今日の人気記事

修羅場

533: 名無しさん@HOME 2011/10/12 10:17:55
10年ちょっと前に嫁が男と逃げて離婚した知り合いが居て
その知り合いと仕事の関係で会った友人が「ぜひ紹介して」と言うので間を取り持った
二人は趣味も同じで気も合ったらしく1年ちょっとの交際期間を経て結婚
で、なぜか私とその友人夫婦がが訴えられかけた。
相手は元嫁、どうやら男に逃げられて借金もかさみ、どうにもならなくなっていたとかで
ピコーン!じゃあ、旦那(小さいながら会社経営)とより戻せばいいじゃん、籍は抜いたけど夫婦なんだし
と思って戻ったら、旦那は別の女と再婚していた!私という妻がありながら!それって不倫じゃない!!って思考だった
それで友人夫婦を不倫行為で、間を取り持った私を不倫幇助(なんじゃそりゃ)で訴える!と息巻いていた
結局は友人側の弁護士さんに適当にあしらわれ、元嫁の以来など受ける弁護士も居らず、訴えられなかった

っていうか10数年ぶりに見た元嫁さんの変貌振りに驚愕した
前は可愛い系だったのに逆整形でもしたのかというくらいの…
例えて言うなら、小倉優子が太った落合信子になってたという感じだったよ…本当に何があったんだろう



440: 名無しさん@HOME 2011/10/11 11:49:59
自分にとっての最大の修羅場、とある休日の家族会議での事
二世帯住宅トメ・コトメと同居で、家事やら生活やら日常的に口を挟まれてた嫁
そんな嫁は、子供が小学校に上がり育児も一段落し、昔からの夢だった仕事をするため
勉強をしたいと考え、その事について旦那・嫁・子・トメ・コトメで話し合っていた
嫁としてはトメコトメと少しでも接触する時間を減らしたいという思いもあったんだろう
旦那は嫁の仕事に理解はあったが、トメコトメはテンプレ通りの反対
結論は出ないまま皆ヒートアップしていき
嫁が家事が苦手なのをコトメがチクチクやりだしたあたりで旦那がキレてコトメを殴る、それを見て子が泣く
更にややこしくしたのが、実は旦那は長男ではないうえ、兄弟が多く
地方の土地持ちトメと同居のために、他の兄弟から財産がどうのこうのという嫌味があり、その話題も膨らみ
旦那「そんな事言うなら出て行ってやるよ!」
と、数カ月後に出ていく事に
最終的に同じ市内に旦那一家が引越し、親兄弟親戚とほぼ絶縁状態に
簡単に要約するとこんな話


383: 名無しさん@HOME 2011/10/10 14:49:57
中学からの友達の話。本人とその奥さんが、OK出したので書いてみます。

友達(男)は、国籍日本で金髪碧眼。両親は元アメリカ人で日本大好きな両親で
大学時代に日本に留学して来て、お互いそのまま日本で就職して知り合い結婚して
生まれたのが友達。両親が日本国籍をとったので名字もお世話になった人のを
もらい普通の名字で、名前だけアメリカでお通用するようなジョージ=譲治みたいな
名前です。両親のバイリンガルはアイデンティティの意向が無くなるからと家族でも日本語のみ。
友達は中学で初めて英語を習った。国語が得意で英語が苦手な友達は大学は国文学専攻
してました。

大学は結構留学生がいて金髪碧眼でも普通。留学生が来ると仲間と思って友達(仮名譲治)に
英語とか外国語で話しかける。
でも片言しか話せない譲治はいつも困り果てボディランゲージでした。
そんなとき同じ大学の英語ペラペラの同級生が助けてくれていつしか恋仲になりました。

譲治が就職を決めて恋人の家に挨拶に行ったところそこはかなりな田舎で
外人が来たと大騒ぎになり、恋人の両親も日本人と聞いていたのに
だまされたと大反対されました。
そこで滔々と譲治が持参の琵琶で平家物語を語り始めその見事さに
恋人の兄と言う人が聞き惚れ両親も聞き惚れと家族中しーんと聞き惚れた
そうです。吟じ終わった譲治が精神は日本人ですと言い切り、めでたく
結婚の運びになりました。結婚式は古式ゆかしく神社で行われました。
結婚式でも譲治はとうとうと琵琶で平家物語を語ってました。


374: 名無しさん@HOME 2011/10/10 12:56:21
先週遭遇した修羅場

職場の先輩(女・40代・多分既婚・優しくておっとりした姐さん)が、
朝から顔色悪くて具合悪そうにしていた
風邪か飲みすぎか、どっちにしても大丈夫かなと心配してたんだが、
午後になっていきなりハンカチで口を押さえて席からダッシュした
ところが運悪く戸口にいた俺にぶつかって転んでしまった
急いで助け起そうとしたら先輩がゴボゴボっと音立てて吐いた
赤黒い血を手のひら一杯分くらい
咳き込む先輩
どう見ても本物の血にパニックになる俺
先輩助け起しながら頭の中はもうめちゃくちゃで、
どうしよう俺どれだけぶつかったんだよ先輩死んだらどうしよううわああああ!
ってなってたら周りの女の社員達が集まってきてあっさり助け起して、
大丈夫ー?うがいしておいでよーとか、服大丈夫ですか?換えなら貸しますよーとか、
何かめちゃくちゃのんきに会話してて、誰も病院や医務室に行こうと言わない
先輩もごめんねーちょっと今月重くてねーとか、これまたのんきに受け答えしてる
俺も男の先輩や同僚も硬直してたんだが、この辺でようやく頭回るようになってきて、
そんなことより病院は?119番するから早く行けってか行ってください! 旦那さんに・・・
と言ったら血を吐いた先輩青い顔だけど笑って、
「びっくりさせてごめんね。今生理中なのよw今月ちょっと重くてね。心配要らないから気にしないで」


