今日の人気記事

修羅場

672 :名無しさん@HOME 2015/11/10(火) 18:55:22 0.net
母親(実母)と父親(育ての親)との幼稚園から小学校まで修羅場です。長文すみません。
・幼稚園のとき、動物園に行って私があれとこれほしいとダダこねた。その帰宅途中の山中に「俺の子じゃないからいらない」と父親に路肩に投げられた。
車になんとか乗せてもらい、母親に土下座をして詫びろと言われ土下座。身の安全のため顔色ばかりうかがって生活していた。

小学校時年一回は必ず大喧嘩があった。原因は母親の謎の借金。
・小1の冬 母親が突然「この子いらないんでしょ!!コ○してやる」と包丁持って居間のテーブルの周りを鬼ごっこをした。助けを求めてもスル―する父親が印象に残っている。
母親につかまって冷たい包丁あてられた。父がやめろと言ってくれて未遂で終わり、怖くてそのあと近所の友人の家に夜中に逃げた。
・小2の冬 自室で嵐が過ぎ去るのを待っていた。修了式で配られた紅白饅頭を楽しみにしてた。翌朝居間に行くと壁にべったり紅白饅頭はりついていた。包丁も壁につき刺さっていた。
居間はあちこち破片が散っていて、酒臭かった。しばらく食べ物に困った。
・小3~5年 自室で鍵をかけ避難。自室に来るもんなら窓から外へ逃げ出すことができるように避難グッズを準備。2階から飛び降りる気だった。
母親が自○未遂しようと二階の吹き抜けから明らかにすぐちぎれそうな下帯を首にかけてみたり
シャワー室にカッター持ち寄って手首切ろうとしていたみたいだけど浴室で爆睡していた。
・小6の終業式から帰宅時 玄関から灯油臭かった。母親が父親に灯油かけられていた。「○○(私)も帰ってきたからみんなで氏のう」
と言われた。「氏んじゃ嫌!生きたい」と必しに言ってなんとかおさまった。
ただ、その日から父は明らかにおかしくなっていた。母親は私に「お父さんはあんたを襲おうとしている。」と虚言を吐き、前夫の
元へ行こうと提案。前の夫は私の実父ではないがそこに受け入れてくれた。そこからもきつかったし氏のうと何度も思うことがあった。
色々あって、受け入れてくれた前の夫はなくなったし、母親は借金作ってとんずらした。


332 :おさかなくわえた名無しさん 2012/02/08(水) 18:00:06 ID:znY1+PSf
実家で暮らしていた頃
友人と二人でドライブ旅行に出掛けた
途中に食事休憩や景色の良いところで休憩したので、実質片道6時間くらい。
旅館に着いてカバンを開けたら、うちの猫が飛び出してきた。
友人も私も絶叫。腰が抜けるかと思った。
仲居さんが駆けつけてくれて、シャーシャー言う猫を網で捕まえてくれた。
カバンの中はゲロだらけ。
帰りのお土産分大きめのカバンで行ったんだけど、いつの間にか潜り込んでいたらしい
カバンをトランクに入れる時も、旅館の部屋に運ぶ時も全然気が付かなかった。
家に電話したら、完全家猫の愛猫の姿が見えず両親パニック中だった。
真夏では無いとはいえ、5月初旬の九州で6時間トランクはきついよ。

旅館の人が獣医さんを紹介してくれて、すぐに連れて行ったが異常なし。
猫は狂ったように水を飲んで、あとは恐ろしい程動かなくなった。
一応1日入院させて、帰りに迎えに行った。
出先で高額の出費になるわ、心配でせっかくの食事も咽を通らないわ
旅行中なのに、そんな状態で友人に申し訳ないわで、散々だった。
その友人宅で産まれたのを、貰い受けた猫だったんだけど
また「大事なお嬢さんをとんだ目に遭わせて」って感じで更に申し訳なかった。

自分のカバンを開けたら、何か毛の塊が飛び出してきて
ちゃぶ台の下に潜り込んでシャーシャー言うって、今までの人生で一番の衝撃だった。
口から心臓が飛び出してブラジル廻って帰ってきた!!って感じ。

