今日の人気記事

修羅場

891: 名無しさん@HOME 2011/03/03 21:27:36
救急車が来たのでとりあえずこれにて終了
疲れたので休憩に入った大学近所のファミレスから

その女子、Aはアスペルガーというかとひどい妄想癖があり、至る所で問題を起こしていた
服装もかなり奇抜なため、人目をよく引き本人はそれを
「私が美人で人気があるから」
と思っていた(むしろ周りに言っていた)
彼女は妄想の中での婚約者がいるのだが、ある時、Bくんが構内を歩く彼女を「何だ?あの女」と見ていたのを自分に恋したと思い
「私には婚約者がいるの。お願い・・諦めて」
と言って来たらしい
Bくんにして見たら
「何言ってんだ?こいつ」
だったが、噂を聞いていたため係わり合いにならないよう
「分かった。諦める」
と答えた
が、彼女は
「でも、きっと彼は諦められないわね。じゃあ、一回だけなら」
と思ったようで迫られたらしい
当然、Bくんにその気はなく、むしろ気持ち悪くなったそうで私に助けを求めて来た
実は去年、彼女のせいで私はひどい目に遭っており、同じような被害に遭った友人とBくんとAのゼミ教授の元に何とかしてくれるよう頼んだ
教授はBくんから話を聞き、彼とA、それから調停役として私と友人を交えて話し合いを持つことになった

ところがAの中ではいつのまにかBくんとはそういう中になっており、すでに妊娠してしまった
このままでは婚約者に申し訳ないから何とかしろ!と泣くわ暴れるわ
危険なのでまだ残っている他の研究室の人たちを呼び、みんなで力づくで止めた
泣き叫ぶAを宥め、とりあえず帰らせたところでゼミ教授が心労のため倒れた
慌てて介抱し、救急車に乗せ止めたメンバーの一人が付き添いで同乗したところ

Bくんは疲れ果て、もう大学泊まると言うので私と友人は帰る前に糖分を・・と入ったファミレスで書き込んでます



676: 名無しさん@HOME 2011/02/28 02:24:51
夜逃げしたこと。

幼いころから、父は仕事が忙しいと言ってほとんど不在だった。
母は家事手伝いから結婚したお嬢様で、そんな父を疑うこともなく。
けど、いつのころからか、借金取立ての電話がじゃんじゃんかかるようになった。
電話に出て「父も母もいません」というのが私の仕事。
働いたことがなかった母もパートに出るようになり、
(父は一銭も入れていなかった気がする)
偽装離婚をさせられて、母子手当てをもらっていた、気がする。

何年かそれで凌いでいたけれど、ついに立ち行かなくなって
父の実家に逃げることになった。


528: 名無しさん@HOME 2011/02/24 17:38:58
知人(新郎)の結婚披露宴であった修羅場。ちなみにデキ婚。

穏やかに進んでいた披露宴の後半。お祝いのスピーチみたいなのがあったんだけれど、新婦親族(叔父?)がやらかした。
その時すでに親族のオッサンは微酔いな感じで、ヘラヘラ笑いながら「新婦ちゃんでかしたぞ!よく金を運ぶ種馬を捕まえてきたな!さすが俺が仕込んでやっただけはあるな(本当はもっと長い話だったけど、だいたいこんなん)」とか言い出した。
会場騒然。新郎驚いて新婦に詰め寄る。新婦真っ青。

このあとすったもんだあったけれど、現在新婦は会社同僚にカッコウと呼ばれているらしい。


393: 名無しさん@HOME 2011/02/19 04:31:03
俺が原因らしく、現在、別居状態になってる女性が嫌がらせしてきたので、
その女性の旦那さんと家に対話しに行ったら湯飲み投げつけられて、額を強打し、服を濡らした。

泣きながら飛び付かれて殴られて、こっちもいろいろ込み上げてきて、泣きながら取っ組み合いになった

多分、個人的に修羅場
文が下手だけど吐き出させて貰った すまない


314: 名無しさん@HOME 2011/02/16 01:22:25
私の母には、高校時代からの親友が数人いて今でも仲が良い。
私も小さい頃から母に連れられて、母の友達とその子供達(みんな歳が近い)と遊んだりしてた。
中でも母が一番仲よくしてたのが友美で、家が近いのもあって家族同士でよく会っていた。

私が中学生になる頃、友美は夫の実家で暮らすようになり、家が遠くなってしまったからか友美家族とはあまり会わなくなった。
そして私は進学し、短大を出てから地元の小さな会社に就職した。
母は父が亡くなったのを機会に営んでた居酒屋をたたみ、港町の旅館で仲居をしてた。

