今日の人気記事

悲報

315: 名無しさん@HOME 2012/03/22(木) 18:03:16

昨年の修羅場になります。
3月11日の津波で父を亡くしたのですが
引きとり時にいつも付けていた指輪がなくなっていた事に気づきました。
その指輪は銀婚式にデザインオーダーで銀細工職人に作ってもらった
母とおそろいの名前の頭文字が刻印されたリングを遺失物として
地域の掲示板に父の写真と一緒に掲示していた所
5月ごろにネットオークションに出ている事を教えて頂きました。

PCなどが手元に無いので、情報を下さった方に落札などをして貰い
そのまま相手の情報を警察に連絡をしようとしたのですが、
取引ナビでは連絡が取れるものの、取引時に提示してきた住所は
もぬけの殻で電話をしても全く連絡を取ることは出来ませんでした。

また、指輪は中国からの国際郵便での発送になっていました。
父の指輪は取り返すことが出来たのですが、ご遺体の身に付けていた貴金属が盗難され
海外から転売という同じ様なケースが震災後に相次いでいたようで相手も中国に帰っているため
被害届けを出すだけ出して犯人逮捕と言う所までは行けませんでした。

以上、報告とさせていただきます。


760: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/20(日) 21:51:52.22
20万弱のバックスキンのコートを、一度着て皮革用の高いクリーニングに出した。
受けとる時に何の気無しに保護カバー(片面ビニール片面不織布)の中を見たら、センターベンツが縫い目から裂けてた。
クリーニングに出す時に係の人が、裏地からポケットの中、上から下まで特に面倒な汚れが無いか確認したから、絶対に初めから破れてたわけ無い。
係の人は破れてたのを見落としたと言い張り、水掛け論になった。
らちが開かないのでその場でお客さま苦情窓口に電話して、完全な状態であると確認した預り品が破損して返却されたら、預り側に責任が発生するんじゃないかと主張した。
結果的に無償でほとんど目立たないまで補修してくれたけど、ごり押しモンスターのように扱われた。
「今回は当方の預かり時に不手際がございましたようです。次回からはお客さまも傷など無いか確認の上お出しください」って、謝罪にもならん言葉で終了。
次なんてねぇよ、〇〇舎

442: 名無しさん@HOME 2014/01/16(木) 19:21:45.09 0

義実家に呼び出されて、義実家最寄りのバス停でバスから降りて
とぼとぼ歩いていたら、
義兄息子が自動車にひかれるのを目撃してしまった。

その通りはまっすぐで見通しが良かったが、
義兄息子がバスの後ろから飛び出して来たので
減速してない大型自動車に跳ね飛ばされた。

ぽーんと自転車ごと飛んで
義兄息子の身体が地面にたたきつけられた。

ちょうどバスから降りた乗客が沢山いたので
その人達も目撃して、
救急車よんだり警察に通報したりしてくれた。

私は義兄と義兄嫁の携帯等知らないので、
まず義実家へ(義兄家族は義実家同居)電話してトメに知らせた。

近くなのでトメが飛んで来て、
やって来た救急車に同乗していった。
同じくやって来た警察が目撃した人たちに話を聞いていた。
自動車の運転手が

「誰かあの子が自転車でななめ横断して来たことを
証言してくれませんが。」

と頼んだら
数人がその人に携帯番号を教えていた。
       

結局義兄息子は重篤な状態でしばらくICUに入っていた。
相手側の自動車がもっとスピードを出していたら、
内臓破裂でもおかしくなくて、
肝臓が割れて臓器を押して
後ろの腎臓副腎をつぶして、
出血して腹腔の中に血が大量に出ていたそうだ。

地面に叩きつけられたが
幸いにヘルメットをかぶっていたので、
頭は異常なかったが手足は複数骨折していたそうだ。
そのために合計三か月ほど入院していた。

治療が終わって、
示談の過失割合で相手保険会社と義兄嫁が揉めた。
義兄嫁は歩行者だから過失なし。

幼稚園の子なんだから罪はないと
保険会社に言い張って失笑をかい、
私のところに

「義兄息子は自転車になんか乗ってなかった道を歩いていた。
それを自動車が跳ね飛ばした。」

と証言しろと怒鳴り込んできた。

相手側保険会社が証言者を数人出して、
裁判をすると弁護士を立てた。

結局義兄が謝罪して、
それなりの過失割合で示談になったそうだ。

それから自分に味方しなかった私を恨みだし、
最後は義兄息子が私を見つけたから道路に飛びだしたんだから、
義兄息子が得られなかった慰謝料を私に補てんしろと
言い出して我が家にしつこく電話してきた。

