今日の人気記事

浮気・不倫

518 :名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火) 08:12:51 ID:12h
私の旦那は三兄弟の末っ子。
長男は結婚が早くて、次男が結婚するときに、子供がすでに中学生だった。
数年後に次男嫁が妊娠したが、次男が海外に単身赴任(嫁は仕事があってついて行ってない)
していてしばらく帰国していなかったので、誰の子だと大騒ぎ。
次男嫁がどこかの誰かと不倫して子供作ったんだろうと周りは思ったのだが
長男家の息子(高校生)が次男嫁の腹の子は自分の子だと言い出した。
それから長男家は阿鼻叫喚の騒ぎ。
親族を集められ(私達もなぜか呼ばれた)親族会議が開かれた。
長男嫁が次男嫁を「息子を誘惑した。」と罵倒の限りを尽くし
果ては腹を蹴ろうとしたら、自分の息子が次男嫁を庇ったので
その場で気を失ってしまった。
次男嫁は看護師なので、次男嫁が手当をする不思議な場面を見たよ。
それからもいろいろ合ったが、長男の息子が「次男嫁を愛してる。
子供は産んで貰う。結婚もしたい。」と言い張り親のどんな言葉にも
うなずかなかったので、次男夫婦はまず離婚して、子供の籍で裁判して
長男息子が高校卒業と同時に次男嫁と結婚した。
この時にすでに子供は一歳ぐらいだったと思う。
次男嫁(この時点で長男息子嫁だが)は産休取って働き続けて
長男家から追い出された長男息子を大学に行かせて、留学もさせたらしい。

先月姑の十三回忌で親族そろったのだが、そこに長男息子がいてびっくり。
次男の後妻さんに聞くと、長男息子が就職してから離婚したそうだ。
子供は今小学生で母親が育てているとか聞いた。
離婚理由は元次男嫁の不倫。
長男息子が留学している間に自分の病院の実習生に手を出してた。
長男息子と離婚して、今その実習生と同棲中とか。
本当に神経わからん話だ。


774 :名無しさん@おーぷん 2017/12/18(月) 17:21:59 ID:R4G
俺の従兄の嫁さんが乳がんで余命宣告されて、もう危ないというときに従兄に向かって
「本当は墓場まで持って行こうと思ったが、実は息子は他の男の種だ」と言い放った
息子が生まれる数年前に嫁さんが出先で流産し、救急車で病院に運ばれて処置を受けているときに
従兄は愛人とホテルにいたので連絡がつかなかった
その後再構築したが嫁さんの恨みは消えなくて、よその男と不倫して妊娠・出産したという
数日後に嫁さんは意識をなくしてそのまま亡くなってしまい、従兄は8歳の息子に
そのことを言うわけにはいかなくて黙ってた

が、葬儀のときに嫁さんの友人が、嫁さんから預かっていたと手紙を持ってやってきた
「息子が他の男の子というのは真っ赤な嘘です。少しは苦しみましたか?」と書いてあった
心配ならDNA鑑定でもなんでもどうぞと添えてあった

そんなことしなくても息子は従兄の生き写しだから嘘だって冷静になればわかるんだけど
まさかタヒぬ間際の人間がそんなことを口にするとは思えなくて、従兄は真剣に落ち込んだらしい
四十九日のあとの食事で酔った従兄に手紙を見せられて、詳細まで聞かされて
「まさか子供まで使うなんてなぁ。俺そっくりな子だから、実は愛してなかったのかなぁ。
手紙が来る前に俺が口滑らせてたらと思うとぞっとする。」
と言われて内心修羅場だった

120 :名無しさん@おーぷん 2017/07/19(水) 13:45:22 ID:tfg
人生で一度婚約破棄したことがある
数年付き合った恋人にプロポーズされ、ご両親への挨拶やら新居探しやらを淡々とこなしてた頃、
会社の飲み会から直で私の家に来た婚約者に、
「結婚しても俺に好きな子できたらその時は笑顔で離婚してほしい、子供がいたら母親のお前が愛情込めて育ててくれ、
その時はお金の話なんかしないでほしい、慰謝料とか養育費とかそんなのって俺とお前との愛や結婚や子供への侮辱だと思う、
どんな時も笑顔でいて俺を励ましてくれ、それに頷いてくれたら、俺はお前に愛を誓うから」
と高らかに言われた

