今日の人気記事

予想外

209: 恋人は名無しさん 2013/11/07 12:43:51 ID:VTPmFMF7i
昨夜のこと。
最近少し頻繁に遊んだ高校時代の同級生から、「今夜やや立派なお宅に夕食に呼ばれた。お友達もって言われたから来て欲しいな」と誘われた。
田舎者貧乏公務員の娘なのでハイソな人たちはホームパーティーとか普通にするんやなぁ~などと呆けた事を考えつつ了承した。

近くのコンビニで合流するはずだったのに、着いてから連絡すると、「先にお宅に来ちゃったからあなたもきて」とだけ言われてブチっと切られた。
仕方がないので教えられていたお宅の前まで行くと、素敵なお屋敷の前にフリフリエプロンのアニメばりに可愛い女性がキョロキョロ→あっ!って声かけてきた。
「○○さん?△△さんがもうすぐって言ってたからわからないといけないと思って♪」
と満面の笑み。
お呼ばれされたことにお礼を言いながらお宅…というかお屋敷に案内された。



17: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/03 13:57:07 ID:Y5JN1esk
ウチの36歳の旦那がワカメと昆布が同じものだと思っていたこと。
Wikiによると厳密に言えば同じものらしいが…
びっくりして思わずワカメと昆布水で戻して比べさせて、違いを確認させた。
そういえばくしゃみと咳も区別つかないみたいなこと言ってたな…


719: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/21 11:47:10 ID:iOLUK+oT
母は23で結婚し、25で私を産んだ。27で父が心臓発作で突然死した。
父方の祖父母から母は責められ、殺人を疑われ司法解剖まですすめられた。(もちろん病死だった)
失意のなか母は幼い私を連れて実家に戻り、衰弱して2年ほど療養した。私はその間母方の祖父母に育てられた。
小学校に上がる直前に、母は再婚し養父と3人で暮らし始めた。
養父はとても優しく、養父方の祖父母も、その後産まれた弟とも分け隔てなく可愛がってくれていたので、実の父親について気にせずのほほんとしてた。
結婚式の直前、実の父親の写真と共に事の顛末を教えてもらい、当時まだ今の私より若い母の身に起きた出来事にびっくりしたよ。
いきなり6才の父親になる決意をした当時27才の養父(初婚)もすごいと思う。
本当に色んな人に助けられて私の今があるんだな、と感謝しています。


696: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/20 18:25:20 ID:hLXrONsS
姉の結婚披露宴で新郎友人Aが素っ裸になる。
新郎友人Aと新郎は盛り上がってるが周囲はドン引き及び悲鳴。
良識派の新郎友人Bたちが注意するも うるせェ、うぜぇと言う始末。
その場で1番体がデカかった俺(185cm/85kgの坊主頭)に白羽の矢。素っ裸の馬鹿を取り押さえ、引きずって式場の外へ。服を着せて椅子に座らせて良識派新郎友人Bとお説教。俺の中では別に大したことないけど俺より多分、その後の二次会とか友人関係最悪だったと思う。


350: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/15 21:40:45 ID:em/EYHa5
私の昨日の出来事。 
旦那は夜勤で深夜2時に帰って食事をするというのが前提。

深夜1時、帰る旦那の為にぶり大根を作ってた時のこと。
臭み抜きをするために、ぐらぐら沸騰した片手鍋にブリを入れ、更に沸騰させた。
がっちり沸騰したところでザルに揚げようとしたら、何故かコンロ真上の天袋から鍋が落ちてきて、取手にクリーンヒット。
片手鍋は物凄いキレイに回転しながら沸騰した中身をキッチンにぶちまけた。

泡立ちながら飛び散る湯とブリのスローモーション…
咄嗟に身を引いたけど、二の腕に熱湯が掛かり、慌てて服を脱いで火を止め風呂場へ飛び込んだ。
そのまま十数分シャワーで冷やして、泣きながら旦那にメールして、落ちたブリを集めた。

救急病院へ連れて行ってもらいました…
今はがっちり包帯が巻かれていますorz


938: 名無しさん@HOME 2013/11/13 02:02:13
昨日の朝のこと。
雪が積もるとの予報だったので、しまってあった夫の冬用の通勤靴を出して置いた。
右足をはいたところで「アギャッッ?!!」と叫んで後ろに仰け反る夫。
勢い余ってひっくり返った夫の膝が、玄関まで見送りにきた私の鼻にクリーンヒット!
妻がボッタボタ鼻血を出している状況&右足で干からびたGの死骸を踏んづけてしまった夫の修羅場。

鼻血は寒かったこともありすぐ止まりました。

Gを踏んづけてしまった夫は靴下を変えるべく一旦部屋に戻り、私はGの後片付け。
まさか左足にも入ってるわけないよね~と、左足の靴を逆さまにしたら弱った特大Gが転がり落ちてきたのが一番驚いた。


566: 名無しさん@HOME 2013/11/10 00:41:42
当時、夫、私、首も座ってない娘の3人家族

ある日、夫がベロンベロンに酔って帰ってきた
お酒に弱いことは夫自身重々承知していたが、付き合い上飲まない訳にはいかず
飲んできた日はお風呂にも入らずそのまま爆睡することが普通だった
その日もそのまま娘が既に寝ている寝室(座敷、3人とも布団)に直行
私はまだ家事が残っていたので、それから1時間以上たった後に寝室に行った

電気が消えている寝室でうっすら見える夫の寝姿がどうもおかしい
布団に直角になって寝ていると思ったときある事実に気づき、真夜中に悲鳴をあげてしまった

夫は娘のお腹を枕にして爆睡してました

とっさに夫の腹を思いっきり蹴り上げ、悶絶している隙に娘を救出
震える手でちゃんと呼吸しているかどうかを確認
娘はちゃんと息をしていつも通りにスヤスヤ寝てました
息をしていると分かった瞬間どっと涙が溢れ出てくるのと同時に
腹を蹴られて悶絶した格好のまま、また寝始めてしまった夫に対しての怒りがふつふつと湧き上がる
とりあえずその日はそのまま娘と共に部屋の隅で就寝
次の日、夫をギチギチに締め上げ、義父母(孫フィーバー中)にも報告
共働きで平日昼は近距離に住んでいる義実家に娘を預けに行っていたので
半年ほど義父母に冷たい扱いを受けていました

もちろん事件のあった週の休みの日に、当時まだ珍しく高級品扱いだったベビーベッドを
夫の貯金から全額ださせて購入したのは言うまでもない


376: 名無しさん@HOME 2013/11/06 21:15:38
初婚→離婚の話。(今は再婚している)

結婚2年目までうちには車が一台しかなかったんだけど
元旦那が異動して車通勤になったのを機に
私も自分の車を購入することにした。
ちなみに購入資金は自分の独身時代の貯金から。
軽自動車だからそう高い車でもないんだけど、
自分専用の車ってことで沢山カタログを取り寄せて
うんと吟味して決めた。
ところが納車の2日前に軽トラに撥ねられるというアクシデント発生。
しばらくベッドの上で動けなくて納車のことはすっかり忘れてたけど
ある時ふいに思い出して、元旦那に私の車どうなった?って聞いた。
そしたら近所に住んでる義姉が乗ってると言う。


このページのトップヘ