今日の人気記事

悲報

17: sage 2014/06/01(日) 22:22:39.08 0.net

小学校4年の終わりくらいに母親がジサツした。
理由は父親の浮気。

母親はもともと精神的に病んでた人で多分父親も
それが重荷になってたのかもしれん家にはあまり居なかった

小5で父親が不倫相手と再婚。
母親がジサツしたことが小学校に知れ渡っていじめ
生活同時に再婚相手からの虐待生活がはじまった。
中でも男子からのいじめが激しくて小6に上がる頃には
異性恐怖症になってた。
そんなんで中学校は勉強しまくって私立の女子中に入学。
学校生活は問題なく女子校特有のドロドロはあったものの
家にいるよりずっと気が楽だった。

中3あたりでは父親と再婚相手の折り合いが悪くなってて
高校に上がるくらいに離婚、父親は仕事の関係もあって単身赴任。
だだっ広い家で一人暮らし生活開始。ちょう有意義
高校は中学校私立にしてもらう代わりに
こそこれレベル高い高校に行かないといけなかったため
共学の公立に入学。
勉強がひたすら難しくてついていくのにやっと。
でも不思議と友達には恵まれた。
その頃には一人暮らしも慣れてたし部活はもともとする気なかったから
バイトかけもちし始めた。
勉強と家事とバイトいっぺんにやりこなさないといけなかったけど
忙しさが逆に心地いい。
たまに、周りの子見て自分の枯葉っぷりがつらくなるけど。
ほとんど休みない生活しえ高2あたりで
うまれつき持ってた喘息が悪化したのか
肺の機能がシにかけて入院。
入院費と治療費で貯金がほとんど消えた。
でも回復してまた働けばいいやと思ってポジティブに考える。

入院は半年くらいかかってギリッギリで高3に進級。
体力が戻り出してからは前みたいに毎日休まずバイトして
勉強して家のこともした。何回か入退院繰り返した。
そんで、高3あがってまだ半年もしないうちに
医者から今の状態だと負担ばかりかかえて
肺が完全に使い物にならなくなると言われた。
でも、今の生活やめちゃうと野垂れジに確定だし、
で修羅場。←今ここ


60: おさかなくわえた名無しさん 2014/04/14(月) 09:55:03.11 ID:HY9StWKDo
わかってても防げなかったこれまでの最大の修羅場

当時、自分が働いてた職場にバイトで入ってきた女の子がいた
で、その子が同じ地元で、私の友達と同じ学校の子だったんだけど、
トラブルメーカーとして女子の間では有名な子だった

別にクソ女とかメンヘラとかじゃなくてすごく大人しくて、
どっちかっていうと鈍くさいタイプの子なんだけど、
なんというか、自分が被害者になるのがうまい子だった
別にいじめられてるわけでも陥れられた訳でもなく、
誰が悪いとも言えない、敢えて言えばその子がミスしたのが悪い、
ぐらいの出来事でも、その子がすごく申し訳なさそうに泣きそうな様子で
他の女子に謝ると、何故かいじめられてるみたいに見えて、
その子に絡まれた子が加害者に見える っていうタイプの子

らしい(私は学校が違ったので、全部友達から聞いた話)

794: 素敵な旦那様 2006/02/16(木) 15:57:31

565 :おさかなくわえた名無しさん :2006/02/11(土) 22:21:09 ID:foWqwSPv
長くなりますが。



ずっと子供がいなかったおじさん夫婦。
俺と兄貴のことをすげー可愛がってくれてた。
2人は名前にくんづけちゃんづけで
呼びあっ てて、夫婦ってよりカップルって感じだった。

奥さんは肺ガンで、手術して肺が片方なかった。
もう転移しててどうにもできない状態だったらしい。
煙草も吸わない、運動神経抜群の綺麗な人
だったのに、どんどん悪化して、ベッドで寝たきりに。

その当時兄貴17歳、俺14歳。手伝いに行く
母親について、俺と兄貴はおじさんのところに
頻繁に遊びに行くようになった。
おばさんはほとんど喋れなくなってたけど、
弱く笑ったりの反応はできる。

面白い話題とかいっぱい探して、2人で
一方的に喋った。料理できないおじさんと、
修行だって言って3人でハンバーグ作ったり…

キッチンは居間にあって、
すぐそばにおばさんのベッドがあるから、
でっかいみじん切りになっちゃったタマネギ
とか見て、ふふーって笑ってくれるのが
嬉しかった。

ある日、いきなり母親が
「カツラだ、とか、オムツだ、なんて
 バカにしたりしたらダメだからね」って言った。
バカになんかするわけないじゃん…
何でそんなこと言うんだよ…
って思った途端、涙が出ちゃって、

「あんまし身体洗えねぇからなぁ」って、
ばあちゃんがおばさんのベッドの横に置いた
消臭剤を見て、さらに泣いた。

悲しいのとムカつくのとで
何故か涙が止まらなかった。
おばさんがベッドの上で「どーしたのー」
って言ってくれて、ああ大好きなのになぁと
思ってまた泣いた。
おばさんの枕元に顔おしつけて、
細くなった手で撫でられて泣いた。

おばさんはもう何も食べれなくなっちゃって、
口が渇くからってたまに氷をなめてた。
兄貴が、あの、ブロックアイスっての?
氷のアイスあるじゃん、
「あれのブドウ味とかを買って来てあげれば
 味がついてるからただの氷よりおいしいだろうな」
って言ってさ。

今は種類も豊富でコンビニ行けば手に
入るけど、フルーツ味のってその頃珍しかったのね。
兄貴が免許とりたてのバイクで
遠くまで買いに行ってくれた。
「アイスは腐んないから」
とかって

