今日の人気記事

セコケチ

642 :名無しさん@おーぷん 2015/12/11(金) 12:41:58 ID:oAU
帰省のための切符を買いに行って思い出した、昨年の今頃の話。
いつも年末年始は
年末→旦那の実家(近距離別居)
正月→私の実家(電車で4時間ほど)
で過ごす私達。
座れないのが嫌なので、いつも早めに指定席付で切符を買うんだけど、去年は正月早々散々な目に遭った。

繁忙期になので、駅はものすごく混んでいた。
実家へのお土産と荷物を両手いっぱいに抱え、さぁ座るぞ~と思うと、
私達の席を指差し、「いいかなー?」「いいんじゃない?」
と話してる一組の男女がいた。
その時は特に気にも止めず「あの、いいですか?」と言ってどいてもらった。
私達が席に座ると、「あー…」「残念…」という反応。
なんだ?と思いつつ、長旅ということもあって
私も旦那も気にせずくつろぐことにした。
ほんと10分程して、再度現れる夫婦。
男「あの~すみません。」
旦那「はい、何か?」
男「この時期ってこんなに混むんですねぇ…はは、田舎だから大丈夫だと思ってたら、自由席までいっぱいで」
旦那「はぁ…」
男「実はうちのが、その、妊娠中でしてね。」
男が指差す先を見ると、お腹を撫でながらニコニコ微笑む奥さん。
元来のんびり屋の旦那は、「??」となってるが
あー、つまりは席寄越せってことねと私はピンときた。
いらっと来てたものの出来るだけ穏便に
「すみませ~ん。私達もあと四時間近く乗るもので。
もうすぐ車掌さんくるんで、早めに空く指定席がないか、聞いてみてはいかがです?」
と早口に捲し立てた。
その瞬間の奥さんの豹変が怖い怖い。
顔がすっと、能面のように真顔になった。

うへぇ、と思いながらも、「そうですかー」と引き下がってくれたので、
旦那と私はほっと胸を撫で下ろした。
(後で聞いたら、私が断ってる時に初めて席クレクレだと気づいたらしい)
よーし、もう安心。
と、買ってきた本を開いて、20、30分経った頃…
「あの~……」


661 :名無しさん@おーぷん 2015/10/05(月) 10:10:08 ID:Y6a
(長文嫌いな人はスルーしてね)

震災絡みで恩を仇で返されてる方って割といるんだなぁと思った。
うちの場合は、大きな被害?ではないけど大きな失望を味わった。
私は震災の影響のなかった地方に住んでいるんだが、義兄嫁の妹夫婦(A夫妻とする)が被災して家を流された。
A夫の勤務先も流され、結果失業。A妻のパート先も同様。子供はいない。
私と義兄嫁(同県内住み)との関係は割と良くて、同い年と言う事もあり<相談>ではないが
<妹夫婦のことが心配で、こちらに呼び寄せようと思っている>という話を聞いていた。
その頃、私の実家が空家になっていて、そこをリフォームして借家にしようと言う計画があったんだけど
借家にするならリフォームした方がいいけど、そのままでも普通に住める家だったので
3年間の期間限定でその家を提供することになった。
A夫の再就職先は義兄が紹介することになってたし、A妻のパートもこちらならいくらでもあるから
3年あればそれなりに生活出来るようになるだろうと言う事で。
もちろん契約書もちゃんと交わした。
3年間という期間も明記してあるし、家賃としては5000円/月だけ頂くこと。
普通の賃貸契約と同様の内容で、違うのはその賃貸期間と家賃ぐらい。
家賃は事情が事情だから無料でも良かったんだけど、借家であるという意識を忘れないでもらう意味で
5000円に設定したが全然支払って貰えず、でも催促はしなかった。
仕事に慣れて落ち着いたらでいいよって、やっぱり被災者にあまり強くは請求できなかったし。
一年ぐらい経って、グアムに行ったらしいと聞いて、少しは落ち着いてきたのかなと思ったが
相変わらず家賃の支払いはなく、そうこうしてるうちに沖縄にダイビングに行ったと聞いた。
友達に勧められて夫婦でダイビングを始めてハマってしまったらしい。
そしてある日義兄嫁から「私ちゃん、うちの妹、ちゃんと家賃払ってる?」って聞いてきたので
事実のままを伝えたら平謝りされて代わりに今までのぶんまとめて払うって言われたんだけど
義兄嫁さんが払う筋のものじゃないし、こちらも形上の家賃であってあまり拘っていなかった。
2ch的には餌付け乙とか言われるんだろうけど、あの頃は現実的に被災者に対して
ましてや空家だったものを身内に貸すのにお金をくれとは言えない空気は確かにあったんだよ。
で、丸3年がくる半年前に「約束の期間が近付いてるけど、この後のことは考えているのか」と聞いてみた。

98 :名無しさん@おーぷん 2018/02/09(金) 13:37:01 ID:lhE
さっきコンビニで買い物したんだけど、たまにレシートに○○無料みたいのがついてくる時あるよね
私は家計簿つけてるからちょっとした物でも必ずレシートもらう
でもさっきのレジのおばさんはチラッとレシート見てさりげなく隠すようにしてお釣りだけ渡してきた
だからレシートくださいって言ったらはぁいと渡してきた
後で見たらビール無料が印刷されてた
今までも何回か出た事あったけど、みんな無料ついてますよっ!とか嬉しそうに渡してくれるからビックリした
自分がもらおうとしたのかな
セコいやつめ!