その頃、噂で友美が義実家から出たと聞いた。
何でも東京にいるらしいと。
母が会いに行き、近況を聞くと、友美は娘と東京のアパートで暮らしてるらしい。
何で東京にいるのかには二つ理由があって、一つは娘の専門学校進学のため。
もう一つは、友美は不倫をしていて、その彼に会いやすいように東京にしたという。
聞けばその不倫相手は社長さんでお金持ちらしくて、社長さんは仙台に住んでいて月に数回東京に来るので、友美おばちゃんはその時会って何日も一緒にいて、それから社長は仙台に帰るという二重生活をしてた。


290: 名無しさん@HOME 2011/02/13 21:53:13
私の子供の頃の話です。
当時私は社宅に住んでいました。
間取りは、玄関脇にトイレがあって
トイレの換気口が社宅の共有廊下に繋がっていた。
我が家は一番端っこだったのでそういう作りで、
他の部屋はそうなっていなかった。
ちょっと分かりにくいけど、
我が家のトイレからだけは廊下の隅っこで交わされる会話が
スピーカーのようまる聞こえ。
どういう効果か分からないけど、ささやき声も思いっきり拾う。

私は小さい頃 お腹が弱くてよく学校を休んでいた。
そしてお腹が痛くてトイレに籠ることがしょっちゅうだった。
お腹が痛いので、外から聞こえる話声もほぼ聞き流していた。
話の内容は 社宅の奥様方の噂話。
お腹が痛いよ~と半泣きになりながらだったけど
いつも同じような会話が繰り返されるので
嫌でも内容を覚えてしまった。

内容は A部長の奥さまがやたら気合い入ったお化粧で出かける。
○○駅で見かけた。
男の人と腕組んでた。
あれってデートよね?
あの男の人って営業のB君ぽくない?
B君ってC部長とこの娘さんと婚約したって言ってなかった?


156: 1 2011/02/02 11:56:01
もうずいぶん昔の話になるけど、
頭○字Dってマンガ知ってる?
内容は山を車で走るって話なんだけど、
主人公の恋人が援助交際してて、
その相手が同級生の父親って設定だったのね。
で、そのマンガと同時進行で、
うちの父親が私の同級生A子と付き合ってた。
知った時は発狂しそうだった。
今もそのマンガは大嫌い。
両親は離婚した。
お正月に同窓会があって
A子が今度結婚するんだ~って言ってきた。
お祝いしてね!って。
私が知らないと思ってたらしい。
なんか頭の奥でブチンって音がした気がしたよ。
気がついたらかなり大きな声でひたすらしゃべってた。


65: 名無しさん@HOME 2011/01/31 09:30:26
その時は本気で怖かった修羅場。

ほぼ半年前の話。
ちょっと義理のある先輩に頼まれて1回だけA男とデートをした。
最初は飲み会で初めて顔を会わせて、
じゃ次1回だけでもデートをしてやってと言われた。
先輩の頼みだからと、とりあえず待ち合わせ用にメアド交換した。

デートの日まで、やたらとメールしてきたり、
返信に困る内容だったりしたので先輩に
「やっぱりデートは・・・」
と言ったけど
「A男さ、女の子と付き合ったこと無いんだよね。
だからテンパってる。勘弁してやって。
慣れたら落ち着くと思うから。
普段はすっごく良い奴だから」
と言われ、
「そうだよね初めては誰でも変な失敗するよね」
と思って約束通りデートすることにした。
ただ「そんなにしょっちゅうメールできない」
と返信したら
「今はそれで許してあげるよ」
という「どういう意味?」という返信に少し引っかかった。


881: 名無しさん@HOME 2011/01/28 05:22:32
中学生の頃、駅で電車を待っていた。
そしたら、後ろの公衆電話(まだ携帯が無い時代だった)で電話相手に怒鳴るおばさんがいた。

相手はどうやらおばさんの娘で、泣いているらしい。
その泣く娘に対して「あー分かったから!」「そんなに泣かないの!」等、怒っている様子。
かなり大きな声で周囲に会話が丸聞こえだった。

最後にキレたらしいおばさんが
「あんたがそんなんだから、妹に旦那寝取られて逃げられるのよ!!」
と怒鳴りつけて、電話を勢い良くガチャ切り。
水を打った様に静まる周囲をよそに、どっかへ行ってしまった。

当時は子供だったので「大人の世界こわい」とガクブルった。


たまに思い出しては気になるので、状況は分からないけど、今は姉が幸せになってるといいと思う。


このページのトップヘ