今日の人気記事

大学生

698: 名無しさん@おーぷん 2017/01/31(火)13:54:20 ID:Ed2
実際に起こっていることで、詐欺要素はないんだけど、本当ならすごい話がありまして、
それを聞いてどう感じるか教えていただきたいです。

専門学校で仲良くしている友達が自分で学費を稼ぐためにキャバクラで働き始めました。
そこで一人のお客さんと出会い、その人がお金持ちで、
苦労している学生に金銭的な援助をするということを個人的にしています。

援助と言っても交際とかではなく、ちゃんと借用書を書いてお金を貸しています。
ただし返すのは借りた金額の半分だけでいいそうです。
実質半分はお金をあげるということになります。

そのため真面目に勉強していて、
人間的に本当に信用できる相手だけを選んでいるそうです。
なので紹介ではだめで直接その人が相手を選びます。

オーラと言うか誠実さが見た目に現れ、
直感でその人が信用できるかがだいたいわかるそうです。
その友達が写真をたくさん見せて、たまたま自分が選ばれました。

写真を見ただけで「この人は苦労しながら頑張っている人で誠実だ」ということを
言われたようで、実際一人暮らしでアルバイトをしながら専門学校に行っていて、
最近悩みがある等いろいろなことが当たっていました。

友達からその話を聞かされて、話だけでも聞いてみようと思い、
友達と二人でその人に会いに行きました。
それで話をいろいろ聞かれて、ご馳走してもらって、心が綺麗だからお金を貸します
と言われましたが、友達と相談して1万円ずつだけ借りました。

2週間以内に5000円を返すという借用書を書きました。
次の週に半額を返しに行きましたが、
その時に勉強の本を買ったレシートとかを持っていったら、
こんなに誠実な人はめったにいないから
学費分とかもっとちゃんとした金額でもいいよと言われましたが、
大きい金額はちょっと迷ったのでまた1万円を借りました。

借用書は隅々まで全部読みましたが、詐欺っぽさは一切ありませんでした。
その人も自分が学生の時苦労したそうで、若い人を助けたいと言っていて
人間的に誠意がありました。

個人でやっていることなので、お金を貸している相手は10人もいないそうです。
男も女もいてだいたい半々くらいです。
親がいない等、事情がある人を優先しています。
自分も親が離婚しているので、そういう雰囲気を感じ取ったそうです。

借りた金額の半分を返すので絶対に損はしないし、
もしそれで学費が楽になるならバイトを減らしてもっと真剣に勉強を頑張りたいです。
どう思いますか?


962: 名無しの心子知らず 2009/11/13(金) 22:40:10 ID:qolIvolT
まとめを読んでたら、思い出した。 
そういや大学時代に盗難にあったよな、うん。二つあったので投下。 
プチだけど。 

あらすじ:ボケ老人に宅配とられてもらったお裾分けはうちのものだったんだよ? 

15〜20年ぐらい前、バブル崩壊の直前直後ぐらいに大学時代は親元を離れアパート住まいしてた。 
確か2年の時に冬の連休で帰郷したときのこと。 
帰郷のちょい前に、ゼミの先生の家に親が乾燥芋を送ったんだが、先生はなんか言ってたか?とのこと。 
いや、そんな話は聞いてない。だけど礼儀はしっかりしてる先生だし、いろいろと忙しい人だから、 
連絡とか行き違いになってるのかもなあ?みたいな話になった。 

そして、連休終わってゼミに行ったらお茶のときに 
「そういや誰か、先日家に乾燥芋送った人いないか?」と先生がゼミ生に聞いてきた。 
「なんか自分の家で送ったようなんですよ?」となんだかな?と思いながら答えると 
「ああ、よかった、乾燥芋ありがとう。すまん、実は〜」と話し始めてくれた。 

なんでも、先日のこと隣の家のお婆さんから乾燥芋を頂いたのだそうな。 
「頂き物のお裾分け〜」だそうで。 
先生の奥さんは先生と娘2人と一緒に「美味しく食べましたー」だったけど。 
後日、先生の隣家が尋ねてきた。 

