今日の人気記事

勘助

131 :名無しさん@おーぷん 2017/05/16(火) 00:46:45 ID:QuD
GWに起こった話
弟夫婦と妹夫婦が帰ってきて、母と自分と一緒に食事してたんだけど
知らない男Aとその父母が乱入してきて、子供を見て「この子は俺の子だ!」と叫んだ
もうみんな、は??みたいなポカンとするしか無く、誰?知らないと話してる間も
AとA母がヒートアップしてその子はうちの子だから返せとうるさい
店員さんも慌ててやってきて、騒がせてしまったので食事も早々に出てきた
けど妹が抱いた子をA母が奪い取ろうとするので、自分と母と弟嫁が守り(妹旦那は空気)
弟が「なんだお前ら!」と一喝して怯んだところを、母が「ちょっと向こうで話しましょ」と
人通りの少ない非常口あたりまでぞろぞろ歩いてった

聞いたら、男Aは弟嫁の元彼だと言う。
「さっき店に入っていく元カノ(弟嫁)を見かけたら、子供連れてたから
跡をつけて、両親を呼んできた。年齢的に言っても、きっと俺の子!
俺と別れてから一人で産んだんだ!もう大丈夫!俺が迎えに来たから!
この子と一緒にうちに帰ろう!」
A母も「Aはずっと元カノ一途だったのに!こんな男と二股かけてたのね!
でもこの子はAの子だから連れて帰ります!ようやくうちにも跡継ぎが出来たわ」
A父はずっと黙ったまま
弟嫁はこんなんと付き合ってたのか…と思ったら、弟嫁が話を一通り聞いて
「あの、あなた誰ですか?」

元彼どころか、誰かすら知らないと。
(そう言や弟と弟嫁は大学時代からずっと付き合って結婚したんだった)
全然知らない人が、自分の元彼だのなんだの言い出すからぽかんとして言葉出なかったと
私たちもAもA母もびっくり

A「ほら○○で一緒に働いてただろ!」弟嫁が前に勤めていた職場です
弟嫁「え?…えーあー…」思い出せないようです
A「××だよ!」弟嫁「あー!いた!いましたね!バイトさんでしたっけ?」
元彼どころかただの知り合いですらなかったようです
AもA母もすっごく驚いてて、え?だって付き合ってたよね?え?っておろおろ
弟嫁「何度か話したことがあったら、付き合ったことになるんですか?」
A母「だってこの子Aちゃんに目元がそっくりで…!」
妹「この子は私の子ですが」

店に入る時、弟嫁が妹の子と手繋いでたから、Aはそれを見かけて
慌てて両親に連絡して呼んだらしいけど、弟嫁の子じゃないと聞いて
一気に意気消沈して無言で去って行った
最後にA父が「こんなちょっとバイトしてはその金全部ギャンブルですってくる奴と
付き合うまともな女の子がいるわけないだろ」とぼそっと言って帰っていったのが
じわじわ来た

そしてスレタイは妹旦那
自分の子に手を出されかけてるのにぼやっとしたままだった
でっかいのに(189cm)小さい私達(弟含め160cm以下)が怒ってるのに
妹が命令したら動くんだけどねぇ


497 :本当にあった怖い名無し 2012/01/03(火) 20:44:34 ID:qrSjN0WNI
セクハラカウンセラーを失職させました。一応フェイク入ってます。
昔々、カウンセラー養成講座みたいなのに通ってた時のこと。
講座初日、何となく嫌な空気を感じたのと、
何でか言わないといけないと思って「同い年の彼氏います~」って言っておいた。
(実際は居なかった)

579 :名無しさん@おーぷん 2015/06/16(火) 13:38:40 ID:UKT
いわゆる勘助ってやつだと思うんだけど、以前デパ地下でバイトしてた時に要注意扱いの男性客がいた
2日に1回くらい来て、何人か特定の女性店員にだけ話しかけて何も買わずに帰ってく
私もタゲられ、うちは父子家庭でさーとかの自分語りや、
売り物の肉(生とかコゲとかじゃなく普通のローストビーフ)の焼き方に愛が感じられない、
これでは肉が可哀想、君が好きだから特別に教えてあげるんだよ?的なことを延々何時間も聞かされたり。

で、バレンタインの日にやって来ていきなり
「なんでチョコくれないの?用意してないなら、ここで売ってるやつで我慢するから寄越せよ」って言われた
さすがに恐喝っぽいってことになって男性社員が応援にきてくれたんだけど、
ここの女共は全員俺を好きなはず、普段特別に世話になってる俺にチョコが無いなんて困惑している、みたいなことを延々と演説してた
リアルで勘助を見てとっても衝撃だった

あと、その男性客がいつも連れてた障害者のお子さんがいたんだけど(言葉は悪いけど池沼系)、
いつもは優しくよく面倒見てるっぽい雰囲気だったのに、
バレンタインの時は話が長くなって飽きて床に転がっちゃったその子を踏もうとしたり、最後は置き去りにして帰ろうとしてたらしい
あれはイクメンなんじゃなくて女を釣るために息子を餌にしてんだよーって目撃した先輩店員が言ってた

