今日の人気記事

修羅場

112: 名無しさん@HOME 2011/10/21 12:30:48
私的修羅場投下


クソ父(以下クソ)、母、兄、私の家族

クソは私をコントロールしようといちゃもんつけたり殴ったりした。
そしていつも私をターゲットに張り合ってくる。

高校の時に家を出ていたのだが、盆と正月にだけ家に帰ると
母がとても優しく迎えてくれた。
私も甘えて家の事など何もしないでダラな生活をさせていただいた。

そんなときに、自分が仕事をしないのを責められると
あいつ(私)だって何もしてないじゃないか!とファビョった

母「あんた父親だっていうけれど父親らしい事してないじゃない」
クソ「何がだよ!金が無いなら学校なんかやめさせればいいんだよ」
母「学校やめてどうすんのよ。働くったってきちんと学校でないとまともに働かせてくれるところなんて無いのよ?」
兄&私「母に苦労ばっかりかけて、まともに働けよ」
クソ「なんだとー!」(私に暴力)

大体こんな感じ。

小さなころからやりたいことは邪魔され、俺の言う事聞けばそれでいい、
学校の先生に父がこう言ったから~と学校で主張してあんたの先生は父親か!と怒られ
なんか変。と気がつく
気まぐれに口約束で明日おもちゃを買ってやると言われ楽しみにしていたらそんなことは言っていない。
だんだん成長して口で負けなくなると暴力で押さえつけられていた。
こんな状態で育ってきたので信用とか信頼とかはクソに対して皆無



926: 名無しさん@HOME 2011/10/16 17:03:17
1/4
友人?夫婦になぜか粘着された修羅場。

20代前半の頃、私とA男は付き合っていた。
その後別れ、A男は私の元同級生でもあるB子と結婚。
ほぼ同時期に私は今の夫と結婚した。

ちなみに私とB子とではあらゆるスペックでB子の方が上。
顔、スタイル、学歴、年収、家事の腕、マメさ、何ひとつかなうところがないので
そもそも張りあう気すらない。
あのB子と結婚するなんてA男スゲー、と驚いたほど。

そんなB子が結婚して1年ほど経ったころ
うちに粘着しはじめた。


821: 名無しさん@HOME 2011/10/15 14:39:17
出産ネタで1つ。

うちの旦那は検診では異常なしだったのに、いざ分娩となったら逆子だったそうだ。
陣痛に苦しむ義母の耳に「あ!足から出ちゃった!」という焦った
助産師さんの声。そして次に医者の声。

「戻せ!いったん引っ込めよう!」

!!??とパニックになる義母。
出てきた足をぐいぐいとマジで押し込む医者に「やめてー!」と叫び
暴れようとしたらしいが、その後の意識は曖昧で気がついたら生まれてたらしい。

初産の不安と陣痛の痛みの中、そんな騒ぎで義母の脳内では
今までの人生の中で最大の修羅場だったと言っていた。

ちなみにこの出産苦労話を聞いたときの旦那のリアクションが
「知らんがな。俺悪くねーし」だったので、親子間でも
プチ修羅場になった。旦那よ…。


737: 名無しさん@HOME 2011/10/14 18:12:47
伯父の修羅場。

大学卒業後一人暮らししていた伯父の息子が、親に黙って同棲どころか入籍していた。
相手の方は息子より一回り近く年上で、親達が気付いた時には既に妊娠してた。
相手の両親に挨拶とか謝罪とか結納とか、どうすりゃいいんだと伯父さん頭抱えてた。
生まれてきた子供に家の息子と同じ名前を付けた事を知ったので書きたくなった。


666: 1/2 2011/10/13 17:46:04
うちの父の妹(以下叔母)は30代なかばで旦那を亡くして
二人の子を女手ひとつで育ててきた。
そんな叔母に再婚話が持ち上がった。

