今日の人気記事

浮気・不倫

75 :名無しさんといつまでも一緒 2015/08/05(水) 14:45:31 0.net
過去(一回り近く昔)に妻に浮気がバレ、
再構築してた者です。
(うまく行ってたと思います)
10年経過しようやく妻のフラバも殆ど無くなった所だったのですが、
2ちゃんの浮気スレをブックマークしてるのを妻に見られました。
「へぇ~、みんな慰謝料もらってるんだね!」
と言われ、当時のウチのケースだと慰謝料どんなものか聞かれ、
私、独女それぞれに100万ぐらいかな?
と答えた。
既に私は口座から何から、全て妻に任せてあり、自分の貯金がいくらあるかも知りません。
とりあえず、慰謝料として私の貯金から150万を取っておくね!と。
たいした稼ぎでもなく、子ども達の進学関係で入り用も多い中、
生活費とは別に私の貯金も150万以上してくれていた事に驚きました。
で、使い道として私と旅行に行きたいと。
少し涙がでてしまいました。
懺悔の為、投下。


165 :1/4 2014/03/13(木) 20:36:03
みんなとはちょっと違うがかもしれないが
危うく型にはめられるとこだった
何とか逃げ切ったので吐き出し

嫁は美人で他人に取られたくないって焦ってて
お互い仕事が忙しく式と入籍だけして安心してた
落ち着いたら同棲する話で元々住んでた別々の家で生活
お互いの休みも合わないので電話やメールでのやり取りだけの生活
そんな生活してた1年後俺の幼馴染のA男が(式に出席)
お前パパになったんだなおめでとうって電話が来た
始めは誰かと間違えて連絡してると思ったが話を聞くと
嫁が産婦人科から出てきたのを見た
親友の俺に言わないのは水臭いとの話
俺は混乱しつつA男に見間違いじゃないかと聞くと
嫁の親も一緒だから見間違えじゃ無いはずと・・・
上記の話をし夜の行為すらなかったとA男に話すと
あって言って電話が切られた
気まずいとは思うが電話を切るなよwww

533 :名無しさん@HOME 2013/09/07(土) 11:31:04 0
ある日、娘(当時5歳)がらくがき帳に描いてた絵を見て嫁の浮気を知った
5歳児がクレヨンでダイナミックに描いたやつなんだが
肌色のママ(嫁)と肌色の男が口と口をくっつけて抱き合ってるというもの
娘はパパ(俺)の絵を描いてくれるとき、いつも必ず若ハゲを忠実に描写しようと
肌色オンリーのツルッぱげに申し訳程度の毛を数本描き足してくれるんだが、
問題の絵の男は髪の毛フサフサだわヒゲまで生えてるわで明らかに俺じゃない
その後、嫁が浮気を認め多少揉めたけど最終的には無事に離婚となった

809 :おさかなくわえた名無しさん 2013/07/03(水) 14:46:52 ID:S7LB8Wie
五年付き合って結婚の話も出てた人に浮気されて浮気相手と正式に付き合いたいから別れてくれって言われた時、「俺を殴れ!」って言われたこと

いい歳して私に殴られて自分がすっきりしたいだけか、と思ってすーっと冷めた

あれから6年経ったけど、奴は浮気相手だった子(当時奴が33くらい相手は20くらい)とはすぐ別れ未だ独身
ちなみに、「殴れ!殴ってくれ!」というセリフには泣きながら「私卓球部だったから利き手でやったら鼓膜破れるかもだけどいい?」と返したら(根拠なし)、「…やっぱりやめといて…」と言われた

49 :名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月) 11:23:10 ID:xaHF76bmk
3年ほど前、友人A(既婚男性)から「妻が浮気されてるかも」というメールが送られてきた。

その書き方だとAが浮気していることになるんじゃ?と思いつつ、俺は「大丈夫か?」と返信した。
そのあとの話の流れで、やはりAが言いたかったのは「妻が」ではなくて「妻に浮気されている」と分かった。
よほど混乱していたから書き間違えたんだろうが、俺もちょっと混乱したわ。

そしてAが奥さんの浮気を疑う理由として、
・妻は17時にパートを終えるのに、20時ごろに帰って来て「立ち話してて遅くなった」と言う
・妻はケータイを肌身離さず持っている
・ダイエットをし始めた
というものだった。

俺は「もう少し探りを入れて、浮気の確証を見つけたら奥さんを問い詰めてみたらどうか」と言ったが、
Aは浮気の確証は掴めなかったようで、いつまでも「あいつ浮気してる」などと言うばかり。
俺としても不確かな浮気の相談にずっと乗っているわけにもいかず、
Aからのメールや電話には対応しなくなった。
そしてAも全然連絡をよこさなくなり、長いこと疎遠だった。

しかし先月Aから久しぶりに電話がかかってきた。
ナンバーディスプレイでAだと分かった時、出ようかどうしようか迷ったが久しぶりだったのでなんとなく出てしまった。
そうしたらAは「相談が…」と言い始めたので、またかと思ったわ。

Aは以前奥さんの浮気をめちゃくちゃ疑っていたわけだけど、はっきり言って考えすぎだと思うし、
浮気の真偽は置いておくとしてもずっと愚痴を聞かされるのは嫌だったわ。
なので、今回もまた妻に浮気されてる系の話だったら本当に嫌だな…と俺は思った。

