今日の人気記事

浮気・不倫

417 :1 2009/01/04(日) 14:11:21 ID:lp5agYMb0
N私 22才学生
彼  22才学生
友達 22才学生彼とおんなじバイト先
浮気女  


昔から年上が好きだといっていた彼。
友達として付き合ってきた期間が長く、どんな年上の彼女と付き合うのかと思っていた矢先
彼から突然の告白。

彼曰く同じ年なのに自分よりずっとしっかりしてて、見た目も大人びてるNに惚れてた。とのこと。
私も彼のことは友達として大好きで、長く付き合ってきた安心感もあり、付き合うことに。周りも祝福してくれた。

付き合って三年目、順調に付き合いも進みとても幸せだったある日。
私の家に泊まりに来ていた彼。だいぶ話し込んで夜も遅くなり彼がお風呂に行ったときだった
彼の携帯がなり画面には女性の名前が・・・電話が切れた後同じ人からメール。




687 :本当にあった怖い名無し 2012/12/13(木) 09:49:41 ID:wtgfVXQR0
うちの姉は、結婚して3児の母。
地域でも、学校でも、職場でも、確固とした地位を築いた「褒められもの奥さん」。
どうもかつての同僚で、姉にいじめられて退職して病院通いしている人から、
過去を「ばらす」と脅迫されてるみたい。
上司と不倫し、取引先のイケメンと不倫し、
婚約者のいる男を寝とって、デキ婚に持ちこんだことを、
みんなにばらしてやる!って言われてるみたい。
「あんな昔のことを・・・、まだ若かったし、
誰でもやってたんじゃない?なんで私だけ?」と、かなり慌てて困ってる。
向こうは40過ぎても独身で、薬ないとパニックになるほど病んでいるせいで、
「失うものはなにもない。年とった親にこのまま迷惑かけるくらいなら、
いっそたまった恨みを暴露して、すっきりしてから逮捕されて、牢屋で暮らす」
と言っているらしい。

800 :名無しさん@おーぷん 2017/07/06(木) 12:12:07 ID:yA4
少し前の話
旦那の転勤に付き添って、某都市の会社借り上げのマンションに住み始めた頃のこと
昼食とってたら、玄関のインターホンが押されてドアを叩く音が聞こえた
そのマンションはオートロックの入り口だから、いきなり玄関のインターホン押されることはまず無かったから驚いた
一応応答してみたら、「○子だろ?ちょっと開けてくれよ、××だよ」と男性の声で言われた
私は○子という名ではない

不審なのでマンションのフロントに電話しようと思ったけど、引っ越ししたばかりで連絡先をどこに書いておいたか思いだせない
ドアを叩く音は続くし、「警察に通報?」と思って意を決して電話しようとした時、
外から「あらー○田さんのご主人じゃない、あははー久しぶり」と声が聞こえた
ドアスコープを覗いてみると、知らない男性と買い物袋抱えたお隣さんの奥様(わりとご高齢のおば様)が話してる

チェーンしたまま玄関を開けてみると、男性は私の顔を見て「あれ・・・」と呆然としてる
お隣さんは笑いながら、「この人ねーお宅の前の前に住んでた○田さんちのご主人なのよ、
いやーまあお互い歳取ったわねー」なんて言って、
それから「いいご夫婦に見えたけどね、このご主人がねー××町のお水の若い子と出来ちゃってねー
奥さんと子供二人置いてお金持って突然出て行っちゃってねー
奥さん子供養うのに転職するって言って、うちが時々夕方に子供預かったのよーああ懐かしいわー」と言うと、
旦那さんだと言う男性に「だからもう一家はとっくに引っ越したわけよ、この人は無関係」と厳しい声で言った

男性が「じゃ引っ越し先は?」と訊くと、「奥さん言わなかったし、訊かなかったわ、あんたが知らないこと私が知りますか」とお隣さんはにべもなく言い、
男性が玄関先でずっとボンヤリしてるので、「下のフロントで電話しないで誰かにくっついてとかで扉突破してきましたよね
警備に電話しますよ」と私が言ったら、
「夢が終わって、住んでた家はもう無くなってて、誰も待ってなくて、なんか浦島太郎みたいだ」と謎のポエム?をつぶやき、男性は階下に降りて行った

お隣のおば様はちょっとグイグイ個人情報聞いてくるタイプでそれまでちょっと嫌厭してたけど、
その事件のお礼を言ったのをきっかけにわりと仲良くなり、夫の転勤の終了まで楽しく暮らした
ちなみに○田家の連絡先は知ってだけど、「別に教える必要もないと思った」としらばっくれてたそうだ
「ご主人来たわよ」とお隣さんが連絡してあげたら、一家三人で爆笑してたそうだ
何でも「俺の本当に本当の運命の女」とお水の子を家族に紹介してたそうで、「運命はどこ行ったのよー」と大うけだったとか

728 :名無しさん@HOME 2013/06/13(木) 18:19:37 O
トメに妊娠の報告に行ったら、旦那が離れた隙に「本当に息子(旦那)の子なの?」と言われたので
「(旦那)さんは本当にウト(故人)さんの子なんですか?」と聞いたらトメの時が止まった。

