今日の人気記事

ラブラブ

140: 名無しさんといつまでも一緒 2008/08/25(月) 18:40:04 0

まぁ、驚いたことがあったので投下。
前の話がかなり濃いので大した話じゃないかも。
日曜日に間嫁さんとデート(両者離婚済み)してたら、
後ろの信号待ちの軽自動車から元嫁が降りてきて
俺の車の窓を叩き始めた。

始めて聞いたよ、元嫁「この泥棒猫!!」。w
路上であんまり恥ずかしかったし、
他の車の迷惑になるので近くの俺の家に移動して話し合い。

(実はシミュレート済みでもしそうなったら
バカップルモードで対応することにしてた。)
元嫁「なんで? どうして?」
俺「付き合ってるから(にこにこ)」
間嫁「私たち独身だからあなたに関係ないでしょ?
私たちもうすぐ再婚するの♪ねー♪○○君♪」
元嫁「復縁の話は?」
俺「「慰謝料払い終わって、許せてたら」って言ったろ?
未だに許すつもりは無いし、好きな人できたから♪」
元嫁「嘘つきーーー!!(号泣)」
間嫁「○○君は私が幸せにしてあげるから安心して♪
絶対に浮気なんてしないから♪」
俺「って、訳だ。」
元嫁「こんな女のどこがいいのよ!」
俺「かわいい所、やさしい所、真面目な所、
金銭感覚がしっかりしてる所、誠実な所、全部。ねっ!□□ちゃん♪」
(元嫁は浪費気味、かわいいというより美人でプライドが高い)
間嫁「やだぁ♪○○君ったら♪私もあ・い・し・て・る♪きゃっ♪」
以下、略。
元嫁、泣きながら飛び出して帰っていきました。


351: 愛と死の名無しさん 2010/08/19(木) 17:56:18
 
しばらく2ちゃんしてなかったので、亀になって申し訳ないんだけど、
私も結婚式を真似された 

しかも弟の嫁に 


もともと、私と旦那の結婚が正式に決まった直後に弟から
「彼女からいつプロポーズしてくれるのって催促されてるんだけど…」と相談を受けて
「まだ1年ちょいだし、もうちょっと後でもいいんじゃないの?」なんて話をしたんだけど、
私と彼が結婚式の相談だの、親同士の顔合わせだの、
新居の相談だの家具をみにいったりだのしてるのを
弟を通じて聞いてイラだったのか「今結婚しないなら別れる」とキレだして、
仕方なく弟がプロポーズしたらしい。

で、私たちが5月の半ば結婚なのに対して弟たちはまるまる1年後の結婚となった。

正式な婚約者ということもあり、私たちの式にも急遽彼女が呼んだんだけど、
その後、弟の結婚式に参加してびっくり。
まるっきり私たちの結婚式のコピーだった。
装花からテーブルクロスから料理、さらに余興まで。

私たちの両親はどちらも正式な式をしていないので、せめて…という気持ちがあって
自分たちのケーキカットの代わりに両親二組にケーキカットをしてもらったんだけど
驚いたことに弟の結婚式もまるっきり同じ演出があった(彼女の親は式を挙げてるのに)
ドレスも私は購入したんだけど(買った方が安かったので)、安いからと紹介してあげたのが悪かったのか
まったく同じデザインで同じ色のドレスで、正直言うと気持ち悪かった。
旦那も「ちょっとなぁ…」と気持ち悪がってた。
ドレスだけじゃなく髪型まで同じで、後から聞いた話によると、私の披露宴の時の写真をもっていって
「この髪型にしたい」といい、そのために髪を伸ばした、とか…
ただ、義妹のほうが痩せてるし可愛いし若いから、できばえは全然違うんだけどさ…orz

義妹は男兄弟のなかで育ったので、お姉ちゃんが出来て嬉しいと懐いてくれてはいるんだけど
なんかちょっと怖いなぁ…と思う今日この頃。

ちなみに弟夫婦が住んでる家は我家から1駅隣で、一度家に遊びにいったら
みたことあるような家具が並んでいた…どこで見つけたのか知らんけど、ちょっと鳥肌がたって
現在は軽く連絡を断っている。

 

702: 名無しさん@HOME 2014/03/23(日) 00:34:12.89 0
嫁が記憶喪失になった時がヤバかったな
目の前で母親が車に跳ね飛ばされて即タヒしてな
脳脱だったらしい
それから嫁発狂→気絶
母親と嫁はまるで姉妹みたいに仲が良かったから、精神的に相当なダメージ受けたんだろうな
慌てて病院に行くと、嫁から「誰ですか?」って言われた


