今日の人気記事

ペット

332 :おさかなくわえた名無しさん 2012/02/08(水) 18:00:06 ID:znY1+PSf
実家で暮らしていた頃
友人と二人でドライブ旅行に出掛けた
途中に食事休憩や景色の良いところで休憩したので、実質片道6時間くらい。
旅館に着いてカバンを開けたら、うちの猫が飛び出してきた。
友人も私も絶叫。腰が抜けるかと思った。
仲居さんが駆けつけてくれて、シャーシャー言う猫を網で捕まえてくれた。
カバンの中はゲロだらけ。
帰りのお土産分大きめのカバンで行ったんだけど、いつの間にか潜り込んでいたらしい
カバンをトランクに入れる時も、旅館の部屋に運ぶ時も全然気が付かなかった。
家に電話したら、完全家猫の愛猫の姿が見えず両親パニック中だった。
真夏では無いとはいえ、5月初旬の九州で6時間トランクはきついよ。

旅館の人が獣医さんを紹介してくれて、すぐに連れて行ったが異常なし。
猫は狂ったように水を飲んで、あとは恐ろしい程動かなくなった。
一応1日入院させて、帰りに迎えに行った。
出先で高額の出費になるわ、心配でせっかくの食事も咽を通らないわ
旅行中なのに、そんな状態で友人に申し訳ないわで、散々だった。
その友人宅で産まれたのを、貰い受けた猫だったんだけど
また「大事なお嬢さんをとんだ目に遭わせて」って感じで更に申し訳なかった。

自分のカバンを開けたら、何か毛の塊が飛び出してきて
ちゃぶ台の下に潜り込んでシャーシャー言うって、今までの人生で一番の衝撃だった。
口から心臓が飛び出してブラジル廻って帰ってきた!!って感じ。


774 :名無しさん@おーぷん 2017/03/26(日) 10:26:53 ID:fcW
私の夫は亀を飼っている。
小学校の頃から飼ってて、一人っ子の夫には兄弟のようなものだそうだ。
で、一ヶ月前に結婚したんだけど、その時のこと。
式の前に花嫁として出来上がった頃、兄夫婦と彼が部屋に来た。
そこで雑談になって亀の話になった。
途端に兄嫁が身体をぶるるっ!と震わせ「止めて!」と話を止めさせた。
で「亀の話はやめて!私、亀嫌いなんだもん!」って言った。
苦手なものがあるのは仕方がない。
でも「嫌い!」と言った後、飼ってる本人の前で「まだゴキブリの方がマシ」って言ったのね。
兄が「いくらなんでもそれは言い過ぎだろう」って注意したら(ゴキブリファンの方、ごめん)
「でも気持ち悪いだもん、止めて!」って。
それでなんだか微妙な空気になって、いたたまれなくなった彼が
「ごめんごめん、ちょっと両親見てくる」って出て行った。
なんかすごく腹が立って兄嫁に「亀の話が苦手なら自分が出て行けばいいのに
あんな言い方すごく失礼だと思う。あとで謝っといてね」って言ったら泣き出した。(ちなみに兄嫁32歳)
兄夫婦は遠方に住んでいて、結婚して3年ぐらい経ってたけど
本音を言うと遠方に住んでて良かったと思ってた。
悪い人ではなさそうだけど、この人とは合わないと思うタイプだったから。
会うのは帰省してくる年末年始ぐらいで、数えるほどしか会ってないけど
年齢の割に幼いファッションと言動、いわゆる“ぶりっこ”な感じが。
だけど礼儀ぐらいは心得てると思ってた。こんなことで泣くとも思わなかった。
その事があって、幸せなはずの式や披露宴の間中
心のどこかがモヤモヤモヤモヤしていた。
で、ハネムーンから帰ってきて両親にお土産を持っていった時、
「あんた(兄嫁)ちゃんとなんかあったの?」って母に言われた。
ああ、あの事だなと思ったけど「どうして?」って聞いたら
式のあと「(私)ちゃんのことが怖い」って言ってたらしいんだ。
簡単に説明したら「あんたが言った事は間違ってないから、ほっとくか」って笑ってたけど
面倒臭い女だなぁって正直思った。

