今日の人気記事

キチ

978 :名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水) 09:24:05 ID:Ulm
次スレを先にのぞいたらこっちを先に終わらせろと書いてあったのでこっちに来ました。

元夫が逮捕されました。今留置所にいます。長いうえにたいした修羅場じゃないかもですが、よかったらお付き合いください。


五年前に私は十年の結婚生活にピリオドを打った。離婚の理由は、私が元夫の猫を私姉宅に里子に出したから。
この猫は、元夫が車で轢いてしまった猫だった。動物病院に連れて行ったもののそのせいで前足はびっこ、後足は片方が動かず、元夫は轢いた責任で家に連れ帰ってきた。
ここだけを聞けば立派だと思う。

ただし私たちの娘(二人)はどちらも動物アレルギーを持っていた。さらに下の子は小児喘息を抱えていたから、猫と一緒に暮らすことは初めから無理があった。
連れて来た時、そう言った私に元夫が言った言葉。
「だったら○(次女)を隔離すればいいだろう!!」
猫を隔離するのではなく、娘の方を隔離するとほざいた。この家は元々造園業を営んでいた夫祖父母から受け継いだもので、家のそばに物置があった。そこに娘を隔離させると。当時、次女は四歳。

私の反対を押し切り、元夫は猫を連れ帰ってきた。本人は溺愛しているつもりだったが、猫の世話の七割は私が、三割は長女がしていた。とうの元夫は口ばかりで何ひとつ世話をしなかった。
夫は「轢いてしまった猫を、立派に飼っている素晴らしい自分」に酔っていた。家は猫中心の生活になった。
娘たちの体調を考慮し、猫には二階の限られたスペースで暮らしてもらうつもりだった。足が不自由な子だから階段を自分で降りてくることはできないので、階段の手前に転落防止の柵を取り付けることで隔離しようとした。

夫、激怒。「こいつはもう家族なんだ!!厄介者のように扱うな!!」だって。
咳き込む娘たちに「わざとらしく咳をするな」だの、「あてつけのつもりか」と暴言を吐くように。

それでも一年弱、猫を飼い続けたのはとうの娘たちの希望だった。元々、体質的に飼えないから諦めていただけで、娘たちは大の動物好き。足が不自由で介助してあげないとトイレにも困る猫の世話を長女はいつもマスクをしてやっていた。
それが渋々とかではなくて、本当に好きでやっているのがわかる嬉しそうな顔をしていた。
あの顔を見てしまったら、「諦めなさい」とは言えなかった。

でも、本当は心を鬼にしてでも言うべきだった。思い返すたびにできるものなら当時の自分を張り飛ばしに行きたい。
最初に触れたけど、次女には小児喘息がある。

ある日、肺炎を併発した。アレルギーの咳と小児喘息が最悪の形で次女に訪れていた。
病室で呼吸困難を起こす娘の姿を見て、私は猫を里子に出す決心をようやくした。
それが私姉だったのは、姉一家(夫実家住み)は猫好きで姉夫家族は以前にも体が不自由な猫を飼ったことがあったから。里親を持ちかける前から度々うちで引き取るよと言ってくれていたので、甘えさせてもらった。
七歳の長女と五歳になっていた次女は嫌がったけれど、何度も根気強く説明した結果、里子に出すことを承知した。
これに納得しなかったのが夫だった。

娘たち泣く泣く諦めたのに、姉宅に押しかけて連れ帰ってくると、また次女を隔離すると言い出した。
当時、次女はまだ入院していた。聞き分けのない父親を七歳の長女が「パパ、しょうがないよ」って諭しているのに、聞き分けず長女を「無責任だ」と張り飛ばした。
このとき私のなかで離婚が確定になった。その場で離婚を突き付けた。
元夫は自分の考えがすべて正しいと思い込む傾向が多々あった。このときも元夫は猫が可愛いからではなく、「立派な自分」に陶酔しているだけだった。
出て行くのならひとりで出て行けと元夫は言い、口論に発展。
つかみ合いになって私が元夫を投げ飛ばした。(柔道歴十三年)
その足で娘を連れて近県で暮らす兄宅に押し掛けた。
(脳震盪起こした元夫は、姉夫に依頼して様子を見に行ってもらった)
事情を説明すると、兄よりも兄嫁のほうが親身になってくれて、当分の間置いてもらえることになった。離婚問題に強い弁護士も兄嫁に紹介してもらった。