「すみません、実はあの乾燥芋、留守だった時にどうやら先生の家に来た宅急便の中身の 
ようなんのです。我が家のちょっとボケがあるお婆さんが、留守を守ってるときに 
先生宅にきたの宅配便を業者から引き受けて開封してお裾分けしたもののようなのです。」 

先生夫婦ぽかーん「え?ちょ?なに?」


229: 名無しさん@おーぷん 2016/01/18(月)14:12:35 ID:efa
後輩は、飲み会で頼んだサラダ(大皿にサラダがのってるやつ)を自分の前に引き寄せて、「いただきます」と言って直接食べようとしたことがある。
さも自分の定食についてるサラダを今から食べますよ的な感じで、自然に持って行ったからびっくりして止めた。
自分の箸をサラダにガッツリ入れて口に入れようとしていたので私が「ちょっと待ったー!」と。
後輩は注意の意味がわからないし(ただただキョドッていた)周りは後輩にドン引きでなんとも言えない空気だった。
飲み会には先生などがいて、みんな話に夢中になっていたからサラダに手をつけてなかった。

私の近くだったら取り分けて大皿を空にしちゃうけど遠かったし、後輩の近くだからやってくれるかな?と少し期待していて。
そしたら、後輩の中では「みんな取らない」➡「みんな要らないのだろう」➡「勿体無いから自分が全部食べなきゃ」になったようだ。
後輩は、その後も似たようなトラブルを沢山起こしていたから、たぶん発達障害だったのだと思う。
でも最初は大学生でこんな人がいるのかと衝撃的だった。

468: 名無しさん@生活サロン板できました 04/10/07 21:43:24 ID:yqrPD3zP
俺は子供の頃母を亡くしたんだけど、 
父が母の結婚指輪を俺にくれた。 
「これは母ちゃんが毎日付けとったけん、気持ちが入っとるとよ」 
裏側にT to M(両親のイニシャル)が入ってる指輪なんだけど、 
当時の俺には大きすぎて、透明のプラスチックの指輪入れに入れて 
学習机の引き出しに大事にしまい、寂しくなったら出して指にはめていた。 
ところがある日引き出しを開けたらそれが無くなってた。 
半狂乱で泣き叫びながら探したが無い。 
その日一緒に遊んでた子にも電話で聞いたが皆知らないと言う。 
俺の境遇に同情していた子供達の親御さんたちも 
その日遊んでいた公園と、そこまでの道のりを懐中電灯照らして探してくれた。 
その時の俺にとっては指輪=お母さんで、 
指輪が見つからなかった事は相当ショックだったらしく 
その時の記憶が全く無い。そこだけスポッと無い感じ。 
おばさんたちが家から出て行く所から、次の記憶は病院のベッドで点滴をじっと見てる所。 
聞いた所によると、ゲロゲロ吐いて腹下して 
あんまりひどいので病院に行ったら即入院だったらしい。 
今大学生なんだけどあの時一緒に遊んでた女の子と偶然同じ大学に。 
幼なじみという事もあって仲良くなり、一緒にレポートをやる事になった。 
彼女の家に行って、ホッチキスでレポートを閉じていたら針が無くなり、 
「引き出しの中にあるから」と言われて開けたら見つからず、 
ゴソゴソと探ったら引き出しの奥に母の指輪がケースごと入ってた。 
多分子供の頃深く考えずに持ってきちゃって、 
あまりに大事になってしまい言い出せなかったんだと思う。

494: 名無しさん@おーぷん 2016/11/11(金)21:18:37 ID:5hA
修羅場だったけど結果的に嬉しいことになった

今日の帰り、優先席に座っていたら
50代ぐらいのサラリーマンっぽいおじさんに絡まれた

なにか怒鳴ってる様子だったけどよく分からなかった。
耳がほとんど聞こえないから

若者である私が優先席に座っていることを責めているのはなんとなく伝わってきた
『車内で地震や事故が起きた時に
聴覚障害者として誘導してもらいやすいように優先席に座れ』
って親にも先生にも言われてるんだよね
それに席はかなり空いてたのに