83 :名無しの心子知らず 2012/10/09(火) 05:28:50 ID:vkJvAVXT
顔見知り程度のキチママに犬連れで襲撃されてうちの猫がケガさせられた。
子供が学校休みで義実家に連れて行きたいけど犬は連れて行けないから預かれと。
小型とかじゃなくSBの父のようなやつ。
夜引き取りにきたとき犬を外に出してたら犬に対しての虐待だとかで警察まで呼ばれたよ。

195 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 09:21:00 ID:ae2E92zs.net
雷に驚いた犬が逃走、一ヶ月後に痩せこけて困った顔しながら
小熊3頭を従えて帰ってきた時かな。
「何か付いてきちゃったんだけど( ´・・)みたいな顔してた。

710 :名無しさん@HOME 2008/10/28(火) 11:08:12 0
バツ1子つきのコトメに、近頃彼氏が出来た。
それ自体は別にいいんだけど、彼氏と再婚する事に血眼のコトメ。
コトメコを義実家に預けてデートをもくろんだが、義実家では一匹猫を飼っている。
コトメコ、猫アレルギーらしく義実家では預かれない。
という建前で、トメがコトメコを我が家に預けようと電話してきた。
躾のなってない我儘なお子様なので、子供を預かるのはちょっと無理ですと申し上げたら
トメがぐちぐちぐちぐち煩い。曰く
「せっかくコトメちゃんに再婚の目途がたちそうなのに、その機会を潰す気か」
「うちだって可愛いコトメコを預かりたい、でもお猫様がいるからどうしようもない。
コトメちゃんの結婚が上手くいく為に、コトメコは息子家(我が家)に慣れさせていずれ養子に……」

最後の一言でブチッと切れた。そもそもコトメはコトメコ連れてしょっちゅう義実家に入り浸ってるのに。
お猫様を盾にして、コトメコを押しつけようとしてるのが見え見え。
その場は「急な話過ぎるので、旦那さんと相談させてください。」と電話を切り、帰宅した旦那に事のあらましを
説明したところ「そういうことなら引き取るしかないなぁ。」と旦那に説得され、引取りを決意。
翌日旦那が、義実家のお猫様をお迎えに行って来ました。

「お袋がコトメコを預かりたい、でもお猫様がいるせいで預かりたくても預かれないって
嫁子に泣いて訴えたからしょうがないよな。
お猫様はうちで責任もって飼うから、こころおきなくコトメコの面倒見てくれ。」
トメは半狂乱になったそうだけど、録音済みのトメの臭い演技を余すことなく聞かされ
コトメコを養子に……のくだりで呆れ果てた旦那は本気。
ウトはトメに文字通り猫可愛がりされてる猫より孫の方が……と黙認。
お猫様とご愛用の毛布をペット移動用籠に入れ、旦那は無事我が家へご帰還したのがつい先週。

お猫様に引越しでストレス与えてしまったのがDQN。
もちろん、『重度の猫アレルギーもちのコトメコを預かりたいトメ』に猫毛がついてしまったら大変なので
我が家への訪問も自重された方がいいですよ、と電話してきたトメに通達済み。。
我が家の守り神として丁重に飼っていく所存なので、どうかお許し願いたいと膝上におられるお猫様を現在説得中。

550 :名無しさん@HOME 2013/01/03(木) 03:32:08 O
そんなの書いたら猫好きは、やっぱりおかしいと思われるよ。
私も猫が絡むとおかしくなるけど。
ついでに修羅場投下。グロ注意。
従兄弟が爬虫類を飼っていて私にも可愛がるよう強要。
私は爬虫類が大の苦手。それなのに、触れとか可愛いのにとか。無理。
ある日、猫を拾ったんだけど妊娠していて子猫を3匹産んだ。
従兄弟は何を考えたのか猫を隔離していた部屋に蛇を離した。
私が見つけたときには親猫は部屋の隅で震えてて、子猫はどこにもいない。
蛇が子猫を飲んだと思った私は助けないと!と台所から包丁を持ってきて蛇を切り裂いた。
何であんなことができたのか今でも謎。
騒ぎを聞いて家族が駆け付けたけど惨状を見て大騒ぎに。
従兄弟は絶叫してたけど、この猫ごろしが!と蛇の血に塗れた手で殴ったらおとなしくなった。
結局、子猫は親猫が体の下に隠してて私の勘違いだったんだけど、従兄弟が悪いということで私はおとがめなし。
蛇はタヒんだ。すっきりした。