そこからはトントン拍子に進んだ。
元夫は離婚にごねたものの、最終的に慰謝料養育費なしで合意。
離婚後は遠方の私地元に引っ越し、しばらくは平穏に暮らしていたものの……。

どこかからか私が再婚したと聞きつけたらしくゲリラ訪問してきたorz


140 :名無しさん@おーぷん 2017/05/16(火) 07:28:18 ID:x9R
2ヶ月ほど前、うちの郵便受けに怪文書が入っていた
「今度ご近所に引っ越してくるキチ子ちゃん(仮名)は
 人をブン殴るのがだぁい好き!
 特に後頭部を見るとフルスイングしちゃうの!
 みんな、キチ子ちゃんのために泣き寝入りしてね!」
宛名も切手もなかったので駅前の交番に持ち込んだら
お巡りさんは「キチ子ちゃんは今日だけで8通ですよ」と呆れていた

そのあとは特に何事もなかったのだが、昨日
野暮用で駅まで行ったので、駅員さんと立ち話したら、
問題のキチ子ちゃんが入院中だと聞いた
3月の末に、キチ子ちゃんと母親がこの駅に来て、
キチ子ちゃんが階段を下りていた男性の後頭部を
うしろから金属バットで殴りつけたものだから、
その男性に襟首つかまれ、階段から投げ落とされたらしい
裁判にはなっているが、男性に非がないと駅員さんを含む多数が証言
母親こそ「子供がやったことなのに!」と騒いでも、
隣の市でそんな真似を繰り返していたのが転居理由では、
誰がどう見てもキチ子ちゃんが狂っている
男性の正当防衛、キチ子ちゃんはそのまま措置入院、
野放しにしていた母親の親権停止で終わりそうらしい

そういえば、新聞には載らなかったが去年の末に、
隣の市で、夫婦喧嘩の末に夫が妻子に殴り杀殳されたという噂を
何となく思い出した

756 :おさかなくわえた名無しさん 2011/07/26(火) 20:42:42 ID:2bd4Ofuh
現在無職のクソッタレなんだけれど、どうにも未だに腑に落ちないから書かせてもらう
これは俺がまだ勤めていたときの話、今年の初めにあった事なんだけれど
俺は店舗窓口でお客さんの対応をしていた。新年始まって暫くの間は、お客さんに干支の貯金箱を渡していた
俺は「よろしければどうぞ」って言って渡してた。俺としては、いらなきゃ置いていってもらっても結構です、ぐらいの気持ちで言ってたんだ
で、ある日、60過ぎても髪の毛をぎらぎらした茶髪?(明るい茶っていうかキツイ色合い)に染めて豹柄のジャケットを羽織ったおばあさんがやってきた
おれはいつも通りに接客して、最後に「よろしければ~」って言って貯金箱を渡したんだ
そうしたら、このばーさまいきなりカウンターに貯金箱カコーン! て投げつけて
「日本語勉強したほうがいいんじゃない!?」
意味がわからなかった。俺は短気な人間だ。かなり短気な人間。だから、ばーさんの態度にむかついてもう、ぶん殴ることばかり頭の中をよぎった
でも、殴ったら大変なので我慢してへらへら笑ってた。そうしたら
「『よろしければ』なんて言われたら、誰だって『よろしくないです』って答えるに決まってるでしょう!!」
と、お前が日本語でおkな事をぬかしくさった
しかもその後、知らぬぞんぜぬを決め込んでた店長に向かって
「あなたもおかしいと思いますよね? 思うでしょう?」
と、同意を取ってた(これにはちょっと笑ったが
店長がビビりながらうなづいたら、満足してバーさん帰っていった
もうちょっとだけ続く

