今日の人気記事

出会い

230 :おさかなくわえた名無しさん 2013/12/13(金) 23:44:06 ID:OqvkyZh5
田舎のアパートの2階に一人暮らししてた時に
真夜中(2時過ぎ)にチャイムが鳴った。
女の一人暮らしで怖いので無視。
しかし何回も鳴るので気になって忍び足で
玄関まで行ってドアスコープ覗いたら
老婆が立っていた。
ぶつぶつ独り言で「**さん困るねぇ」と呟いてる。
ちなみにうちは**さんではない。
もしやボケ老人?保護か通報するべきか?と
悩んでいるうちに老婆は諦めたように退散。

あー怖かった。と奥の部屋に戻ったんだけど
数分後にベランダからメリメリメリ…という
大きな物が裂けるみたいな音がした。
ガラス戸開けたら、さっきの老婆がアパート横の
樹木に登って太い枝を我が家のベランダの柵に掛け
そこから身体伸ばして移ろうとしている。
笑顔で「あ、**さーん」と片手を離した途端に
また枝がすごい音を立ててしなってる。


234 :名無しさん@お腹いっぱい。 2015/11/05(木) 14:35:47 .net
嫁との出会いはゴチャッというかグシャッていうインパクトから始まりましたよ。

嫁「い、いたっ…ごめ…ごめんなさい!大丈夫…ひっ!」
俺「ゔ?べ?だでぃ…?あで?うばぐじゃべでな…」
嫁「ま、待って!喋らないで!ごめんなさい!ごめんなさい!誰か!救急車呼んでください!!」半泣きでハンカチを俺の顔に押し付ける。
俺「うべ?ば、ばっべ、ぎゅうぎゅうぢゃ?べ?じゃべでだでぃ?」
嫁「いやっ、喋らないでください!血が…血がっ!!」
俺「ぢ?ば、ばながびだでぃ…」
鼻を触ろうとしたら鼻がなかった。
俺「ば!?ばながなでぃ!?」
嫁「あぁぁぁ!!動かないで!喋らないで!!」
俺「(!、これはあれのチャンスだ)や…」
嫁「え?」
俺「やばでばびでぶっ(やませまみですっ)!」
嫁「……えっ?」
俺「ばべ?びでなでぃ?やばでばびでぶっ」
嫁「…いやっ、喋らないでって言ってるじゃないですか!」
俺「びば、びばがぢゃんずばど」
嫁「なに言ってるかわかんないけど黙ってなさいよぉぉ!!」泣きながら絶叫。

電車の座席に座りながら寝てたら嫁が足を滑らせて突っ込んできて、嫁のおでこと俺の鼻がごっつんこ。
生まれて初めて鼻骨陥没骨折とかしたよ。

113 :彼氏いない歴774年 2012/06/26(火) 08:05:35 ID:MmkuA6c0
話の流れ豚切りで・・・
この歳でネコ飼いになった
姉には小さい頃から姉用のペットがいたけど
私は「自分の世話もできない人間はペットを飼っちゃダメ」と飼わせてもらえなかった
だから、私はペットを飼っちゃダメなんだとずっと思ってた

ところが、先日、近所の公園を通り抜けようとしていた時、小学生に
「気持ち悪いネコ!」と言いながら石を投げられていたネコと遭遇
みてみたら、確かに皮膚病っぽくてかさぶたとかがあって
目のところもグチュグチュのネコだった
でも、「おいで」と言うと「あーぉ」とないて擦り寄ってきた上
私の目の前にゴロンと横になっておなかを撫でろと要求してきた
ああ、この皮膚病のせいで誰も頭を撫でてくれなくてさびしかったのか・・・と思うと
なんか親に否定され、学校でいじめられ、毎晩誰かに助けを求めて泣いてた自分と重なって
涙流しながらそのネコを一生賢明なでてしまった

んで、その後色々あって、今はその子はうちの家にいる
泣き声が「あーぉ」に聞こえるので、あおタンと名づけて
今では私以上にこの部屋の主として居座ってる

動物病院でお薬もらったので目の部分は治るみたい
でも、皮膚病は進行は止められるけど
悪くなった部分は戻らない、といわれたのと
骨盤(?)がおかしくてゆっくりしか歩けないといわれたけど
家猫として生きていくには問題ないといわれた

まあ、何だかんだで猫と同居するとはおもわなんだアラフォー喪女でした
特に生きる希望もない人生だと思ってたけど、あおタンのご飯代、稼ぐために頑張るよ!(`・ω・´)

819 :名無しさん@お腹いっぱい。 2018/01/10(水) 11:35:01 ID:mIudm9Tw0.net
今日は朝から冷えると思ったら雪降ってたよ
めったに降らない地域なのに
雪が降ると思い出すから書く

嫁との出会いは俺が大学二年の頃の年末
粉雪が降る夜だった
バイトの帰り道、ふらふら歩く嫁を発見
夜中に、しかも粉雪とはいえ雪が降ってる中傘もささずに、しかもコートとかもなんもなし
最初情けないけど幽霊かと思って本気でビビったし、できる限り見ないようにスルーして通りすぎようとした
けどよくよく見たら顔中あざだらけで、しかも口も切れてる
ちゃんと足があること確認したうえで、心配になって声をかけた
不審な出で立ちじゃなきゃお近づきになりたいと思うくらい可愛かったっていう下心があったのは否定しない
嫁は立ち止まりはしたけど、こっちを見つめるだけで返事しないし、今だから言うけど声をかけたことちょっと後悔した
とりあえず怪我してるんだし救急車呼ぶなり警察なりって言ったとこで嫁過剰反応してそれだけはって懇願してきたんだよ
それでなんともないのでってどっか行こうとする嫁に、カツ丼作れますか?って聞いたのがきっかけ
その次の日大事な試験で、ゲン担ぎにはカツ丼だろって思うけど作れないから作ってって頼んだ
24時間スーパーはあっても外食するようなとこは車で行かなきゃいけないような田舎だったから、我ながら上手い言い訳だったと思う
とにかくそのまま一人にしたらタヒぬんじゃないかって思って、でも次の日ニュースになんかなったら後味悪過ぎるって必タヒだった
それ以来うちは記念日にはカツ丼が出てくる
嫁のカツ丼を食べ続けて10数年になるが安定の美味さ
歳とってもきちんと食べきれるように健康でいたいと思うっていう年末年始の思い出話