97: 1/3 2013/12/28(土) 08:49:51.46 0
文章力が乏しいもので夫との関係が伝え切れないと思いますが
新たな気持ちで新年を迎え再スタートしようと思っていますので
流れも読まずスレ違いかも知れませんが書かせて頂きます。

夫 33歳 会社員
私 32歳 主婦
子無し 結婚5年目

職場関係の親睦会で取引先の社員で出席していて夫と知り合いました。
話していて異性とは違う意味のとても気の会う人だなと思い
メールのやりとりを始めやがて頻繁に会うようになりました。
恋愛感情は無く異性の親しい友人と言ったほうが良い関係で
本当に一緒に遊びに行っている感覚しかなく
信じ難いでしょうが旅行でお泊りしても本当に泊まるだけでした。

職場の同僚や友人からは順調に付き合いが進んでいると思われており
やがてお互いの両親の知るところとなり会ってみたいと言い出し
私も節目の歳が見えてきたし大切な人であることには違い無いと
夫も私も流されるようにその気になり結婚

順調に夫婦生活と言うより共同生活を送っていたのですが
ある日新居に引越し以来部屋の片隅に積みっ放しで
何度言っても片付けなかった面倒くさがりな夫の荷物を
平日の昼間に愚痴りながら片付けていましたところ
雑貨に混ざって電池の切れた古い携帯電話が出て来ました。
好奇心に負けて悪いなと思いつつ充電して見てしまいました。


462: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/24(土) 01:56:07.06
オレは男子校だったし仕事勤めをし始めても風○も行った事無かったから完全な
ドーテー。新卒で入社した仕事を1年で辞めて、新たに中途で採用された職場が女性無しの
所だったから、隣の部の女性と会話する時は結構勇気がいった。
それまでも何回か先輩が紹介してくれた娘と一緒に飲みとか行ったけど
オレの押しが弱いため、せっかく向こうが好意をもってくれてるのになかなかうまく行かずに
自然消滅してた。
それから2年が過ぎ21才の時に、職場の飲み会で男だけだとあれだってんで、
上司が寮に居る娘を何人か連れて来てくれた。
今まで顔だけ知ってる仲とはいえ、20代半ばの先輩の女性2人とそこそこ会話もして仲良くなり、
もうすぐお開きって時に、その中で一番年下の娘(今のカミサン)が寮の門限が過ぎてしまうのもあってか
「どこか連れてってくれませんか?」と言ってきた。
実際、あまり話してないしそんな展開になる予想もしてなかったし、驚いたけど、その時は素直に嬉しかったな~。
一緒に来てた残りの寮の女性たちは、別で帰宅するらしくどうするのかなーと
内心思ってはいたけど、酒が弱くて実はシラフであったオレは彼女と一緒に車でその場を
後にした。


527: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/01/08(木) 12:24:18.42 ID:FJPhXP+5.net
※出てくる名前は全て仮名です 
38歳の優しくて真面目で高収入の男性と付き合ってた、私も周りもなぜ彼がこの年まで独身なのか不思議に思うような人だった 
私が友達の家に遊びに行った帰りに普段は行かないスーパーへ寄ったら、女性と腕を組んで買い物する彼(後ろ姿)を発見
女性「ねぇ~たっくん、今夜は何食べたぁ~い?」
彼「マリたんのご飯はなんでも美味しいから任せるよ~」
言葉の全てにハートマークだらけって感じの会話にぶちギレそうになったけど、人違いかもしれないと思い、二人の正面へ回り込んだら女性は彼のお母さんだった

私を見て狼狽える彼の腕に絡み付き、
「あ~見られちゃったね~たっくん、ふふふ~」
と笑うお母さんの勝ち誇った顔はとてつもなくホラーだった…
家にお邪魔したときは「お母さん」「たくや」と呼び合う普通の親子に見えたんだけどなぁ、結婚できない理由もよくわかった


347: 名無しさん@おーぷん 2014/11/02(日)15:06:23 ID:BsuKPAhFe

両親と俺と妹の4人で
テレビ見ながら食事してたら
急に父が


「そういえば・・・ほれ、あれ・・・」
と言い、
母が「木曜日の9時」と答え
父が「さんきゅ」と答えて終了した時が衝撃だった。

父は散髪の予約入れたのが
いつだっけ?と思い出そうとして、
母がそれに答えたってことだったらしいのだが、
夫婦ってすげえと思った。

その少しあと母と一緒にリビングにいたら
父が入ってきて
サイドボードの一番上の引き出しをあけて
ゴソゴソしてたら
母が「電話台の引き出し!」と言い、
父が電話台の引き出しから爪切りを出して切りだした。