よく聞こえなかったのは事実だから首をかしげて笑っていたら腕を掴まれた
流石にまずいと思って障害者手帳を見せようとしたら、
二十歳ぐらいの男性が来ておじさんを止めて下さった
何やら話し合った末、おじさんは席を蹴って去っていった

助けに入って下さった男性は、よくよく見ると母の働いているスーパーで
バイトとして働いている大学生の方だった
たまに母の職場に遊びに行くから前々から面識はあった
急いでいる様子でちゃんとお礼言えなかったから、
明日にでも母と一緒にありがとうしようと思う

人の善意に支えられながら生きてるんだなー
って改めて理解して暖かい気持ちになれた

467: A子 2007/02/02(金) 02:52:50 ID:60yZln51O
この時間に見てる人がいるかわかりませんが… 

一応投下する前にまとめてみたんですが、わかりにくかったらすいません。 

まず登場するのは 
A→私、大学生 
T→彼、紳士服販売員 
M→彼の同期で同僚 
R子→Mの彼女 
Y子→R子の友達です 

修羅場に発展するまでの彼の職場内での話は彼と同僚から説明してもらいました 
ある日彼の職場にR子とY子が就活用のスーツを買うために来店。 
もちろん担当はMで二人のスーツを見立ててたけれど近くにいたTを見てR子が気に入った、というか一目惚れ状態になったらしく、MにTのことを聞いたりしていたんです。 

その時点でMはTには彼女がいると伝えたらしいんですがR子がTのところにY子を連れて 

「二人担当するのは大変だと思うからこの人担当してくれませんか?」 

とTに言いました。Tも自分の売り上げも上がるし、何よりY子の気持ちを知らなかったので快諾してスーツを見立てました。 

するとY子は完璧にTを好きになったらしく、Tに年齢、どこら辺に住んでるか、休日は何してる。などを聞いてきてTも不思議に思ったようです。 

R子はその間Mに仕事が終わったら4人で夕飯食べたいからTを誘って!!と頼んだんですがMは 

83: 恋人は名無しさん 2010/09/13(月) 20:50:44 ID:HDQuGY0VO
携帯からすみません 
数年前の話です 
内容的に修羅場とは違うかもだし、長いし叩かれるとも思いますが 

登場人物 
私子…地味で暗め、人付き合いが苦手 
彼雄…私子の初彼氏、私子とは同サークル別学科 
友子…私子の友人、同サークル同学科 
全員大学1年で大学で出会う 

私子は自宅から電車で1時間くらいかかる大学に合格し通学してた 
昔からの性格で友達があまりいなく、大学では変わろうと 
勇気を出してあるサークルに参加、そこで社交的で明るい友子と出会った 

928: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/03/03(火) 08:11:38 ID:ZF95LUM7O
登場人物(修羅場時) 
自分(大学1年♂) 
1号(高校3年♀) 
2号(大学2年♀) 
A(26才♂) 

登場人物は全て予備校(地元)仲間。Aは働いてたけど大検を取るために入った。 
自分も訳あって自主退学して大検を取得。東京の大学に無事受かり、冬休みに地元に帰省した時、修羅場は起こった。 

Aと1号は付き合って2年。予備校時代はみんなフレンドリーで、俺も当時の彼女と一緒にA&1号とダブルデートしたり仲良く過ごしていた。 
Aはお世辞にもイケメンとは言えなかったが、話がうまくて優しくみんなから慕われていた。中でも2号から慕われていたようだった。

 646: 恋人は名無しさん 2010/06/30(水) 20:46:32 ID:49oGxUXv0
微妙に修羅場スレに書き込むような内容じゃないかもしれんけど、 
どこに書き込んでいいものか分からなかったので 

俺が大学生の時、同じ大学の年上の彼女の部屋で彼女の浮気現場を目撃 
しかも相手が俺と同じサークルの後輩で、俺が贔屓にしていた「女」 

その後俺と彼女と間女(?)で良く分からない修羅場と蜜月があり 
更に色々あって何故かその間女が今の俺の嫁 
世の中何がどうなるのか本当に分からん


このページのトップヘ