882 :名無しさん@おーぷん 2015/02/03(火) 20:14:51 ID:m8E
4年程前の出来事

ガラケーからスマホに変えようと某お父さん犬ショップへ入店
店に入るのと同時に怒号が聞こえてきた
声の方を見るとキチジジイが男性店員に難癖をつけてるっぽい

店「ですから、このサービスは~で~でありまして」
ジ「ジャカアシイワ!!!なんであqwせdrftgyふじこ(聞き取り不能)」
店「契約のためには、~で、~でして」
ジ「ボケ!!カス!!!フジコフジコ!!」

内容は分からないけど、店員が丁寧に説明してるのにジジイが納得いかず怒鳴り返して...な状況
10分以上続いてジジイの口調が荒くなり、テーブルもバンバン叩きだして遂には立ち上がり店員に殴りかかろうと手をあげた瞬間、
店員が予想してたかのようにジジイの腕を掴んで押し返した
ジジイ、吹っ飛んで倒れる
流石に店員もブチ切れて「営業妨害じゃ!!!」と叫んで立ち上がり、隣に居た女性店員に「警察呼んで」と指示
他の男性店員もやってきてジジイを囲み出した
ジジイ大の男3~4人に囲まれビビる

ジ「まあまあ落ち着けよ。もう帰るから」(完全に萎縮)
店「もうすぐ警察が来ますから、それから話しましょう」

そしてすぐに警察がやってきてジジイは連行されて行った
店員も参考人として署まで同行する事に
店を出る前、その場に居た客一人一人に「お騒がせして大変申し訳御座いません」と深々と頭を下げていった
接客業の大変さを目の当たりにした....

123 :名無しさん@おーぷん 2015/09/24(木) 02:04:37 ID:KR0
ふと深夜に思い出したことを書かせてください

あの日は夜勤明けでけたたましいピンポン連打に目を覚ました
時刻は夜中の2時。何事かと玄関に行くと「開けてください…」という男の声。
以下、男との会話
私「いま何時だと思ってるんですか?!ていうか用件は!」
男「あなた、お金を落としましたよ…それを届けに来たんですからドア…開けて…入れてください…」
私「どこでお金を拾ったのかと、私のものだとなぜわかったか説明できますか」
男が言うにはアパート近くのスーパーで私が買い物をしたとき落としたのを拾ったんだ、と
確かに仕事帰りにスーパーへ寄ったし、ズボラなものでたまたま鞄に入れてた給料袋からお金を出したのでそのとき落ちたのかもしれない
私「それが本当だとしても、普通は直後に落としましたよとか声かけますよね?」
男「いや…俺も仕事があったし…仕方なく家をつけて…仕事終わったから来たんです…」
もうツッコミが追いつかない
仕事中にスーパーで買い物してお金落とした女に話かけもせず、家までつけてくるかw
しかもこんな深夜に仕事が終わる会社なんて近所どころか町内にないってのwww(※超ド田舎)
私「お金って千円くらいでしょ、あげますから帰ってください。ご近所にも迷惑なんで」
男「そんなこと言わないで…お菓子、買ってきたんですよ…一緒に食べましょう…」
あああああ!!コイツ絶対、頭おかしい!お巡りさーん!
私「ちょっと、いい加減にしないとマジで警察呼びますけど?!」
男「………わかりました…」
ドアスコープから覗くとしょぼくれた男の姿が一瞬見えた。強気に出たけど本当はめちゃくちゃ怖くて玄関にへたり込んだ。

775 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 11:08:02 ID:dATVoCvE.net
かつてコンビニバイトをしていたときの話。

たまにいる、添加物保存料クレーマー。
「あんたが薦めてきた新商品のこの●●って材料は発ガン性でフンガフンガ!!賠償ふじこ!!」みたいなやつ。
ぶっちゃけ、末端のバイトに言われてもそんなこと何も分からないし、売れっていわれるから販促するもんなので、
キチにはキチで対抗した。