スマホの録音機能立ち上げて「ごめんもう一回言って」と言ったら、「しょうがないなー」ともう一回高らかに言ってくれた
細かい所の質問もした
「それは私にも認められた権利なの?」と言ったら笑われた

後日両家の両親の前で録音聞かせながら婚約破棄の説明したけど、
彼は「ただのマリッジブルーみたいなもんだし、飲み会でちょっと脅かされて何か色々考えちゃって、
だいたいこの時かなり酔ってたし」とグズグズ言ってた
立ち会ってた彼兄に張り手くらった後は黙ってたけど

そんな奴だと見抜けなかったのかと言われるだろうけど、見抜けなかったなあ
前からそういう言動が無かったなら一時期の気の迷いだと思って、と知人には言われたけど、
気の迷いで済まして忘れるにはあまりに劇的な宣言でちょっともう無理だった
愛を誓うとか言う割には、お前の愛は軽すぎて鼻紙一枚ほども頼りにならないなって感じだったし

552 :名無しさん@おーぷん 2016/10/30(日) 11:30:48 ID:H65
私のささやかな仕返しは、元夫のメル友がヤバイメンヘラ相談女なのに気づいていながら放置したこと。
女同士なら一発でわかる「あ、この女ヤバイ」が元夫にはわからないらしかった。
親しくもないうちから身内のプライベートな相談。
しかも設定が元貴族没落したお嬢様だとか、食べるものもないとか荒唐無稽。
二言目には金の無心を匂わすセリフ。
でも「あなたがダメなら他の男に頼るわ」と他にもいるのよとアピるのは忘れない。
どう見ても地雷です有難うございました。
でも夫が上記のことをノロケながらチラッチラッしてくるのを、内心フーンと思いながら
嫉妬するふりしたり、「そんなステキな女性に好かれてる貴方スゴイ」と調子に乗せたり
女に会いに行くのを黙認という名の奨励して
のめりこませていった。
元夫が月に4、5日しか帰ってこなくなったので、浮気の証拠たっぷり持って弁護士に依頼した。
元夫は速攻で離婚に同意したけど慰謝料はゴネた。
あまりにゴネるから義父(マトモな人。義母はお察し)に弁護士と一緒に会いに行った。
そこからはすんなり。
こっちが提示した慰謝料の8割で手打ちして離婚。
離婚後一切の連絡を絶ったから詳しいことは知らないけど、
元夫は今無職で、車もマンションも手放して実家から心療内科に通ってるらしい。
実家経由で元義母から「会ってやって」と要請が来て、元夫がメンヘラになったと知った。
事情を聞きたい気持ちもなくはなかったけど後が面倒そうだから
何も聞かず「お断りします」だけ伝えてもらった。
以上です。
あまりスッキリしなかったらすいません。

818 :名無しさん@HOME 2018/02/13(火) 06:50:37 0.net
記憶が曖昧なんだけど、幼稚園ぐらいの頃に夜中に目がさめると両親がケンカしてて母親が泣いていた。
父親の隣には見たことないツンとした若い女の人がいて、幼心に「お客さんの前でお母さんが泣くなんてただゴトではない!」と思いリビングに乱入した。