523 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/12/01(火) 14:00:53 ID:1hdSPLGo.net
10年くらい前、ノンアルコールビールが出始めの頃。

結婚した友人夫婦が帰郷して
友人夫婦+高校の友人たち(俺含む)で
披露宴代わりの焼肉パーティーをした。
(披露宴は東京で親戚のみで実施)

当日、俺は薬飲んでるからアルコール呑めない
ソフトドリンクで、と思っていたが
飲み物メニューに、ノンアルコールビールが有ったので
それを呑んだ。

最初の1杯目は何でもなかったが、2杯目の途中で
目が回り、ろれつが回らなくなり、ゲーゲー掃き出し
完全な急性アルコール中毒 (救急車騒ぎ)

ノンアルコールビールなのに急性アル中
店が間違えたか、衛生状態が良くなかったか?
それとも友人達の誰かがアルコールを混ぜたか?
って事で、警察・保健所を巻き込んでの騒ぎとなった。

結果、当時のノンアルコールビールには
ちょっとだけアルコールが含まれているのが分かり、それが原因だったけどね。

店・友人たち・俺
全員が修羅場と言うか大変な目にあった。

419 :名無しさん@HOME 2017/01/19(木) 11:44:44 0.net
手術を控えている人は閲覧注意



手術のため全身麻酔をかけられたら、途端にアレルギー反応で全身に赤い発疹が出たらしい
このままでは気道が閉まって呼吸できなくなると医者が判断して中止したそうだ
手術するまでは熱心に「手術しないと将来こんな怖いことになる」と言っていた医者が中止になった途端「まぁ手術しないで保存療法の人もいっぱいいるし」と言うようになった
手術できないとわかったとき、咄嗟に思ったのは「手術するからと免除になっていた定期テストどうしよう」だった(当時高2)
ベッドでさめざめと泣いていた様子を見た人たちは「手術できなかったのそんなにショックだったのね」と言っていたがそうじゃない
退院後数日でテストが来てしまう恐怖だ(後日学校に相談したら特例で免除された)

アレルギーの原因は全身麻酔の薬だった
手術の前日か前々日に朝早く起こされて血を入れる試験管?に9本分採血されたのに、全身麻酔の検査はしなかったのだろうか?と思う
局所麻酔なら手術できるかもしれないから!歯医者の麻酔は大丈夫だったんだから手術して!デズド受げだぐない~と医者に懇願したが却下され絶望

皆と比べたら小さいけど、最大の修羅場は手術の後テストの件もひと段落して
「もしかしたら目を覚まさなかったんじゃないか」と親に言われてそういえばそうなのか!と自分の済んだ危機に気付いたとき

791 :名無しさん@おーぷん 2017/08/29(火) 17:30:04 ID:CDV
昭和の話です
幼稚園の頃、家の近所で妹と友達の3人で遊んでた
すると黄色い自転車が近くの電柱にすーっと止まって、おじさんが降りてきた
いくつと聞かれたのでそれぞれ元気に答えたら、
「おじちゃん一人でおしっこできないから、手伝ってくれない?」と言われた
大人なのに変だと言ったら「じゃあ見てるだけでもいいから」と本当にチャックを下ろし始めた
私達は爆笑して3人で手をつないで走って逃げた
親には特に言わなかった

たぶん同じ男に、小学校にあがった頃にもう一度会った
数名で木登りしてたら黄色いバイクが根元に止まって「すごく面白い本があるからおいで」と言われた
ワラワラと降りて見せてもらったら、エ〇本だった
「家に来たらもっとすごいの見せてあげる」と言われて「変隊だ!変隊だ!」と叫んで皆で木に登って逃げた
変な本を見ちゃったのが後ろめたくて、やっぱり親には言わなかった

そのまま数年が経って、宮崎勤の事件が起こった
被害者の子は同じくらいの年齢で、少し離れているけど知っている地名で、
テレビで犯人を見て「あの時のオジサンかもしれない!」と思ったときが修羅場だった