接客やってると要注意なお客さんはどこにでもいるけど、ここまで衝撃的なのは最初で最後
息子さんがまともに育てて貰えてるといいけど。

293 :1/2 2017/03/27(月) 16:10:15 ID:5FWVJCJb0.net
相談させてください。長文なので2つに分けます。

自分 30歳 会社員
彼女 25歳 教師

先日、冷却期間を置いていてずっと連絡の取れなかった彼女を喫茶店で見かけたので声をかけ手前の空いていた席に座り話しかけました。
俺が「久しぶり」と声をかけると彼女は「え?〇〇さん?」とかなり驚いた様子でした。
以下、会話

彼女(A子とする)「何?え、なんでここにいるの?」
俺「ずっと探してたよ、今までどうしてたんだ?寂しかっただろ、もういいから戻っておいで」
A子「は?とっくの昔に別れてるでしょ。これから婚約者が来るからもうどいて。勝手に座らないで。」
俺「冷却期間置いてただけだろ!浮気してたのか?!」

こんな会話をしているうちに間男が現れました。俺に気がつき、驚いた間抜けな顔で間男に「どちら様ですか?」と素っ頓狂な質問をされました。

499 :名無しさん@おーぷん 2017/07/11(火) 16:54:12 ID:efO
勘助と迷ったけど個人的に衝撃が強かったからこちらに。

私は30代アラサーのドルオタで、在宅ファン(ライブやイベントへは行かずにCDやBlu-rayを買って楽しむ人)をしている。
だからCDやBlu-rayについてくるイベントの応募券は、いつもメルカリで販売していた。
メルカリってネット上で結構叩かれているけど、毎回匿名配送を使用しているためか、勘助と遭遇するまでは変な人に当たったことがなかった。

勘助被害に遭ったのは私の設定ミスで、いつも匿名配送で出品しているのに、何故か配送方法が普通郵便になっていた。
購入してくれたのは、今まで何回か購入してくれていた勘助だったから、この時は
「あ、いつも丁寧な対応をしてくれる人だ。初めての人じゃなくて良かったー」
て思っていた。
私はいつも通り、応募券と購入ありがとうカードが濡れないようにビニールへ入れた。
それから、公的な郵送物と見分けがつくように、パステルイエ□ーの可愛らしい封筒を使ってシールタイプの夏らしい切手を使って郵送した。
2~3日後に受け取ったという連絡が勘助からあり、いつも通りお互い高評価で取引が終わった。

そんなことがあったのも忘れた約半年後、マンションの管理会社の人から電話が入った。
「勘助さんって方ご存知ですか?」
て聞かれたけど、既に勘助の名前を忘れていたから、知らない人だと答えた。すると、管理会社の人はちょっと困ったように
「実はマンション前に勘助さんという方がいらっしゃったそうで、私さんと知り合いだと言っているらしいんですよね」
て言われた。そんなこと言われても、知らない人は知らない人だし、私も
「そうなんですか?でも勘助さんって名前に心当たりないんですよね」
て答えたら、管理会社の人は言い難そうに
「そうですか、実はその方が今、近所の交番に連れて行かれて、警察の方から私さんの連絡先を聞かれているんですよ」
て言われた。暫くお互いデモデモダッテをした後、私が折れて交番に電話することになった。
すると交番のお巡りさんから
「私さんから届いた手紙持っているから知り合いのはずです!とにかく来て下さい!」
て言われて、仕方なく交番へ行ったけど、やっぱり知らない人。勘助も「誰?この人?」状態。

勘助が言うには
私の書いた文字(丸文字)やメッセージカード(100均)と封筒(100均)のチョイスがどう見ても20歳前後だった。
手紙からも20歳前後の良い匂いがしていた。
私がいつもつけているメッセージ(定型文)は、私の不器用な愛情表現だと勘助は気付いていた。
でも恥ずかしがり屋な私は、いつも匿名配送しかしていなかったから、勘助は無理に距離を近づけようとは思わなかったらしい。
でも今回、私が勇気を振り糸交って住所を教えてきたから、勘助は私に会いに来てやった。
恥ずかしがり屋な私は、きっと何か理由がないと戸惑うだろうから「同じオタ同士の交流」てことにするため、イベント会場で買った限定グッズをお土産に持ってきた。
マンションに着くと、オートロックだった。
最初はインターホンを鳴らそうと思ったけど、運命的な出会いを演出したかったから、マンションを出入りする20歳前後の女性に一晩中声を掛けていた。
そしたら翌日の昼前に、警察がやってきた。そして今、小汚いBBAが現れた!
てことらしい。

自己擁護すると、私は30代アラサーだけど、きちんとしていれば20代アラサーか、調子が良ければ20代前半に見られることもある。
その日はたまたま!本当にたまたま!小汚い格好をしていただけ。

そんな私がまさか勘助被害に遭遇して、まさか流れ弾を食らうとは思わなかった。
私が私だと理解した時の悲しそうな勘助の姿が未だに私の心を抉ってる。

このページのトップヘ