そうしたらAは「妻に俺の浮気がバレそうなんだけどどうしたら良いと思う?」と訊いてきたので驚いたわ。
今回は文法的な間違いではなくて、本当にAが浮気したらしかった。
そんな相談に乗っても俺が得することなんてないので、相談に乗ることできないと断った。
邪推だけど、3年前にAが奥さんの浮気を執拗に疑っていたのもA自身が浮気をしていたからではないかと思ってしまう。
ちなみに今回なぜAの浮気が奥さんにバレそうになったかというと
・Aの帰りが遅い
・Aが風呂場にケータイを持っていく
という理由だったようだ。
これらを奥さんが列挙してAに「浮気してるよね?」と訊いてきたということだった。
3年前にAが上げていた理由と似ていて、何とも言葉が出てこなかったな。

907 :名無しさん@お腹いっぱい。 2007/07/11(水) 15:07:38
俺なんて元嫁に「頼むから別れてください他の男に抱かれたあなたを嫁として
一生愛していけませんどうしてもあなたを汚らわしい存在として見てしまいます
あなたに対して性欲が全然わきませんむしろ女として見れませんお願いだから
別れてください」
と覚めた目で言ったら元嫁絶望的な顔をして大泣きしてたなw
懐かしい思い出だぜ

698 :名無しさん@おーぷん 2015/06/01(月) 15:36:34 ID:Jan
もう20年くらい前になりますが、突然人が狂うのを見たのが衝撃でした。
私の家はまあベッドタウンというか新興住宅地にありまして、隣近所とは
ちょうど同世代の子供がいることもあり(この子供が私たち世代なんですが)
結構仲が良かったんですね。
ちょうど私が大学生になったころだったので、近所には私と同世代の人は、
3分の1は就職や結婚で家を出て独立、その3分の1は進学先で下宿といった感じで、
3分の1より若干多めの人が地元に残っていたと思います。
そのうちの一人(Aとします)がある日突然私のうちに来てちょっと一緒に家に来てくれと言われまして、
何かあったのかと思い、母親と一緒に行くとAの父親が白いブリーフだけで、髪をモヒカンににして仁王立ちしてました。
玄関の上り框の所で。
私と母は思わず「ひっ。」と声が出てしまったのですが、A父に
「ここにいる神様と天理教の神様はどちらの方が偉いのですか?」と聞かれました。
ちなみにAの家は真言宗で、天理教ではありません。
私は何を言っていいのかわからず黙っていると母親が「どの神様がここにいるのですか?
神社にいかんと神様はいてないと思うけど。」と答えると、「そうやったんか。」とA父はつぶやくと
その恰好のまま革靴を履き、神社のほうに去っていきました。
その隙に母がAに「早く119に電話して病院に連れて行ってもらいなさい。」と言って
そのまま119に来てもらい病院に連れていかれました。
その後A父は退院することなく今に至ります。
昨日たまたま子供を連れて実家に帰ったらAに遭ったので思い出しました。
いまだにあの時ほどの強烈な体験はしていません。
なんかよくわからないですね。私にもよくわかりません。すいません。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/01/14(土) 22:41:12 ID:OUU1wGI/a.net
俺は今の嫁とは再婚なんだけど、嫁も再婚。
ありがちな元嫁の不倫相手の嫁が今の俺の嫁。

ただお互い離婚後に特に連絡とってたわけでもなく、地元を離れて東京で職と住む場所見つけて一生独身と考えてた俺が、東京来てから二年目に引っ越ししようと不動産尋ねたら、そこで今嫁が働いてた。

そこから時間作って会うようになり、付き合い、結婚して、子ども出来て、なんだかんだ言って地元に戻って今に至る。

あの出会いは運命的だった。
俺もだけど、今嫁も再会した時なぜか結婚して家庭を築きたいと思ったらしい。
俺に話合わせてるだけかもしれないけどね。

765: 1/2 2008/11/04(火) 01:34:32 ID:+4dKIQlrO
お茶受け程度に修羅場にならなかった話。
付き合って2年、結婚を意識しだした頃に彼女と連絡がつかない時間が増えた。
といっても彼女は元々メールは即レス派で送ったら一分もせずに返してくる(バイトとかは予め連絡する)人で、一週間に2~3回即レスしない日があった。

その度に『寝てた』と連絡してくるんだがそんなしょっちゅう寝る訳無いから怪しんで、友人に彼女を尾行してもらった。

ある日友人から『彼女が男の部屋に入った!』と連絡が来た。
慌てて友人の元へ行き彼女が入ったという部屋へ行き、チャイムを連打して扉を叩いて怒鳴りました。
すると鍵があいて中からでてきたのは

金属バットを持ってエプロンをつけた男とその少し後ろで包丁をにぎりしめてエプロンをきて立っている彼女。

彼女に近づいて怒鳴るけど彼女は混乱しているし男は『やめてよ!○○ちゃん(彼女)になにするのよ!』と…

男の言葉使いに冷静になり部屋を見回すとキッチンは切り掛けの野菜があったり鍋が煮えたりしている。

このページのトップヘ