私「申し訳ありませんお客様」
キチ「謝って私の食べた●●はフジコフジコ!!上を出せフジコ!!」
私「わたくしめはしがないバイト、社会の最底辺・・・企業に生かされるだけの豚です!」
キチ「」
私「ただ売れといわれれば売り、食べろと言われたら食べ、生かしていただいている身、お客様のような高潔な人間様の食べるものでなくて申し訳ございません!!」
キチ「なにもそこまで」
私「人間同士話せる電話番号がございますのでこちらへ相談なさってくださいませ、お客様(商品開発部問い合わせTelを渡す)」
キチ「・・・(無言で去る」

このとき控え室で休憩していた上長は修行の意味を含めてよく対応を観察してくる。
今回のキチは地区内での要注意リストに載っていたヤツだったから余計に。
上長は「まあ、演じる豚乙」とBMI33の私の肩をポンと叩いて休憩を交代してくれた。

なぜこれで撃退できたのかは分からないが、後日もっと上の上司に呼び出されたときが最大の修羅場。

193 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 21:25:42 ID:k6W3+mIJ0.net
今年の夏のバイト先の話です。
経験はなかったんだけど、日給がかなりよかったので建設会社に面接に行きました。
結果は即OK。早速、明日から来てくれと言われとんとん拍子に決まった。
バイト初日。朝、みんなに紹介されたんだが、そこにいた現場監督の○○さんに
「名前はええわ。どうせつづかんから」と言われた。嫌な人だ。坊主頭で顎鬚
目つきが悪いというかどこをみているか解らないキチ外目つき。
不運にも、その○○さんの現場に連れてかれた。現場に着くなり
「お前、今から30分以内に猫のタヒ骸拾うてこいや」
俺?目が点で半笑いの俺に、もう一度
「お前の仕事じゃ!はよー猫のタヒ骸拾いにいけや~」
俺、「冗談ですよね?(汗)そんなもの何するんですか?(汗)」
「昨日苦情が出たんや!そいつんちに投げ込むんや!」
きちがいだ!
俺「………あの、猫のタヒ骸なんて普通にありませんよ(苦笑汗)」
「あったりまえじゃ~!お前が用意するんじゃ!」
つまりは、俺に猫を○させてタヒ骸を用意しろと言ってるわけだ。
まじ怖かった。きちがいっぷりに。
とりあえず、やりすごす為に1時間近く時間をつぶして、○○さんに
「すいません。猫のタヒ骸も生きた猫もいませんでした」と詫びた。
○○さん「ッチ!じゃーその辺の田んぼから蛙捕まえてこいや!」
これは、嘘つけなかった。まわりからは蛙の鳴き声がきこえたからだ。
俺は、バイト代を放棄して、そのまま帰った。

その日、携帯に鬼電されたが当然出なかった。
アパートに帰るなり、表札の名前を書き換えた。夜、玄関のドアがドンドン!
当然出なかった。次の日から1週間友達の家に避難した。

それからアパートに戻って2週間、とりあえず異変はないが、引っ越しを考えてる。

607 :名無しさん@おーぷん 2017/10/04(水) 19:46:25 ID:0X3
彼氏と繁華街をブラブラ歩いていたら、道行く女性に片っ端から声をかけてる男の人がいた
危険を察してちょっと遠ざかりつつ、よくよく発言や挙動を見てみたらナンパだった
貧相な顔面。貧相な服装。貧相な身体。
ナンパの口上は台本を読んでいるような不自然さ。
正直お近づきになりたくないタイプだった
私は彼氏と手繋いでたから無視されたけど、通り掛かった若い女の人はみんな被害にあってた

しかもこの男の人、ナンパを無視した女の人に
「ブス!」「勘違い女!」「売れ残り!」
と罵倒していた
確かにあそこあんまり治安のいい場所じゃないけどお巡りさん仕事してって感じだった

このナンパ男がOLっぽい女性に無視されて
「少子化進むぞ!」「この反日!」
とか言った時、そばに彼氏がいてちょっと気が強くなってた私
「お前みたいなのが生まれたらむしろ損害やん」
って言ってやった。
彼氏も「そうだそうだー」とか言ってたw
ナンパ男
「グァハァァア゛ア゛!!!ジネッ゛!!!!」
みたいな雄叫びをあげながら近くの壁を蹴った