相手は叔母の職場つながりで知り合った人。
子どもができない体だと若いうちにわかったんだそうで
それが原因で50近くなっても結婚せずにいたという話だった。

従姉と従弟(叔母んとこの子二人)も
「いい人そうだし優しいし結婚には賛成」
と言ってた。

それが結婚直前になっていきなり破談。
理由は叔母の結婚相手が、盗撮で捕まったから。
しかも写真は小中学生ばかりだったので
「まさか従姉ちゃんを毒牙にかけようとしていたのか!!?」と親戚一同激怒。


544: 名無しさん@HOME 2011/10/12 14:41:48
知人の話

ある日家に帰ったら、家財道具の大半と奥さんと子供達が消えていたそうな。
残っていたのはわずかな家具と、離婚届。

原因は、知人の仕事が忙しすぎて「家族と触れ合う時間がなかった」by奥さん だそうな。
当時もてはやされ始めていたIT関連の仕事だったので、残業時間が多いほど偉い!な風潮がまかり通っていたらしく
土日も仕事、帰ってきても仕事、たまに休めると思えば「ゆっくり寝かせろ!」とヒスを起こすので、奥さんと子供達は
車の中で夜を明かしたこともあったらしい。

そんなこともあって、知人有責で離婚が成立。
慰謝料と養育費で毎月毎月大変だと愚痴っている。

その後、もって行かれた電化製品を買いなおすのにつき合わされ、無料タクシー代わりにされた自分が一番の
修羅場な気分だったw


536: 名無しさん@HOME 2011/10/12 11:22:33
子供時代のぷちぷちをひとつ
うちの両親、祖父母、伯母にとっての修羅場

30年以上前、当時の私2歳
母は妊娠中、近距離別居の父方祖父母の元に遊びに行っていた時のこと
台所に走り込んで、そこにあった灯油ストーブに激突
最近は滅多に見かけない昔のストーブで上の鉄板部分でお湯を沸かしたり餅を焼いたりできるやつで
ちょうど残り物の味噌汁の鍋を温めていて、煮詰まった熱々の味噌汁を真上からひっかぶった
背中一面に火傷、病院に搬送されて入院、高熱を出したりして結構大変だったらしい
2歳の頃のことなんて他は全然覚えてないけど、この時のストーブに向かって突っ込んでいった瞬間と
台所でものすごい形相の母と伯母にお椀だか洗面器だかでざばざば水を掛けられている時のことは
おぼろげにだけど記憶にあるんだよね、子供なりに相当ショックだったのかなと思う、まあ自業自得だが
小学校低学年の時、一緒にお風呂に入ったじいちゃん(今は故人)が背中を洗ってくれながら
「ほとんど痕が残んなくって本当によかったなあ」と噛みしめるように言ってくれた言葉が今でも忘れられない

当時お腹に弟がいて、重い妊娠中毒症の症状でかなりきつい妊婦生活だったところに
私の入院中の世話だの何だのと面倒事が増えて相当大変な思いをしたらしい母が一番修羅場だったと思う
だというのに、私は熱が下がった途端にけろりと元気になり
病院食を嫌がって寿司が食いたいだのうどんが食いたいだのとわがまま言いまくり
病院の周囲にお店がないのよごめんねーと誤魔化すも
「入口を出てあっちに曲がるとお寿司屋さん、こっちに行くとうどん屋さんあるもん!」と
何故か周囲の店の位置情報をばっちり記憶していた私に、母はかなり辟易したらしい
あの当時の記憶力をどうして大きくなってからの勉強などに生かせなかったのかと未だに言われる


