今日の人気記事

悲報

249: 素敵な旦那様 04/10/01 05:59:12
女房に早くしんでもらいたい
と思ってたら本当に事故に遭ってしんだ。 

表立って口ケンカはしなかったが
いつも不快を抱いていた。 
やることなすこと全て鬱陶しかった。 
こいつがしんだらもっと若い女房をもらって、
とよく妄想した。

葬式が片付いてからあいつが使ってた食器や 
趣味で集めてたガラス細工を片っ端から壊した。 
ざまあみろと思った。 

へそくりでもしてるかもしれないので 
机の鍵付き引き出しも壊して開けた。 
ノートが6冊あっただけだった。 
何年経っても子供ができないことや
俺に女がいるかもしれないことについて 
延々書かれていた。 

子供がさずからないのは俺のせいだし
女もいなかったのに馬鹿な女だと思った。 
一人で悩んで真相を知らずしんだ馬鹿。 
一回読めば十分なので6冊全部破って捨てた。 

あれから何もする気がしない。


412: ◆NyauiXKN/6 2016/06/04(土) 23:39:39.60 0
長いけど、決意表明として書かせて。 

義両親と夫に、義実家への里帰り出産を勧められた。 
義母はちょっとイヤミが多くてソリが合わなかったけど、定番の「悪気はない」で済まされていた。 
テンプレほど酷かったわけでもないし、私も諦めていた。 

実家には片手が不自由で介助の要る祖母がいて、自宅で頑張るにも夫は激務。 
そんな理由で、義母は苦手だけれど、この場合は甘えた方がいいのかも? と思った。 
孫が生まれたら関係が変わるかもという期待もあった。 

そして迎えた里帰りの日、義実家に着いたら何故か義妹がいた。 
上の子2人だけでなく、新生児と一緒に。 
義妹とはほとんど会ったことがない。 
名前と年齢と現在の家族構成が、知ってる全てだった。 
出産はおろか、妊娠していたことも知らなかった。 

義妹には
「里帰りしてる娘がいる家に、他人のくせに来るな!なんで私のお母さんに嫁子が甘えるわけ?」
的なことを言われ、目覚まし時計を投げられた。 

義父は「まあまあ、嫁子さんも大変なんだし」と、それを宥めていた。 
実家でゆったり休んでいるところに義姉が来たら嫌だろう、
物は投げないで欲しかったが怒るのは仕方ないと思った。 

夫に、義妹の里帰りを知っていたのか、そして知っていたのなら私にそれを告げなかったのは何故かと尋ねた。 
夫が言うには
「そんな予定はなかったけれど押しかけてきたらしいんだよね。
でもデリケートな時期だから責めないでやってくれ、お互い様なんだから」
だそうだ。 

「何がお互い様? どう考えても、義妹と、義妹の子達の世話を義母がすると私の子まで手が回らないでしょう? 
熱心にここへの里帰りを勧めてくれたけど、そのあたりの負担はどう考えてたの?」 

そういうと義母も夫も「まあまあ、大丈夫だから、ねっ!」とか言い出す。

1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/22(火) 00:22:08.21
ここに書いていいのかな。 
辛くて、どうしていいか分からん 
見てくれる人いたら書こうかな

587: 名無しさん@HOME 2011/12/30(金) 22:13:12.51 O
いま妊娠中で、腹の子はトメ40年越しの待望の女の子だけど、まだ性別は教えてない。 
上の子が男の子と分かった時は堕ろせだの、育たないだの奇形児だと思うだの、散々言われたから。 
ウトと旦那、私子、コウト、コウト子供達はウト兄宅に蟹のお裾分けを取りに行き、しばらく戻らない。 
さっき台所でトメが餅焼いてて、いま風呂から上がったらリビングで白目剥いてひっくり返ってる。 
このまま自分達が泊まる部屋に戻ろうと思う。タヒね。

517: おさかなくわえた名無しさん 2005/11/10(木) 21:52:44 ID:GLwm4d6L

俺の親父の武勇伝。


大学を出たあとすぐに某私立高校の教師になり、
生徒を引き付ける力、教科指導どちらとも天才的で、
オカンによると30歳前後ですでにみんなから一目おかれる存在になったとか。
で、生徒の味方をして校長に直談判して喧嘩したり、生徒を殴る先輩教師をドツキ倒したり、
とにかく武勇伝の多い人だったとか。
でも経営陣は学校が荒れないのも英語の成績がやたら良いのも
親父のおかげだからって何も言わなかったし、

かなりの給料ももらってたらしい。 

だけど経営陣が一新した年、担任してた生徒をかばい、意見の食い違いから校長と大喧嘩をした。 
新体制は扱いにくい親父を要らないと判断したのか、解雇した。

こんな生き方してみたくない?
弱いものをかばって組織に楯突くって十分武勇伝だよね?


まぁ解雇されてからは相当悲惨な人生だったが…。
俺はまだ幼かったから半廃人の親父しか記憶にない。

902: 姪の事 2012/06/20(水) 16:26:52.42 0
姪(旦那の姉の子)が万引きした。 

姪の両親(共働き)に連絡が取れず、義両親から頼まれて、とりあえず駆けつけると、姪はだんまり。お店には自分は親戚のもので母親では無い事を言い、話し合って事情をわかってもらった。 
改めて両親が謝罪に来るということにしてもらえた。 

帰り道二人になってから、姪がなんでおばさんが来たの?と怒りだした。 
どちらも仕事で連絡が取れなかったと説明すると、 
なんで謝ったり弁償したりしなかったのかと怒ってきたから、 

