今日の人気記事

兄弟・姉妹

519 :名無しさん@おーぷん 2016/04/04(月) 23:58:32 ID:2Mn
自分は3姉妹の末っ子
近々長女の姉がお嫁に行くことになった
おめでたいんだけどここで次女の姉が長女は結婚すべきじゃないとか言い出した
病気持ちが結婚なんてして良いわけないでしょって同意を求められて困ってる
私は病気持ちだろうとなんだろうとあちらさんがまるっと納得してるんだから構わないと思う
長女の姉の場合、そんなに深刻な病気でもなく子供の一人も産めば治る見込みありだから渡りに船だし
だが次女の姉が破談にする方法を探しまくってて怖いのでどうにかしたい


559 :名無しさん@おーぷん 2016/05/11(水) 19:11:16 ID:612
妹が育児放棄をしてる。
私も妹も専業なんだけれど、ふだんはきちんと面倒を見てるらしいが
妹は誰かが家に来たり二世帯の義母が降りてくると育児を丸投げするらしい。

最近では仕事が終わった旦那さんに丸投げしてるらしい。
来年小学生になる姪から
「妹(ママとかお母さんとは呼ばせない)かだらけてる。
トドみたい」と相談をうけた。

なんでも最低限の家事しかしてないらしくて
最初は妊娠したかも?
と浮かれたみたいだがタダの脂肪だったのがショックでやる気が出ないようだ。

たまに姪の様子を見に行くと、部屋は足の踏み場がないし、台所はツムツム状態。

やっと座れる所を作って昼飯作ってる横で妹からの一方的なマシンガン愚痴トーク。

駄菓子バリバリ飛ばしながら
定年して毎日家にいる義父の文句、出て行く気配のない50オーバーの義弟(妹は年の差)がうるさいと言う話。義母に監視されてるとかそんな話。
相槌があいまいになると小梨じゃわかんないよねー、二人暮しで楽だよねー
うちはデキ婚ですぐに同居だから二人の時間ないしとか義両親が遠いと楽だよねー
とか言われてもこっちは何も言えない。

私から見たら子供の面倒を見てくれる人が
誰かしらいて二世帯とはいえ新しい広い家にいて健康(私は病弱で持病の為、月一通院中)で専業やらせて貰えるなんて羨ましいよ、
こっちは仕方がなく専業で節約しまくりだからww
とかいっても納得いかない感じ。

親からもお前が病弱なのに比べて妹は手間のかからない子だったから
根に持ってるだけだというし、
正直そんなに近距離でも週に何回か通うほど仲がいいわけでもないので、
ほおっておけばいいんだけれど。
やっぱり姪が心配なんだよな…

妹の旦那もいるし二世帯だから最悪の事態にはならないだろうし、
私の旦那はもともと子供すきじゃないし、
もしこういう話ならまず出てくるのは姉妹や兄弟より実両親や義両親が出るからあんまり顔を突っ込んじゃいけないんだろうけど
こういう不満が出るなら
”金コマだけど生活レベル落としたくない!けどデキちゃったんでデキ婚します!”はすべきじゃないだろーって内心思ってる。

861 :名無しさん@おーぷん 2017/11/02(木) 10:08:41 ID:l0Z
彼氏の妹さんが精神病でもう何年も働けていない。

自分も彼も良い年で、正直、二人の相性だけで言えば「結婚するならこの人なんだろうな」っていう感じなんだけれど、
私が最初に、彼の妹さんの話を打ち明けられた時点で、抱えきれなくなって姉に相談した。(今思えば、すごく軽率で迂闊だった)

本当は気軽に親に会わせたいけれど、姉からもう反発を受けている。
仕方ないのは理解しているし、姉も私の身を案じて言っているのも理解はしている。
彼も妹さんのことがネックなのも理解しているし、自分の家の状況が最悪なのも理解しているからこそ、少しずつ慎重に話を進めていきたいのだけれど。
もうちょっと彼に添ってあげたいのだけれど、立場的に現段階でこれ以上に添うことはできないし。
交際するって難しいな。

815 :名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金) 14:50:47 ID:QMK
ちょっとした修羅場

京都にお兄ちゃんといった時
当時私は16歳でお兄ちゃんは18歳

京都駅のバスターミナルでレッドリボン運動をしてて、男女のカップルに避妊道具を配り、性行為の際は避妊道具使いましょうという呼びかけをしてた

お兄ちゃんと一緒に並んでるとカップルと思われたようで、お兄ちゃんが避妊道具を渡された
私もお兄ちゃんも気まずい空気
しかも帰りにまた通った時も避妊道具配ってて、今度は私に渡された

お兄ちゃんが受け取って上着のポケットに入れてたんだけど、それがまずかった
帰り雨がパラパラ降ってきて、家に帰るとお母さんが私達の上着を受け取って洗濯しようとした
その時お兄ちゃんの上着のポケットから入れっぱなしの避妊道具がこんにちは
お母さんが顔面蒼白になってから真っ赤になった
私もお兄ちゃんも恋人がいなくて、お母さんは私達ができてるんじゃないかと思ったみたい
その後の説明が大変だった