おまいらはエスパーか。

739: 名無しさん@HOME 2013/07/20(土) 09:44:48.00 0

旦那→全くアルコールを受け付けない体質。ビール一口でも顔真っ赤になり、気持ち悪くなる。 
もちろん、義両親もお酒は飲めないので息子の体質を承知済み。 
私→普通~やや強めのお酒はいける口。 

義実家で誰も飲まないが貰ったビールセットを家に送ってきた。 
もちろん、消費するのは私だけ。 
義実家でトメにビールのお礼を伝えた際に、トメから「息子(旦那)も飲んだのか?」と聞かれた。 
旦那は「自分は飲めないから、嫁が全部飲んでくれて助かった」と伝えた。
義実家を出る際に、また頂きものでビール貰ったのでお願い。と手土産に缶ビールを大量に持たされた。
なんとなく違和感があり、缶の裏を見たら1本1本に【嫁子】【息子】と名前がマジックで書かれてあった。
すかさず旦那が、どういう意味かトメに問い質したところ
「だって~嫁ちゃんが息子ちゃんの分まで飲んじゃうんだもん。嫁子は
アルコール中毒のようで不安で~」だと。
立派な嫌がらせだ。イヤゲモノと判断。
旦那も「俺、酒受け付けないの知ってるよね?お袋ボケた?そういう嫌がらせなら要らないから」とビールを義実家に置いて帰ってきた。
そんな意味じゃ!って喚いてたけど、これで疎遠に出来る!バンザイ!


307: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/01/09(日) 03:40:57

五年前のある日、ある病院から火災発生の通報を受けた。
湿度が低い日だったせいか現場に着いてみると既に燃え広がっていた。
救助のため中に入ると一階はまだ何とか形を保っていたので
そこを同僚に任せて先輩と二人で階段を上った。

二階は見渡す限り火の海になっており、煙が廊下を覆っていた。
先輩は西病棟を、俺は東病棟の病室を回り要救助者を探した。
出火場所は二階のようでフラッシュオーバーの可能性も考えられたので
時間との戦いだった。

東病棟を回っていくと一番奥の病室にだけ女性が一人いた。
声をかけたが気を失っていて反応がなく危険な状態だったため、
急いで抱きかかえて救助した。

数日後、俺は不意にあの女性がどうしているのかが気になり、
病院に連絡をとってお見舞いに行くことにした。
看護師に連れられて病室へ行くと彼女はベッドの上で会釈した。
改めて会ってみるととても可愛らしい人だった。
「お体は大丈夫ですか?」と聞いたが彼女は首を傾げるだけだった。

看護師が少し困ったような顔をしながら紙に何かを書いて渡すと
彼女は笑顔になって、「ありがとうございました。大丈夫です!」
と書いて俺に見せた。
彼女はろうあ者だった。

しばらく二人きりで筆談し、趣味のことや小さいころのことなど
色々なことを話した。
耳が聞こえないということを感じさせないくらい前向きな人で
本当に楽しいひと時を過ごすことができた。
彼女は「もしよかったらまた来てくださいますか?」
と少し心配そうに聞いてきたので「では、またお邪魔します。」
と答えて病室を後にした。

彼女と話すために手話を勉強し始めたり、好物のお菓子を持っていったり…
そんな関係が続いて二ヶ月ほど経った非番の日。
俺はやっとどうしようもなく彼女に惹かれていることに気づいた。
彼女のことを考えない時がない。
俺はこの気持ちを告白することを決意した。

175: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/01/02(土) 02:12:20

年末に嫁と温泉旅行に行ってきた。正月は俺が3日から仕事でゆっくりできないので。

いろいろあって贅沢ができることになったので、

各部屋に専用の内風呂と露天風呂がついてる高いところに泊まった。
嫁はおとなしいかわりに上品というか恥じらいを忘れないところがあって、そこが大好きなんだけど
こっちの思惑通り、少し照れた顔をしながら隠す部分を隠しつつ、内風呂から露天風呂へとドアを開けた。

ところがご存知の通り大寒波が来て、露天風呂の周囲は真っ白な雪景色。
風が骨まで凍るような寒さで、しずしずと歩いていた嫁は2秒くらいで我慢できなくなったらしい。
突然「ひゃああああ」と奇声をあげて、いつもの物腰をかなぐり捨てて全裸で全力ダッシュして
露天の湯船にざっぱああんと飛び込んだ。

意図したわけではないが、ああいう嫁のマヌケな姿を間近で見て笑いあえるのは夫の特権だわなw
やっぱり嫁がいると人生楽しいな。

このページのトップヘ