母親は泣き続け、父親はビックリしてあたふたしてたけど、女はチラッと私を見ただけでまたツンと横を向いた。
「お母さんが泣いてるのはコイツが原因だ!」と思ってその女に「こんばんは!◯◯です!」と元気よく笑顔で挨拶した。
その女は「あー」と言ってまたツンと横を向き、父親が慌てて「お父さんの友達のランちゃん(みたいな名前)だよ!よろしくね!」と言ってきた。
当時私は子役時代の安達祐実に似てていつも「かわいい!」「安達祐実ちゃんみたい!」とどこに言っても言われていて自分の容姿にかなり自信があり、そのツンとした女は私の幼稚園の担任に比べたら厚化粧で全然可愛くなかった。
なので「お姉さん、人の家に来たらちゃんとご挨拶しないとダメなんだよ!」とか「お姉さんの目はなんでそんなに黒く塗りつぶしてるの(ぶっといアイライン)?私はお目めパッチリだからそんなことしないよ!」とか
「髪の毛がタワシみたい!私の髪の毛サラサラでしょ!」とか叔父が確かバリ島のお土産でくれた木彫りの人形を指差して「◯◯叔父ちゃんがくれた外国のお人形に似てるね!ホラ、あのテレビの横に置いてるヤツ!私はリカちゃん人形に似てるって言われるよ!」と
父親が止めるのも聞かず懐くフリをしてソファーの隣に座り女の容姿下げ自分の容姿上げで話しかけ続けた。
そしたらその女は「なんなのこのガキ!!ケンカ売ってるの?!」みたいに父親にキレ出したが、私は半べそで「お父さーん、このお姉さん怖い~」と泣きついて父親が私を庇うような姿勢だったのが気に入らなかったみたいで女は怒って出て行ってしまった。
父親は途中まで追いかけたみたいだけど、すぐ戻ってきて「さぁ、もう遅いし寝ようか!」と言った所ぐらいまで思い出したが、その後のことはまったく思い出せない。

この事はずーーっと忘れてて、私の子供が幼稚園に入った去年、フラッシュバックするように思い出した時が修羅場だった。
セリフは曖昧だけど、だいたいこんな感じの事を言ったかな程度です。
後、今は安達祐実に似ても似つかないのも修羅場です。

828 :恋人は名無しさん 2011/08/08(月) 20:52:40 ID:2dKk+ByR0
去年の夏、職場の話です。


既婚男:26歳主任。要領よく仕事できるタイプ。
既婚女:既婚男の嫁。29歳。既婚男曰く鬼嫁。二人の間には2歳・5歳の娘あり。
浮子:24歳ギャル。
彼男:26歳。浮子の彼氏。既婚男の友達。

その前の年、人手不足だったうちの職場に既婚男が「友達の彼女が仕事探してる」と
連れてきたのが浮子。ギャルだけど、まあサバサバして仕事は出来る女。
うちの職場は毎年お得意様の為に夏祭りを開く。
この夏祭りはかなりの規模で3ヶ月前から準備する。
その年の担当が既婚男をリーダーに浮子他3名。
例年通り3ヶ月前からミーティングを開いて、リーダーを中心に
順調に進んでいるように見えた。
ただ、1ヶ月ぐらい前から徐々にボロが出始める。

1 :名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!@\(^o^)/ 2017/07/10(月) 07:19:28 ID:8deFe9Jp.net
経ったら書く

784 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/08/24(木) 00:08:23 ID:PsldNFhf0.net
不倫相手と交際して4年。
2年前から、俺の離婚が成立したら結婚しようとは言い続けていたがなかなか離婚が進まず。
先月、やっと離婚の準備が整って、不倫相手にプロポーズした。

そしたら、不倫相手から、打ち明け話。

・実は、1年前から二股かけてた。
・新しい彼氏とは週末同棲してた。
・でも、新しい彼氏とあなた(俺)、どっちも好きだし、どっちとも結婚したい。
・私が二股かけたのは、あなたが離婚してくれないから。さみしかったから。
・どっちと別れて、どっちと結婚するか、来月返事する。それまではあなたとは会わない。新しい彼氏とは週末同棲を続ける。


...あまりの展開に頭が混乱してる
不倫の代償ってすごいのな...

