今日の人気記事

友達

339 :名無しさん@おーぷん 2017/08/06(日) 02:15:23 ID:R6C
やたら『私はそんなリスクは負わない』が口癖だったA子。

友達複数人で遊んでいた時、笑い話の延長でB子が『彼氏と桃鉄やってケンカした』という話をした。B子は笑っていたし、今は仲直りしたというので周りの人も『桃鉄は本気でやるとケンカになるゲームだよね』と和やかに話してた。
そしたら急にA子が怒りだして『ゲームごときでケンカするなんて馬鹿みたい。私だったら彼氏とケンカするようなリスクは負わない。彼氏を立てるのが彼女の役目』と言った。
まわりも(え?そんなに怒ること?)ってビックリしたけど、変に反論するのも面倒だったので流した。
他にもC子が『彼氏とディズニー行って楽しかった』というとA子『あそこってカップルで行くと別れるってジンクスがあるのによく行くね。私だったらそんなリスク負わない。どうしてそんなことしたの?あんた達近々別れると思うよ』と言いがかりに近い嫌なことをいうようになった。
そんなリスク避けてたら何もできないがなと思った。
そんなA子とは私の他県への就職を期に疎遠になった。
数年後、A子からラインがきた。『好きな人ができた。告白しようと思う』という内容だった。A子が好きになった人がどんな人か気になってたので聞いたら、なんとお相手は子持ちの既婚者。
A子曰く『奧さんと上手くいってないって言ってたから、私なら奪えると思う』ときてビックリした。おかしいでしょ。
私が『既婚者なんてそれこそリスクの塊だよ。やめといた方がいい』と言うも聞く耳もたず告白したらしい。案の定、数ヵ月後にA子から泣き言ラインがきた。『彼が奧さんと別れてくれないし、最近冷たい。処女だって捧げたのに』とか…もう何も言えない。
人にはあれだけリスクがーと言ってたのに、A子自身が全然リスク管理できてないことが衝撃だった。


272 :名無しさん@おーぷん 2015/07/25(土) 10:46:07 ID:i1C
若い頃の知り合いの結婚パーティーの話
二十歳の時高校の同級生が結婚するって聞いた
新郎は学生だし金もないしでとりあえず身内でパーティーしようって話
新郎と俺は同じクラスで大して仲良くもなかったけど
俺の友達と仲いいし知らない間柄でもないんで俺も計画から加担した
新婦もクラスは違うけど高校の同学年で言葉は悪いが
ヤリ〇ン的な噂を俺でも知ってるくらいの子だったわ
最初のパーティーの打ち合わせはカラオケボックスでやった
言っちゃあ悪いが女の子グループはギャルギャルしい方々だし
俺ら野郎グループは理系進学クラスだから垢抜けねえ集団だった
もう最初の集まりの時点で、これ大丈夫か?うまくいくのか?
とアホで鈍感な俺でさえ思ったレベルだった
話し合い自体は俺のツレが幹事ということで大体の流れを決めて
女子軍の副幹事が場所を押さえることになった

531 :おさかなくわえた名無しさん 2012/02/21(火) 22:10:45 ID:QwxikjzI
友人らと旅行に行った数日後、そのうちのひとりから電話があった。
まだお土産は残っているかと聞かれて、
私が家用に買ったのは開封済みだし、他は人にあげる予定だったので残ってないと答えた。
なんでそんなこと聞いてきたのか、気になって理由を聞いたら、
「おいしかったから、自分のは全部食べちゃった。残ってたら貰ってあげようと思って」
はあ?何言ってんの?と呆れたが、その時は残念でした~とか言って話を終わらせた。

そしたら今日、私が仕事行ってる間にそいつが訪ねてきたらしい。
夜勤前で寝てた旦那が応対して、出直してほしいと伝えたら、
「待たせてもらっていですか?」と上がりこもうとしたから、かなりきつく言って追い出したと言っていた。
突然訪ねて来た友人も友人だが、旦那が気にしていたのでひとこと謝っておこうかと電話したら、第一声が
「部屋を覗いたらお菓子の入った袋が見えた!残ってるんだったらちょうだい!」
他の友人宅にも突撃したらしい。
ここまで頭おかしいとは思わなかった。

700 :愛とタヒの名無しさん 2016/09/30(金) 17:33:25 ID:TKG+K9Ci.net
もう15年くらい前の友達の結婚式を不幸にしていたと最近知った
ブーケプルズがあって私が一番最初にリボンを渡された
自分で選んだのではなく、スタッフが一本だけ左手に持っていたのを手渡しでもらった
私の記憶ではそうなっていた
が、実は新婦が日頃親しいある女性に当たるようにと指定していたようで
スタッフは当たりの一本だけを左手に持ち、他を右手にまとめていただけだった
なので右手に持っていたリボンの束から一本選ばなければならなかったのに、私は左手に分けていた当たりを取ってしまっていた
新婦は仕方ないと諦めていたようだが
結婚何周年ごとに、私の結婚式でも、他の友達の結婚式でも
何かと思い出してしまい、その度にもやもやして周囲に愚痴ってしまい
次第に話に尾ひれがついて私がブーケを強奪したかのような話になっていき
ここ10年で幾人もの友達と気が付けば疎遠になっていたのは、これも原因だった
一番の原因は私が妊娠するまで社蓄で会えなかったからだと思うが
新婦とも今は年賀状くらいしか付き合いがない
本当は縁切りたいのかな~?とも思うし、でも子供の成長を喜ぶ内容の年賀状をくれるのを見ると
今は幸せだから水に流してくれてるのかな~?とも思う

