今日の人気記事

予想外

794: 名無しさん@おーぷん 2016/12/30(金)09:03:02 ID:xxI
OL時代の同期の女性Aにこの間COされた。
ふたりとも既婚子梨。40代後半。
Aは専業主婦、私はOL時代と同じ会社で働いている。
他にも同期で今でも仲良くしてる人は何人かいるが
Aは悪い意味で子梨同士じゃないと付き合いができないタイプ。
なので同期と付き合いが残ってるのは私だけだった。
年に1度会うぐらいだから元同僚以上友達未満って感じか?
正直、COされてホッとしている。

そうなった流れと言うのは、ある時Aから離婚の相談を受けたことから。
Aは「この年で離婚なんて考えたこともなかった」そうだ。
でも突然旦那さんから別れたいと言われたらしい。
好きな人が出来たとかそういう事ではなく、
結婚生活の意味を見いだせないとかナントカ言われたらしく
「意味わかんない」って怒ってる。
でも私は何となくわかるような気がした。
何となく、だけどね。
よく子梨が専業でいることを叩く人がいるけど
私は夫婦がそれでいいなら全然いいと思うし
私が働いてるのも子梨とか関係なくて
寧ろ専業でいるより働いてる方が私自身が色んな意味で楽だから。
それに不妊治療に沢山お金使っちゃったから、
諦めた今は頑張って貯めなきゃってのも大きい。
Aは昔から専業への憧れがあった人で
結婚する時もそれを条件に出したほどだった。
旦那さんもそれを受け入れて結婚したようだが状況が変わることも当然ある。
旦那さん、有名なメーカー勤務だったけど買収されて収入も激減。
同時に父親が亡くなり、母親が要介護状態に。(この辺フェイクあり)
結婚生活に限らないことだけど、
あれも嫌だこれも嫌だ何が何でも嫌だで済まないこともある。
あれは嫌だけど、その変わりこれは諦めて受け入れる、とか
折り合いって大事だと思うんだ。

姑の介護は嫌だ、仕送りも嫌だ、でも専業でいたい。
パートなんて無理、約束は守れ。
生活費足りない、もっと残業しろ。
私に言わせりゃ、子供いなくてこれで離婚考えない旦那の方がどうかしてる。
「離婚回避させるいいアイディアない?」って聞かれたから
「仕事探した方がいいと思う」って言った。
「そうじゃなくて新婚の頃のように戻りたいの!」
「何言ってんの?私らもうすぐ50だよ?」
「だから今更離婚なんて困る!」
「困るならやるべきことは今までにも色々あったんじゃないの?」
年一回の呼び出しランチ、それぐらいならと思ってこれまで付き合ってきたけど
「あんたなら私の気持ち分かってくれると思ったのに!」
って捨て台詞の末COされて、まぁこれで良かったと思う。


84: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/02/19(日) 11:02:29.18 ID:oQRLwI3y0.net
職場で、二人組で外回りの仕事をしてた女性社員が上司から 
「昨日、社用車に鍵かけずに帰ってたでしょ、ちゃんと鍵かけないと資料も積みっぱなしだったよ」 
と普通に注意されただけなのに、「なんで私だけ怒られなきゃいけないんですか!! 
もう一人にも言ってください!!私のせいじゃない!!」と突然キレてそのまま帰宅してしまった

キレて帰るのはこれで3回目
入社してまだ半年
周りはドン引き、完全に距離置かれてる
月曜日からどんな顔して出社してくるんだろう

543: 1/2 2014/07/27(日) 16:13:08.26
つまらない話かも知れないけど。 
彼女には3歳上の兄がいて、もう一人の父親のように兄にも親にも大切にされていたらしい。 
義兄はいわゆるオタクだったが、それ以上に多趣味の人で趣味と言われるものは大体こなしてしまう人物。 
彼女との出会ってからも幾度となく話に上がってきて、面白い人物だったから自分としてもあってみたいと思った。 
が、その時すでに義兄は大学のある別の県に一人暮らししていた。 

陸上部だった俺とは部員とマネージャーの立場で清く正しくお付き合いさせてもらってました。 
そして同じ大学へ行き、卒業と同時に結婚しようと彼女の実家に相談に行ったが、義兄は地元で就職しており実家にいて、そこで義兄とは初の顔合わせだった。 
逆にお義父さんはその時単身赴任でいなくて、義母&義兄|机|彼女&自分みたいに座っていた。 

で、お義兄さん相手っていうのが締まらないけど「彼女さんとの結婚を認めてください!」ってはっきり言った。 
そしたら義兄が一言「うん。ダメ」と。そして、机の下からチェス盤・将棋盤・囲碁盤を取り出して、「この中からどれか一つで、一勝でもできたら認めてあげるよ」と満面の笑みで言われた。 
中学の頃に友達とやったことがある将棋で挑むとボロ負け。 
パソコンのゲームでやってたチェスはまるで勝てない。 
基礎知識だけの囲碁で挑んだら盤面が埋まる以前に負けが見えた。