184 :名無しさん@おーぷん 2017/08/07(月) 17:40:50 ID:1cA
自分の身内をバカにするようで申し訳ないんだけど私の妹は頭が悪い。
悪いというか知的に問題があるのでは…?と共通の知り合い友人に遠回しに言われるレベル。
まず、妹は学歴上中卒ではあるが実質小卒。
小学校の途中から学業が追いつかなくなり
いくら塾や家庭教師をつけても改善せず、結果として
「恥ずかしいから学校いくな」と両親に言われ行かなくなる。
検査すればいいのに両親は頑なに拒否。
私も姉も優秀な部類だったので妹の障害が確定するのが嫌なんだろうとよく姉と話していた。
幸い妹は学歴容姿が良く、ニコニコしていて素直で嫌味が理解できない。
頭がアレで無ければ本当にいい子。
親が外を歩かせる事を嫌がったのでこの手の変な男に孕まされることなく来た。
そのまま21まで家で家事手伝いをしてた。
社会経験はゼロ。
ニートではなく決まった時間に掃除を終え、特に料理を作ってくれるが物凄く時間がかかる。
二つ以上同時にできない。
材料を家族が買って冷蔵庫に入れておきそれを妹が作るんだけど大体5人前の夕飯で豚汁作るのに4時間。
味はまずくはないがうまくもない。
消費税の計算、割引額の計算は出来なくて当たり前。
右と左が分からない、注意散漫でよくぶつかる。漢字もよめない事が多い。
20代なのにスマホも電話の掛け方を覚えるまで2ヶ月もかかった。
アプリなんか使えない。
そんな妹が嫌になったのか父親が見合いをさせた。
相手は47で二世帯一戸建てを建てたばかりというテンプレ農家。
80近いご両親に年の離れた腎臓病お姉さん(54)
さすがに私と姉は大反対したけど、妹は受けてそのまま結婚。
すぐに娘が産まれたがダウン症だったらしく子育ては義母がやっているそう、
畑仕事もなかなか覚えず、終わるまでいつまでもやっているので影で近所が「嫁いびり」しているとうわさがたち、
人の目を気にする義両親は畑仕事を妹から取り上げで食事作りと家事全般をやらせたが上の通り遅いので
誰よりも早く朝起きたのに昼飯すら出来ていない、というのが何度もあったらしい。
今では朝掃除し夕飯を作るだけをしている模様。

身内可愛さじゃないけど47が父親ならダウン児は仕方がないと思う。
せっかく二世帯なんだからうまく回ってるんだよね?

751 :名無しさん@おーぷん 2016/12/07(水) 11:19:04 ID:on1
娘は今年の頭に里帰りして女の子を産んだ。
両家そろってお宮参りもした。
もう自宅には戻ってるけど、3~4ヶ月に一度くらい旦那くんも一緒に顔を見せに来てくれる。
向こうのご両親と会う事はあまりないけど、お互いにお歳暮やお中元のやりとりはする。不仲ではないと思う。
息子は去年家を出て一人暮らしを始めた。
時々実家に帰って来たり、私が息子の家に様子を見に行ったりしてる。
母の日や誕生日にはプレゼントもくれる。
たまに忘れてるみたいで遅れて渡されたりもはや渡されなかったりもあるけど。
多少の違いはあれどどこの家庭も独り立ちした我が子達との付き合い方ってこんな感じじゃない?
付かず離れずの距離感というか。
私には未婚の妹がいるんだけどすごく家庭板脳的というか、
・普通里帰りは夫も義両親もさせない!
・嫁両親と夫両親は仲が悪い!
・嫁というのは義両親との絶縁を願うもの!
・孫は奪い合うはず!
・小舅(息子)は親に無断で子供にお菓子を食べさせて嫌われる存在!
・家を出たら実両親の呪縛から解放されて顔も見せなくなるはず!
と言って、「だから姉さんの家は異常だ!おかしい!」とちょっかいを出してくる。
そんな修羅の家の方が異常だと思うんだけど…。

483 :名無しさん@おーぷん 2017/07/20(木) 08:15:19 ID:hzH
兄弟の上は我慢して育ち下は甘えん坊
みたいな一般論がどうしても納得できない。
というか、自分が違っただけなのだけど、うちでは姉と妹の私の二人姉妹で、私が赤ちゃんのころは確かに姉に我慢させることもあったのかもしれないけど、物心ついたころから姉絶対主義な家庭で何をするにも姉優先、私のものは姉のもの姉のものは触ったら殴られる。みたいな。
クリスマスとかでプレゼントを貰っても当日のうちに姉に献上する。
私の物で姉が欲しい物があれば献上する。しぶれば勝手に持っていって、私の物に触るな!と殴られる。
それでも強奪してもどせば「なんで私のものがアンタ(私)のへやにあるんだよ!」
食べ物も冷ご飯とか残り物が私のご飯。姉は炊飯器から出したてのご飯。
そういう状況を母も容認していて「どうせ妹(私)でしょ?じゃあいいんじゃん。お姉ちゃんの言うこと聞きなさいよ。」と姉を擁護する。
だから一般論の上の子が我慢して育つってのは否定しないけど私には当てはまらない。
なのに末っ子だとしると「うわー甘えまくりのいいとこ取りじゃんww」とか決めつけ前提で姉に感謝しろと他人からごり押しされることに納得できない。
そして姉ももちろんそんなかんじで「アンタは私が世話してやらなきゃならなかった」と今でも言い続けるけど姉に何か奉仕させられたことはあってもしてもらったことは1度もない。