366 :名無しさん@おーぷん 2015/02/22(日) 03:37:40 ID:5mb
ちょっと長いけど、大丈夫かな。
この間までの私と友人の修羅場。
初めての書き込みなので不備があればすみません。

私と友人(どちらも女)は大学で知り合い、
20年ほどのつきあい。
時々二人で旅行に行ったりしてたんだが
旅行中異様に親の事を心配する。
真面目で頭も良かったし、親思いの良い子なんだなあと思っていた。

128 :名無しさん@おーぷん 2017/03/02(木) 11:10:58 ID:DBl
8年の付き合いがある友達の神経がわからん
妊娠や子供の好き嫌いの話があるので、そういう話題苦手な人はスルーお願いします

自分38歳 友達A 34歳 共に女

私は26で結婚したんだけど、子供が嫌いというか苦手
歳の離れた妹の子守をずっとさせられていたせいか、
自分の人生計画に子育てを組み込んで考えたことがなかった

旦那も子供には全く興味のない人で、家族というより人生のパートナーって感じで結婚した
義実家との関係は良好なんだけど実親は過干渉気味で、孫梅を言ってくるのは自分方のみ
30歳あたりで周りもどんどん産みだして、改めて子供について考えたりもしたけど
旦那も相変わらず「2人の人生でいいんじゃない?」って感じでしっかり避妊してたから、そのつもりでいた

その頃知り合ったのが友人A子 当時26歳新婚
A子も子供苦手な人で、旦那さんも子ナシでいこうみたいな感じ
A子は年下だけどカリスマ性のある人で、周りにはいないタイプだった
他の知人は隙あらば子供は子供は聞いてくるので、自然とA子とばかり付き合うようになった
「周りからお子さんは?って聞かれるの気持ち悪いよね」とかよく話したり

32くらいのときに、親から
「孫の顔を見せないならお前を生んだ意味がない。教育費返せ」
みたいに言われて、ものすごく落ち込んだことがあった
そのときにA子に相談したら、
「孫の顔を見たいと思うのは勝手だけど、子供は親のおもちゃじゃないんだから、自分の好きなようにしたらいいよ」
みたいにこちらの気持ちを慮ってくれた

2年前に旦那の転勤で私が遠方に引っ越してからも、A子とはちょくちょくLINEしてて、
ひさびさにA子の家の近くに帰ったから昨日飲みに誘ったら、お酒はちょっと・・・と言われ
聞いたら、まさかの妊娠報告
びっくりして、「子供作らないんじゃなかったっけ?」って聞いたら、
「年齢も年齢だし、今後もし気が変わって産みたくなっても産めないかもしれないし、
とりあえず避妊やめてみたらできたから産んでみるw」
とか言い出した

もういろいろ衝撃すぎて
子供が苦手な私でも、子育てが草生やして言うような甘いもんじゃないことくらい想像できるし、
命を軽んじてる感じとか、急な裏切りとか、
4歳年上の私に「年齢も年齢」って言えちゃう神経とかが理解できない

私だって産まなきゃいけないのかなって迷った時期あったけど、
A子が「産まなきゃって義務感感じてイライラするくらいなら、今のままでいいんじゃない」
って言ってくれたから産まなかったのに
この歳から自分の気持ち切り替えて旦那説得して子作りなんて難しいし、
小梨人生楽しもうって思ってるなかこんな報告受けて脳内が修羅場

590 :名無しさん@おーぷん 2015/01/23(金) 13:24:39 ID:ubE
彼氏が公務員試験に受かったことで友人関係が大きく変わってしまったこと。

大学時代に付き合い始めた彼は就活に失敗して卒業後はフリーターだった。彼氏に「俺は正社員じゃないから別れよう」とか言われたんだけども彼以外の男性としゃべるのが苦手だったのでそのまま交際していた。
当時は女のオタク趣味を理解してくれる人はあまりいなかったからね。私の両親も反対しなかった。

その後数年の浪人を経て彼氏は無事公務員試験に合格した。
もともと生活保護の受給とか人がやりたがらない部署を希望してたのがよかったんだと思う。

その頃から人間関係が大きく変化した。ひとつは同姓の友人が減ったこと。さんざん私の彼を馬鹿にしてた人たちが彼を略奪しようとしてきた。多分今まで下に見られてたんだなぁと思い縁を切った。
もう一つは自分を信頼してくれる知人が増えたこと。彼氏の友人達が「金や職業じゃなくて中身を見てくれる女性」として私を過大評価したあたりからだと思う。