325: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/07(火) 21:05:15.77 ID:39KE6g29
祖母の遺品がとんでもなかった時。 
生前は祖母が誰にも開けさせなかった箪笥を遺品整理で開けると、巨大なダイヤの指輪、純金の塊みたいなネックレス、 
その他「叶姉妹が着けるの?」みたいな鑑定書付き宝飾品や着物や骨董品がわんさか。 
試しに現金換算したら本当にとんでもない金額になった。一品で七桁の品もあった。 

昔はお金持ちだったと聞いた事はあり、何があったのか「現金は信用なりませんよ」とも言ってた事はあったが、 
生前の祖母は質素な生活ぶりで、そんな物を持っているとは誰も思っていなかった。 
その遺品自体も衝撃だったが、箪笥からは遺書も見つかり、 
「次男夫婦とその孫(我が家)に全て譲る事。長女次女と長男三男、その他の親戚や兄弟には一切譲らない」 
と書いてあって、元々我が家以外が祖母の介護を放棄した時から多少歪んだ親戚一同の関係が 
一気に完全崩壊していった事の方が衝撃的だった。

446: おさかなくわえた名無しさん 2016/06/25(土) 19:23:48.80 ID:bBT7w0z0
もう数年前の話でプチプチだけど衝撃的だった。 
血液型の話が入ってるので
嫌な人はスルーでお願いします。

血液型性格診断が流行ってた当時、
知人から合コンのお誘いがあった。 
本当はその知人が幹事となる筈だったけれど、
彼氏ができたらしく私の友人にバトンタッチ。 
男性側の幹事もそれを承知。 

突然のバトンタッチで直接の知り合いではないから
居酒屋に集合してすぐ自己紹介になったんだが 
突然男性側のリーダー?っぽい男が
「何型?」と聞いてきた。
 
自己紹介すらしてないのになんだ?と戸惑っていると
男が「俺、Aね。B型のクソ女嫌いだから」と。 

笑えることにその時見事にB型しかいなかったこちら側。 
血液型診断知ってたし、
嫌いな人は嫌いだろうから申し訳ない気持ちで 
「ごめんね、B型しかいないんだ」
って答えたらその男がガチギレ。 

B型の女はクソ、生きる価値無し、
社会のゴミ、迷惑でしかない、気持ち悪い、などなど。 
ビックリするぐらい罵倒された。 

初対面の会話もしてない人に
そこまで言われると腹が立ったけど、
知人の顔潰すのも嫌で、なんとか宥めようと
冗談にしようとしてみたり
謝ったりだんまりしてみたりしたけどダメ。 
他の男性も止めようとはしてくれたけど
その男に睨まれるとダメだった。 

仕方がないのでその男の興奮が落ち着くのを待って、
無理矢理話題を変えたら
途中から無言でひたすら睨まれた。 
隣の席の人達がこっち見ながらヒソヒソしてて、
それがB型の私たちになのか、
怒鳴ってた男性へなのかも分からず
恥ずかしかったのも覚えてる。 

なんとか二時間耐えて居酒屋出た後、
その男がカラオケに行こうと言ってきたのが
一番衝撃だった。 
行かないというと
これだからB型女はってまた始まったから逃げたよ…。 

その後幹事から連絡があってめちゃめちゃ謝られたから、
ついでに彼は過去にB型の女性に何かされたの?
と聞いたら特にそんな話はないらしく、 
本当に血液型の性格診断を信じ切ってるだけと言われて
それにも驚いた。

435: おさかなくわえた名無しさん 2017/02/26(日) 01:20:09.52 ID:v6RKWnNF
鬼女の皆さんに質問させていただきたいです。 
30歳の結婚を控えた女ですが、未来の義弟嫁とのことで悩んでいます。 
文章が下手なので過剰書きになるのですが お願いします。 

・私 30女 /旦那予定(婚約中 以後旦那 30)/
旦那弟(婚約中以後義弟28)/義弟婚約者(以後義弟嫁28)の間でモメてます 

・私たちと義弟たちは同じくらいの時期から付き合っていた 
・私たちが入籍を今年5月、挙式を12月にするこになった 一カ月前に両家族に報告 
・義母や義父には賛成してもらった 
・この時点で義弟カップルの存在は知っていたけど会ったことがなかった 
・この義弟カップルは4月入籍10月挙式を決めていて式場は昨年から予約済み 
・義弟たち(主に義弟嫁)が挙式の感覚が二ヵ月
というのは狭いのではないかと言いだしたらしい 
・理由は旦那側親族で飛行機の距離のゲストが多いため 
・義母たちも言われてみれば…という感じになっている 
・義弟嫁は式場予約の前に、義弟から夫に結婚の予定や挙式の予定を確認したらしい 
・その時まだ結婚を考えてなかった旦那は先にやってと気軽に言ったらしい。私には相談なし 
・義母にも義弟嫁から「お兄さんたちより先でも大丈夫ですか?」と確認し、
義母もオッケー出したらしい 
・私は義弟たちのことはつい最近聞いたけど、今のままの日程でいいと思っている 
・義弟たちが、私たちが本気で12月に式を上げると知って、
自分たちの結婚をキャンセルして来年秋にすると言い出し、もめている