261: 名無しさん@HOME 2011/10/08 13:37:30
お盆で夫の実家に集まった時、夫の兄の嫁さんが「もういい加減にしてよ!」とブチ切れた。
結婚直後にうまずめじゃないのか、女の子を産んだら男も産めない役立たず、
夫実家の家事をやらされて、家事もろくにできない穀潰し、他にも容姿、性格、学歴、行動、
ありとあらゆるものに難癖つけられて、いびられてて、その日も陰で言われたらしい。
「あなただってやられてるでしょ?この持ち寄りの赤飯だってケチつけられたでしょ?」
って私も聞かれたけど、私はこの三年全くそんな経験はなく、赤飯もとても喜んでもらった。
義兄の嫁さんに問い詰められて、そんな経験は全くないと白状したら、
義兄の嫁さんはさらにブチ切れて、「なんで私だけなの!?」と私に座布団を乱れ投げてきた。
夫が盾になってくれて座布団が当たらなかったら、「何庇われてんだよ!」とお盆で殴りかかってきた。


199: 名無しさん@HOME 2011/10/07 15:42:19
従兄弟は田舎の落ちぶれた旧家の跡取り。妹は早くに嫁にでした。
父親はDVもある典型的勘違い親父で数年前に愛人の上で腹上死した。
母親は病弱で家で寝たり起きたりで、家業ができないので従兄弟が一人で
頑張っていた。

従兄弟はまあいまどきの女性に嫌われる容姿で、ずんぐりむっくりで
顔はビートたけしもどき。大人しくて、もくもくと家業に励んでいた。
親戚中が心配して見合いをさせるけど、どうにもまとまらない。
三十回はしたんじゃないかと、うちの父親が言っていたがすべて断られた
ようだ。

あんまり断られるので従兄弟も嫌になったのか、見合いをやめて三十後半になった。
ずっと入退院を繰り返していた母親がどうしても孫を見たいと言いだして
また見合いをすることになったけど、普通のお嬢さんじゃうんと言ってくれまいと
遠縁の都会で不倫をして、不倫の子を身ごもって故郷に帰ってきて子供をおろして
実家に住んでいる遠縁の女性に親が言い含めて見合いさせ、やっと結婚する事に
なった。


155: 名無しさん@HOME 2011/10/06 23:36:20
帰宅途中、知らない女性に包丁突き付けられた。
動じない私に逆上した女性は何やら叫びながら、包丁で服を切った。
勘弁してよ、と思っている所に誰かが通報したらしくKの方が登場。
女性はお持ち帰り。
私は簡単に事情を聞かれて、帰宅。
私は最近引越したのだが、前の住人は女性の元彼の浮気相手だったそう。
単なる人違いなんだけど、いい迷惑。


そもそも猛毒両親に、物心ついた頃から包丁突き付けられて来たので
この程度じゃ驚かないし怖くない。
度合いは小さくなっているが、1年に1度は修羅場に巻き込まれる。
厄落としがてらカキコ。


8: 名無しさん@HOME 2011/10/05 13:06:32
修羅場ってほど大げさじゃないけと投下。
浮気現場に踏み込んで有無を言わさず書類一式記入させた。
その後バカは自宅に戻るが自宅は既に契約解除済w
子供と一緒に避難していたが実家が居場所教えたらしく数日後玄関先のコール鳴らされまくりw
それだけなら良いんだか子供があっママだ、何で鍵開けないのと泣いていたのは本当に辛かった。
そんな息子も中学生になり当時の事実を知るようになったけど。
バカは結局弁から連絡行き渋々返って行った。人でなしとかいってたw
人でなしはお前の方だ。子供が熱出して痙攣してる最中に股開く母親がどこにいる。
お前が踏み込まれて呆然としている時に子供への面会禁止を盛り込んだサインした書類が証拠になりあっさり降伏したけど


894: 名無しさん@HOME 2011/09/22 18:51:58
3年前、建築関係の仕事をしている旦那が腰を痛めて働けず、いつ治るのか
そもそも復帰できる程度に治るのか分からないという状態が2ヶ月程続いた時
「〇〇子(当時高1の娘)は強い子だから一人で生きていけるよな?」と涙目で言われたと時は
凍りついた。ヘタレな私は物の数に入らないという意味なのか、私を残していくと娘を道ずれに
後追いしかねないから、夫婦で死のうという意味だったのか。

旦那が一番辛かったのがその頃で、しばらくすると身体も気持ちも回復して、予定していた大きな仕事も
無事終えることができた。今また不景気でけして楽な生活ではないけど、一度地獄を見たせいか旦那は
大して落ち込んではいない。しかし私はあの時のショックでさらにヘタレになってしまったような...


このページのトップヘ