今日の人気記事

衝撃

30 :名無しの心子知らず 2011/07/27(水) 23:11:25 ID:zmzkAywc
うーわーうーわーうーわー、怖いこと聞いちゃったよ
知的障害者の息子にその息子が通う施設で働いてる娘さんをあてがおうとしてるキチがいた…
福祉施設で働いてるんだから慣れてるでしょ、うちの天使ちゃんをお婿さんにあげる。あの娘は喜ぶべき!とか
真顔で語ってんの怖すぎる。そのキチのまま友らしいのが諌めてたけど、天使ちゃんの何が不満なの!って聞く耳もってなかった
それどころか娘さんは天使ちゃんと結婚させてくださいって頭下げるべきだとかあれマジでいってるの?
逃げてー!娘さん超逃げてー!!何処の娘さんか知らないけどマジで逃げてー!!!


546 :1/3 2015/03/19(木) 06:25:46 ID:S2U
大学時代の衝撃だった話。
フェイクで矛盾が生じる部分もあると思いますが、ご容赦下さい。長いです。すみません。


私の大学では部活に入るのが当たり前という風潮があったため、私は適当にバレー部に入った。
女子で入ったのは私ともう一人だけだった。

この相方となる子をAとするとAは強烈であった。Aは我儘で、思い通りになるまでなりふり構わない。責任感がなく、仕事はやり散らかして放置する。挙句の果てに仕事のミスはフォローしている人のせいする。
男子たちはAの我儘に付き合い、半年も経つと明らかにAのミスでも、仕事のミス=私にしていた。
従わないと、Aは教室で一日中愚痴り、あることないこと言い広めた。
そのため、教室では私は「とんでもない仕事やらかし魔」として孤立した。
実験するのを邪魔されたりとかなり困ったので、何回か先輩に訴えたのだが、Aについては先輩も手に負えず、放置であり「Aがミスすることはわかってるでしょ?それを完璧にフォロー出来ないあなたが悪い!1年の問題は1年で解決しろ!」というスタンスだった。


733 :おさかなくわえた名無しさん 2003/12/13(土) 00:56:00 ID:JwkXJlAz
2年ほど前の話。
割とお嬢様な35歳の友人が、
「この前、すご~く怖い事件があってね、」と話し出すので何かと思えば、
夜、帰宅の電車の中、携帯で喋ってたら見た感じDQNな金髪君に
「電車の中で喋るな!!!降りて喋れ!!」と怒鳴られたそうです。
彼女は普段からかん高くてデカイ声で「キャハハハハ♪」と地で笑う様な人なので、
きっとキンキン声が響いてたんでしょう。
その彼女曰く、注意されたDQNの気持ちはすごくよくわかりました。

「怖かった~~~」と言う彼女に、
「え、それってすごいマトモやん。普通電車ではマナーにしてるし、鳴っても出ないっしょ」
彼女「え~~でも、ずっと鳴ってたしぃ・・・」
私「そんなら、今電車だから後でかけなおすって言えばいいでしょう」
彼女「・・・・・・・・・・・」

どっちがDQNなんだか。人間見た目では判断できませんよね。

364 :愛とタヒの名無しさん 2017/06/07(水) 23:22:18 ID:Yn8qns2z.net
何年も前、新郎新婦の同期として出た時の話。
披露宴が進む中、だんだん不機嫌になる新郎。
ケーキカットもむすっとしたまま。お色直しの退場時には新婦のペースを無視して歩いて、転びかける新婦。新郎は呆れたように顔をそらすだけ。
どんどんおかしくなる会場の雰囲気。新郎新婦が退場した途端、いろんなテーブルから動揺の声。

結局最後まで新郎の機嫌は悪く、その隣で気づいているだろうに気丈に振る舞う新婦が少しだけ可哀想に思えた。
司会者の声だけが白々しいくらい響く会場で、ずっと心臓がバクバクして、ずっと寒気がしていた。

後からわかった不機嫌の理由。なんと新郎、新婦友人に一目惚れをしていた。
新婦友人は石原さ○み系のものすごい美人で、新婦は確かにどちらかというと地味め。
その差に「萎えてしまった」らしい。それであの態度。
この話を新郎本人がするもんから手におえない。引いた。