900 :名無しさん@おーぷん 2017/06/08(木) 10:09:46 ID:Vhi


神経が分からない人は、目の前の事すらまともに認識できないのか、という話。


私の職場の近くにあるパン屋は、閉店時間の30分前になると、その時点での売れ残りのパンを半額にするタイムセールがあります。
ちょうど仕事帰りとタイムセールの時間が重なるので、ありがたく利用させてもらっています。

そんなある日、半額になったパンを選んでいると、うっかり手を滑らせて床に落としてしまいました。
ラスト一個だったチョココロネ(´・ω・`)

当然、弁償しようと思って店員さんを呼んで

私「すいません、このチョココロネを落としてしまいました。買い取りますので……」
店「あ、大丈夫ですよ。こちらで片づけますので、代金も結構です」
私「そうですか、申し訳ありませんがよろしくお願いします」
店「いえいえ、いつもお買い物ありがとうございます」

ここまでなら普通のやり取りだったと思うのですが、突然横から40代くらいと思われる女性が割り込んで来まして

女「あ、それ捨てちゃうんですよね? じゃあ貰っても良いですよね?」
店「いえ、床に落ちてしまった物なので、お客様にお渡しする事はできません」
女「え~? 別に気にしませんよ。ちょっと落ちたくらい、はたけば分かりませんって~」
店「申し訳ありませんが、規則ですので」
女「そんなの気にしないから、捨てるくらいならちょうだいよ!」

店員さん、この時点で女性をあしらいつつも、後ろにいた別の店員さんにチョココロネを後ろ手にパス。
受け取った店員さんは、さりげない動作で店の奥(工房)のゴミ箱へコロネを廃棄。
それを見た女性が突然怒り出して

女「ちょっと! 何勝手に捨ててるのよ! 私が貰うはずだったのよ!?」
店「何と言われましても、私どもといたしましては、一度床に落ちてしまったパンをお客様にお渡しする事はできません」
女「あなたも話が分からない人ね! 気にしないって言ってるでしょ!?」

179 :名無しさん@HOME 2011/12/26(月) 15:02:31 0
旦那は男二人で義兄は晩婚で三年前に結婚した。今年二歳の女の子が居て
義実家と我が家と同じ地域に住んでます。

我が家は結婚が義兄と比らべると早めで長子はすでに大学生です。
クリスマスなんて子供は友達と過ごすので、我が家は夫婦と下の高校生が
ちょっと豪華な夕食をとるぐらい。小さい頃は義実家で皆でパーティをしてましたが
もうそんなこと何年もしてません。もちろんクリスマスプレゼントも義実家から
受け取ってません。義実家でパーティしていた頃は義兄も同居していたので
一緒にパーティに参加し子供達にプレゼント貰ってました。

そんなわけで去年からお返しの意味も込めて姪にクリスマスプレゼントを届けてます。
中身は事前に義兄嫁にお伺いしてそれにしてます。去年はプリキュア物でしたが
今年はなんとディズニーの英語教材!調べてみてびっくりでなんでこんなにするの!
下の高校生が大学受験でお金もいるしとても無理だからと旦那から断ってもらったら
義両親と我が家に電話してさんざん可愛がってやったのに、恩返しもできないのかと
詰って来た。

義両親から電話があったので義実家まで出かけて金額のあるパンフを見せた
我が家の家計からこんな金額をプレゼント出来ませんと言った。
義両親から義兄を通じて説明して貰ったんだけどだったら義両親が買えと言って来た。
義両親は今は年金暮らしで舅がバイトで生活しているからとても無理。
ちゃんと説明しているのに、遅く生まれた我が子が可哀そう。舅が現役の時に産まれた
我が家の子はずっと優遇されていると義兄が我が子が産まれてから渡したお祝い一覧表を
送りつけてきた。貰ってない結婚祝いとか出産祝いとか偽造と言ってもいいぐらい。

義兄からもらったのはクリスマスプレゼント×10年分×2人とお年玉×18年×1人と
お年玉×17年×1人です。上は大学生だから一昨年からお年玉貰ってませんので
この計算です。それでもありがたいからと姪には出産祝いもしたし結婚式にも
ちゃんと10万包んで行き義兄嫁希望の食器セットも贈りました。(五万強でした。)

750 :名無しの心子知らず 2012/08/17(金) 13:51:35 ID:vcveQga5
今、マックで隣に座った親子(子供三歳位、母親30代後半?)
母親がLサイズの飲み物をサーモマグみたいなのに移し替えて、空の容器を子供に持たせて
『落としちゃいました~ってお店の人に言ってきて』と…
思わず呆れて見てたらガン付けられた。

その後店員さんがモップと雑巾持ってきたら『あ☆すいませ~ん、もう拭いたんで平気ですぅ~☆』

嘘付け!!!