「それはあなたのご両親がする事だし、私はあなたの親じゃない。私が謝罪や弁償をするのは、うちの子が何かした時だけ」と答えると、泣きだした。


264: 可愛い奥様 2016/11/29(火) 09:17:47.14 ID:5mBymN6V0
12w 
悪夢ばっかり見てお腹の子に影響ないのか心配。 
今回はジェラシックパークで自分が石原さとみになって
Tレックスから必死に逃げまくる夢だった

逃げる夢は現実でも何かに追われているからだそうな。
確かに私は確定申告と出産が怖くて逃げ出したい気分ではある。

49: おさかなくわえた名無しさん 04/07/31 08:50 ID:Vy3cy6x4
俺の知り合いの女が事故を起こしたことがある。 
でも普段からスピード出しすぎで、運転が荒い。 
今まで3回事故起こしてるけど、 
運転の荒さを注意すると(昼間の住宅地を50キロくらいで走るなど) 
「私は事故起こしたこと無いんだから!!!!!」 
って怒鳴り返された事が・・。 
「お前3回も事故ってんじゃん!」と言ったら 
一瞬ポカンとして(あ、そうだった・・)見たいな顔して 
「でもでも私が悪かった事故は一回も無いもん!!!!!!」と言い返された。 
でも前に事故の時の話を聞いた時には、 
細い道から優先道路に入って行って、優先道路を走ってきた車の腹に突っ込んだとか、 
見切り発車で交差点を直進しようとしたら、 
実は対向車線が矢印で右折できたらしく衝突とか・・・。 
免許取って4年間で何回も免停、免取になったのに全く反省なし。 
みんなで「こいつはタヒぬまで俺らの言ってる事をわかんないんだろうな」と言ってた。 
こいつの車には乗るまい、と思いつつ疎遠になって 
あれから5年くらいたった。 
TVを見ていたら地方ニュースでタヒ亡事故のニュースで彼女の名前が。 
自転車に乗ってた中学生をはねてタヒ亡させ、 
自分はスリップして信号機に突っ込んでタヒ亡。 
「警察は運転者のスピードの出しすぎとみて捜査を・・」って言ってた。 
皆でしみじみと「本当にタヒぬまでわからなかったな」と・・・。 

117: 名無しさん@おーぷん 2016/01/18(月)21:38:49 ID:irv
吐き出したくて来ました。
いい年をしたおばさんの愚痴や後悔混じりの話しになりますがお付き合いください。
弟が自さつした話なので不快な方は読み飛ばしてください。

私はいわゆる毒親の元に生まれた。
両親は典型的な田舎の長男教で、長男以外はいる価値がない。
むしろ、家計のためにはいないほうがいいという考えの持ち主で、男ならまだしも女は猫といっしょでガキを作るしか能がないと常々言い続けていた。
そんな親は三つ下の弟を異様に溺愛したが私のことは徹底的にイビリ続けていた。

召使いのような扱いを受け、毎朝5時に起きて廊下の雑巾がけをしなければ箒や棒のようなもので打たれた。

食事すらロクに与えてもらえず、両親は自分たちが食べ残した物を私に投げてよこした。空腹に耐えきれず、投げつけられて落ちた物を拾って食べる私を「卑しい」と罵り、蹴られることも珍しくはなかった。

今でこそ開けてきてコンビニや大型スーパーもできたし電車が開通したことで拓けたけれど、私が子供の頃は何もなかった。もしあったら私は万引きしてでも食べたと思う。

子供だった私は飢えに耐えかねて近所の畑を荒し、土がついたままの大根や葉っぱを齧っては見つかって怒られた。

若い人にはピンとこないだろうけど、地元は男優先の男尊女卑が今も根付いている地域で、女だっていうだけで無意味に貶める風潮が少なからずあった。全員が全員そうだったわけじゃないんだろうけど、閉鎖的な環境で暮らしていたその頃の私は、周囲に助けを求めてもムダだと学んでいた。

毒親に溺愛された子というと、毒に染まったどうしようもない人種だと思われがちだが弟は違った。

両親に食事すら与えてもらえない姉に、弟はよく自分のお菓子を分けてくれた。
見ているところで分けると「弟のものを盗り上げた」と余計にひどい暴力に晒されるので、親が寝静まったころにこっそりと食べずにとっておいたお菓子を持ってきてくれた。

幼いなりに自分の家がおかしいとわかっていたのか、ニヤニヤと笑いながら私をいたぶる両親に何度もやめるように言ってくれた。

でもその当時の私には、弟を可愛いとは思えなかった。
両親の愛情を唯一独占している弟が妬ましかった。はっきり言えば僻んでいた。

私は着古してボロボロの服を着て、暖房も扇風機もない三畳足らずの物置で寝起きしていたが、いつもきれいな服を着ていた弟にはエアコンのついた部屋が与えられていた。男に生まれただけで何不自由なく恵まれた待遇にいる弟を、妬まずにいられるほど大人ではなかった。

弟のほうは「姉ちゃん、姉ちゃん」と言って懐いてきたがそれすら煩わしかった。
今にして思えば、弟は随分さみしい思いをしたんだと思う。

両親は弟を溺愛していたが押し付け的なところが多々あった。
弟が姉に懐く姿を見て、「弟に色目を使うような女」と姉に暴力と暴言を浴びせる親だ。まともではない。そんな親の愛情を受けたところで弟は辛いだけだったんじゃないかと。

596: 名無しさんといつまでも一緒 2011/12/28(水) 00:44:13.00 0
昨日、不倫相手の妊娠が発覚しました。 
かなり慌てて情報収集してて書き込みします。 

俺は39歳、既婚、小有り。 
彼女は30歳独身、創価。 

明日、仕事帰りに会います。 
そこで、彼女が何て言うか・・・ 
堕ろすと言うか、産むと言うか・・・ 

このページのトップヘ