朱に交われば赤くなるとか言うけれども、人間関係って大事だなと痛感している。

194 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 08:46:03 ID:xWCjl4py.net
私は悪意のあるあだ名をつけるなら「鶏ガラ」とか「骨川スジ子」になるようなガリ体型
一応ギリギリみっともないレベルではない。と思いたい

そんな私に「トン子」「肉山豚美」的に巨デブ体型の友人があるお願いをしてきた
いくらダイエットをしても食事制限しても痩せない。なんにも食べてないのになぜか太る
あなたの生活習慣を知りたいので、何日か一緒に過ごさせて欲しい
まあ暇な時だったのでOK
3日くらいでいい?と滞在費とバイト代ももらった

痩せない原因は初日でわかった
私と同じ食生活をする、と言ってたトン子さん
「え、あれ?何にも食べないね…?」
え?なんで?御飯時でもないしオヤツでもないし食べないよ?
「あーうん、そうだよね…ねえジュースとか飲まない?」
じゃあ日本茶淹れるね
「………」

みたいな感じ。「スジ子さんみたいなのが本当に『なんにも食べてない』なんだ!」
と衝撃を受けて帰っていった
トン子さんも驚いただろうけど、私もデブの「なんにも食べてない」の真相が衝撃だった
太る理由分しっかり食ってるやん!!

472 :名無しさん@おーぷん 2016/09/23(金) 09:08:52 ID:J5H
キチママと迷ったんですがこちらに。

私と友人はどちらも某美術系大学卒業で、今は二人とも専業主婦です。共に3歳の子供がいます。
先日、出産後初めて会う機会がありました。
友人の子が、私の着ていったワンピースをさして
「おばちゃんの水色のお洋服、きれいねー」と褒めてくれたので、ありがとう!とこたえようとしたら、友人の怒鳴り声が。
「水色じゃないでしょ!それは空色!全然違うじゃない!!」
はあ?となりかけた私。友人いわく、色の感性を子供の頃から養うためで、絶対音感をつけたいからリトミックやらせるのと何ら変わらないと言うんですが……
3歳に萌黄色だの浅葱色だの濡羽色だの教えても意味ないような……
確かに友人はすごく色の感覚が優れていて、同じ黒でも「こっちは青が混ざってる黒」とか見分けられる人なんですけどね。大学の先生が、友人レベルの色覚は脳の構造が違うので、凡人の私や先生だと訓練しても無理無理、と言ってたような……

なんかモヤモヤしたので書き込みました。失礼いたしました。

749 :名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火) 15:16:15 ID:hNb
叔母は昔からずっと、私に友達が一人もいないと信じ込んでいた。
近所だしこちらとの家族仲も良好で、年上従姉妹とも姉妹同然で育った。
面倒見の良い叔母だったけど、なぜかそこだけは絶対に譲らなかった。
しかし実際私は部活も委員会も趣味活動もあり友人は多かった。
何度も私両親や親戚が突っ込んだけど、叔母は笑いながら否定してた。

時が経って従姉妹が結婚出産、私も30間近になった。
それでも未だに叔母は何かと言うと「私ちゃんは友達いないでしょ」を
繰り返す。そりゃ学生のときほどでは無いが、信頼出来る友人はいる。
両親はもちろん叔母も他の親戚も私友人とは会った事がある。
それでも叔母は「あの子一人だけが話し相手でしょ」とか
「友人という訳ではないんでしょ」とか言う。それも失礼な事に、
地味目の友人や激しく年上の友人には「あの人だけが友達でしょ」で、
見栄えが良かったり実勢のある友人だと「友人じゃないでしょ」と。
面倒なので毎回一度は否定して、あとはスルーしてた。
それ以外は別に害のない、明るい人なんだけど。

でも、私の結婚式でわりとたくさん友人が来て祝ってくれたのを、
「サクラ?」とか「断れないような事情があるんでしょ」等と言ったので
横にいた母(叔母実姉)が「なんであんたはいつもそう言うの?」と
真顔で聞いた。周りの親戚も、根拠はなんだと聞いた。すると叔母は
「だって私ちゃんに友達がいるなんておかしい」
「友達がいないからいつも(私母)と一緒にお出掛けしてるのでしょ」
「いつも暇そうだし、結婚も遅かったし、おたくだし」
「友達がいるような性格じゃないでしょ」
と、とにかく私に友人がいるようには見えないの繰り返し。
実際は私は普通に学校を出て普通に働き普通に友人と遊んでる。
でも叔母の中では私は「ぼっちのオタクフリーター、母だけが友」らしい。
で「いいじゃない友達がいなくたって、家族と毎日充実していれば。
私ちゃんが友達いるふりするのも働いてるふりをするのも別に
気にならない、みんなそんなもんでしょ、なんでムキになるの」と叔母。

すると側にいた従姉妹旦那が吹き出して「お義母さんそれうちの嫁でしょ」。

このページのトップヘ