535: 愛とタヒの名無しさん 2011/02/09(水) 08:25:08
先日出席した友人(新婦)の結婚式 

ブーケトスの際、集まったほとんどの人が 
「まぁ、遊びだしね」 
「実はめんどくさい」 
と小声で言いながら苦笑している中、貰う気満々の女性がいた 
いざ、ブーケが投げられると、きゃ〜と言いながらみんなが手を引っ込めたり、さりげなく隣にパスしたりしているうちにブーケは見物に来ていた女の子の手に 
「すごい!今度お嫁さんになるよ」 
と私が言うと女の子は嬉しそうに飛び跳ねた 
すると貰う気満々だった女性がその子からブーケを奪い取った

嫌がるその子の手を無理矢理開かせての行為に、新婦も飛んで来てみんなで止めたが女性は鼻息荒く 
「私が結婚しちゃいけないの!?」 
その言葉に場が一気に白けた 

一人ブーケを手に女性が戻った先は新郎親戚の席 
が、「こっち来るな」「何て見苦しいことすんの!」と座っていた人たちから怒られ、女性の反論する声が全部丸聞こえ 

覚えているのはそれだけな結婚式だった  

55: スペースNo.な-74 2009/08/04(火) 15:08:11
んじゃ実話をひとつ 

昼間普段の買い物道を、買い物帰りに歩いていたらダンボールが道端に 

   かわいがってください、さびしいと夜啼きます

と過去に張り紙、定番の捨て猫かと思いつつ 


箱を開けてみると 

籠の上にタオルがひいてあってその上に 

   たわしが二つ・・・・・ 

怖いだろ、マジデ実話なんだ 
No.18731 | 2008-11-12 15:44 名無しのコピペ ◆Y.kXjP.U URL 編集

949: 名無しの心子知らず 2013/05/17(金) 12:59:38.09 ID:MCfm7xeh
埋めがてら… 
厳密には託児ではないかもしれないけど、近所の放置子に懐かれてしまった事があった 

息子の園の子ではないんだけど、近所に住んでて、公園など色んな所でよく会う。 
虐待されてる感じは無いけど、目脂や鼻、よだれが凄くて痩せてる。 
親御さんは共働きで上に姉兄もいて、全然構ってもらってないんだそうだ。 
(一応親御さんと話した事はあって、そんなに非常識な感じではなかった。) 

悪い子ではなかったので気の毒でつい相手してあげてた。
家にあげても暴れたりは無くて、勿論盗んだりもしなくて、うちの子と仲良く遊んでた。だから良いかな、って思ってた。 

そしたら、私に凄く粘着するようになってしまった。
抱っこやなでなで、ちゅーをせがむ。 
息子と遊んでると割り込んできて抱きつく。
しまいにはおっぱい、おっぱいと言い始めた。 

もうすぐ小学生だからおっぱいは無しね、と言うんだけどとにかく私にしがみつく。 
うちには赤ちゃんもいたんだけど、おっぱいをあげていたらサッと入り込んできてもう片方をくわえた。びっくりして止めなさい!って怒鳴って引き離したんだけど、泣きながら胸に顔を埋めてきて、ママーママーっていう。 

これはもうまずいな、と思ってそれ以来少しづつ距離をおくようにした。 
そうしたら息子の幼稚園にやってきて、息子の友達だ、と言って上がり込んでしまった。 
園の先生方と話し合って、その子の家に行って親御さんに話す事にした。 
息子とその子、赤ちゃんと園の先生と私の5人で、夕方頃にその子のアパートに行った。


850: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/12/23(水) 01:35:28.94 ID:/0qcwP7T.net
エピローグ 

ワテは現在の所は戸籍上まだ独身ではあるが 
はなえさんはワテのマンションに暮らしてはる 
ハナエさんに黙って単身で高輪台の家に乗り込んだら、オッサンが1人出てきて 

ここは親族親戚が集まる時の家で、住まいとは違うと言われた時は腰が砕けたりもした 

あの怪物ハナエパパとワテが対峙し 

脳味噌がオーバーヒートしそうになる 言葉のやり取りは見ものだけど、もうしたくない 
ワテは仕事もマンションも全部売ったら 
海外で慎ましやかに二人で暮らせるから 
お父様の力の及ばない所にで一生居ようとハナエさんに伝えた 
この子やっぱり姫なんやわ 大人しいけど血なんだろうね 
普段見せない目でしっかりとワテを見て 

最後にお電話でお別れ申しあげてからハナエは 
ずっと、その言葉をお待ち申し上げておりました 

って、言われた時にもワテは足が震えた 
ハナエママの取り成しもあり、認められてはいないが勝手に二人で暮らしている状態やね 

これから 
どうなるかは分からないし 
ハナエさんの目を盗んでは風/*行くクズやし 

でもまぁ 頑張って幸せにするよ

このページのトップヘ