556 :名無しさん@おーぷん 2017/04/26(水) 23:28:37 ID:lxK
胸糞注意
家の風呂が壊れて市営の銭湯行ったんだ
市民なら100円で入れるんだけど駐車場がなくて近くに住んでる人しか利用できず、交通の便も悪くて私は今回初めて利用した
バスが出てる時間帯の夕方行ったんだけど、そのときはまだ若い人や子連れのママさんもいた
暫くすると男児を連れた母親が女湯に来た
男児はどう見ても10歳かそこら
それ見た瞬間、周りの若い人たちは子供連れてササッと出ていった
なんでだろ?と思いながらのんびり頭洗ってたら原因がわかった
頭洗ってる無防備な私の胸を、後ろから男児がガバッと鷲掴みにして爪を立てられた
育ちが悪いんで「いってー!何すんだこのクソボケ野郎!」と叫ぶとニヤニヤしながら母親のところにかけていく
母親は男児を背に私にニコニコ仏のような笑顔を向ける
「お前のクソガキがなにしたかわかってんのか!」と言うも母親はニコニコ
その間母親の後ろに隠れた男児はチンチンこねくり回してた
気持ち悪い
私の叫び声は当然男湯にも響いてるわけだけど、男湯から年配の声で
「そいつらキチ外だから、早く逃げ、やられるだけやぞ、言葉通じん」と複数の助言が飛んできた
残ってた年配のお婆さん方も「私らが見張っとくから早く」と言ってくれたので
さっと髪の泡流して外に出たら、子供連れのママさんたちから冷たい目を向けられたorz
番頭さんに「なんなんですかあれは!」と問い詰めたら、言葉を濁すように「あの親子障害者だから」と言われたよ

バスが来るまで30分ほどあったから、風呂屋の入り口で髪乾くの待ってたら
男性客が出てきて番頭さんとゴニョゴニョ話してた
さっきの叫び声が私だと聞いたらしく
「女はみんなあのキチ外を避けて風呂入ってんだ。もう何年もなるが、いつも唐突にくるから注意しな」
と教えて去っていった
教えてくれたけどもう二度と行きたくない
何なんだあれは
人生最悪の風呂だった

725 :名無しさん@おーぷん 2016/04/22(金) 16:11:46 ID:Wvh
それでは。年齢などはフェイクあります。
私の兄は父親が違います
その兄が私の娘(17歳)と数歳しか年の違わぬ娘を貰い、周りの反対を押し切り結婚
すぐ子供をもうけたものの、障害があることが発覚、それでも出産
さらに年子でもう一人身籠ったものの、そちらも障害があるとわかったのに生むと決めました
その後、下の子が二歳になる前に兄が病気になり、奥さんから離婚を言い渡され親権を奪われたうえで、4年闘病して他界
その間何度か元奥さんからヘルプ要請がきましたが、すでに他人
娘は受験もあるし、その後は就活もあって無視していました

娘が25歳になり結婚の話がでました
結納もしっかり果たし結婚式を計画
式では両家親族の顔合わせもかねていたのですが、そこに何故か赤の他人の元奥さんが乱入してきました
文字通り乱入です
学校に上がった2人のダウン症の子供を連れて
「この子たちは花嫁の血筋、二人共この通り障害児だ。花嫁は障害児の血筋だ」と騒いだのです
その上で「花嫁とこの子たちは血がつながっている、結婚するならこの子たちの面倒はあなた達が見るべきだ」と意味不明なことをわめきました

娘の婚約者と親族一同、皆跡取りを望んでいましたから、あっという間に結婚は取りやめになりました
元奥さんは何を話しても「この子たちの面倒は花嫁も見るべき」と謎の理論を振りかざし、最終的に絶縁していたらしい元奥さんのご両親が回収していきました
娘は「私にはあの障害児2人が一生重荷として付きまとうのか」と泣かれました
兄が2人障害児を産んでしまった以上、そういう血筋だと見られても致し方ないと周りからも言われました
その後も二度、結婚の話が出たものの、遺伝的に障害児が生まれるのではと言われて破綻しました
問題だけを残して旅立った兄が憎くて仕方ありません

このページのトップヘ