんこだけ置いてかれてたんだ(´・ω・`)
この寒い中、一昨日なんて夜通し雨が降ってたのに誰もいない家の前で留守番してたみたいだ。
大人しい子だから吠えたりしないでじっとしてたんだろう…。
吠え声でも聞こえればもっと早くに気づいてあげられたのに(´・ω・`)

ろくに近所付き合いもしてない喪女は買い物帰りに保健所職員さんとご近所宅大家さんが話してる現場に鉢合わせるまで
ご近所さんが引っ越したことすら気づいてなかったんだ。コミュ障っぷりを自覚させられた喪女ざまあ(´・ω・`)

5年前に飼い犬亡くしてあんな悲しいのはもう嫌だと
二度と動物は飼わないと心に誓ったのにあっさり破るはめになった喪女ざまあ(`・ω・´)

でもあのまま放っておいたら保健所に連れてかれただもん。
放っておけなかったよ…(´・ω・`)

虹の橋の向こうのあの子は許してくれるだろうか。

487 :おさかなくわえた名無しさん 2006/07/28(金) 02:39:47 ID:+SIEom1y
499 名前:わんにゃん@名無しさん[] 投稿日:2005/04/07(木) 07:45:39 ID:JmMHUWur
11年前の2月、何も無い湖の駐車場でガリガリの猫が寄ってきた。
よろよろと俺たちの前に来るとペタンと腹をつけて座った。

動物に無関心だった俺は「キタねー猫だな」と思っただけで、他に何とも思わなかった。
猫を飼っていた彼女がその猫を撫でながら言った。
「こんな所にいたら病気でタヒんじゃうね」
単細胞の若者だった俺は頭にきた。
「何、こいつ病気なのか?タヒぬと分かってて放っておくのは杀殳すのと一緒だろ!
何言ってんだオメー」

ドライブは中止。そのまま膝の上に乗っけて車を運転して帰った。
顔は目ヤニだらけ、鼻水で鼻はガビガビ、尻から出てきた回虫が俺のズボンの上を這っていた。
くしゃみで車のドアはベトベト、コホコホ咳をして、痰でゴロゴロいっていた。
「どうするの、その子?」
「治るまで俺が飼う」
「じゃあ名前は?」
「うーん…痰が詰まってるから…痰助」
「変な名前」
「うるせー」

獣医に寄って虫下しと風邪の薬などを貰って帰った
風呂場で綺麗に洗って、とりあえずシシャモとちくわを食べさせた、腹がカチカチになるまでがっついていた。

ペットは駄目なマンションだし、治って暖かくなったら逃がすつもりだったが、1週間で方針を変えた。
あっという間にまるまると太り、誰が見ても目を細めるような人懐っこい顔になり、夕方になると俺の帰りを玄関に座って待つようになった。

もともと飼い猫だったようで、トイレは最初からできた。車に乗るのが好きな変な猫だった。
人間も同じだろうが、食べ物で苦労したせいか、すごい食いしん坊だった。
冷蔵庫が開く度にダッシュで駆けつけ、何もくれないと分かると、わざと歩くのに邪魔な所に寝そべって俺に抗議した。
かつては歴戦のツワモノだったようで、耳は食いちぎられて欠け、しっぽは折れたまま曲がり、ケガの跡のハゲがあちこちにあった。

205 :おさかなくわえた名無しさん 2012/01/31(火) 03:34:05 ID:KAF321ef
夕方彼氏の家の近くで二人で散歩してたら後ろから犬の声が聞こえた。2人共に振り返ると白くてデカイ犬がこちらに向かって突進中、反射的にダッシュ。彼氏の「お前ちょ走るなああ」の言葉を背に全力疾走。
自分チビ+無駄に足早い。
デカ犬にトラウマあり。
おいかけっこの途中後ろ向いた時足からませてズザー倒れ込む。うわやばい!と思ったら白デカ犬が空をまってた。
やばいガジガジ食われる!と思ったらシタッ!と自分に覆い被さるように着地、うべろうべろ顔中舐め回された。
数秒後彼氏がデカ犬にタックル「大丈夫!?噛まれてない!?」
大丈夫と言おうとしたらおっちゃんとちっちゃい女の子登場。

