今日の人気記事

修羅場

968: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/15(日) 22:51:42.71
大学時代から6年付き合った彼を、結婚式に略奪された。
神前式だったんだけど、相手は真っ白なタキシードにブーケ持って。
私も知っている人で、彼の親友と紹介された人だった。
双方の両親はぽかーんて顔して何も言えないし、勿論自分も。
そんな中をずかずか歩いてきて、彼の腕を引いて

「自分に正直になれよ!俺は正直に生きる!お前と!」

彼はハッとして相手の腕とって、私に「ごめん!本当にごめん!」
と泣きながら会場を後にしやがった。
其の後は周りが阿鼻叫喚。
会場キャンセルとかその後の披露宴の事とかひっちゃかめっちゃか。
幸いなのは籍を式の後にいれようっていってたことくらいだった。
あの時はもう何が起こってるかわからなくて自分は全然動けなかったけど、脳内は修羅場だったな。



924: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/14(土) 22:06:48.69
修羅場の原因は親戚
親戚は嫁イビリで離婚が多いからビクビクしながら彼女釣れて
「モレの婚約者!」と両親に紹介。
母親は「いい婚約者じゃないの。」「私、仲良くするわよ。」
などと言われ父親にも「いい婚約者だな。」「大丈夫。母さんも俺も嫁イビリしない。」といわれる。
確かに親戚連中はDQNで性格はきついしプライド高すぎ暴言吐きまくりだが
母親は穏やかで和やかな笑顔が絶えない人
この母親なら嫁イビリはないだろう、それに嫁も「素敵なお母様」など言ってるし大丈夫だろうと結婚を決意。


752: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/11(水) 08:09:22.33
母親のガン手術の日、父親が逮捕され、
理由も聞かされず事情聴取に私が呼ばれて、
さらに結納の前日、父親の刑事裁判だった。
事情聴取の時は、父親が嘘八百を並べて
それを私に説明しないから、何度も呼び出された上に、
父親になんで自分にあわせないのかと逆ギレされた。
私が上記の理由で怒ったら、
うるさいお父さんがどうなってもいいんだな!と
人の話も聞かずに子供みたいなことを言って泣きはじめた。
タヒねばいいのに。
とことん痛い目に合わないと
改心しないのは今でもそうだと思う。


689: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/10(火) 13:00:36.88
田舎の実家で寝てたら10時頃に1階から五月蝿い声が響いていたから起きて行って見ると、従兄弟とその嫁と母親が修羅場ってた。

よく話を聞くと、従兄弟が長期出張中に嫁が従兄弟に無断で自宅(ローン購入)を更にローンで400万ほどのリフォームしてたのと不倫してた
母方の顔役の母親はブチ切れ

従兄弟よ、何故、ビッ○の噂が有る女と結婚した


643: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/10(火) 01:08:10.42
人によっちゃたいしたことじゃないかもしれないけど、
自分にとって人生最大の修羅場で、誰にも話せなかった話書くわ。

プロポーズして結納はいつにするか話してた彼氏に浮気された。
相手は私の知りあいで「よりにもよってこいつと!」と
思うような女だった。
というか女から自慢げに「あんたの彼氏とヤった」とバラされた。

当時私は若かったこともあり、浮気を知った瞬間、ぶちんときて、
彼の家に合いカギで入って、部屋をめちゃくちゃにした。

具体的には、靴はいたままあがって、ベランダに出て、
部屋の中や布団の上に硝子片が散乱するように割った。
掃き出し窓の大きな硝子を窓枠しか残らないレベルで割った。
パソコンとモデムとHDDと大事にしてた漫画を風呂に沈めた。
大事にしてたCDは、全部ジャケット踏んでベキベキにして、
CD自体も傷つけたり曲げたりした。
家電の電源コード切ったり、電子レンジでチンしたりした。
トイレのトイレットペーパー全部つっこんで詰まらせたし、
風呂も家電沈んでドロッドロの所にさらにトイレットペーパー
入れといた。洗濯機はタンスにあった洋服(スーツ含)と
洗剤一箱とコピー紙一包み入れてまわした。
最終的に、一人暮らしの数少ない食器を玄関出る前に
玄関口で思いっきり割って、散乱させて入れなくした。
壁にぶつけて割ったので、多分へこんだり傷ついたりしたと思う。
最後は彼の部屋めちゃくちゃにしてる間に見つけた、浮気女との
チューしてるプリクラを玄関のドアにべたべた貼って、マジックで
「浮気野郎死ね!」って書いた。

そして家に帰って冷静になり、訴えられたらどうしようと
思って震え出し、刑務所入ると思って部屋片付けたりしてた。


532: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/07(土) 15:42:43.07
私 社会人
弟 大学生
3回目の彼女 弟の彼女?