あの披露宴の寒々しい雰囲気は一生忘れない。
紛れもない最悪だった。ご祝儀返してくれ。

807 :1/2 2015/04/03(金) 23:27:48 ID:j3B
大学生の頃の話。長くてすみません。

当時、私は写メブログをやっていた。
よくある、食べた物の写メ+一言、みたいな形式の。
コメント欄はクローズしていたけど、大学の友人知人がたまに直接感想を言ってくれたり、楽しんでやっていた。

ある時、連休中に地元から友人が遊びに来た。
友人はラーメン好きで、是非行きたいという店に三日続けて付き合った。
私は詳しくないけど、大行列店と言うよりは、通が好むお店みたいなかんじだったらしい。
友人が店の人に許可をいただいて、食器や内装等を写メっていたので、私も何枚か撮影して、いつものように写メブログにUPした。
ちなみに、友人も私もラーメンがのびてしまうのがイヤだったので、ラーメン自体の写真は撮ってない。

連休明け、大学に行くと、たま~に言葉を交わす程度の知人Aが、上機嫌で話しかけてきた。
Aもラーメン好きらしく、あの店を選ぶとはセンスが良い、との事。
ラーメンそのものの写真を撮ってなかった事も、わかってるね!という事だそうな。
私が店を選んだわけじゃなく友人が…と言ったけど、あんまり聞いてなかったっぽい。
私さんがラーメン通で嬉しい、オススメの店があるから今度一緒に!って誘われて、じゃあ今度機会があれば~と言ったところで講義の時間になった。

上にも書いたけど、私は特にラーメンに詳しいわけじゃないし、食通というわけでもない。
一番好きなラーメンは、当時住んでたアパートの近くの商店街で、中年夫婦が経営してる小さな食堂のしょうゆラーメン。
ごくごくフツーのあっさりしたラーメンで、優しい味で好きだった。
なにより値段が安かったので(当時350円だった)、よく食べてたんだけど、昼しか営業してない時期があって、しばらく遠ざかっていた。
その食堂が、友人とラーメン巡りをした少し後に夜営業を再開したので、食べに行った。
ご夫婦と少し話をして、そのしょうゆラーメンのメニュー写真を写メって、「久々にお気に入りラーメンを食べた」と、ブログを更新。

それから数日経って、学食で駄弁っていたら、突然Aが怒り顔でやって来て、バーン!とテーブルを叩いた。
私びっくり。同席していた友達もびっくり。
Aは怒り心頭の様子で、「お前(私)、全然わかってねーじゃん!!」と叫ぶ。
Aは私のブログを見て、見た目はフツーのラーメンだけど、通の私さんがお気に入りと言うからにはさぞかし美味いに違いない!と、食べに行ったそうな。
写メったメニューに店名が写っていたので(店の名前をブログに載せる事はご夫婦の許可をいただいた)、探し当てたみたい。
で、食べてみたら、美味しいんだけど、本当にごくごくフツーのラーメン。

A「俺、思わず店のオヤジに言っちゃったわ!あんたにラーメンを作る資格はない!ってな!!」

ものすごいドヤ顔だった。
周囲も驚いて、そこそこ広い学食が、一瞬シン…っとなった。
でもAは全くおかまいなしで、

「お前(私)、ラーメン語る資格ないわ!」と更にドヤ顔。
いや私いっぺんも語った事なんかないんですけど…。

「俺のオススメの店に行く話もナシな!お前にはもったいないわ!」と更に更にドヤ顔。
いや今度機会があればとは言ったけど、特に行きたかったわけでもないんですけど…。

びっくりしすぎたのと呆れたのと、あと何か言ったところで話通じないだろうな、と思ったのとで、大して言い返せなかった。
けど、「あーもうサイアクだわー!」とAが去って行った後、ようやくAが食堂のご夫婦にとんでもなく失礼な真似をしたのだと思い至った。

