今日の人気記事

面白い系

448 :彼氏いない歴774年@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 22:01:48 ID:nQb0fjD5.net
会社帰りによく行くスーパーで「疾風伝」というあだ名をつけられていたこと
私はフラッシュ暗算が得意でいつも計算してレジで金額を言われる前にお金を出している
しかも父が小銭を溜め込むタイプでよく両替してるのでちょうど出せることが多い
あとスーパーに入る前に買いたいものは決めているので買い物時間も短い
あっという間に過ぎ去って行くからそういうあだ名をつけられたらしい
妹の友人がスーパー働いているらしくその子がうちの家族旅行の写真を見て「この人は疾風伝の人!」と発覚した
意外と働いていている人ってお客さんのこと覚えてるんだね
向こうも悪意はないみたいだし自分も悪い事してないんだけどこれからどう買い物しよう


317 :彼氏いない歴774年 2013/09/21(土) 18:49:33 ID:NReL5n5k
創作ダンス授業
5人1列ステップ練習
5人振り分け先生指示
同列の子「喪山さん列違い」
私外され行き場皆無
練習始まり私焦り高まり
後ろの列に勝手に加わりステップ
先生「えっなんでここ6人なの?」
列の子チラ見私見た目平然中身テンパり
生きた心地皆無
なぜか4人列も皆無
未だ謎

長すぎたから縮めた
要領悪くてすぐ焦るくせに平静を装っていろいろやらかすクセが治らない

16 :名無しさん@おーぷん 2018/10/29(月) 11:03:21 ID:eaT
手術関係の仕事をしていたけど、愉快な患者さんに当たったことが数度ある。

「それじゃあ私は寝るから、みんな後はよろしくね」と言って麻酔で眠った年配の女性.

943 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/05/12(金) 22:29:00 0.net
旦那は私が初体験だったと思っているけど実際には初体験じゃないこと。

当時は私が24、旦那が28で職場恋愛だった。告白は私のほうから。
「この歳で未経験だから自信が無くて」と断られたので「私がリードするから!」とゴリ押し。
けど当時はかなりアホだったので後から「実は私も初めてだったの~()みたいなほうが喜ぶかな」と路線変更を思いついた。
だからデートのたびにマ○ドナルドのバーベキューソースを隠し持って、偽装工作できるようスタンバイしていた。
けど実際に内側に塗ってもう戻れない段階で、触ったりなめたりしたらバレることに気付いてしまった。
もしもあそこにソース塗ってHする変隊だと勘違いされたらどうしよう!?とパニックになって、準備運動無しで合体した。
そしたらむっちゃくちゃ痛いしどこか切れたみたいでソース染みるし初めて以上の地獄の激痛に襲われた。
演技するのも忘れて「うぎゃああ」みたいに悶絶。がんばったけどその日は最後までできなかった。

結果的に「自分も不安なのに、情けない僕のために経験豊富なフリをしてくれた献身的な彼女」というレッテルで勝手にベタ惚れされて立場が完全に逆転して1年後に結婚できた。
多分旦那が結婚を決断する決め手になったNo.1エピソードだと思う。

275 :名無しさん@HOME 2014/07/30(水) 00:08:33 0.net
旦那のいない時間を狙って凸してきては口を開けば小梅小梅だの、我が家に貰ってきてやったのに嫁子は使えないだのと散々言い放題のバカトメ。
居留守を使っても本当はいるんだろう、逃げるな卑怯者と玄関前で騒ぎ立てる。
旦那が〆ても良ウトが〆ても義兄が〆ても凸する執念はどこから来るのか本当にわからない。
結婚当初にいい嫁キャンペーンをしてた私が悪いんだけど、さすがに我慢の限界がきたので言い返すことにした。

「勝手なことを何をぎゃあぎゃあ言ってやがるんだクソババア、てめえのやってることは犯罪だ気違い!」と言ってやろうと思ってたのに
ムカムカして頭の中がごちゃごちゃになったのか、出てきたのは「喝!」の一言。
まさかの喝に驚いたのか嫁の反撃に驚いたのかはわからないが、目を丸くしてモゴモゴと何か言いながら帰っていった。

今週末、遠方に引っ越しなのでもちろん新住所は教えないし携帯も変更する。
どこで漏れるかわからないからということで、これから先は旦那と義兄がネトゲで連絡を取ることになっているので漏れることは絶対にない。

スカかヌカかわからないけどスレ汚し失礼しました。

356 :名無しさん@HOME 2009/12/07(月) 15:35:08 0
今さっきのこと。
あたしチョー美人だしモテモテで困っちゃうわ!周りの男はみんなあたしの虜なの!
っていうコトメにショッピング付き合わされてた。
電車でつり革につかまって揺れてたらコトメが「あの夫婦の旦那さんの方、さっきから
あたしのことチラチラ見てるの。もぉぉ、不倫とか困るよねw」みたいなことを小声で
言ってきて、ウゼーと思ったけど旦那さんがチラチラ見てるのは本当っぽかった。
そして奥さんと何か会話した後、コトメに「あの、妊婦さんですよね、席どうぞ」と
声をかけてきた。
すぐ降りるから(本当)と断ってたが、「ナンパ?やだもう!」からの落胆ぶりは
素晴らしかった。
ちなみにコトメは結構かわいい顔をした太ましい18歳。30キロダイエットしたら本当に
モテモテで困れそうなのでもったいない。勘違いから立ち直ってがんばれと言いたい。