121 :名無しさん@おーぷん 2016/08/30(火) 13:07:07 ID:TZd
近所の公園での昔の修羅場。
当時のママ友たちで集まって砂場で子供たちを遊ばせながら傍でペットボトルティータイム。
期限切れ間近の非常食クッキーを食べながら談笑していると
公園に大きな黒い犬が入ってきた。
近くに飼い主はいないし切れたロープっぽいのを引きずっていてこれはヤバい
とママ友たちと子供を庇いつつお城みたいな遊具の上に避難。
黒い犬は茂みをゴソゴソしたりおしっこしたりでこちらに興味なしだったから大丈夫だろと観察。
ほっとしたのもつかの間。
突然こちらに駆け寄ってくる黒い犬。近くで見るとかなり大きい。
わんわん吠え始めて子供たちが泣き出した。
ママ友の一人が残っていたクッキーを放り投げるけど食べると戻ってくる。
そしてついに滑り台を伝って登ってきた。
流石にこれは危険と助けてと叫んだけど広い公園で自分たち以外は誰もいない。
警察に通報をとママ友が110番してる最中に犬が滑り台を登ってフロアに到達した。
私ともう一人のママ友が子供を庇いつつ台から蹴り落そうと足で応戦。
犬は吠えて向かってくる。
このとき完全にパニック。
そして応戦していたママ友が足をガブリと噛まれてそのまま滑り台から犬と一緒に引きずり落された。
凄い叫び声でママ友が叫んでいたけどどうしようもなくて右往左往していたら警察が到着。
自転車で一人だったけど笛を吹きながらこっちに突進してきた。

続きます。

655 :名無しさん@おーぷん 2014/11/22(土) 14:45:43 ID:4EU
姑は舅に先立たれ田舎で一人暮らし。
気丈と言えば聞こえがいいが、かなりキツい性格。その上癇症なまでに潔癖症。
いつも家中ピカピカに磨き上げ、外回りも塵1つ落ちていない。
そんな訳で、我が物顔でその辺を汚したり臭かったりすると言って動物全般が大、大、大嫌い。動物園さえも毛嫌いして行かない。

五,六年前の事。
姑が足を痛め、嫁の私が身の回りの世話に1ヶ月程招集された。
三時のお茶の後片付けを台所でしているとなんだかおもての方が騒がしい。
何事かと思って覗いてみると、車庫の前で杖をついた姑が大声で怒鳴っている。
杖をついて仁王立ち!
その蔭から犬を連れた小学生の男の子が手ぶらでうなだれているのが見えた。心なしか犬もうなだれている。
男の子と姑の間には小指ほどのものが二本鎮座していた。
「この間からうちの前にうん○を放ったらかしにしてるのは僕(男の子の事)かな!いつもいつも、毎日ほんとに。おばさん、そこから見張ってたんな!」
八十を越したおばあさんが自分の事をおばさんと呼ぶのにまず第一の衝撃。
「僕には大好きな犬かも知らんが、わしは犬なんか大嫌いな。大嫌いなわしに毎日糞の始末させて、わしはますますその犬が嫌いになる。
その犬が大好きなはずの僕はそれが平気なんか!
動物を飼うちゅうんは、いい事も悪い事も全部ひっくるめて世話せんといかんのな。それができんなら犬なんか飼うな!」
すごい剣幕!だけど私は物陰からウン、ウンとうなづいていた。
そういえば、最近はとんと見かけなくなったけど、私が子供の頃には、近所に一人かふたりはおっかないおじさんとかおばさんがいて
子供が悪い事すると他人の子でも叱ってくれた。子供たちは皆その人の家の前を通る時は何も悪い事してなくても、声を潜め忍び足でそそっと
通り抜けたものだ。
その男の子は頭を下げて行こうとすると、うちの仁王様が怖い顔で呼び止めた。
「クソをここにそのままにしていくな。持って帰れ!!」
でも彼は手ぶらで袋も何も無い。
「自分の責任だから、手で持って帰れ!!!」
そんなお義母さん。それはあまりに無体な。もうその辺で許してあげて。
「わしは金輪際僕の犬の不始末の世話はせんでな。自分でやれ!」
私は一人オロオロと姑の後ろで、モーその辺でモーいい加減、と呼びかけるしかなかった。
モーモーと牛のように鳴く私を尻目に、男の子は人差し指と親指で自分から遠ざけるようにウン○二本を摘むと犬を連れて帰っていった。
姑の有無を言わさない剣幕と、逃げ出さずそれを拾った小四位いの男の子に衝撃を受けた。
私が子供の頃は、怖い大人もいる代わりにお節介なおばさんも少なからずいて、私の顔に免じてとかなんとか言って一緒に謝ってくれたものだった。
どうしてあの時さっと袋とティッシュを取ってきて、あの子の後ろ頭を押さえて一緒に姑に頭を下げ、一緒にウン○の始末をしてあげられなかったのかと
泣きそうな顔で下唇をつきだした男の子を思い出す度、胸が痛む。
私には時の氏神になる度量はなかったorz。






