今日の人気記事

出会い

996 :名無しさん@おーぷん 2014/12/20(土) 16:32:02 ID:PDQ
地方のターミナル駅に着こうとした頃、「ねえあんた触らないで!痴漢!」って叫ばれたことかな。
確かに間違い起こしそうなぐらい可愛い人だったけどでもやってないものはやってない。ああこれで人生も終わりかぁなんて考えてたらサラリーマンが「この人じゃない!向こうの人だ!」って指を刺した。
ちょうど駅について50代ぐらいのおっさんがダッシュで逃げて、それを3人で追いかけて、結局違う路線に乗り込む寸前で捕まえた。

その後女性と二・三回食事に行ったけど特になかった。
そんな女性が嫁・・・じゃなくて弟嫁になるので記念カキコ


28 :トイトイ ◆TJ6cWEUYOg 2015/02/18(水) 13:56:47 .net
割り込み相談すみません。
書き込みがはじめてなので要領悪かったりしたら申し訳ないです。携帯からなので、改行などおかしいかもしれません。
でも誰にも相談できずお願いします。

・相談者の年齢職業
43歳、会社経営
・嫁の年齢職業
35歳、会社経営
・婚姻期間
10年間
・子供の人数、年齢
なし
・わかってるなら間男の年齢職業
バースナックの店長で年齢は35歳
・過去の不倫の有無(夫婦共に)
なし
・現時点で決別か再構築か方針は決まってるか
決めていない

この三ヶ月嫁の様子がなんとなくおかしいと思っていた。いつもより出張が多いのが気になった。
携帯は見たがロックされていてパスワードをいくつか試したが全くわからず家の中も色々捜索したが怪しいものは何一つなかった。
そこで興信所に依頼することにした。今日報告書をもらったんだが間男はホスト風なイケメンな男だった。
この二週間で5回会っていて、2回は間男のマンションに嫁が一緒に入っていっていた。
3回は夕方二人でご飯食べて間男の職場に入っていった。
基本うちは朝食、夕食一緒に食べるのだか、その日は嫁から仕事の打ち合わせがあるからと連絡があった。

正直俺さ、嫁のことすごく愛してるし、尊敬してるし、感謝していたんだ。だからこの事実を受け入れられなくて壊れそうなんだ。
嫁を失うなんて考えたこともなかった。もう今日は仕事できないな。
俺は嫁が幸せなら離婚してあげることが唯一おれにできることだと頭ではわかっているんだが。
制裁とか慰謝料とかは考えていないから、さっき嫁に話があるから今日は早目に帰宅できないかと連絡した。
嫁は何か察知したのか「大丈夫?何かあった?今どこ?家?とりあえず今から戻るね」と連絡あった。
今日で幸せだった結婚生活は終わりなのかと思うと消えたくなる。

733 :名無しさん@おーぷん 2016/03/15(火) 01:07:25 ID:dVx
数年前、酷い失恋をしたことがきっかけになり、すっっっごく卑屈になっていた時期があった。
普段の言動は変わらなかったから、私自身も周りも全く気付かなかったけど、恋愛が絡むと驚くほど卑屈になって、好きな人の前では何も出来なくなっていた。
その時片想いをしていたのは、靴屋の店員さん。
たまたま入った靴屋さんで一目惚れして、2回目の来店時に奇妙な質問をしたことで、顔を覚えてもらえた。
以降、店員さんと話したくて通った結果、半年で8~9足くらい靴を買ったような気がする。
でも、肝心の会話はほぼ相槌しか打てず…どうしたものかとmixiのコミュニティで専スレを立てて相談することに。

親切にアドバイスを下さる方がいらっしゃる一方
「店員は仕事でやってるだけ、好意を持たれても迷惑」
「裏でネタにされて笑われてるよ」
「相手は仕事してるだけなのに、好意を持つのはおかしい」
等、心無い書き込みも少なからずあった。
グズグズ悩みながらも、月1の靴屋さん通いは続けていたところ、店員さんから
「靴、買わなくていいんで、たまに来て下さい」
と言われ、卑屈な私は
「社交辞令?遠回しに来るなって言われてる?真に受けていいの?」
と更に悩み、グズグズやっていたら、励まし&中傷メッセージが届くようになり、個別相談に切り替えて心が折れ、靴屋さん通いを止めた。

その後なんだかんだあって、靴屋さんに行き、店員さんから告白されて付き合うことになった。
付き合うことになってすぐ、なんだかんだあって、結婚することになった。交際から婚約まで1ヶ月未満。
お互い、9割以上勢いで進めていったと思う。

婚約した頃、専スレを見た人から、ちょこちょこ進捗伺いのメッセージが届くようになったので、結婚することになったと専スレに報告した。
専スレには祝福コメントが多数届いた。
一方、口汚く罵る内容はメッセージで届き、同じように卑屈になって悩んでいる人に、私のスレを紹介すると
「その相談は妄想だよ」
等と批判するレスをする人がいた。

