今日の人気記事

家庭

1 :名無しさん@お腹いっぱい。 2015/12/19(土) 15:58:50 .net
きっと一方的に離婚話をされるんだ
落ち着かない
別れたくない
娘と会えなくなるのだけは嫌だ


644 :名無しさん@HOME 2012/01/20(金) 09:58:17 0
結婚してすぐ義実家に同居。
地元旧家なので、何か世間体がどうの言ってウトメに頼まれた。
スタート早々トメの嫌味が連発。ねちねちネチネチねちっこいトメ。
同居して3ヶ月目に旦那がキレて
「いい加減にしないと、別居する」
と宣言するも、トメなねちっこいまま変わらず。
まぁどうせ別居するし、といつもトメの後ろに半分隠れている内気なコトメを手懐ける事にした。

トメ外出時を狙って、一緒に買い物行ってみた。
いつの時代の清楚なお嬢様()な格好のコトメが今風な服を愛するようになった。
美容院にも誘ってみたら、今風なry
あまりいなかったコトメ友達も誘って、買い物やランチや泊まりでディズニーとか行ってみた。
結果、コトメが明るくなったと良ウトさん大喜びしてから、ウトさんラブなトメは
今まで思い通りにしていたコトメの変化に、何も言えず。

ついでにコトメを焚き付けて遠方に就職させた。
ウトさん出資の新築オートロックマンションに大喜びで、青春を取り戻しているらしい。

その間にウトさん説得に負け、敷地内に家を建てた。
「結局別居って敷地内かよ!」って不満だったけど、それでもトメがいないだけで快適。
住居を別にする事によって、トメとも距離のある付き合いが出来るようになった。
ウトさんの出張にトメも付いて行ったり、コトメちゃんの勧めでトメがカルチャースクールに通いだして
トメと顔を合わせる回数がどんどん減って、ますます快適。

たまに会ってキラキラした笑顔のトメを見るたびに
本当は、どうやったらトメを追い出せるかとか、精神病めばいいのにとか思っていた
自分の良心がチクチク痛むので、スカッとはしないんだけどさ。

533 :名無しさん@HOME 2013/09/07(土) 11:31:04 0
ある日、娘(当時5歳)がらくがき帳に描いてた絵を見て嫁の浮気を知った
5歳児がクレヨンでダイナミックに描いたやつなんだが
肌色のママ(嫁)と肌色の男が口と口をくっつけて抱き合ってるというもの
娘はパパ(俺)の絵を描いてくれるとき、いつも必ず若ハゲを忠実に描写しようと
肌色オンリーのツルッぱげに申し訳程度の毛を数本描き足してくれるんだが、
問題の絵の男は髪の毛フサフサだわヒゲまで生えてるわで明らかに俺じゃない
その後、嫁が浮気を認め多少揉めたけど最終的には無事に離婚となった

707 :名無しさん@HOME 2002/06/25(火) 18:07:00
701さんと似たよう事をヴァヴァに言われた経験があります

ある昼におうどんを作っていて
具のかまぼこ&ちくわを切っていたら 何回も
「おうどんにのせる時は 薄けりゃ薄い方がええんよ」って
壊れたレコードプレーヤーみたいに何度も何度も言うので
「あら そうなんですか~ 私は貧乏臭くて嫌いですけどね」って返したら
口パクパクさせていました。

そして麺を茹でる時には同じように
「硬いのかなわんから 長い間ゆでといてな」と何度もぬかすので
今度は黙って30分茹でてやった 勿論麺はグジュグジュ
(注:乾麺ではなく袋入りの即席麺です)
箸でも持ち上がらなかった用です 切れるんですよ柔らかすぎるから
ヴァヴァは「ま~柔らかいのはいいけど お箸で取れないね」と一言
「長い間 と聞いたので茹でましたが何か?」とは言わずに無視して食べていたら
旦那(ヴァヴァ息子)が
「グズグズうるさいんじゃ イヤなら食うな
文句ばっかり言って やかましいやっちゃな~」