太目で無精髭があったことしか覚えてないから今も真相は分からない
でも、自分があのとき大人にちゃんと言えば、あの子達は生きていたかも知れないという後悔は小学生には本当に重たかった

153 :名無しさん@HOME 2016/12/04(日) 23:35:03 0.net
俺の不倫相手を名乗る女が、自宅に押しかけてきたとき。
今でも、たまに夢に見てうなされることがある。

65 :名無しさん@おーぷん 2017/09/23(土) 08:26:37 ID:107

結婚式に参列したら新婦から顔の傷をpgrされて修羅場になった。

中学の時の事故が原因で私の額には傷がある。
メイクと前髪である程度は隠れるけど、傷の場所が眉間に近いことから完璧に隠すことはできない。
両親と祖父母が女の子の顔に一生ものの傷があることを憂いて整形や皮膚移植にだいぶお金をつぎ込んでくれたんだけど、それでも完全には消えなかった。
思春期のころはそれなりに苦しんだけど、周囲の助けがあったから乗り越えられた。
事故に遭ったのが中三の受験シーズンで退院した時にはもう学年があがっていて、高校進学が一年遅れたけどそれ以外は普通に大学を卒業してOLをやっていたし、ちゃんと恋愛して結婚もした。今は専業主婦。

ある日、高校時代の友人から結婚式の招待状が届いた。
この友人をYとする。
私が地元を離れてしまったことで直接会うのは地元に戻った時くらいだったけど、私の結婚式にも参列してくれたし、行きたい気持ちのほうが強かった。
でもおめでたい席に顔に傷がある私が行くことで水をさすことになりはしないか心配で、Yに一度電話でその旨を伝えたら、彼女はそんなこと気にしない。それより直接祝ってくれるほうがうれしいと言ってくれたので喜んで参列させてもらうことにした。
まだ手のかかる子供たちは旦那と同居の良ウトメさんが見てくれることになって、小旅行のつもりで行っておいでと送り出してくれた。

途中までいいお式だった。
元々美人な花嫁だけどウェディングドレス姿はまた格別にきれいで、優しそうな旦那さんと並んでいる姿に感動した。
(もう入籍はしていたから旦那さん。)
今思うと私って能天気なんだなぁって思う。私はひたすら感動していたんだけど、一緒に参列していた高校時代の友人たちは、Yが時々私のことを忌々しいものを見るみたいな目で睨んでいたんだそうだ。
でも私は気付いていないし、注意を促してその場の水を差すわけにもいかないから黙っていたらYが自爆した。

Yが私の顔の傷のことや高校進学が遅れたことを、大学時代の友人と論ってpgrしはじめた。
小さい声で言っているのならそのグループ内の会話で済んだんだろうけど、Yは少し離れた席に座っている私に聞こえるように言ったものだから会場内に響き渡った。途中からシーン…って耳が痛くなるような空気になったから余計に声が響いた。

「あんな傷があるのに、よく恥ずかしげもなく参列できたよねー」
「あたしだったらあんな傷があったら恥ずかしくて外に出られないけど、あいつ図太いからwww」
「あいつ、落ちこぼれなんだよ。高校に進学するの遅れてんのwww」
「かわいそうだからお情けで呼んでやったのに、勘違いしちゃって馬鹿だよねwww」
「あいつの旦那、よくあんなのと結婚したよねwww よっぽどもてない男なんだwww」
「妥協、妥協www」