533: 名無しさん@HOME 2011/10/12 10:17:55
10年ちょっと前に嫁が男と逃げて離婚した知り合いが居て
その知り合いと仕事の関係で会った友人が「ぜひ紹介して」と言うので間を取り持った
二人は趣味も同じで気も合ったらしく1年ちょっとの交際期間を経て結婚
で、なぜか私とその友人夫婦がが訴えられかけた。
相手は元嫁、どうやら男に逃げられて借金もかさみ、どうにもならなくなっていたとかで
ピコーン!じゃあ、旦那(小さいながら会社経営)とより戻せばいいじゃん、籍は抜いたけど夫婦なんだし
と思って戻ったら、旦那は別の女と再婚していた!私という妻がありながら!それって不倫じゃない!!って思考だった
それで友人夫婦を不倫行為で、間を取り持った私を不倫幇助(なんじゃそりゃ)で訴える!と息巻いていた
結局は友人側の弁護士さんに適当にあしらわれ、元嫁の以来など受ける弁護士も居らず、訴えられなかった

っていうか10数年ぶりに見た元嫁さんの変貌振りに驚愕した
前は可愛い系だったのに逆整形でもしたのかというくらいの…
例えて言うなら、小倉優子が太った落合信子になってたという感じだったよ…本当に何があったんだろう


440: 名無しさん@HOME 2011/10/11 11:49:59
自分にとっての最大の修羅場、とある休日の家族会議での事
二世帯住宅トメ・コトメと同居で、家事やら生活やら日常的に口を挟まれてた嫁
そんな嫁は、子供が小学校に上がり育児も一段落し、昔からの夢だった仕事をするため
勉強をしたいと考え、その事について旦那・嫁・子・トメ・コトメで話し合っていた
嫁としてはトメコトメと少しでも接触する時間を減らしたいという思いもあったんだろう
旦那は嫁の仕事に理解はあったが、トメコトメはテンプレ通りの反対
結論は出ないまま皆ヒートアップしていき
嫁が家事が苦手なのをコトメがチクチクやりだしたあたりで旦那がキレてコトメを殴る、それを見て子が泣く
更にややこしくしたのが、実は旦那は長男ではないうえ、兄弟が多く
地方の土地持ちトメと同居のために、他の兄弟から財産がどうのこうのという嫌味があり、その話題も膨らみ
旦那「そんな事言うなら出て行ってやるよ!」
と、数カ月後に出ていく事に
最終的に同じ市内に旦那一家が引越し、親兄弟親戚とほぼ絶縁状態に
簡単に要約するとこんな話


383: 名無しさん@HOME 2011/10/10 14:49:57
中学からの友達の話。本人とその奥さんが、OK出したので書いてみます。

友達(男)は、国籍日本で金髪碧眼。両親は元アメリカ人で日本大好きな両親で
大学時代に日本に留学して来て、お互いそのまま日本で就職して知り合い結婚して
生まれたのが友達。両親が日本国籍をとったので名字もお世話になった人のを
もらい普通の名字で、名前だけアメリカでお通用するようなジョージ=譲治みたいな
名前です。両親のバイリンガルはアイデンティティの意向が無くなるからと家族でも日本語のみ。
友達は中学で初めて英語を習った。国語が得意で英語が苦手な友達は大学は国文学専攻
してました。

大学は結構留学生がいて金髪碧眼でも普通。留学生が来ると仲間と思って友達(仮名譲治)に
英語とか外国語で話しかける。
でも片言しか話せない譲治はいつも困り果てボディランゲージでした。
そんなとき同じ大学の英語ペラペラの同級生が助けてくれていつしか恋仲になりました。

譲治が就職を決めて恋人の家に挨拶に行ったところそこはかなりな田舎で
外人が来たと大騒ぎになり、恋人の両親も日本人と聞いていたのに
だまされたと大反対されました。
そこで滔々と譲治が持参の琵琶で平家物語を語り始めその見事さに
恋人の兄と言う人が聞き惚れ両親も聞き惚れと家族中しーんと聞き惚れた
そうです。吟じ終わった譲治が精神は日本人ですと言い切り、めでたく
結婚の運びになりました。結婚式は古式ゆかしく神社で行われました。
結婚式でも譲治はとうとうと琵琶で平家物語を語ってました。


このページのトップヘ