117 :おさかなくわえた名無しさん 2010/01/21(木) 17:21:05 ID:oUbTATVO
某焼肉屋で、サラダバーを一人分しか頼まず、4人で食べ回ししてた家族。
しかも、自分(店員)の方をチラチラ見ながら、(もろ見える位置に座ってるんだが)
延々と食べ回ししてる。
気づかれないよう後ろから家族の席まで回りこみ、
「お客様、サラダバーをお召し上がりになるんでしたらこちらのお皿をご利用くださいませ!
 ご人数分追加でよ ろ し か っ た で す ね ?」


バーチャン赤面、カーチャン金魚みたいに口パクパクさせてた。

32 :名無しさん@おーぷん 2016/06/10(金) 14:56:29 ID:Cb2
この間、夫の友人夫婦が遊びにきた。
夫同士はしょっちゅう一緒に遊んでたけど、夫婦でってのは初めて。
仕事を辞めて奥さんの地元でマスオさんになるらしく、
友人夫婦の自宅は引っ越しを数日後に控えて家の中がダンボールだらけ、
台所用品も殆ど梱包が終わって、外食ばかりだって言うから
じゃあ最後に送別会がてらうちでゆっくり食事をって流れでこうなった。

友人夫婦は揃ってお酒は飲めないってことだったから
私たちもお酒は飲まないつもりで、料理を品数多く、量も多めに作って並べた。
夫の友人は美味しい美味しいって食べてくれたんだけど
奥さんの方が箸が進まない様子だったので、口に合わないのかなと思いつつも
疲れてるのかも知れないしと、無理に勧めることはしなかった。
足りないよりは余るぐらいの方がいいと思って多めに作ったから
思った通り残ってしまったけど、ロールケーキも焼いてたから一旦片づけようとしたら
友人の奥さんが「さらってあげようか?」と言った。
"さらってあげようか"と聞こえたんだけど、その言葉の意味が分からず
「え?」と聞き返してしまった。
すると同じトーンで「さらってあげようか?」って言った。
何故か私はこれを「手伝ってあげようか」の何処かの地方の方言だと勝手に解釈してしまった。
「じゃあお願いしようかな」と言ったらバッグからコンテナタイプのジップロックを取り出して
残った料理・・・春巻きとか筑前煮とかポテトサラダとか・・・を根こそぎ入れ出した。
ああ、"さらう"ってこういう意味なのかと初めて知った。
その後、ロールケーキを切り分けようとしたら
「頂いて帰りたいから薄めに切ってね^^」って言われた。
友人の方は「みっともない事言うなよ」とかって叱ってたけど
「だって外食も飽きたんだもん。家でゆっくり食べたいじゃん」って。

おかげで生ごみが殆ど出ずに洗い物が楽だったけど
なんか色々衝撃だったわ。

12 :名無しの心子知らず 2012/09/06(木) 23:36:55 ID:c+qPiZm5
セコ成分少ないのでスレチだったらすみません
その上長いです…

2年ほど前から某ディスカウントショップでバイトをはじめ、私と同時期にA(19歳4歳子餅)とB(Aの従兄弟で17歳男)が入社してきた。
私も当時18歳で年が近かったこと、勤務時間が同じだったことが重なり2人とはすぐに仲良くなった。
仲良くなった頃から私のロッカーから備品(カッター、指サック、紙コップ等)がなくなるようになり、気のせいかなと思っていた矢先にAが私のカッターや指サックを持っているのを発見。問い詰めたら「ごめーん!落ちてたから拾って渡すの忘れてた☆」と言い訳。
関係を悪化させたくもなかったのでロッカーに私物を極力置かないようにして回避させた。
ロッカーに財布などの貴重品も一緒に入れてあるのでそれが盗まれなかったのは本当にラッキーだと思う(お金は出勤退勤時に社員がチェックするほど厳重だからだろうが)

続きます

486 :名無しの心子知らず 2012/07/14(土) 22:24:46 ID:gQBOOdwG
暑くて眠れない 空気読まずに投下


私は買い物をするとき一円や五円玉、十円玉を財布とは別に小銭入れに入れて持っている
今日は休日で夫が車を出してくれたのでいつもより買い物をする店も、荷物も多めで、財布に入れてた分はすぐ無くなった
財布に小銭を入れなおそうと思ったけど人前でやるのは気が引けたのでトイレの個室でしてたんだけど、
終わってふと上を見てみるとどこかの都市伝説のように隣の個室から私の入ってる個室を覗いてる女性と目が合った
個室覗いてることにもタヒぬほど驚いたけど、それが近所のママさんってことも驚いた
もうお店のトイレ入れない・・・(´;ω;`)

このページのトップヘ