旦那から義兄に抗議したが、義兄に叱られても
義兄嫁は自分が正しいと言い張り、実家に帰ったそうだ。

900: 1/5 2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:+ewrcekB
かなり前にいたゲーム会社で経験した修羅場。
ちょっとフェイクあり。

その前にいた会社が
潰れることになって、
その業務清算中に
高校時代の先輩に相談したところ、
「だったらうちに来ればいいじゃん」
と言われて、
まだ出来たばっかりの
エ□ゲー制作会社に誘われた。

まずは会社説明ってことで、
社長と副社長が直々に
自分と3人を高級そば屋
(上は数千円、 下でも千円前後ぐらい)
に招待してくれて、
福利厚生社会保険その他は
しっかりしているのと
基本給は20万円前後と説明してくれたし、
先輩もいるからと安心して
他何人かも含めて
いい印象を持っていた。
元映研でシナリオも興味あったし。
今思えば、それが
地獄への入口だったと思う。

その後、会社で
さらに詳しい説明をするということで
車で会社まで連れて行かれた。
小さいマンションか
どこかの一室だと思ったら、
ボロボロなアパート。
それぞれプログラム、シナリオ、CGの部屋が
台所まで使って3部屋に詰め込まれていて、
隣の部屋が宿泊所がわりの仮眠室、
さらに隣の部屋が社長の自宅で、
開発室と宿泊所は
トイレと風呂が壊れていて、台所含めて
社長宅でしか使えないというシステム。

752: 名無しさん@おーぷん 2015/01/01(木)13:25:06 ID:pKI

「釣り乙」とか言われても仕方ない内容なんだけど、
年末にあった話。
フェイクあるから矛盾とかあったらごめんなさい。

私はまだ学生(義務教育は終わってる)で、
普通に両親もいて弟が一人っていう普通の家族。
ただ、父方の祖母の頭がおかしい。
この前、法律で結婚できる年齢になった私に
「お見合いしなさい」
と言ってきた。
これが私の誕生日の一週間前の話。

長いので一旦切ります。

98: 名無しさん@HOME 2005/06/12(日) 03:21:44


両親の離婚とかイジメとかそういうのは普通にあったけど
修羅場だったんだなーっていうのは

昔、夫の浮気相手に刺された
相手妊娠してて私の入院先でも暴れて逮捕された
夫土下座したけどこれからどうするとかは何も言わないで
あーだめだコリャってかんじだった。
ドラマみたいに「お前が悪いから息子が浮気した」とか
子供いないからでてけとか言われるかと思ったら
いつもキッツイ姑が守ってくれた。
夫の弟と姉も味方してくれた。
どういう風に決着したか当時の記憶はあんまりない。

浮気相手の子は虐待というか放置されてたから
2歳位の時にうちにつれて来て今もいる。
もう10年も育ててるからかわいい。
最初は殺しちゃったらどうしようって思ったけど。

でも、最近、夫が「結構幸せだな」って
言ったときに川に突き落としちゃった。
子供が反抗期になったりグレたら
家出しようかなーっとか考えるのたのしい

15: 1 03/06/16 10:57 ID:frnfCwee
リクエストが出ましたので、
どのような事があったのかを書きまつ。
ちょと長くなるかもしれないのですが、
読んでやって下さい。

17: sage 2014/06/01(日) 22:22:39.08 0.net

小学校4年の終わりくらいに母親がジサツした。
理由は父親の浮気。

母親はもともと精神的に病んでた人で多分父親も
それが重荷になってたのかもしれん家にはあまり居なかった

小5で父親が不倫相手と再婚。
母親がジサツしたことが小学校に知れ渡っていじめ
生活同時に再婚相手からの虐待生活がはじまった。
中でも男子からのいじめが激しくて小6に上がる頃には
異性恐怖症になってた。
そんなんで中学校は勉強しまくって私立の女子中に入学。
学校生活は問題なく女子校特有のドロドロはあったものの
家にいるよりずっと気が楽だった。

中3あたりでは父親と再婚相手の折り合いが悪くなってて
高校に上がるくらいに離婚、父親は仕事の関係もあって単身赴任。
だだっ広い家で一人暮らし生活開始。ちょう有意義
高校は中学校私立にしてもらう代わりに
こそこれレベル高い高校に行かないといけなかったため
共学の公立に入学。
勉強がひたすら難しくてついていくのにやっと。
でも不思議と友達には恵まれた。
その頃には一人暮らしも慣れてたし部活はもともとする気なかったから
バイトかけもちし始めた。
勉強と家事とバイトいっぺんにやりこなさないといけなかったけど
忙しさが逆に心地いい。
たまに、周りの子見て自分の枯葉っぷりがつらくなるけど。
ほとんど休みない生活しえ高2あたりで
うまれつき持ってた喘息が悪化したのか
肺の機能がシにかけて入院。
入院費と治療費で貯金がほとんど消えた。
でも回復してまた働けばいいやと思ってポジティブに考える。