125 :名無しさん@おーぷん 2016/12/17(土) 00:35:11 ID:n5O
昔の話だけど語りたいので書きます

高校卒業して数日後、中学時代の同級会の案内が来たんだけど参加費が異常に高かった
会場は食べ放題があるカフェでHPで調べたら一人あたり2500円。なのに参加費は男女共に1万円……

ありえない参加費で行きたくなかったけど、親が厳しくて仕方なく参加
中学時代の私はもの静かで仲の良い人はいなかった(所謂ぼっち)ので誰からも話し掛けられる事は無く、ただ食べたり、飲むだけ

グダグタと過ごし、同級会が終わって帰ろうとした時、幹事が「いや~金貯まったわぁ~」とニヤニヤしてた
すると「この金でカラオケ行こう!」と言いだしたからびっくり
担任も行こう!行こう!とノリノリでどん引き
「○○(私)も行くよね?」と言われたけど「ごめん、バイトあって…」と嘘ついて帰りました


よく思えば中学時代のクラスは異常だった
担任がキリスト教信者で「愛は勝つ!」だのやたら「愛は~」と叫んでたし……

710 :名無しさん@おーぷん 2015/03/28(土) 13:59:18 ID:7B0
最近無言電話が嫁の携帯に頻繁にかかってきてた。最初は怖がっていたが無言電話は昼夜を問わず。安眠妨害に段々嫁がキレてきた。
ある日念仏のようなボソボソ声に恐る恐る起きると、携帯に向かって何やらボソボソ呟いている嫁。聞き耳をたてると
「ゴミ、社会のゴミ。あんたなんかママ以外誰にも必要じゃないカス。暇だからかけてんの?ねえ?」
「仕事は?友達は?いないの?◯んだ方が世のためだよ。」
「画面の向こうの嫁もあんたなんかキモいって、嫌々相手にしてるよ。平たい世界にも拒絶されてんだよカス。」
「能無し。腐敗臭の公害野郎。話し相手すらしてもらえないゴミ野郎…etc…あ、切れた」
2ちゃんねるから拾った暴言を、書き連ねた紙を読んでました。実際もっと長く話してたんでしょうね。
それ以来二度とかかってきてないようですが。
寝起きにあの念仏のような呪詛は衝撃的でした。
今でも2ちゃんねる暴言まとめは『無言電話対策(嫁用)』として引き出しにしまわれてます。
犯人、俺が何度か怒鳴りつけた時にやめときゃ良かったのにな。
「次かけてきたら千倍返しする」って嫁張り切ってるぞ。まだ生きてたら、もう人に迷惑かけんなよ。そしたら傷付かんで済むぞ。

7 :名無しさん@おーぷん 2016/12/13(火) 17:51:00 ID:hew
婚活に成功して結婚半年の三十代男だが、
未婚の男が婚活のコツ?を聞きにわらわら寄ってくるようになった。
半数くらいはまともな質問してくるんで真面目に答えるんだが
残りの奴がどうしようもない。
「専業主婦志望ダメ、バリキャリ好き、家事も仕事もバリバリやる女好き」←まあわかる
「男にゴミ捨てさせるような女は無理。だって俺の母は俺にそんなことをさせなかった」←うーん
「子供が欲しいから年齢の上限は28~29歳まで」←わかる
「おしゃべりは嫌。俺の話を聞いてくれる聞き上手な女性がいい」←わかる
「俺は甘えられるより甘えたいタイプ。気が利いて包容力のある女性が好き」
とまあ1つ1つの条件はアリなんだが
これ全部同一人物が出してる条件なんだよ。
つまりバリキャリで家事全部やって、そいつより10以上年下なのに甘えさせてくれる包容力があって
ゴミ捨てなどさせない聞き上手。子供は勿論産み、育児もすべて彼女がやる前提。
冷静に考えろ、こんな女が余ってるわけないだろ??
婚活市場に放流される前に即モテ男がGETしてるに決まってるだろ?
そして24時間メガネにフケがついてるお前を、こんな女が選んでくれる理由がどこに??
反論するのも面倒なんで「探せばいるんじゃないか」と言うにとどめたが
こいつ「このレベルの女が俺を選んでこない限り結婚はないから(ドヤァ」とかぬかしてんだよな
言葉の意味はわからんがとにかくすごい自信だ。

