今日の人気記事

秘密

436 :名無しさん@おーぷん 2015/04/15(水) 05:33:07 ID:JOs
黒い過去っていうか、現在進行形気味
2ちゃん~おーぷんでネタ師をやってること

小さい頃から小説家志望で、ある先生に弟子入りし、そこそこの出版社の新人賞をもらうに至った
出版されたのは新人賞の1冊だけだけど、文芸誌には時々載せてもらってた
先生の七光りもあったけど、もう少し頑張れば小説家として食っていけるってところまで来てたと思う

昔から大学ノートをネタ帳にしてて、段ボール箱3箱くらいあったんだけど、それを婚約者の母親に燃やされた
女の物書きなんて下品で人様に顔向けできないから、嫁入り前に清算してやるって
私の実父も昔から私が小説家になるのを快く思ってなく、婚約者母に加担したんだって

諦めをつけるためにと、実家の庭で箱ごと盛大に燃える様子を見せ付けられて発狂した
発狂したおかげで、めでたく破談になった
そのうえ父が何かしたらしくて、いきなり先生から破門を言い渡された
せめてと理由を聞きに言ったら警察を呼ぶと叫ばれたから、よっぽどのことをしたと思う
父は「おまえの年齢でいまさら腰掛けのOLなんて無理だから、せめて花嫁修業をしっかりして、
さっさと嫁に行け」なんて言ってて、実際にどこからか男を連れてきた
面倒なので、周りの言うままに結婚した

今は専業主婦をしてるけど、時々ネタ帳に書いてたネタを断片的に思い出す
子供がいない分時間があるから、それを短くまとめてネットに流してる
最初はまとめサイトなんて知らなくてただの吐き出し
まとめサイトを知って、私のネタが「名作」と銘打ってまとめられてたり
コメントがたくさんついてるのを見てとまらなくなった
タヒと流産だけは書かないと決めて、恋愛関係だとか嫁姑関係だとか、受けそうな話題で書いた
今でもいくつかは「有名なコピペ」として出てくる

コメント欄で議論になってるのを見ると、嬉しいのと同時に申罪悪感でいっぱいになる
何も知らない旦那が優しいのも胸が苦しい
ネタばっかり書いてごめんなさい
旦那の転勤で、今日、海外に出発します
ネットは当分できなくなるみたいなので、これを最後の書き込みにします
帰国したときには、この病気が治っていますように


48 :■忍法帖【Lv=1,アルミラージ,1WS】 2015/11/11(水) 15:48:37 ID:qtb
目立つタイプでもないのに、放送委員会でクリスマスラジオ放送とかやった時に
私「みなさんこんにちは~!来週は楽しいクリスマス☆ではクリスマスラジオ放送をはじめますっ☆最初のお便りは~」
「クリスマスは何食べる?チキン?」
私「欧米か!」
「サンタはどこから来るのかな?煙突?」
私「欧米か!」
とかやったこと。今考えるとサンタは北欧だと思う。

837 :彼氏いない歴774年 2013/10/24(木) 20:55:47 ID:5UMXsJXF
幼稚園の時、入園してから卒園までなぜかオカマキャラを演じてた
お遊戯中や園外では素の大人しい状態だったけど休み時間になると友達と外に飛び出して事あるごとに
「おーほほほほ!ワタシはオカマよー!」「イヤンっ!スカートがめくれちゃうー」「あらヤダッ!○○ちゃん(男の子)ステキ!ンもぅッホレちゃうー!」
とおネェ言葉でクネクネしながら皆と鬼ごっこや遊具で遊んでた
心優しい友達は普通に接してくれてたけど確か気持ち悪がってた子も居た
途中飽きた時もあったけどほとんど休み時間はオカマだった
卒園したら辞めた。理由は不明
親にもこのことは内緒にしてた

女だから周りから見るとただのオバチャンキャラだし
なぜ幼い三年間をオカマキャラに入れ込んでたのか私自身謎だし今更周りに聞きたくもないし
なにより全世界のオカマの皆さんすみませんと頭を下げたくなる思い出です

108 :名無しさん@HOME 2016/05/22(日) 11:31:45 0.net
GWが糞忙しい旦那、世間に遅れて連休を取得したので
私の実家(旦那実家も400mほど先にある)に帰省。
子供二人の面倒を母と見てると、旦那が父と酒を酌み交わし、

父、「旦那君のお陰で私子が……、孫は見れないと諦めかけたが恵まれ……、」
旦那「いえいえ、私子が……」
父、「旦那君が私子を大切に、優しく、癒して……」

父さん、ゴメン。
強カンされた後父すら拒絶した私を、旦那が助けてくれたと思ってるんだろうけど。
実際それに近いけど、大切?にされてるけど、

父の前にいる男はドSの鬼畜です。
過去を消化したんじゃないです。どうでも良くなっただけです。
精神的にはあの時期よりある程度自立出来ましたが、身体的な依存が重症です。
既に手遅れだけど、お父さんゴメン。
こんな事絶対に言えないけど、ゴメン。
子供預かって貰った時、旦那にイジメられてます。
心配して貰ってるのに、ゴメンなさい。

