今日の人気記事

家庭

194 :名無しさん@HOME 2010/01/08(金) 02:29:06 0
友人2人の旦那、彼氏がエネ&将来エネ予定みたいだ
話を聞くほどgdgd。
愚痴なら聞くけど行動するのは自分って言ってあるけど
年明け早々に身近でエネ話聞くとは思わなかったorz

自分のエネ話じゃなくてごめん。
我が家はようやく再教育した甲斐が実ってきました


1 :名無しさん@おーぷん 2016/10/11(火) 22:43:16 ID:Yqa
俺だけ知らんかった模様
妹には3年前に話したらしい
一番下の妹も知ってたらしい

混乱してんだが

465 :おさかなくわえた名無しさん 2018/03/11(日) 10:00:19 ID:3mnKCVcZ.net
私は昔から母親と仲が悪い。喧嘩が絶えなかったし、殴られたし、殴ったし、お互い罵詈雑言を浴びせ合ってた。
母が100%悪いとは言わない。私も同じくらい悪い。
ちなみに父は我関せずって感じ。
育ててもらった事は感謝しているけど、好きではないし、尊敬はしない。そんな感じ。

そんな私は結婚して、妊娠して、出産した。
妊娠を機に両親と距離を置くようにした。
私が母のことを嫌いなように、母も私を嫌ってた。
事実、ニヤニヤしながらあんたのこと嫌い って何度か言われてたし。

妊娠して、ふと思った。
なんで私のことを嫌いな人に私の子を会わせなきゃいけないんだろうって。
だから妊娠しても両親には言わずにそのまま出産。

元気な男の子を産んで、退院した同じ日に孫の誕生を知った両親の襲撃に合った。
家の場所はなんとなく教えてたけど正確には言ってなかったから油断してた。たぶん義両親から漏れたんだと思う。
「孫に合わせろ!なぜ何も言わなかった!」と発狂してたけど
「私の事は嫌いで会いたくないって言ってたくせに私の子供には会いたいって都合良すぎでしょ」と追い返した。

なんてずうずうしい親だ!とかなりイラついてたけど
両親が帰ってから、子供の頃に母に言われて傷ついた言葉をいっぱい思い返しわんわん泣いた。自分も酷い事たくさん言ったのに。自分の事、棚にあげて私が一番ずうずうしいなと思った。

692 :名無しさん@HOME 2018/01/24(水) 23:22:39 0.net
テキトーに生きてるテキトーな家族の話なので嫌な人は不快感持つかも

我が家では
父と高校生の私:それぞれの私室
母・小学生の弟:六畳間の和室
で寝るのが基本
しかし体調を崩したりした時、和室はそこそこ広くて布団も多く寝心地が良いので、普段そこを使わない人も特別にそこで寝て良いことになっている
家族だから移る移らないはそんなに気にするなという至極いい加減な家風や、端っこに行けば母と弟のスペースはさほど取らないことから、まあいいやってことで特になんとも思わずにその方針に従ってきた

んである土曜のこと、熱っぽくなった私は和室でひと晩寝かせてもらっていたのだけれど、泊まりの仕事から朝方帰ってきた父はそれを全く知らなかった
母はその時出かけていて、和室で寝ていたのは私と弟のふたりだけ、母+弟のいつもと頭数は変わらない
私は母と体格も似ていたし、頭頂部をちょっと出すだけで殆ど布団に潜り込んでいたので、外から見る限りでは母と見分けがつかなかったようだ
仕事で疲れていた父は、癒しが欲しくて(なのに疲れることをするのは謎だが)妻だと思い込んだ私に腕枕をし、時たま頭を撫でたりしつつ(私の記憶にはない)そのまま1時間くらい添い寝をしていたのだが

父「そろそろ10時だよ〇〇ちゃん(母の愛称)、起きようよー」
私「やだまだねむい」
父「…………あれ?」

979 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/28(火) 21:51:03 ID:XSlh9VsH0.net
嫁が不妊治療してる。俺40代、嫁30前半。タイミングとやらで試してるが昨日子供みたいに泣いてた。
ダメだったみたいだ。もう数ヵ月…。
俺はお前が居ればいいんやーー。結婚出来ないと思ってたけど、待ってたかいがあると思える嫁と知り合えてこれ以上求めない。
俺も泣いて待った…。

448 :なごみ 2008/05/21(水) 00:07:37 ID:xd6dO90W0
我が家には、開かずの間ならぬ「開かずのジャム」があった。
庭で苺が豊作だった時に母が作った手作りのジャムなのだが、
保存性を高めるために、熱々なのを瓶の口いっぱいまで詰め込んで蓋をしたものだから
がっちがちに蓋が閉じてしまい、誰も開けられないままに冷蔵庫の隅に忘れられ、数年の時を経た。

そして今朝のこと、我が家の朝食はパンだった。
父はこってりとジャムを塗るのが好きなのだが(体型もメタボ寸前)、生憎と買い置きのジャムは切らしていた。
諦めきれなかったらしい父が冷蔵庫を探っていたところ、「開かずのジャム」がころりと出てきたらしい。
父はこってりとジャムを塗るために、数年ぶりにジャムに戦いを挑んだ。
温めたり軽く叩いたり、あの手この手を試して数分後、
ブチンという音と、カポンという音が同時に聞こえた。
父の手元を見ると、何とジャムが開いていた。