やけにいっぱい買ってきたから、
2人で一個ずつ食べた。
「うめーな、明日持って行こうな」
って。

324: 可愛い奥様 2012/02/05(日) 18:32:42.08 ID:ur9ycS8v0
うちの母は、私が小さいころから浮気症?
で、よく男性を家に連れ込んでいました。
下校、帰宅すると、知らないオジサンと鉢合わせ、
ということが何度もありました。

幸い、あまり生々しい現場を直視したことはなかったのですが 
(母が私に配慮してたわけでなく、私が見ないようにしていた)。
母の口癖は
「あんたなんか産まなければよかった」
「あんたのせいで不幸になった」
男の人を連れ込んでいることについては
「お父さんに絶対に言うんじゃないよ!
言ったら、あんたは誰にも育ててもらえなくなって
孤児院に行かなきゃならないんだよ」
と脅され、見ざる聞かざるを通していました。

しかしある日父親にバレてしまい、
母は家を叩きだされました。

もう私も高校生だったので一通り家事も出来、
「いない方が快適じゃん!」
と初めて気付きました。

成人してからは、よく金の無心をしに来ましたが
一度貸したら、二度三度とキリがなく、
送金してもお礼どころか
「こんなはした金送ってきて!!」
と逆切れする始末でした。(続きます)


611: 恋人は名無しさん 2007/12/19(水) 04:28:24 ID:tItkwo6sO


 自分の思いをちょっとぶちまけようと思う。昔付き合ってた彼女。 すごく人あたりが良くいつも笑顔で友達もたくさんいて。明るくて俺にだけ少し我儘で、でも大好きだった。 順調に1年付き合い結婚の二文字もちらついてたある日友人から報告。彼女が宿泊施設にいたと。自分らの方を見てあって顔したんで間違いないと。半信半擬だがこの友人は嘘でこんなこと言うやつではない。悩んだが直接聞こうとメールした。
「話がある。時間ある?」
彼女からしばらくたってかえってきた。
「わかった。明日お休みだからいつでも大丈夫だよ。」
「話がある。時間ある?」
彼女からしばらくたってかえってきた。
「わかった。明日お休みだからいつでも大丈夫だよ。」


91: 恋人は名無しさん 2014/07/16(水) 00:51:57.06 ID:ukT/5r+N0.net
酒の力借りて書く
当時のスペック
自分   31歳ー自営業2年目

元カノ  27歳ー小学校の教師

犬猫里親探しのボランティアで初めてあって、
何度か打ち上げの席で隣りになって
親しくなり付き合い始めた。

318: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/05(日) 18:09:04 ID:zdvqsw5w

衝撃的だった体験か。

ココでしか言わんが物心付いたころからトイレを部屋にして住んでた

オヤジは暴*家で俺と母に対してよく暴言を吐いてた

家族がトイレを使用したいときは部屋を出てじっと待ち
部屋で暇なときはトイレや床磨き等して、寝るときは体縮めてマット被って寝てた
ご飯はおにぎりを便器の蓋の上で食い具は下校途中に雑草摘んで飽きた舌を誤魔化してた。

世間の皆さんは一家に一人や二人こんなトイレ番役がいるんだと本気で思ってた。
まあネタをバラすと俺は母が外で作った子どもで疎まれてたんだ

それを親戚が集まる中、病死した母の遺骨を踏み砕かれながら言われ
俺はオヤジには恨みしかなかったんだと泣いた

無理して帳尻を合わせようとしてもいいことは一つもないな。

そこに愛情がないんならさ
母をばあちゃん達の地元の海に散骨にしてやったのはここだけの秘密な
幸せにはなれなかったけど心穏やかでいて欲しいんだよね。


あの世でぐらい

889: 名無しさん@おーぷん 2014/07/20(日)00:40:48 ID:IsgGfgjNI

初書き込みかつ携帯からなので改行とか変でしたらごめんなさい。

学生の時に母が病気で亡くなった。病気だったが現実逃避というか
まさかすぐに亡くならないだろうと思っていたのにとてもあっさりだったので
驚いていたら両親と年の離れた姉は長くないと知っていたと聞いたのが第一の修羅場。

親戚たちとは離れているので各々連絡したら何故かその日の夜中に
一家できた叔母夫婦に振り回され、全く母の顔を見ることができず火葬されたのが第二の修羅場。
さらにその時に年の離れた姉とは異父姉妹だと知り、知っている姉の他にもさらに上に姉が二人いることを聞いたのが第三の修羅場。ただ単に親戚だと思ってた。

あと小学生の時に母が兄に強*されたというのを聞いた時も修羅場だったんだけど
その兄が母の葬儀に来たことが個人的には心の一番の修羅場。
家族だから仕方ないけど母の人生はその人と祖父が壊されたと聞いたことがあったから
どうしても許せなかった。だけどそれを聞いたのは私と姉だけだったから
二人で母の兄を睨みつけることしかできなかった。

その兄が病気で亡くなったという連絡があってから1年が経つので。


914: おさかなくわえた名無しさん 2011/04/17(日) 22:06:34.06 ID:p3OtaHAU
大学で大親友が出来た。
彼女は凄く可愛くてモテるのに
彼氏いない歴=年齢。
どうしてか聞いてみると今より太っていた
中学生時代同じクラスの男子数人にいじめを受け、
男性不信になったとのこと。

413: 名無しさん@HOME 2013/02/24(日) 08:35:12.17 0

警察で思い出したので、大した話じゃないけど書く
10年くらい前、出勤時、改札で定期入れを拾った
駅に届けたら一緒に中身の確認をと言われ
見ていたら、A名義の定期券とB名義の
診察券数枚が出て来た
推理するにBがAの定期券を盗むか拾うかして
通院に使っている感じ
駅から警察に届けるのでと言う事で、名前等書かされた

このページのトップヘ