確かに、飛躍した話だと私自身も思う。
でも、私と旦那は確かにスピード結婚をして、今も幸せに暮らしている。
他人の幸せを信じられない人が、相談コミュニティに日々張り付いて、アドバイスしてるなんて…と衝撃を受けたあの頃の私は、とても純粋だったなーと思い出しカキコ。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/05/01(日) 01:16:10
2ちゃんにはホントいろんなスレがあるんだな。

絶対に信じてもらえないというかまずドン引きされるだろうから
リアルどころか2ちゃんですらほとんど言ったことはないが

嫁は実家の近所に住んでいた、
一つ年上で中学から付き合っていた幼馴染




の浮気相手の姉
世の中何が起こるか本当によーわからん

558 :酒呑師 2017/05/02(火) 21:09:23 ID:YtemVAuvd.net
嫁の命日だったので、投下してみる。

当時
俺、24
嫁、22

当時勤めていた会社の飲み会の帰りに、寄った行きつけだたったのbarで、新人バーテンダーとして働き始めていたのが嫁。

簡単なカクテルを作れるようになった頃から、味のチェックをしてほしいとたびたび言われるようになった。

704 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/06/06(火) 00:39:53 ID:MHpckfsl0.net
へんなカキコしてしまった。申し訳ない。

初投稿なので失礼があってもご容赦を。

長文になるので、いやな方はパスして。


当時
俺 23歳会社員 たぶんフツメン
嫁 23歳公務員 かなりモテた(本人談)

その年の2月に転勤してきた。初めての土地で知人とか
誰もいないところだった。

半年たって以前退職した同期が
「近くに仕事行くから」と、俺を訪ねてきた。
「うちの会社こないか?」と引き抜きの話がでた。
魅力的な話だったので、転職を決意。

今度の転職先はここから遠く離れた都会で、引っ越しすると
この辺りには2度と来ないような気がして、10月に観光がてら
ドライブを計画。せっかくなので、知人に頼み、女の子を
誘ってもらった。

で、来たのが知人、嫁とその同僚♀。知人と同じ職場だった。
嫁の印象は「かわいい」感じで、正直この手の女子とはいままで
縁がなかったが、嫁と話が盛り上がり、帰りの車の中で他の2人が
寝ていることを確認し、思いっきって交際をお願いしたら
以外とOK。
てか付き合ってよかったのか?と夜真剣に考えてた。

そして付き合って分かったこと

1.嫁は地元の国立大学卒だったが、高卒の俺にはそのすごさが
  わからなかった。
  嫁曰く「東京の私立大ぐらいならどこでも行けたと思う」らしい。

2.気が強い。喧嘩しても一歩も引きません。

3.門限が21時だと聞かされていたので、
  箱入り娘だと思ったが、重箱入りだったこと。
  嫁が義両親に彼ができたと話をした所、俺が県外出身
  だとわかると猛反対をくらったそうな。
  「ずっと地元にいて欲しいから、高校、大学、就職と
   地元なのに、なぜ県外の男なんだ?」と

784 :おさかなくわえた名無しさん 2013/10/15(火) 17:15:31 ID:b0kfjr2V
いいなーと思ってる人を2人での食事に誘ったらすっごい美味しいお店があると言われそこに行った
確かにその店の料理はすごく美味しかったんだけど
相手は料理を一口食べるたびに仰け反ったり目頭を押さえたりテーブルに突っ伏したり両手を振り回して足をバタバタさせたり…

これが一番オススメ!ってものを頼み食べた時には背もたれに全体重を預け顔は天を仰ぎ腕をだらんとさせてしばらく一時停止
少ししてハッとさせて上体を起こし真顔で「美味過ぎてショックタヒした」と言われた時に
確かにすごく美味しい料理ばかりではあったが三十路男が何やってんだ?と色々とオーバーリアクションすぎで冷めた
ノリもテンションも高く箸が転がっても面白い中高生時代だったら何とも思わなかったのかもしれないなぁ

703 :名無しさん@HOME 2010/02/03(水) 08:53:31 0
義理兄が最近になって急に結婚相手紹介しろと催促するようになった
早稲田卒・商社マン・背高くてスポーツマンで顔も良く全て揃ってるんだけど
性格はほんっとうに最悪でどうしようもない。
実家住まいのクセに家には一銭も入れてないというし家事仕事は一切手伝わない
貯金も0で風俗通いが趣味という男。
相手に求めるものは 学歴・性格・容姿・家柄・職業・22~27までの若い女性
挙げたらキリがないほど理想が高いが本人は40過ぎの中年です。

そして結婚の真の目的というのが両親の介護と家事、あと子供が欲しいとの事。
結婚しても自分の稼いだ金は自分で使いたいらしく今までどおり家に入れる気はない
嫁の稼ぎでそして両親共々養って貰う計画らしい
この内容を全て大真面目に語ってる。
一番しつこく言ってきたのが学歴で自分と同等もしくはそれ以上でないと
会話のレベルに相手がついてこられないからダメだと何度も言われた。
もし、お見合いが失敗に終わったら結婚相談所に行くという約束で渋々快諾した。

