今日の人気記事

武勇伝

20 :名無しさん@おーぷん 2016/06/14(火) 20:04:31 ID:tQv
電車通学していた高校の時の話

ボックス席の窓側に座っていたら、あとから隣にきたおっさん
太もも同士が当たったから、なんとなく嫌で窓側へ足を寄せると
おっさんはそのぶん股を大きく開いてまた太もも同士が当たった
それがつづいて、ついに私は窓側の壁にへばりつくような感じに更に逃げたが
おっさんはそれでも平然と股を開いて太ももをくっつけてきやがった

限界まで窓側に寄ったがもう逃げ道はなくて、理不尽さにも頭に来てしまい
私はマジ切れし目一杯叫んだ
「いい加減にしてください!いい加減にしてください!いい加減にしてくださーい!!」

私の叫び声に乗客注目。
この時点でおっさんはボックス席の半分以上を大股開きで占拠
私は隅っこに追いやられ壁にへばりついてるような状態で小さくなっていたから
誰が見ても、偶然を装ったつもりで太ももを擦り付けてくる痴漢

おっさんはテンパりアワアワしてたけど、乗客の大人たちに捕らえられ
次の駅で駅員に引き渡された


638 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 10:30:09 ID:XY8vGObN.net
昔、腹部の手術をした

縫合が悪いのか変な場所からもジワジワ出血が続くと伝えたら
担当医がミスじゃないと怒鳴りこんできた
暗に“謝罪しないと今後治療しない”と言われた
ムカついたので、謝罪せずに過ごした

病院内を普通に歩きまわり
外来を通って頻繁に売店にもいった

担当医は偉い立場だったらしく
担当医が問題無しと言っている以上、問題無しらしい

2日後くらいには真っ赤なパジャマで出歩く私は目立った
しかし、私が謝罪しないので誰も止血できない
外来患者らのヒソヒソ話は止まらない

1週間目くらいに、部下らしき医者が縫合させてくれと頭下げに来た
担当医本人に頭下げさせたかったが
さすがにフラフラで危険を感じ始めていたので折れた

1週間、血みどろのパジャマを着替えられなかったのが愚痴
グロい姿を見せつけられた周囲の患者に申し訳ない

735 :名無しさん@おーぷん 2014/12/08(月) 11:15:00 ID:9vH
私が中学生の時に近所の家で火事が起きた。
火の海だったんだけどベランダから女の子と母親が煙に巻かれながら助けてと叫んでた。
でも、ベランダ下からすごい勢いで火が出てたから誰も助けられず遠巻きで見てるしかなかった。
周りの人達はもうすぐ消防が来るから頑張れと叫んでた。
実は後で知ったんだけど別の所の火事で一番近い消防署から出動していて時間がかかってた。
消防はまだかまだかと皆が焦ってた時にうちの父が仕事用のハイエースでその家に突っ込んだ。
ブロック塀を破壊して炎が飛び出してるベランダ下に強引に乗り付けてハイエースの屋根に登ってベランダに登っていた。
それを見てた近所の他の男性も助けに入り、焼け石に水かもしれないけど水まきホースを強引に伸ばしてベランダへかけ始めた。
最初に女の子をハイエースの屋根に登ってきた別の男性に手渡して、次に女性を担ぎあげてベランダの柵から投げ落とした。
ハイエースの屋根が窪むほどの衝撃だったんだけど、その時点で父は左肩にかなりの火傷を負っていて危ないと感じたから投げ落としたそうだ。
その後父も飛び降りて脱出。ハイエースも別の男性が動かしてボロボロの状態で脱出。
その時には救急車が来て女の子と母親が連れて行かれて、近所の人の車で父が病院へ連れて行かれた。
それから5分ぐらいして消防車が到着。
でも時既に遅く、火元の家は全焼、隣と裏手の家も半焼した。

そして父と母は病院で大喧嘩をしてイチャイチャした結果、私に10歳以上も歳が離れた弟が出来たことが修羅場です。

214 :名無しさん@おーぷん 2014/11/09(日) 01:21:02 ID:dxNK9x66v
同僚がとあるトンデモ取引先と仕事をした時の話です
ある部品の手配を同僚が担当していたのですが、納期前に連絡が取れず、嫌な予感が職場に漂っていた
予想通り部品は納品されず、会社には大損失
同僚もかなり責められていたようで、半泣きで取引先に連絡していた
で、取引先の担当者はというとなんとバックレていた
取引先の担当者の上司(?)はというと、嘘の報告がどうたらこーたらで把握できていなかったらしい
話を聞こうにも上司という概念がない会社でみんなで責任を押し付けあっていて何もわからなかったという
そもそもうちからの受注さえあったかどうかという話になった
当然そんなことはなく、ちゃんと俺が同僚の注文書を確認した
問題に巻き込まれたくないのでかかわらないようにしたが
そんなこんなで同僚はクビ、俺も他の会社に転職した
会社はその一年後くらいに潰れてしまった