ヴァヴァの顔がみるみるレンガ色に変わるのを見ました

882 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/30(日) 22:56:25 ID:17aGQpW80.net
結婚して一週間弱だけど夫の父親からメールがきたんだけど怖すぎる

子供は1年以内に作ること
毎日30品目以上の食事を作ること
出勤前に忘れ物がないか妻として必ず確認すること(アイロンをかけたハンカチを2枚必ず持たせる)
妻として恥のないように外出時は必ず化粧をして体型も生涯維持し続けること
これら上記のことが出来なければすぐさま離婚するように

と来た。何これ すぐさま離婚したくなってきた・・・

187 :素敵な旦那様 2005/11/30(水) 19:41:12
俺は小学生の頃に母の作った炊き込みご飯が大好物だった。
特にそれを口に出して言った事は無かったけど母は判っていて
誕生日や何かの記念日には我が家の夕食は必ず炊き込みご飯だった。
高校生位になるとさすがに「又かよっ!」と思う様になっていたのだが
家を離れるようになっても、たまに実家に帰ると待っていたのは母の
「炊き込みご飯作ったよ。沢山食べなさい」の言葉だった・・・


会社に電話が来て慌てて向かった病室には既に近くの親戚が集まっていた。
モルヒネを打たれ意識の無い母の手を握り締めると
母の口が動いた。何かを俺に言いたそうだった。母の口元に耳を近づけると
「炊きこ・・・たよ。たくさ・・・・さい」と消え入りそうな声で言っていた。
それが最後の言葉だった。


「ママの作ったスパゲッティー大好き!」口の周りを赤くしてスパゲッティーを食べる娘と
それを幸せそうな目で見つめる妻を見る度に母の炊き込みご飯が食べたくなる。


515 :名無しさん@おーぷん 2014/11/17(月) 14:00:47 ID:jBOc5khrB
叩かれ覚悟で書くけど、私が「不細工じゃなかったこと」が衝撃。

うちの母は毒気味で、よく私の容姿をバカにした。
キツい暴言を吐くわけじゃないけど、「私子は子豚みたいな体系なんだから」とか、
「(身体検査で身長が伸びたことについて)足が伸びたんじゃなくて胴が伸びたんだよね」とか。
顔については「顎が無さすぎておかしな顔」とか「覇気がない」とか「魚がタヒんだような目してる」とか。

思春期になってニキビが沢山できると「肉ばっかり食べてるから」と言われた。
でも我が家の食卓は和食中心で、肉はあまり出てないから食べてないし、お小遣いも少なかったから買い食いもしてない。
ニキビは明らかにホルモンのせいだった。
あと私は家系的に剛毛なんだけど、無駄毛を剃るのを禁止されてた。
「アトピーなんだから無駄毛なんか剃ったら毛穴から血が吹き出るよ」と、
中学入学時くらいから言われ続けるようになった。

そんなこんなで母からは呪文のように体系と顔のことでチクチク言われていたんだけど、
高校の時に何故だか無理矢理化粧をさせられた。
その結果、出来上がったのはどう見ても時代遅れな化粧。
顔は真っ白に塗られて、眉毛は凛々しく書き足されて、真っ赤な口紅を塗られた。
チークやマスカラはなし。
当時、私は化粧の仕方なんてわからなかったので、「化粧してもこんなに不細工なんだ」と思うようになった。

でも都会の短大に進学した時に、明らかに自分一人スッピンなのは恥ずかしくなって、少しづつ化粧を覚えた。
そして無駄毛も剃るようになった(血は噴き出さず)

するとある時から「ハーフですか?」と聞かれるようになった。
私はもともと目鼻立ちがしっかりしていて、はっきりとした二重だったので、
少し化粧をするだけでハーフのような顔立ちになった。
(体系は相変わらずチビだったけど)

そして実家に帰った時に、ふと子供の頃の写真を見てみた。
すると、自分で言うのもなんだけど、凄く可愛い女の子だった。
色白で頬と唇はほんのり赤くて、本当にハーフのような顔立ちだった。

その頃からどんどん自分に自信が持てるようになって、
子豚のような体系と言われ続けていたせいもあって履けなかったスカートも履くようになった。
だからと言って、凄くモテたわけじゃないけど、人並みに恋愛は出来るようになった。