 






335 :名無しさん@HOME 2011/10/11(火) 17:37:25 0
トメはなんとか理由をつけてうちに上がりこみたい人。
でも絶対にあげない。一回あげたら片付けとか部屋のセンスとか
なにもかも文句をつけてきて嫌な気分になるから。
子どもがトメから電話を受けたとき、「ウサギを飼うことになった」と
口を滑らせたらしくて、トメがウサギを見に行く!絶対行く!と押しかけてきた。
家の玄関前で騒がれて、近所迷惑なので仕方なくあげた。
「うーたーん」とウサギのケージに駆け寄り
勝手にケージをあけるトメ。ウサギ超警戒モード。
あれ?って顔するトメ。多分想像してたより大きかったんだとおもう。
トメに突進するウサギ。ケージから脱出後、凶悪な目でトメを見る。
ウサギの鼻息荒い。ウサギ跳躍。トメの顔に飛び掛る。
トメ悲鳴をあげて避けるが、その後ウサギの後ろ足キックキックキックキックキック
うちのウサギ、9キロ超え巨体の上
実家で庭で放し飼いにしてたら、近所のネコ・タヌキを軒並みやっつけたあげく
犬に喧嘩売って勝った兵。寝てるところを起こされご機嫌斜めだったらしい。
その後トメはうちに来ない。来たいとも言わない。相当ウサギが怖かったらしい。
最初にキャベツの一枚もあげたら、その後は懐いてくる可愛いやつなんだけどね~

kakurerukijishironeko171027_TP_V1
nekosotomiru1027_TP_V1
no title
13 :名無しさん@HOME 2011/04/06(水) 22:04:01 0
乙一!
過去にうちの猫が引き起こした修羅場をひとつ。

何年か前のこの時期ぐらいに、窓をあけて網戸にしといたんだ。
一戸建てで、庭にいろいろ植えてるから花とか木々がよく見えるように
レースのカーテンも引いて、みんな居間でくつろいでた。

母と自分はテーブルで珈琲飲みながら雑誌を読んだり、PCしたり。
父は座卓でTV。弟はソファで寝そべってPSP。
心地良い風とか吹き込んで来て本当気持ちのいい日曜日の午後だった。

そんなとき、うちの猫が外から帰ってきた。
いつも「にゃにゃにゃ、にゃにゃー」とかしゃべりながら帰ってくるんだけど
その日は、何かを咥えたようなくぐもった鳴き声だったから
居間にいた人間、誰もがハッとして顔をあげたら
どこで取ってきたのかネズミを捕獲してた。

網戸の向こうにいる猫を見て家族全員絶叫。
ぎゃーーー!!入って来るなーーー!!
とか言ってるうちに猫が片手で網戸をガラッとあけて室内に。
その網戸の開け放ち方がまた豪快で、スパーンッ!って音と共に入ってきた。

座卓に座っていた父は逃げようと慌てて立ち上がって
床にあったコロコロを踏んで大転倒。
テーブルにいた母は椅子の上に登ろうとしてダイニングの照明に
頭をぶつけて埃が舞い落ちる。
ソファにいた弟は慌てふためきPSPのゲームデータを誤って削除。
とにかく威嚇しようとした自分は、横にあったタオルを
カウボーイのように振り回してみたもの、母が落とした埃を無駄に拡散。

一家が一瞬にして修羅場になった出来事でした。
それ以来、この時期はいつも網戸にするのを躊躇する。

このページのトップヘ