入院は半年くらいかかってギリッギリで高3に進級。
体力が戻り出してからは前みたいに毎日休まずバイトして
勉強して家のこともした。何回か入退院繰り返した。
そんで、高3あがってまだ半年もしないうちに
医者から今の状態だと負担ばかりかかえて
肺が完全に使い物にならなくなると言われた。
でも、今の生活やめちゃうと野垂れジに確定だし、
で修羅場。←今ここ

60: おさかなくわえた名無しさん 2014/04/14(月) 09:55:03.11 ID:HY9StWKDo
わかってても防げなかったこれまでの最大の修羅場

当時、自分が働いてた職場にバイトで入ってきた女の子がいた
で、その子が同じ地元で、私の友達と同じ学校の子だったんだけど、
トラブルメーカーとして女子の間では有名な子だった

別にクソ女とかメンヘラとかじゃなくてすごく大人しくて、
どっちかっていうと鈍くさいタイプの子なんだけど、
なんというか、自分が被害者になるのがうまい子だった
別にいじめられてるわけでも陥れられた訳でもなく、
誰が悪いとも言えない、敢えて言えばその子がミスしたのが悪い、
ぐらいの出来事でも、その子がすごく申し訳なさそうに泣きそうな様子で
他の女子に謝ると、何故かいじめられてるみたいに見えて、
その子に絡まれた子が加害者に見える っていうタイプの子

らしい(私は学校が違ったので、全部友達から聞いた話)

794: 素敵な旦那様 2006/02/16(木) 15:57:31

565 :おさかなくわえた名無しさん :2006/02/11(土) 22:21:09 ID:foWqwSPv
長くなりますが。



ずっと子供がいなかったおじさん夫婦。
俺と兄貴のことをすげー可愛がってくれてた。
2人は名前にくんづけちゃんづけで
呼びあっ てて、夫婦ってよりカップルって感じだった。

奥さんは肺ガンで、手術して肺が片方なかった。
もう転移しててどうにもできない状態だったらしい。
煙草も吸わない、運動神経抜群の綺麗な人
だったのに、どんどん悪化して、ベッドで寝たきりに。

その当時兄貴17歳、俺14歳。手伝いに行く
母親について、俺と兄貴はおじさんのところに
頻繁に遊びに行くようになった。
おばさんはほとんど喋れなくなってたけど、
弱く笑ったりの反応はできる。

面白い話題とかいっぱい探して、2人で
一方的に喋った。料理できないおじさんと、
修行だって言って3人でハンバーグ作ったり…

キッチンは居間にあって、
すぐそばにおばさんのベッドがあるから、
でっかいみじん切りになっちゃったタマネギ
とか見て、ふふーって笑ってくれるのが
嬉しかった。

ある日、いきなり母親が
「カツラだ、とか、オムツだ、なんて
 バカにしたりしたらダメだからね」って言った。
バカになんかするわけないじゃん…
何でそんなこと言うんだよ…
って思った途端、涙が出ちゃって、

「あんまし身体洗えねぇからなぁ」って、
ばあちゃんがおばさんのベッドの横に置いた
消臭剤を見て、さらに泣いた。

悲しいのとムカつくのとで
何故か涙が止まらなかった。
おばさんがベッドの上で「どーしたのー」
って言ってくれて、ああ大好きなのになぁと
思ってまた泣いた。
おばさんの枕元に顔おしつけて、
細くなった手で撫でられて泣いた。

おばさんはもう何も食べれなくなっちゃって、
口が渇くからってたまに氷をなめてた。
兄貴が、あの、ブロックアイスっての?
氷のアイスあるじゃん、
「あれのブドウ味とかを買って来てあげれば
 味がついてるからただの氷よりおいしいだろうな」
って言ってさ。

今は種類も豊富でコンビニ行けば手に
入るけど、フルーツ味のってその頃珍しかったのね。
兄貴が免許とりたてのバイクで
遠くまで買いに行ってくれた。
「アイスは腐んないから」
とかって

やけにいっぱい買ってきたから、
2人で一個ずつ食べた。
「うめーな、明日持って行こうな」
って。

このページのトップヘ