そして、同時に父のズボンのボタンが弾け飛んでいた……。

それ見て大爆笑する母と、恥ずかしそうに笑う父。
数年越しのジャムは味も劣化することなく、父は満面の笑みでジャムこってりのパンを食べていた。
その夜、母は父のズボンにボタンを付け直しながら、ダイエットさせることを決意したそうである。

816 :名無しさん@HOME 2009/01/05(月) 12:33:34 0
今年のお正月の話。
うちの旦那は種無し。結婚して3年経ってまわりがうるさくて検査に行ったら種無しと判明した。
残念だけど旦那が好きで結婚したんだしそれでもいいやと私は思ってるんだけどトメはそう思ってなく、
どうしても私を悪者にしたかったみたいでずーっと子無しに対するイヤミを言われ続けてた。
旦那はもちろん自分のせいだと言いトメを〆るもトメは絶対嫁のせいと言い張り今年の正月も一触即発の空気に。
毎年こうなので今年は義実家には行くのをやめようと思ってたんだけど、海外出張の義兄夫婦が
日本に帰ってきたのと良ウトがガンで余命宣告をされているので仕方なしに行ったんだけど「やっぱり」な展開。
毎年こうでウトに「トメいいかげんにしろ!」と怒鳴られ三つ巴の喧嘩になるんだけど、ここで義兄が立ち上がり
台所から出刃包丁を持ち出し、トメの前の机にだん!と置いた。

「嫁子さん(私)すまない。嫁(兄嫁)すまない。お前達はいつもこんな事言われてたんだな
 親父、おふくろ、俺もこいつ(旦那)も種無しだ!いらん玉ぶら下げてんだよ。嫁のせいじゃないんだ。
 言葉で言ってわからないんだったらそれ(出刃)でこんないらん玉取ってくれ。
 それが種無しの自分達を産んだおふくろの責任だ。親父、これ取ればおふくろはもう何も言わない。安心出来るだろ?」

なんていうか凄い重い空気になって兄嫁さんは号泣。私もつられて号泣。旦那も俯いて涙流してた。
ウトも「悪かったな。皆追い詰めたな。ったくお前達にこんな母さんまかせられないよなぁ。心配だよ本当に」と言って泣いた。
トメは出刃をじっと見ながら「ごめんなさい」と謝って出刃を台所にしまって二階に行った。
大の大人が狭い義実家のこたつにぎゅうぎゅうに入りながら泣いてるのは凄い寂しかったよ。

結局その後はウトが遺産の話をしたりトメの行く末を話し合ったりしたんだけど、
それじゃあまりにも悲しい最後のお正月になってしまうと思ってトメと話し合って
ウトが行ってみたいと言っていたカラオケに行き家族で歌を歌って楽しげに帰ってきた。

なんていうか怒涛のお正月だったけど、結婚して初めて良いお正月だったなと思ったよ。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/18(火) 10:34:31
普段は些細なことでいちゃもんつけてきてキチ外みたいになって、暴言だけでなく暴力まで振るってくる嫁だけど、時々可哀想になるんだよ…
本人も感情のコントロール出来ないみたいで苦しんでる。
夜中に寝言でうなされて泣いてたり、突然悲鳴あげて飛び起きて狼狽えてたりすると何かもっと奥深い心の闇があるんだろうなと思う。
聞いても何も教えてくれないししつこく聞くと怒り出すから今は何も聞けないが。
見捨てられない俺は共倒れかな…。

271 :なご 2007/03/18(日) 00:50:33 ID:AHMLVqlC0
お年寄りとファンシーなものの組み合わせで思い出した。

うちの祖母には、かわいがっているくまのぬいぐるみが居る。
上の弟がクレーンゲームでゲットしたネズミの国の蜂蜜熊で、蜂蜜壺を
持っているクレーンゲームの戦利品にしちゃ割とでかいやつ。

専用座布団を作り、模造パールのネックレスを飾り、赤い派手なスカーフを巻き
孫の手を持っている。
この間帰省したときに見せてもらったら赤い口紅を付けていた(フェルトかなにかでつけたっぽい)

どんどん豪華になっていく姿に、祖母の愛情を感じて和むのだけど、それだけ大事にするのは
たぶん、孫からもらった物だからって理由だろうと思うとより和む。

ちなみに、ちびくまさん(やはり上の弟がクレーンゲームとってきた)とかめこさん(下の弟が
どこぞから入手してきた亀)も居る。
やっぱりなんやかんやと手をいれてとても豪華なことになっている。

きっと、次に帰省したときはさらに豪華になっているんだろうな。

781 :名無しさん@HOME 2013/10/29(火) 19:31:38 0
がんですでに肝臓にも転移してること
抗がん剤治療で延命はできるが完治はしないと知った時が修羅場
医療費かかるし離婚も考えたけど
「大丈夫!みんな元気にやってる!」
と夫は全く変わらず
骨転移あって無理できなくて車椅子使っても
「車椅子あると便利!」と意気揚々としてる

なんでこんないい夫が私といるのか発病して半年たってもわからん

このページのトップヘ