289 :名無しさん@おーぷん 2017/07/27(木) 10:37:24 ID:3NX
小学生の頃、某県内の山沿いにある渓流BBQ場に連れてってもらった。
メンバーは親の友達の独身・家族連れと俺ら子供も合わせて15人くらい。
その日は天気も良く、俺たちも親たちも川に入ったり楽しんでた。
午後になっても遊んでいたんだが、一緒に川で遊んでた独身男性参加者(Aさんとする)が
「おーい!みんな川から上がって!」と大きな声をかけてきた。
なんか美味しい物でも出るのかと(AさんはBBQ料理とか豪快スイーツ作りが好き)
BBQ会場のタープまで戻ったらAさんは真剣な顔で
「みんな貴重品だけ持って、上の小屋(BBQ場の受付みたいな)に上がるぞ」
親も含めて全員???だったけど、いつも面白いAさんがあまりにも真剣なので携帯とか財布とかだけ持って退避。
河原より少し高台の小屋の中に全員入ったくらいのタイミングで空がさーっと暗くなり、突然の豪雨。
プレハブのガラス窓には大粒の雨が突風と共に叩きつけられ、窓越しに河原を見るとタープは倒れ、川の水は濁って勢いを増している。

Aさんの声が無かったら少なくとも豪雨の中を慌てて小屋まで登る羽目になってただろうし、何より川から安全に上がれてたかどうか。
「なんでわかったの?」全員が思ってた疑問をAさんに口にしたら
「川の向こうに見えた山の色が急に変わって、水の温度が変わった気がしたから」とAさん。
後で確認したら、たしかに川沿いの木々の向こう側に隣?くらいの山並みが見えてた。
「この強い日差しで色が変わるなら相当厚い積乱雲が発生したんじゃないかな、と思って。何も起きなかったらそれで構わんし」
事も無げに、いつものように明るく言い切ったAさんにその場にいた全員が「スゲーーー!」と絶賛した。
観察力や判断もそうだけど、安全のために「間違ってたら恥ずかしい」なんて思わずにすぐさま号令をかけられるAさんを子供心に尊敬した。

後でオヤジに聞いたら、Aさんはこういう非常事態にすごく頼りになるんだそうだ。だから酔っ払いの親たちも疑わずに行動したと。
「でも、なぜかそういう場面では不思議と独身女性が居合わせなくてな」
そんなAさんは今日もオヤジギャグをかっ飛ばしながら独身を謳歌しているそうです。

84 :名無しさん@HOME 2011/01/06(木) 16:11:39 0
それほどスカッとするものでもないしDQN度も低いかもしれないが・・・

トメ「宮参りではおばあちゃんが抱っこするものなのよ」と
子が生まれる前から鼻息荒く言っていたが
(もちろん風習としては私も知っていたのだが)
さっさと抱っこ紐つけて産着被せてお飾りつけて渡さなかった

産着はレンタルだったのだがレンタル屋さんの手際のいい事www
やっぱり事前に母親が抱っこすると決めていても
着付けの段階でネチネチ言うトメが多いらしく
レンタル屋さんのトメさばきはすばらしかった

トメ不満顔で写真に納まってるw
てか宮参りに呼んでやっただけでもありがたく思えクソババア
それまで散々人を非常識扱いしてきたから
お望みどおり「非常識」な対応をしてあげましたわ オホホ

281 :名無しさん@おーぷん 2015/07/18(土) 20:56:36 ID:jmu
祖母がやった武勇伝。
(聞いた話なので「~だそうです」系の語尾が多くなります。)
とあるお宅に在宅介護で雇われ、家政婦のような事をしに行っていた時に、そのお宅に電話がかかってきた。
出ると、ワコ○ルの下着メーカーの者だと名乗る男性。
普段着用している下着のメーカーやら、衣類のメーカーやらをなにやら色々聞いてきたそうな。
祖母は「えらい込み入った所まで聞き出すな」といぶかしんでいたそうな。
そのまま電話が終わるかと思いきや、向こうから
「最後に、今着用している下着の色は何色ですか?」
と聞かれて変態さんの電話だと悟った祖母は
「アタシは70過ぎたバーサンや!下着は黒や!」
と言って切ったそうな。

家主の娘さんが介護をしていた頃から無言やハァハァ言う系のいたずら電話が頻繁にあったそうですが、それ以降パッタリと止んだと言ってました。

54 :名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木) 09:57:49 ID:x30
私の武勇伝じゃないけど。