とまあ、こんな会話を大声で。
新郎が小声で止めようとしていたけど、そのせいかますますムキになってヒートアップしていくのが少し離れた場所にいた私からもわかった。
新婦側だけでなく、新郎側の親戚まで大顰蹙を買っていることに花嫁とそこのグループだけが気づいていない状態。
居たたまれなくなった私が、席を立つべきか聞こえないフリに徹していたほうがいいのか悩んでいたら、顔を真っ赤にしたY母が鬼の形相で娘に近づいて行ってビンタした。
pgrされていた私が思わず飛び上がるくらい物凄い音だった。
で、一喝。
「あんたって子は!! 〇子さんに謝りなさい!!」
お母さん、実名報道は勘弁してください…って思ってたら、Y父と旦那さんがつかつか私のほうに歩いてきて、その場で土下座した。
土下座なんてテレビのなかでしか見たことがない私パニック。慌てて私も土下座した。
お互い土下座したまま「とんだ恥をおかけして……」って感じでひたすら謝罪。
その間もYとY母が口論していて、「花嫁の顔をぶつ!?」って感じでキレている娘と「あんたの態度は遠路わざわざ来てくれた人に、いい年をした大人がやることなの!?」って感じでキレていたそうだ。
「その年までロクに仕事もしないでふらふら、それに引き換え〇子さんは学生の時から自分でバイトしてうんぬん……」
私は高校生の時、Y母のパート先でアルバイトしたことがあって、その時のことまで掘り返してY母はYを怒鳴りつけていたみたい。
(土下座中の私に聞き耳を立てる余裕はなく、周囲にいた友人たちに後から聞いた)

720 :名無しさん@HOME 2013/12/07(土) 00:57:15 I
夢を見て目を覚ましたら、家族全員に囲まれていたことかな。
一番先に目に飛び込んできたのは離れたとこに住んでいるはずの姉で、姉には虐められてきたし、大人になってからも性格悪いから苦手で「やばい!何かやらかした!」って思った。
部屋で首つってるとこ発見されて病院のベットに寝ていた。良くても植物人間でしょうって医者に言われてたみたいだから家族のが修羅場だったんだろうけど。

497 :名無しさん@おーぷん 2017/07/29(土) 13:30:52 ID:CjK
幼い頃に両親の離婚で離れ離れになった元父が、癌にかかっただかで数年前からずっとネットで私を探していたこと
しかも私にたどり着くまでに親友どころか「誰だこの人」レベルの知人にも連絡先を聞いて回っていたらしく
「誰かがあなたを探してる」「なんか変な感じの人」「名乗らないし。危ないかも」と毎日のように注意喚起が来て気が気じゃなかったこと
ついに連絡先を知った元父から一方的に一日中十数軒単位の電話が来て怖かったこと
実は離婚してから年に何度か会いに来ていたこと(親の留守を狙って家やバイト先を訪ねたりしてたらしい。でもタイミングよく私もその場に不在or面倒臭くて居留守使ったりしたから会わなかった)
離婚の原因が原因なので怖くてしばらく受信拒否せずにいたけど
何故か元父の現妻からも毎日連絡が来るようになったこと
夫婦揃って1日に何通も自伝や馴れ初め小説を送って来て気味悪いわ鬱陶しいわで10円ハゲができたこと
文章じゃうまく伝えられないけどあの数ヶ月間本当に冷や汗ものの恐怖に襲われて気が気じゃなかった

716 :名無しさん@おーぷん 2017/12/25(月) 01:49:38 ID:K3d
虫が苦手な人は回避してー。

仕事帰りに実家に寄ったら妹その1に「お姉ちゃんいつからハリー◯ッターの世界の住人になったの」と言われた。
は?自分魔女じゃないですし。むしろ喪女ですし。
何のこっちゃと思っていたら、妹その2と母まで騒ぎ出した。
妹その2「ヤバイヤバイってお姉ちゃん!」
母「はやく!はやく!」
妹その1「ハリーポ◯ターじゃん!めっちゃハ◯ーポッターじゃん!」
そのまま私はクリスマスイブに寒空の下に叩き出された。文字通り叩き出された。
何か棒みたいのでバシバシ叩かれた、泣きたい。
しかも一連の騒動を妹その2に写真を撮られた。動画まで撮られた。
やっと入れてもらえた部屋の中で動画を確認したら、「ヤバイヤバイってお姉ちゃん!」という台詞と私の後ろ姿が撮れていた。
正確には、私の背中にへばりついた巨大な蜘蛛がバッチリ映っていた。
多分私の手のひらサイズの蜘蛛。
わぁ~いつからくっついてたんだろ~。職場先からずっと背中に背負ってたのかな~。お姉ちゃん気づかなかったなぁ~。
リアル秘密の部屋体験をしたのが衝撃的だった。

このページのトップヘ