今日の人気記事

既婚男性

335: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/02/03(金) 01:51:04.12
うちの嫁は火傷の痕が右大腿にあってそれがコンプなんだが、優しい性格がにじみ出てるほんわか系
昔は人間嫌いの暗い性格ブスだったっていうけどちょっと信じられない

俺が25の時、同じ会社に新卒22歳で入社してきた
部署は違ったが仕事で一緒になることも多く、他の女子社員とも仲良しみたいで(俺の中では)すごく目立った
会社で談笑することも多くなってどんどん好きでたまらなくなり「たぶん大丈夫だろう」と思って、その年の11月に告白した
「よかったらつきあってください。きっと仲良く過ごせると思うし大事にします」
「・・・嬉しいです。わたしも俺さんのこと大好きです」
「おお!じゃあ」
「ちょっと待ってください」
「うん?」

使ってない会議室に俺を誘う嫁。「鍵閉めてください。人が来たら困るので」
「ああ・・・?」
「驚かないでくださいね。すごく大事なことなんです」

嫁は制服のタイトスカートをずりあげてパンストを膝近くまでおろしはじめた
あら、なんか俺、変態痴女さんにでも告白してしまったんかな
ここでしましょうとかお断りなんですけど
もちろんそうではなくて、右ひざをぐっと突き出して太ももを俺に見せてくる
微妙にパンツもちらついてるけど今はそっちじゃないね


143: 名無しさん@おーぷん 2015/01/09(金)16:10:09 ID:ZOA

学生時代に人の筆箱を勝手に漁る人がいなかっただろうか
そのノリで鞄を漁られた
お金をおろすつもりで自分の給料が振り込まれる通帳を持ち歩いて食事会に出席した
御手洗に立った際、お財布は持って行ったんだけど、通帳は忘れてた
すると見ていた人曰く、隣の席だった人がおもむろに鞄を漁りだしたらしい
そして通帳を取り出して、なんの躊躇もなく開いたそうだ
みんなあまりにも自然に鞄を探っていたので、その人の鞄だと思ってたそうだ
私の通帳にはパートで貯めた150万の貯金が入っていた
これは私が就職してから三年間でせっせと貯めたもの
通帳をひらいた人は「私さん、パートなのに通帳のお金がこんなにある!」と言い出して周りに公開したそうだ
そこで周りが気付いて諌めたらしいんだけど、店内に響く大声で私の給料と貯金額を言い放った後だったそうだ
トイレから戻ってくると異様な空気で、周りの客もジロジロこちらを見ていたので気味が悪かったが、事情を聞いて腸煮えくり返った
通帳をひらいた人はこの期に及んで
「こんなに貯まるなんて家にお金入れてないんでしょ、旦那がATMなんだ!」
「そんなにお金貯める余裕があるならちょっとくらい出してくれてもいいのに」
と神経逆なですることを言っていたので、総額割り勘の予定だったがきっちり個人で注文したものを払う
私はお酒が飲めないので足をお願いされたが、そいつだけ放り出して帰った

旦那の給料も家系費入れてる口座にうつそうかと思ってたけど、通帳持っていかなくてほんとに良かった

446: 名無しさんといつまでも一緒 2007/03/03(土) 00:45:03 0
よしそれじゃおじさんが
しゃれにもならん実話話してやろうか。
おじさんには異父兄弟と
異母兄弟がいるんだよ。

111: 名無しさん@おーぷん 2014/05/18(日)21:27:56 ID:6uda8JA4K
ふと会社の窓から見えた月が嘘みたいに大きい満月で、残業ハイもあってつい隣にいた既婚
(48)上司に「うはー、月綺麗ですねぇ」と言った。その時は「そうだな」と微笑んで
終わりだったんだけど、その半月後上司離婚、うへー大変だなぁと思ってたら朝礼で上司、私 に
にドヤ顔で公開プロポーズ。奥さんが社長の従姉妹だったし、親族の社員もいたから浮気か略奪か
と大騒ぎ。高卒で社会人一年目の私はわけもわからずオロオロ、のちに号泣。中学から付き合ってる
彼氏がいるとお局さんに散々惚気ていた&相談にのってもらっていたのが功を奏して間に入ってもらえ、
上記のやりとりで上司が私に告白されたと思っていたことが判明した。私にしてみればあの時フロアに
他数名の社員もいたし、やりとりを聞いてた同僚が「本当だ、ETみたい」といって笑いあっていてそんな
誤解されるとは思ってもいなかった。話をきいて苦笑する人もいればドン引きする人もいて、一部の幹部からは
「十代の子にそんなこといわれちゃぁ、おじさんじゃ夢みちゃうんだよ」とか言われて正直なんか悔しくなって
泣いた。今だったら言い返せるのになぁ、と少し後悔してる。

176: 離婚さんいらっしゃい 04/10/22 10:50:00

先週の金曜、嫁が不倫してたのが発覚。
日曜に家から追い出し、強制に離婚届けを書かせ、即刻離婚してやった。
しかも一度ではなく、二度もおれを裏切ったのだ!
おれには未練などまったくない!
むしろ早く死んで欲しいと思っている!!