191 : ◆/yKHVZkfOQ 2011/07/11(月) 02:14:31 O
夜中にこっそり書き込みます。
こういう書き込みなれてないからうまく書けなかったらごめんなさい。
三年前に別れた元カレからメールがきた。
私がふった形。理由は彼の束縛。まだ学生なのに同棲しようとうるさく、
親も厳しいし、と断ると家族の悪口をいい家出させようとしたことが大きなきっかけ。
メールの内容は才能を認められ仕事が順調、みたいな内容でした。
昔はお互い幼かったし、と普通にメールを返し、何度かやり取りが続きました。
ある日こんなメールが届きました。
「復縁を望むならよりを戻してやってもいい」
よくわからないのでスルーすると、
「でも条件がある。週に一回は会えないとダメだ」
「親に自分を認めさせること」
などとメールがきました。
「今度一人暮らしする、部屋は二人用にする。待ってるよ」
「君の料理がたべたい」
とメールが来たとき、
昔どんな些細な事でも彼に逆らうとキレられて怖かった事を思い出し
「あなたは全て思い通りにならないとすねるじゃない」をオブラートに包んで送信しました。
「最低な言い方するんだな」と返ってきてからしばらく音沙汰はありません。
快t…いえ、穏やかです。

503 :名無しさん@HOME 2009/12/14(月) 19:36:32 0
義兄45歳「男はいくつになっても結婚できる」と本気で疑わないブサ
おまけに未だに一年更新の契約社員で男として一つも良い所が無いけど
長男教のトメに育てられたせいかスペック最低なのに、自分に自信があるせいで
「結婚できて当然、子供が欲しいから20代後半までの女を紹介しろ」と煩い。
家が近所なので、度々会うのが憂鬱だった。
そんな時、会社の後輩(20代前半、かなり可愛い子)が遊びに来た。
一緒に近所の喫茶店に行く途中、義兄とばったり。
「おいXX(私の名)どこに行くんだ?」と見るからに上機嫌で声をかけてきた。
うわ、嫌な奴と会ったロックオンされたらどうしようと思っていたら
後輩の方から義兄に挨拶してきた。
「初めまして、XXさんの後輩でOOと言います、いつもXXさんにはお世話になっています」
にやける義兄。
「そうなんだ。それにしても、XXの後輩にこんな若くて可愛い子がいるんだね。俺なんかもうおじさんだから若さがまぶしいよ」
(多分、そんな事無いですよ、と言って欲しかったんだと思う)
そうしたら、後輩の子が
「いいえ!xxさんのお父さんはお若いですよ!とてもこの前還暦を迎えたようには見えませんから」と笑顔で言い放った。
自分が私の父親だと思われている事に気がついて義兄ポカーン。
あぁ、そういえばついこの前父親に還暦のお祝いでゴルフクラブあげたって話をしたっけ
確かに義兄頭薄いし老けて見えるからなぁ・・・。
怒るかと思ったけど、後輩の子が可愛い顔でにこにこして悪意が無いのが解るからなんか「じゃあ」みたいな事をもごもご言いながら帰って行った。
あぁ!すっきりした!。
と、思ったら後で「若すぎる子は失礼だから、20代後半から30代前半までの女を紹介しろ」と電話が来た。
なんだかなぁ

776 :名無しさん@HOME 2009/09/08(火) 11:05:15 0
先日、子供の9ヶ月検診で病院(産科のほかにもいろいろある総合病院)に行ったら、
他の人の見舞いに来たらしいトメとばったり会ってしまった。
仕方なく、しばらく休憩所で孫見せしてたら、
「あらー○○さん(トメの名)」と呼ぶ声が。
トメの友達(トメと同世代らしきマダム)で、その人もその輪に加わってきた。
(この人は何かの定期健診に来たらしい)
するとトメがここぞとばかりに私をけなす。具体的には

・まだそんなに年じゃないのにおばあちゃん呼ばわりして失礼だ
・男の子が欲しかったのにこの嫁は女の子産んだ
・育児方法も全然なってなくて見ていておっかない
 自分(トメ)が育てて嫁は働いたほうがいいのに
みたいな事。
トメ友はふんふんと聞いてたんだけど、ハナシが終わるとすごく明るい声で

「○○さん、男の子が欲しいなら自分で生んだらいいのよー。まだ若いんだから。
育児にも自信があるみたいだし、是非もう一人産んでみてよ~」

と言った。
トメはしばらく目がテンになってた。
しばらくしてトメが「いや、私はもう…」ともごもご言うと、
「だーいじょうぶよー。まだおばあちゃんって年じゃないって自分で言ってたじゃない。
本当に若いんだから、お嫁さんに期待するより自分で生んだほうが手っ取り早いわよー」
と畳み掛けてて、たじたじのトメ。

私はその場で堪えきれず、ちょっとワロてしまった。

このページのトップヘ