867 :名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火) 11:10:40 ID:UYT
姉旦那が浮気して、姉夫婦が離婚の危機。というか離婚は確定している。
あとは慰謝料云々の話し合い。
だが問題が怒った。
姉旦那が浮気していることを、1年半前から俺は知っていた。
でも姉が悲しむのを見たくなくて、黙っていた。
それがばれて、姉に八つ当たりされ顔も見たくない縁を切ると言われている。
姉旦那と浮気相手は結婚前からつながっていて、
浮気相手の家族が何か問題で、親に反対され別れ→姉と付き合う→結婚→浮気相手と復活
という流れだった。
たまたま姉の家にアポなしで行ったとき、姉旦那がその女を連れ込んでいるのを目撃して
浮気を知った。
その時点で姉に話すべきだったと言われた。
そうかもしれないが、そのときは姉を悲しませたくなかった。
これからどうするべきでしょうか?

332 :名無しさん@おーぷん 2017/10/03(火) 14:37:23 ID:9ZC
家族についての相談です。
家族構成は父、母、長男の私(23歳)、長女(20歳)、次女(18歳)、三女(17歳)です。
私が6歳の頃、シングルだった母親と、同じくシングルで子持ちの男性(現在の父親)が再婚しました。私と長女は連れ子同士なので血縁関係はありません。
その後に両親の元に生まれたのが次女と三女です。
妹たちが幼い頃は兄妹仲良くやっていたのですが、次女と三女が中学生になった頃から長女イジメが始まりました。
次女と三女が徒党を組んで長女の容姿や学力を貶すようになり、長女のことを舐めきって見下していました。
二人は私の言うことは聞き入れるので再三注意したところ、イジメはなくなったように見えました。
しかし私が進学に伴い一足先に実家を出たところ、監視役がいなくなったためイジメが再開したようです。
長女の実の肉親である父親も下の二人ばかり可愛がっているため長女は実家で孤立無援という状況でした。
私はそんな状況を憂い、「俺はこっち(県外)で就職するからお前もこっちの大学受けて二人で住むか?」と提案し、現在二人で住んでいます。
二人になってから長女は実家の愚痴を漏らし続けました。私はカウンセリングのような形で延々と聞いていました。長女の気が晴れればいいという一心からです。
しかし長女のコミュニケーションは次第にエスカレートしていき、私に執着するようになっていきました。
やがては関係を迫ってくるようになりました。もちろん応じてはいませんが、拒む度に暴れます。
私の交遊関係にも口を出してくるようになりました。私が友人と付き合うことが長女にとっては面白くないようです。
帰宅時間が遅れるだけでも文句を言うようになり、束縛が激しくなりました。
私がいくら諭しても改善は見られません。
この歪んだ関係が正しい兄妹の姿だとは思えません。しかし私はどうすべきなのでしょうか。
私が長女を突き放せば、長女の味方はいなくなります。しかしいくら熱心に諭しても改善は見られません。
兄として妹を正しく導く道はあるのでしょうか。

468 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 19:03:55 ID:1vaFRfCc.net
10年前の出来事
当時、高校2年生だった俺は同じクラスになったA子を好きになった
顔が好きというか、とても親近感が持てる雰囲気の女の子だった

ある日、思い切って告白したら

俺 「好きです。付き合ってください」
A子「私のどこを好きになったの?」
俺 「A子さんの雰ヘ気です。A子さんを見ていると安心感というか親近感というかやわらかい気持ちになるんです」
A子「へ~~~」
俺「嘘じゃないです。本当なんです」
A子「あんた、鏡見たことある?」
俺 (そんな自分は不細工とは思っていなかったけど、こんなことを言う子だったんだ・・・・ショックだな)
俺 (無言でうなだれる)
A子「ごめんごめん。そういった意味じゃなくて」
俺 「え?」
A子「私たち、顔が似てると思わない?」
俺 「え?」
A子「あんた、私の弟だよ」
俺 「え?」

姉だった
双子の姉で、1歳の時に両親が離婚して
父親が俺を、母親が姉を引き取って離婚したらしい
姉は高1の時にすでに俺の存在を知っていたらしいが
まあ、いちいち言う事でもないかとと思ったらしく、そのまま今まで通りに過ごしていたらしい

今では、仲が良い姉弟をしています
下ネタなことは一切していませんので、念のため

このページのトップヘ