第一話
第二話
第三話 

第四話   

第五話  

第六話  

第七話 

第八話  



481: 前スレ727 ◆47m4ZlCSKw 2006/09/08(金) 08:45:36

今週末に離婚はできそうです。

482: 名無しさんといつまでも一緒 2006/09/08(金) 09:29:27
>>727
今週末ですか。ようやく出口が見えましたな。
頑張れ~!


第一話
第二話
第三話 

第四話   

第五話  

第六話  

第七話 

第八話  



840: 前スレ727 ◆47m4ZlCSKw
2006/08/24(木) 09:01:32

ばれなきゃしても良いってのは
何でもそうだと思うんだけどな〜

親友の金盗んでもばれなきゃいい
駐車場で人の車にぶつけてもばれなきゃいい
ってなっちゃうじゃん

ま確かに
ばれなきゃいいんだけど
100%にはならないわな絶対
法律で慰謝料とかある程度決まってくるけど
そもそも人の気持ちの問題だから
どれが妥当か?なんてあるわけ無いんだよね
ただ目安として金額が決まってるだけで

浮気されて病気になる人もいるし、果ては自殺って人もいる
でもこれも受け取る側の問題もあるから
たとえ自殺してもした側が脅迫とか虐待とか
そういう刑事罰に相当することして無い限り
罪に問われることは無いし

基本は自分を信頼してくれる人間を裏切れるかどうかじゃないの?
法律で裁けるとか、ばれなきゃいいってのは
実際側面の話でしょ

浮気しない人はしたら相手が傷つくとどうなるかと考える
浮気する人は傷つけないためにはどういう風にしたら傷つかないか考える
この二つには相手に対する思いに大きな壁があると思うんだよね

ネタが無いので書いてみたけど今は反省している




※長くてごめんね
第一話
第二話
第三話 

第四話   

第五話  

第六話  

第七話 

第八話  




242: 前スレ727 2006/08/12(土) 22:46:29

というかな
当然ネタ扱いする人もいると思うけど
その辺は受け取る人に任せるしか無いから
何も言わないね

それでさ、
そりゃ言うしかないと思うのはわかるし
俺も言うつもりだが、心の整理もしないと言えないよ
ま、取り合えず嫁は実家に帰ってないし
姉さんの所にも義兄はいない

この状況になっても悪あがきするんだから
もうどうでもいいよ
どっちにしろ近いうちに地獄が待ってるだろうさ
もう関わるの自体がしんどい
俺と嫁は大学生のことだけでも離婚自由があるんだから
知ってること姉さんに話して消えるわ

慰謝料は大学生だけでいいよ
どうせ義兄そんなどころじゃないだろ




※長くてごめんね
第一話
第二話
第三話 

第四話   

第五話  

第六話  

第七話 

第八話  


7: 前スレ727 2006/08/08(火) 08:47:09

う〜ん
昨日家に帰ったら義両親がいました
どうも嫁が報告したようです。
俺がどうしようか悩んでる間に結局知れることになってしまったね
甘いと思うかもしれないけど、やっぱり心が痛いやね
義両親は平謝りで嫁も一緒に謝ってた
義両親はこうなったからには俺の気持ち次第だと
離婚やむなしと思うなら仕方ない、でもなんとかやり直して欲しいと
この辺は親心としては当たり前の話なんだろうね

俺も
腹括って本心を話し、義両親に保証人の記入してもらって
俺が許せると思うまで預かって欲しいと義両親
嫁には許してもらえるまで帰ってくるな、後はお前次第だ
離婚しようがしなかろうが許してもらえるまで家には入れないから
とま〜一応嫁擁護には走らなかったと思う

嫁に対する処分についても、間男にしても
もう少しじっくり考えてみるよ


※長くてごめんね
第一話
第二話
第三話 

第四話   

第五話  

第六話  

第七話 

第八話  



727: 名無しさんといつまでも一緒 2006/08/03(木) 08:40:38

この前嫁の友人が夜中の10時ごろに
突然やってきた
嫁は「ごめんちょっと2人で話するから」と
寝室へ行った。何かあったのかな?と思ってたけど
あんまり詮索するのも悪いかと思って
テレビ見ながらゲームしてた

11時ぐらいになってインターホンが鳴って
俺が出ようとすると嫁が慌てて
「貴方はいいから・・・」と
自分が出ようとした。
俺は「友達来てんだし俺が出るよ」といって
出たら嫁友人の旦那現われた。
「すいません圭子(嫁友人)来てませんか?」と聞かれ
ちょっと嫁のほう見るといないといってくれのゼスチャー
俺がいないと言おうとしたとき「来てますよね?ここに靴がありますし
それに旦那さんにも関係ある話なので上がらしてもらってもいいですか?」
俺は????だったのだが、嫁の方見ると物凄くまずそうな顔
「いいですよ、おあがりください」
「すいません」
「いえ、ただ俺に関係ある話ってのを先に聞かせてもらえませんか?」
「・・・・・ちょっといきなりは話し難いですし、
出来れば奥様から直接聞かれたほうが
良いと思いますので・・・」
俺も彼の只ならぬ雰囲気に
なんとなく嫌な予感がしていた。



このページのトップヘ