214 :名無しさん@HOME 2011/02/05(土) 12:28:54 0
干支がヘビで星座がサソリのいかにも粘着・しつこそうな私は
そのままの性格で
中3のときに付き合ってて振られた相手を地の果てまで追っかけて
30歳のときに結婚したわ。
15年長かった。

512 :名無しさん@HOME 2013/12/03(火) 16:30:58 0
中学の時Aから告白された。
Aは客観的に見てイケメンだったし鋭角も良かったので友人としてなら「好き」だったが
私には当時はまっていた趣味が合って 趣味>>>>イケメン
だったのでそのことを伝うた上でお友達として…と要するに断った。

同じクラスのB恵はAを好きだったらしく
その取り巻きと一緒になって「どういうつもりよ!?」と責めてきた。

Aが好きなら私がOKしなくてちょうど良かったんじゃね?
それともOKしてお付き合いした方が良かったってこと?
とマジレスしたらぶちぎれられて、気の強いBに引きずられた女子集団からしかとされた。
これが一回目の修羅場。

が、趣味>>>>樹脂集団の無視
だったので問題なく卒業した。

その後私はその趣味から微妙に足を洗ったんだが、
かつての趣味仲間からの誘いでイベントに行き、そこでAに再会。
程なくAからアプローチが。

772 :名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/28(金) 18:39:53 .net
流れ読まずにカキコ

俺が17歳の時、母親から頼み事をされた
「三件隣の〇〇さんの家にゲーム好きの子がいる。むこうの親御さんから頼まれたから、今度遊びに行きなさい。アンタゲーム好きでしょ」
いやいやと、ちょっと待てと、いきなり知らない女の家でなんて遊べるかと、当然文句言った
だがまあ、もう行くって言ったからと強引に抑え込まれた

で、後日行ってみた
母親かなり美人
これは期待できると思って二階に上がると絶句
絵に描いたようなデブで髪がボサボサの引きこもり女がいた
んで俺に気付いてもポテチをパクリ
速攻で「帰ります」と言って引き返そうとしたら、相手の母親に肩を掴まれ「まあまあ」と部屋に押し込められる
とりあえず同じ部屋に座ったけど、かなりキツイ
匂いもクサいし部屋も汚い
勘弁してほしいと思ってたけど、当時人気格闘ゲームをしてた
正直それはしたかったから、全てを我慢してコントローラーを握った
女は無茶苦茶上手かった
俺フルボッコされまくり
当時の俺は自称最強のゲーマー
フルボッコされたのが悔しくて、小遣い前借で同じゲームを買い、家で特訓した
それから休日はその女に戦いを挑むようになった
その度に俺はフルボッコ
相手のコンボが凄まじい
どのキャラを使っても、そのキャラの特忄生を最大限に活かしたコンボをかまして来る
それでもそれから数か月後、俺はその女に勝つことが出来た

747 :名無しさん@お腹いっぱい。 2008/02/12(火) 23:53:14

嫁「はじめましてー」
俺「はじめまして、お父さんにお勉強を教わってます」

高校生の時の恩師の娘
妙に懐かれてよく遊んであげてたら
「大人になったらお嫁さんになってあげるー」
でも、まさかホントにお嫁さんになってくれるとは
夢にも思わなかった。俺、年上好みだったし…

当時俺16歳で、嫁6歳

9 :名無しさん@おーぷん 2017/05/14(日) 12:17:18 ID:5ea
友達の友達の友達くらいの関係に、Aカップルという幹事大好きなカップルがいる。
俺と彼女はそのAカプが幹事のパーティで知り合った。
彼女は本当は、俺と知り合ったパーティでなく別のパーティ1に出る予定だったらしい。
しかし急遽仕事が入り、代わりにBという子が行った。
Aカプの勧めで彼女は半月後のパーティ2に出席し、そこで俺と出会った。
そこまではいいんだが
最近になってパーティ1に既婚者の男が複数まぎれこんでいたと判明した。
前述のように友達の友達の友達くらいの関係の奴らが多く集まるから
知らない者同士ばかりだから、独身だと口裏合わされたらわからないんだ。
というわけで「独身だ」と偽られカップル成立し
のちに「実は既婚者だった!騙された!」となる女性が3~4人出てしまった。

Aカプは「幹事にも責任が」「いやこっちに責任はない」で割れて仲たがい、
騙された被害者女性たちは弁護士を頼むとか何とかで
しかも被害者の内一人が、彼女の代わりに行ったB。
Bは初彼だったそうで、既婚者とわかってからも「妻とうまくいってない、離婚する」と言われ
ズルズル付き合っていたから裁判になっても勝てる見込みはないらしい。
既婚とわかってすぐ別れ→訴訟なら勝てたらしいんだが。
彼女は責任を感じてしまい落ち込んでる。
俺は彼女のせいじゃないと思うんだが、実際Bは彼女を恨んでるらしく
難しい事態になってしまっている。

このページのトップヘ