職場に言葉の誤用に煩い人(A)がいる。
自分より先輩、自分より年上に対しても遠慮がない。
そういうの、気になる人は気になるんだろうけど
休憩時間にせっかく楽しく盛り上がってる時にいちいち話の腰を折って名指しで指摘するのは
もう少し空気読めよ思ってしまう。
先日の昼休み、言葉遣いの話になって
先輩同僚のBが「早急ってどうしても“そうきゅう”って言っちゃうのよね」と言った。
Bは2度ほどAから「“さっきゅう”ですよ」と指摘されたことのある人。
その言葉を受けてAが早速「なんで一度で覚えられないのかわからない。
“さっきゅう”って学校で習いませんでした?
Bさんって(仕事での)電話してるの聞いてても重複を“じゅうふく”って言ってますけど
あれも“ちょうふく”だって何度も教えましたよね?」
と、その言い方がなにか攻撃的に感じられて、横で聞いててヒヤヒヤした。
当のBさんがヤレヤレって感じで「ごめんねー、この口が“じゅうふく”って動いちゃうのよw」って言ったのが
馬鹿にされたとでも思ったのかAの何かのスイッチが入っちゃって
言葉の誤用についての演説が始まった。
そしたらそれまで黙って聞いてた大人しいCが
「元々はそう読むのが正解だけど、今はどっちでもOKって辞書にも書いてあるよ?
パソコンとか“そうきゅう”でも“さっきゅう”でも、どっちでも変換できるし」
と言ったらA、顔真っ赤になって
「間違いは間違いなの!そんなだから日本語がどんどん乱れるのよ!」と反論。
そしたらCが
「でもAさん、しょっちゅう“全然アリだよね~”とか“全然可愛い”とか普通に言いますよね?
それだって同じことだと思いますケド。“全然ある”なんて言い方は元々誤用ですもんね」
と言いながらクールにフッと笑った。
以来Aが言葉遣いについてあれこれ言うことは無くなった。
っていうか、すごく大人しくなったw
Aの言うことも分からなくもないけど(言葉の乱れ等)、
それを誰にでも指摘しちゃうのは、自分がある程度完璧に出来てこそだと思うわ。

87 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/05/21(水) 20:19:05 ID:wpeVoBhC.net
この前マックに行ったら、若い兄ちゃんがガチ切れしながら店員に喰って掛かってた。
「お前なんなん?仕事出来ないの?」「俺さ、皆の前で恥かかされたんだけど?どうしてくれんの?」とマシンガントーク。
何だこいつと思いながらその後ろに並んで待ったけど、いやもうずっと文句言い続け。
店員は平謝りなんだけど、早く帰ってくれないかなー他の客待ってんだけどなーって気持ちは目線から読み取れた。

正直俺もずっと聞いてる訳にはいかないんで、イライラしながら「すんません、とりあえず横に逸れてやってもらえませんかね?」って言ったんよ。
そしたら兄ちゃんこっちみて「あ?ごめんね。でもこんな店で物買うとかやめとけよ。」と言いながら横にずれてくれた。
そしてまた「お前がチンタラのらりくらりしてっからこうやって周りに迷惑掛かんだろうが!あぁ!?」と怒鳴り始めた。
店員は「すみません、申し訳ない」とか言いながら俺の注文を取って、終わってからまた兄ちゃんに絡まれてた。
結局何が原因で怒ってるのかも分からなかったし店員災難だなとも思ったけど、言いたい事は言えたし案外素直に従ってくれたのでまぁいいやとテイクアウトして帰った。


帰って袋を開けてみると、ナゲットのソースは入っておらずピクルス抜きで頼んだ俺のチーズバーガーはチーズ抜きになっていた。
レシートでは確認できないけど、きっと店員の抜き指示の打ち間違い。
あの野郎、クレーム兄ちゃんの言う通りダメ店員じゃねぇか!と俺も文句の電話を入れました。
以上、知らない兄ちゃんの武勇伝の話。

964 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/04/30(日) 13:10:01 ID:soT5FEHa.net
自分の武勇伝じゃないけど。
地元で評判のつけ麺屋さんに行ったら、近所の女性が先客でいたので軽くお互い会釈して少し離れた席についた。女性をAさんとするね。

そこに小さい子を連れた家族がやってきて、Aさんの隣に座った。
子どもはすごく騒いでいて、うわぁ…って思ってたら案の定その子、Aさんのつけ麺の器に手を伸ばして掴んだんだ。

親は、注意もせずあらあらこの子は~って温かい目で見ていて、あまりに何度も繰り返すからAさんが「やめてね、これは私のだから掴まないで」ってやんわり注意したら、途端に顔を真っ赤にして「○○ちゃん!!このお姉さんに怒られるからもうやめな!!」って叫んだ。

うわ~こんな叱り方する親いるんだ~ってドン引きしてたら、Aさんが子どもの顔を覗きこんで一言、
「お姉さんに怒られるからやめるんじゃなくて、○○ちゃんが将来恥ずかしい大人にならないためにやめよう?」ってゆっくり諭した。
子どもは固まってたけど頷いてた。

Aさん退店後、その親は「子どももいないやつがわかったような顔して偉そうに!そもそもこんな休日に一人でつけ麺なんてどうせ独身の穀潰しよ!」ってぶつぶつ言ってたけど、Aさん子持ちなんだよね。
つけ麺好きだけど、ワンオーダーもとらない小さい子をカウンターだけのお店に連れていくのは心苦しいからって、休日に旦那さんに子ども見てもらってつけ麺食べに行くのが月一の楽しみだよ~って前言ってた。

このいろいろと非常識親子にきちんと言い返していたのがすかっとしたので書き込み。

このページのトップヘ