うちのアホな弟が原因の修羅場。
経済的事情で一人暮らししてた私の家に弟が同居してる。
田舎から出てきて小綺麗な服装をしたらよくもてるようになったようだった。
女の子に付き合ってと言われ、どうしていいか分からなくなった弟は
「(ねえちゃんに)怒られるから・・・」
と謎のお断り文句を吐いてたらしい。
「誰に?(怒られるの?)」と聞かれ「一緒に住んでる・・・(ねえちゃんに)」
わざとか?と思うほど言葉が足りないアホだった。
そして外で微妙に「(ねえちゃんが)だらしない」「(ねえちゃんが)女捨ててる」
と愚痴ってくれたおかげで
「(年上のだらしない女に)弟くんがもてあそばれてる!」
と女の子が我が家に突撃してきたことが計3回。
1回目の女の子はうつむき加減でボソボソしゃべってて何を言ってるか内容が分からなかったので
「誰?帰れ」と追い返した。
不気味でちょっとイッちゃってる子かなと思ってたら特徴を言ったら弟が知り合いだと言った。
なんとなく弟のことで私にモノ申したかったんだなと思った程度。
2回目の女の子は「私、絶対負けませんから」と主語とかが抜けてて誰に何を?な状態だった。
何やら私に宣戦布告したらしいというのだけがかろうじて理解できた。
3回目の子は上記通り「年増女より私の方が可愛い。弟くんを弄ばないで」と言ってきた。
たしかに年上だし弟と遊びに行ったことも過去一回だけあるけどなんで3回も女の子が凸ってくるんだと弟を〆た。


201: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/03(火) 01:47:50.86
旦那(次男)の兄嫁だったけど

旦那とそりが合わなかったらしく、坊主憎けりゃ袈裟までもタイプ
親戚集まりで挨拶→スルー 自分の娘らとこっち見てコソコソくすくす

親戚中に「ば○は相手にするな」と言われてたので、こちらもてきとーにスルーしてたんだけど、
さすがに自分の息子を馬鹿にするような言葉を言われてキレた

湯呑みのお茶(冷めてるのわかってる)をぶっかけて
「表出ろ!てめぇーーー!」と追いかけまわした自分はDQN丸出し。
お舅さんの7回忌で周りが唖然となってるのも気にせず追いかけまわす→逃げる兄嫁→追いかけry
マウント状態になったところで周りが いちおう 止めに入った。

それ以来兄嫁は自分の目は見ないで挨拶だけはするようになった。


136: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/02(月) 13:14:55.41
新卒ブラック会社へ入社して、社会人三年目で妊娠したときの修羅場

夢追いかけて卒業後フリーターになりかけた私が、
両親に説得され慌てて入ったという、当時社員4人のとても小さな会社。

三年目になる頃には社員は13人に増え、
同時に三年で15人退社していた。
社長のパワハラのせいで社員が定着しない、超零細企業だった。
一年目になる頃に私は、この会社で三人目の古株になった。

元々就職したころから結婚は決まっていて、
挨拶顔合わせ、結納挙式が無事終わったのは入社して二年半経ったころ。

正直早く子どもが欲しかったので、結婚して三ヶ月目にして無事子を授かった。

結婚自体は祝福ムードだったが、妊娠したころ2chにちょっとかじっている上司から
「メシウマwww残念だねwww」
と言われる。
上司は結婚したら女は終わりとよく言っており、妊娠した私が世間一般から見て不幸な人間だと認識したらしい。
営業だったので、そのまま退職願を出したけれど、受理されず、
「妊娠したからって甘えんなよ。営業行けよ、出張いけよ」
と勝手に予定を組まされた。
しかも片道二時間とか掛かるのwww駅から徒歩30分なのwwww


111: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/02(月) 00:18:07.06
夫は一人っ子で両親は鬼籍。義実家で夫の祖母が一人暮らしをしていた時の話。

仕事のため祖母と離れて住んでいた私たちは
祖母に変わったことがないか、週一のペースで様子を見に行っていた。
そして話は変わりますが…
祖母の甥(弟の息子)は遠距離他県で成長・結婚していた。
祖母と甥夫婦はお互い年賀状も何の連絡もとっていなかった。

ところがあるときから急に、義実家に祖母の生活の様子を伺うような電話をしてくるようになった
しかも甥ではなく、甥の嫁が。
掛けてくるときは平日の夜なので、当然祖母が一人で対応していた。


77: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/01(日) 11:30:46.50
以前の職場での話。死ぬかと思たプチ修羅場。

作業場の通路は重機がすれ違いするにはちょっと狭く、どちらかがバックするなどして空きスペースによけないとすれ違いできない。
その日私の進行方向から同僚がやってきたので退避スペースに避けようとしたところ、同僚は私が避け終わるのを待たずに
こちらに重機で進んできた。
おいおいぶつけるなよと思いながら退避を続けるも、ぶつかりそうになる寸前にようやくヤバイと気づいた同僚が
止まろうとブレーキを踏んだら間違ってアクセルを踏み込んでしまったらしくこちらに暴走&激突。
私は脇腹を打ち付けてうずくまって動けなくなってしまった。
大したことないだろうけど午後は半休もらった方がいいかもな・・・と思いつつ、重機の損傷具合と修理代を想像してgkbr

その後動けない私をおっちゃん上司が抱えて休憩室に運んで、そのまま病院へ送ってくれることになった。
救急病院でエコー検査をすると、肝臓が破裂している可能性があって出血が見られる、ここでは処置できないが
救急車では間に合わないので県庁所在地にある大学病院のドクターヘリを手配しましたとのこと。
痛いし気分悪いしでしんどいけど、ドクターヘリと聞いてちょっとwktkする私。
ただ搬送中に嘔吐して窒息するといけないのでと鼻から胃に管を入れられて、怪我の痛みよりそっちの痛みに半泣き。
朝から何も食べてないから吐くものはないと言っても聞いてもらえず。
せっかくのドクターヘリもチューブへの不快感のせいで台無し。
その横では同乗してくれた工場長(マッチョで普段は強く厳しい人)がヘリの高さに顔面蒼白。


このページのトップヘ