319 :可愛い奥様 2018/12/12(水) 02:54:31 .net
同棲してた彼氏が保証人になってた債権者に逃げられて、600万の借金背負った
2人で悩んだあげく、期間限定で出稼ぎに行くことになって
私もついて行った
毎月の返済金が多すぎて私も手伝った
しばらくしたら彼氏が大怪我して、仕事が出来なくなって
その時飲み屋でバイトしてたのを辞めて、デリに変更した
稼ぎが大きいのにびっくりしてたけど、高級店に移ったからだと言い訳して半年しないうちに返済できた
あとは引越しの資金と帰ってからの生活費稼いで帰れるね、と2人安心して過ごしてたんだけど
ある日、お家のパソコンのタブに私が働いてるデリのHPと私の写真が残ってた
私の源氏名での検索履歴もあった
でも彼氏から言われることもなく、返済後地元に2人で戻って半年後結婚
何事もなかったように楽しく私も旦那も暮らしているけど、大きい闇を2人が持ってると思うと何とも言えない気持ちになる

17 :名無しの心子知らず 2005/12/06(火) 17:24:02 ID:xGe/R3Pk
失業給付金を不正受給してるママ友の話は、こちらでよろしいですか??

550 :名無し@話し合い中 2006/12/22(金) 22:18:40
嫁に自分の仕事が化学の研究職であることを隠して、
総務部勤務であると言っていること。

404 :可愛い奥様 2012/07/27(金) 18:18:25 ID:2XM9LNp20
卒業旅行でいったグアムで処/女捨てたこと。

現地で知り合ったサモア人の4人組と仲良くなって、その人達の家に
泊まって寝ていたら、1人がやり始めて、それからだんだん乱爻みたいに
なってきて、自分の布団にも男が入ってきて、処/女だから何もわからず
寝たふりしていたら、キスされたりお〇ぱいもまれたりアソコなめられたりで、
最終的にはその男で処/女喪失。

自分としたあと、その男が他の子としてるの見てる時、
凄い悲しい気分になった。

それから悪い意味で開き直っちゃって、もう経験したんだから
あたしも気持ち良くなろうとかおもって、2日、3日目は自分の方から
サモア人のあれにあそこ一生懸命こすりつけるように腰動かしたり、
相手のが深く入るように一生懸命相手のお尻に手を伸ばして抱きついたりした。

それから日本で彼氏ができて、その人とするとき、あの時いい加減な形で
処/女捨てなければ良かったと思った。

今でもあの時に戻ってやり直したいと思う時がある。




819 :名無しさん@おーぷん 2014/07/14(月) 11:44:45 ID:IUxZpnByB
現在アラフィフなんですが、ひと月ほど前に父が亡くなりました。母も父が亡くなる2年ほど前に
亡くなっていて、一人娘だったので、実家を年内をめどに処分しようと思い週末ごとに実家に
帰り、遺品整理をしています。母親がもともと余り物を置くのが嫌いだったせいもあり、母親が亡くなった時に、
母親のものや不用品等はそこそこ片付いていたのですが、父親の蔵書や古い写真などが多くなかなか遺品の整理が終わりません。
とりあえず父親の書斎だけでも片づけてしまおうと思いがんばっていたのですが、一番大きな本棚の下の引き戸を開けると、
結構大きな金庫が出てきました。番号がわからないので、どうしようと思いあちこち鍵がないか探しました。
引き戸の裏側に番号が書いてあったので、番号を合わせると簡単に金庫が開いたのです。
金庫の中身は、古いS/M雑誌が入っていました。ちょっとというか、かなりというか衝撃を受けつつも、興味がわき
つい本を開いてしまいました。目を隠すように黒い線が入っていますが、確かに若かりし頃の母でした。
そして撮影場所は、今は若先生に代わってはいますが、結婚するまでかかりつけ医だった開業医の診察室だったんです。
雑誌を手にしたまま呆然としてしまいました。今もなんだか混乱しています。
老先生はかなり前に亡くなられたのですが、ひょっとして同好の士だったのかと気づきひょっとして若先生は知ってるのかもと思うと、
心の中がかなり修羅場。こんなこと旦那に相談できない。

798 :名無しさん@お腹いっぱい。 2007/04/29(日) 18:18:39
バツイチだった嫁に「過去の事は気にしない」と言ってプロポーズしたけど、
実は興信所で徹底的に調べてオールグリーンだった事を確認して、結婚に
踏み切った。結婚して2年経つ。全くの順風満帆だ。嫁は時々酒が入ると
「過去を気にせずバツイチである私と結婚してくれてありがとう」
と泣きながら言う。
その度に辛くなる。
本当は過去を徹底的に調べて「安牌」であるのを確認した後に結婚したのに。
嫁に打ち明けて謝り、スッキリしたいと思うけど、これまで積み上げてきた
物が崩れそうで怖くてできない。

このページのトップヘ