そして昨年結婚できた。

65 :名無しさん@HOME 2010/01/28(木) 00:06:05 0
すみません。どこに書き込めばいいのかわからなくて・・・。相談です。

元旦那には借金があった。
ある日旦那が「働く人がもう一人いれば生活がもっと楽になるね。」と
言ってきたので、「そうだね。」と答えた。
次の日、知らない女が家にいて、
「昨日言ってたもう一人の働く人です。これから一緒に暮らします。」と言われた。
そして私にこっそりと「お前のことは妹ということにしているから話を合わせろ。」とも。
子供も3人いたし、子供は当然元旦那のことを「パパ」と呼ぶし、そんな嘘すぐにばれると思った。
でも女は気づかなかった(気づかないフリをしていた?)
そんな生活がしばらく続いた後、女が妊娠した。
もちろん元旦那の子供だ。
当時、離婚する、元旦那から離れるという選択肢は何故か私にはなかった。
私の給料は全部旦那に取られていて自由になるお金なんて全くなかったし、
ちょっとでも反抗すると殴られていたので・・・。
女は子供を産んだ。
それから私はフルタイムの仕事、自分の子供の世話に加え、
その女の子供の世話もやることになった。
精神的にも肉体的にも限界だった。
そんなある日、女が「今すぐ私と籍を入れて妹と妹の子供をこの家から追い出せ。
じゃないと私が子供を連れて出て行く。」と言い出した。
私はこれで女が出て行く、元の生活に戻れる、と安堵した。
でも出て行く羽目になったのは私と子供たちだった。
実家は頼れないので母子寮に入り、しばらく生活した。
今は母子寮を出て子供3人となんとか暮らしている。
旦那から離れてみて「何で早く出て行かなかったんだろう?」と不思議でならない。 

続きます

865 :名無しさん@おーぷん 2015/06/08(月) 14:08:08 ID:226
自分語り失礼します。
両親事故で他界、祖父母も私が生まれる前に鬼籍、叔父叔母は某宗教な家で父母も毛嫌いしてたから頼れない状況だった。
幸いなことに私には十歳離れ成人してた姉が居た。
ただ当時は主に私の口の悪さが原因で仲が悪かったから姉に頼るということが選択しになく中学生だった私は「ヤバい詰んだ?」と父母のタヒを受け入れ冷静になった瞬間震えが止まらなかった。

姉は結婚して妊娠してたからそれこそ私の面倒なんて見れなかった。でもお姑さんにお願いしてくれて色々面倒見てくれた上に姉の義実家に住むことになった。

私は他人なのにごめんなさいとお姑さんに言ったら「家族だからね。貴女が嫁に行くまで私達が傍に居るからね」と抱きしめてくれたのが衝撃だった。

なんだかんだと義兄の弟に告白されお付き合い開始、私の24歳の誕生日が先月、交際5年目でプロポーズされた。姉夫婦は同い年で彼は5歳下、私はさらに5歳下。
姉夫婦は転勤先、義兄の弟は高校大学とスポーツ特待で寮暮らしでずっと私と姑さんの二人暮らしだった。舅さんは昔に病気で他界されてた。

最近は姉とどちらが姑の介護をするか引き取るかで揉めている。
姉も私のこと含め姑さんには返しきれない恩が有ると私と同じく姑信者だから譲らず。
まだ姑元気で「いや施設に入れてよ。やだよ嫁に下の世話とかさせるの」と苦笑いされてる。嫁に負担をかけたくないという良姑。

来週末は新居を見に行く。義実家の近所には過疎で空き家や空地が結構有るのでスープの冷めない距離に引越す予定。

余談だけど姉の息子十歳は幼い頃に働き出した姉の変わりに私が面倒見ることが多かった。そのため私に懐きすぎて本人の叔父であり私の婚約者にいつも悪戯するのを眺めるのが最近の楽しみ。
背中に氷入れたり靴に玩具の虫入れたり毎回違うから面白い。

このページのトップヘ