224 :1/2 2011/12/24(土) 23:40:12 0
家でXmasだったのにトメに邪魔されたため外出してきました。
娘も寝たのでやくおとしに書きます。

夫が亡くなった時、財産を全部よこせと言ってきたウトメ。
お断りしたのがずっとグチグチ言われました。
音沙汰がなくなって1年半。もうあきらめただろうと思っていたら突然呼び出された。
無視するとうるさいのでしぶしぶ私一人で行ったら、
「夫に愛人がいた、二人の息子がいる」と赤ん坊を抱いた女忄生の写真を見せられた。
「これから二人は大変だから夫の財産を(ry」
ぼうぜんと帰ってきたが、だんだん冷静になり、次にむちゃくちゃ腹がたってきた。
私が子育てに忙しいときに、夫は何やってやがった!と腹がたつ、胸糞が悪くなる。
私はこれから娘を責任持って育てなければいけないんだから、知るかチクショー、と思って
夫の仏壇を閉じ、弁護士を探しに探し、話し合い。
でも相手の女忄生が出てこない。
ウトメによると「遠慮している」「愛人の身分で、、、」と言ってるらしい。
DNA鑑定をお願いした。
ウトは「おお!DNAでもDHAでも何でもやるぞ!ほれっ!」と言って痰をはいた台布巾を渡そうとしやがった。
トメは「娘しかいないアンタと違って、男を産んだ愛人チャンはえらい。
孫息子チャンは唯一の跡取りなんだから、息子チャンの財産は全て(ry」
ここら辺でなんかおかしいなーと思った。

473 :名無しさん@おーぷん 2014/11/23(日) 02:48:11 ID:0Su
久々に一人でゆっくり出来てるついでに投下してみます。

私はいわゆる恥かきっ子で、兄二人とは一回り以上年齢が離れている末娘として産まれました。
大事に育てられたのは間違いなく、そのせいでというかそのおかげでというか、悪い意味での世間知らずだったと思います。
両親が元気な内にしっかりした男忄生と結婚して欲しいという願いをそのまま受けて、短大在学中にお見合いして結婚。
相手は父の知人から紹介された人で、裕福な家庭の次男。ゆくゆくは長男さんと一緒にお父様の会社を継ぐ予定になっていました。
お見合いでの第一印象は悪くなく、優しそうで好感を持ちました。
彼のご両親が私を気に入ってくださり、私の両親が乗り気だったのもあり、話はとんとん拍子に進み、結婚。
私は家庭に入り、結婚生活はそれなりに順調で、幸せだったと思います。

結婚して半年ほど経った頃、私宛に無記名の封書が届き、そこから生活が一変しました。
差出人は、彼が長年付き合っている女忄生(A子さん)でした。彼よりいくつか年上で、初めての女忄生だったようです。
そのA子さん本人が暴露する内容の手紙で、同封されていた写真に写っていた彼が締めていたネクタイが、結婚後に私が選んだ物だったので、浮気(と言うか、結果的にそっちが本命だったんですが…)を確信しました。
すぐに彼に詰め寄る事は出来ず、両親や兄達に相談し、兄が積極的に動いて証拠を掴み、彼と彼のご両親に直談判。

彼のご両親は、A子さんの存在を知っていました。
A子さんは元々は彼のお母様と繋がりがある方で、彼との関係は彼が高校生の頃からだったようです。
彼と付き合いつつ、他の男忄生と結婚していた時期もあったそうで、何度も引き離したけれど、ずっと関係は続いていたとの事。
私・両親・兄二人・彼・彼両親・A子さんとで話し合いをした時、少しも悪びれずに「世間知らずのお嬢さんを騙しているようで申し訳なくって…」と言っていました。

結果、私と彼は結婚記念日を一度も迎える事なく離婚。慰謝料は総額で8桁になりました。
相場よりだいぶ高額なのは、彼のご両親からの申し出で、一括でぽんと振り込まれました。

離婚がきっかけで、私は自分の人生を振り返り、それまで自分の意志が全くなかったと気づきました。
親に言われるまま生活し、結婚も、そういうものかという程度の認識だったように思います。
突然に覚醒し、今後はどうにか自分の力で生きていこうと決意し、実家に戻らず、一人暮らしを始めました。
とは言え、一人暮らしを始めるにあたっての資金は慰謝料から出したので、全く自力ではなかったですが。

このページのトップヘ