901 :名無しさん@HOME 2011/01/18(火) 18:42:15 0
うちのトメは猫大嫌い。見るのも考えるのも嫌なレベル。
猫好きな夫は子供の頃から猫が飼いたくて仕方なかったが、トメに激しく
拒否されて、泣く泣く諦めてきた。
大人になっても独身寮だったため飼えず、私との結婚で初めて夢が叶うことに。
新居の家具・家電よりも先に猫ハウスを見て廻るくらい楽しみにしてた。
また、猫の件だけではなく、色々とトメに押さえつけられて来た夫は
私以上に嫁いびりには敏感。
結婚後、アポ無し凸や嫁いびりを開始したトメと戦ってくれたが、何を言っても
理解できない人なので、最近は居留守など使って家に入れない事にした。
勿論猫を飼う事も内緒。
トメに猫を見せたら何をするか解らないので会わせるつもりもない。
(拾って来た猫にお湯を浴びせた事があるらしい。夫が庇ったけど)
猫選びには時間がかかったが、やっと知り合いの家で産まれた子猫を迎える
ことが決まった。

113 :彼氏いない歴774年 2012/06/26(火) 08:05:35 ID:MmkuA6c0
話の流れ豚切りで・・・
この歳でネコ飼いになった
姉には小さい頃から姉用のペットがいたけど
私は「自分の世話もできない人間はペットを飼っちゃダメ」と飼わせてもらえなかった
だから、私はペットを飼っちゃダメなんだとずっと思ってた

ところが、先日、近所の公園を通り抜けようとしていた時、小学生に
「気持ち悪いネコ!」と言いながら石を投げられていたネコと遭遇
みてみたら、確かに皮膚病っぽくてかさぶたとかがあって
目のところもグチュグチュのネコだった
でも、「おいで」と言うと「あーぉ」とないて擦り寄ってきた上
私の目の前にゴロンと横になっておなかを撫でろと要求してきた
ああ、この皮膚病のせいで誰も頭を撫でてくれなくてさびしかったのか・・・と思うと
なんか親に否定され、学校でいじめられ、毎晩誰かに助けを求めて泣いてた自分と重なって
涙流しながらそのネコを一生賢明なでてしまった

んで、その後色々あって、今はその子はうちの家にいる
泣き声が「あーぉ」に聞こえるので、あおタンと名づけて
今では私以上にこの部屋の主として居座ってる

動物病院でお薬もらったので目の部分は治るみたい
でも、皮膚病は進行は止められるけど
悪くなった部分は戻らない、といわれたのと
骨盤(?)がおかしくてゆっくりしか歩けないといわれたけど
家猫として生きていくには問題ないといわれた

まあ、何だかんだで猫と同居するとはおもわなんだアラフォー喪女でした
特に生きる希望もない人生だと思ってたけど、あおタンのご飯代、稼ぐために頑張るよ!(`・ω・´)

809 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/05/12(金) 07:07:09 ID:GNIs9g/K.net
うちの家は一回に広めの車庫がある。
父親はよく車のトランクやドアを開け放して車の換気をしている。
その車の中に飼い猫が入り込んで遊んでいるのを見たけど、父は車を大事にしてるので、
騒いだら嫌だなあと思って黙っていた。

ゴールデンウィークにはとこが泊まりに来た。
わたしと父とはとこでスーパーに行くとき、
後部座席に乗ったはとこが「あ!」と言った。
「おじさん!シートの後ろにたくさん穴が空いてる!」
スーパーについてから運転席の後ろを見たら、
猫が爪とぎをした跡がたくさんついていた。
うわー、お父さん怒るかなー、嫌だなーと思っていたら、父はニッコニコで、
「ミミはパパの車好きだからな~」
「車開けておくといつもパパの車の中にいるんだ~」
「車なんかどうでも良いんだよ~ミミが楽しければ~」
と言った。

父が自分のことを「パパ」と言ってるのにもびっくりしたし、
猫が遊ぶのを知って車を開けていたのもびっくりした。
年をとると人って丸くなるんだなと実感した。

959 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/07/18(火) 11:35:39 ID:Pk+Dw1qz.net
子供の頃ハムスターを飼ってたんだけど
餌をやるのがめんどくさくて、気が向いたらエサと水を与えてた
それでも1年以上は生きてたけど姿を見せなくなって
ついにタヒんでしまったのかと思って巣の中を覗いたけど
どこにも亡骸がなくて骨もなくて、姿がまったく消えてしまってた
ちなみにケージの扉はしっかりと鍵かけてるから脱出はしてないと思う
親にはタヒんでしまったから埋めたと嘘ついたけど今でも謎
生き物飼うのは向いてないと思ってその後ずっと生き物飼ってないけど
今でもペットを餓タヒさせてしまう夢をときどき見る

このページのトップヘ