401 :名無しさん@おーぷん 2015/07/11(土) 23:05:13 ID:EPt
衝撃的というのとは違うかもしれないが、他該当スレも思いつかず。
3年前、ヘルニアで入院していたとき同室だったおばちゃんがなかなかに刺激的な人で、おかげで入院中退屈しなかった話。

おばちゃんは70歳。おばあちゃんのほうが相応しい年齢だが、雰囲気がおばあちゃんという言葉の持つそれとはかけ離れているためオバチャンでいきます。

オバチャンは頸椎損傷の結構な大怪我で入院しており、腰椎椎間板ヘルニアで2ヵ月入院した私よりも先に居て、私より長く残っていた。
家で社交ダンスのドレスを洗濯し、干しているときに階段から転落、
そのまま動けなくなっていたところを彼氏(81歳)が訪問、発見、救急車要請、で助かったそう。
オバチャンは髪もだいぶ少なく皺だらけだったけど、毎日丁寧に長い髪を梳いていて、おしゃれだった。
顔立ちを見るに若い頃はきれいだったんだろうなあという感じがした。
彼氏が毎日水泳してからお見舞いに来て、イチャイチャしていた。
オバチャンの彼氏は80代とは思えない若々しさで、日に焼けていて、金のチェーンネックレスをして、
背筋もピンとして皺も目立たなくて、オバチャンより若く見えるくらいだった。

オバチャンはすごく社交的で率直で、元気だった。
私にも他の人にもバンバン話しかけた。お裾分けもしてくれた。
感情の起伏が激しく、人の話を聞いて同情して泣いたり、ニュースを観て本気で怒ったりしていた。

オバチャンに「彼氏と仲いいですね」というと、すごく嬉しそうにして、
彼は命の恩人、彼が来てくれなかったらタヒんでいた、11歳も年上だから、彼が先にタヒんじゃうと思うと耐えられない、早く治してまたデートしたい、彼のリードで踊るの!
とすごい勢いでのろけていた。

54 :彼氏いない歴774年 2009/10/18(日) 00:42:17 ID:WidaZ55P
長文ですみません。

1ヶ月くらい前に、喪友から相談を受けた。
「付き合ってほしい」と男性から言われたが、「どうしよう?」という内容。
私は、その人に面識がなかったので、「どんな人なの?」と聞くと、彼女は、
口ごもりながら、「ちょっと変わった人で・・・」と。
どういうトコが変なのか聞くと、「坐禅やってて、フクロウ飼ってるんだ」と
答えたので、なんだかムツゴロウさんを連想してしまい、内心おかしかったけど、
「取り合えず、付き合ってみなよ!」と、軽い気持ちでアドバイスした。
それから、2週間過ぎた頃、彼女から彼と3人で食事しようと誘われ、
ムツゴロウさんの顔でも見てやろうかと、軽い気持ちでOKした。
そして、当日、待ち合わせ場所に行って、正直驚いた。
髪は坊主なんだけど、顔立ちがすごくキレイ。服装もシンプルな格好なんだけど、
センスの良さがひしひしと感じられ、何より、照れくさそうな表情がかわいい。
レストランに入り、注文を終えると、彼が、急に真剣な顔で、私にこう言うの。
「ありがとう。彼女の背中押してくれたそうで、本当にありがとう」
彼の大きな瞳に、吸い込まれそうな気がしたくらい心が揺さぶられた。
食事中も、「野生のフクロウが、部屋に住み着いちゃって困ってるんだ」と
話す横顔を、どうしても、ガン見してしまう。
喪友には悪いが、なんでこんないい男が、彼女に惚れたのかをどうしても
訊ねたくなり、「○○子のどこが気に入ったんですか?」と言ってしまった。
すると、「それは彼女の笑顔が好きなんです」とキッパリ。
彼女の優しい笑顔は、私も好きだけど、そういう事に気付く男の人がいるとは・・

食事会から1週間経つんだけど、私の頭と心の中には、ずっと彼がいるんだ。
恥ずかしいけど、彼の事考えながらオナもしてしまった。
本当にうらやましい。

このページのトップヘ