534 :LINE 2016/08/12(金) 08:03:02 .net
気持ちの整理が付くのに半年かかった話
嫁が妊娠した時なんだけど、身体が強い方では無い嫁が妊娠中期で短期入院していた時に嫁の携帯を見てしまった
別に何か怪しい事があったわけではないけど、悪いと思いつつ、病室の机の上にずっと放置してあった携帯、嫁が処置室に入っている時に何気に。パスも知っていたので。
古いLINEのやり取りの中で、たまたま開いた奴とのやり取りで、その時点では終わっていたものの、嫁が約一年間不倫していた事が分かった。

564 :恋人は名無しさん 2009/01/13(火) 23:56:15 ID:hNMeFkyQ0
離婚して独身者なのでこちらに書かせてもらいます。

お話の時期
平成になったばかりの頃

場所
当時俺が住んでいたマンション、警察署、その他

登場人物

元嫁
間男
元嫁のお父さん
その他諸々(お巡りさんなど)

298 :名無しさんといつまでも一緒 2007/05/07(月) 03:56:21 0
そんな便器女許しても何度でも繰り返すぞ。(経験談)

292 :名無しさん@おーぷん 2015/06/08(月) 15:45:38 ID:Xqq
夏が来て脱毛のCM見ると思い出す修羅場

新卒で入社した会社で同じ部署のA子、B子と仲良くなった。入社して3年ほどした頃、私に同じ社内に彼氏ができた。
するとA子が「私も彼氏ほしい。彼氏さんの友達紹介して」ともちかけてきて何度か合コンをした。
アドレス交換などしているけど、なかなか上手くいかないな~なんて思っていたらB子が
「私ちゃんは彼氏と上手くいってるの?」と聞いてきた。
私だけが知らなかったみたいで、彼とA子がラブホから出てくるのを目撃されていて噂になっていた。
彼とA子を呼んで話し合いをしたら
「私ちゃんが羨ましかった。彼女の友達でもいいから親しくなりたかったの」
「私ちゃんに悪いと思ったけど、待ち伏せして悩みを聞いてもらう口実で食事を何度かしてたらもう気持ちが抑えきれなくなって
一度でいいから彼女にしてください!って今夜だけでいいからっておねがいじだんでずぅ~」
他のお客さんもいるファミレスで号泣された。
「彼は悪くないの!私(A子)が悪いの!」「好きって気持ちを隠せなかったのおおお!」
って、ずっとA子の酔いしれ言い訳で時が流れ、彼はうなだれてるかと思ったら
「A子ちゃんだけが悪い訳じゃない。俺が卑怯なんだ…」お前も酔いしれかよ。ってばかばかしくなって
「二人、お似合いじゃん。じゃあね」ってさっさと席を立ったんだけど、どっちも私を引き止めず
外に出て窓際席にいる奴らをチラっと見たら、並んですわって彼がA子の肩を抱いてて、もう最高に惨めだった。

959 :名無しさん@HOME 2017/08/22(火) 22:52:08 0.net
矢口の不倫を見て一緒に笑っていた友人
クローゼットの中はないよねってお互い笑って話してた
今月、その友人が離婚騒ぎに
不倫相手を寝室のクローゼットに隠してたってw
その時点でわたし的にスレタイなのに言い訳が
DVD見てました
ってwww
群馬から埼玉(フェイク)の距離をDVD見に来るバカもいないし、おまけにクローゼットの中で見るわけないだろw
人って切羽詰まると変な言い訳するんだね

443 :名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月) 11:33:58 ID:???
夫が不倫して何年か前に離婚した。
なんか元夫とその不倫相手が結婚したっぽくて、お知らせハガキが来た。
この不倫相手…ってもう書いちゃいけないから奥さんて書くけど
元義母そっっっくりなんだよね。
つまり元夫の実のお母さん。
初めて奥さんを見た時ビックリして「義母さんの親戚じゃないの?違うの?本当に?そんなわけないじゃん?」
って何度も元夫に確認してしまった。それ位そっくり。
顔だけじゃなくて声もしゃべり方も似てるの。
マシンガンでダーっとしゃべるとこも、さ行の発音が「しゃ」になるとこも同じ。
元義母のいびりで夫婦仲が悪くなってたとこにこの不倫発覚で
一気に冷めた。
もう嫉妬すら起こらなかった。一目見た瞬間「ああこりゃ勝負にならん」と思った。
まんま30年前の義母が目の前にいるんだもん。かなうわけない。
6ケタの慰謝料もらってさっさと別れた。別れたあと虚脱したけど。
「結婚しました」のお知らせハガキを見て
あのあとすぐ結婚したわけじゃなかったんだなーとか
ますます義母に似てきて怖いくらいだわとか
似た者同士義母と奥さんはうまくいってるのかなーとか感無量だった。
しかし元夫も、最初から義母さんそっくりの女性を探して結婚すればいいのに
なんでまた正反対の私と結婚したんだろ?

このページのトップヘ