妹の友達に一人、理想に全て当て嵌まる子が居たので
義理兄のスペックやら言い分を全て赤裸々に打ち明け(学歴の所は特に細かく)
会ってくれるかどうか聞いてみたら
「私の最終学歴と同等、もしくはそれ以上でないと会話のレベルに相手がついて
こられないだろうからお断りします」と言われた。
義理兄にこの事をそっくりそのまま伝えるとその女にあわせろだのなんだの喚いて来て
どうせバカ女で親の金で大学に~と言われたので
彼女は東大医学部卒のお医者様です。と言ったら黙り込んで放心していたw

これ以降、義理兄の性格も多少改善された気がします。

244 :名無しさん@おーぷん 2017/07/14(金) 01:10:45 ID:CjK
20歳頃に12歳上の人を好きになった。告白したけど彼女がいるってふられた。それでも諦められなくて好きでいた。
告白から何年か経っても彼は彼女と結婚しないから周りに探りを入れたら彼女はバツイチ子持ちで彼の両親が結婚に反対してるのが原因だった。
それを知って俄然やる気が出てまた彼と距離を縮めていき告白した。でもやっぱりふられた。その時に何年でも私待ってますからって言った。
彼が彼女と別れてようやくお鉢が回ってきた時私は34だった。
嬉しくて友人達に相談という名の惚気自慢をしたら大反対された。46のおっさんと付き合っても未来がないって言われた。
ずっと大好きだった人がようやく振り向いてくれたのに未来が無いなんてあり得ない。嫉妬してるんだと思った。
彼と結婚して今37で彼は49なんだけど本当に未来が無かった。
結婚したら一戸建てに住んで子供は2人って夢見てたんだけど彼名義で彼両親との二世帯住宅をずっと前に建てちゃってた。リビングキッチンお風呂は1つで名ばかりの二世帯。
子供は私も歳だけど彼の年齢考えたら作れない。1人ならって考えたこともあるけど彼の仕事は定年が早いから諦めざるをえなかった。
せめて彼と夫婦仲が良好ならもう少し幸せだったかもしれない。でも私と結婚した理由は
歳で出会いがなくなり見合いも上手くいかなかったから
若い女と結婚すれば両親が喜ぶから
だとはっきりわかる。
彼女が好きだから付き合えない。でも俺みたいな奴好きになってくれてありがとうって私をふったあの誠実な彼はどこにいったんだろ。
友人達が子育てに忙しそうにしてるのが羨ましい。
25くらいからやり直したい。そしたら絶対に彼とは結婚しない。

124 :名無しさん@おーぷん 2015/09/27(日) 16:56:56 ID:NVi
昔、某雑誌に勤務先が取材されたことがあって、広報担当だった私の写真や名前が載ったということがあった。
その雑誌が出回った一か月後、会社に「○○(私)さんが自分の昔の知人ではないかと思う。覚えがあったら連絡欲しい」
みたいな電話が来たらしい。
名前を見せられて思い出し、連絡を取った。
6歳の時遠方に引っ越して行った近所の男の子だった。

休日に会う約束をし、再会して顔を見た時はあんまりの懐かしさに涙が出た。
ハンサムな大人にはなってたけど、当時の面影は十分にあったし、自分が思ってた以上に感極まってしまって、
「会えて嬉しいよ」と泣いてしまった。それぐらい当時は仲良かった。

お互いの近況を話し、私が30歳を前に未だに独り身だというと彼は嬉しそうに笑って「自分も」と言った。
彼の方は期間限定の出向で、数か月前からこちらの方に来ているという話だった。
彼に見つめられながら「雑誌を見て嬉しくて連絡した。人生今まで色々あったけど、
君の家に引っ越しのお別れを言いに行った夜より悲しかったことはないよ」と言われ、ポーッとなった。

間もなく付き合い、お互いの家を行き来するようになった頃、私の携帯電話に無言電話があった。
向こうは一言も発しなかったけど、細くため息のような音が聞こえ、それは女性のような気がした。
会社でその話をすると、ちゃらいモテ男系の後輩男子に「それは先輩の彼氏の女ですw絶対そうw」と言われた。

彼にその電話のあった番号を見せ「変な電話があった、折り返してみようか迷ってる、あなたは何だと思う?」と試しに訊いてみると、
白状されたwww
既婚だったwwww地元に残して独り出向中だってwww子供1歳だってwwwだははははwwww

泣いて謝り倒されたり、延々とストーキングされたり色々大変だったけど、結局逃げ切って別れた。
正直未練もあったが、「君が嫌なら別れるから」の彼のセリフで、
「嫌に決まってるだろうがあああああ、何でお前のお二号に成り下がって甘んじるんじゃああああ馬鹿があ」と彼の前でキレ、
その怒りをバネに逃げ切った。

このページのトップヘ