今日の人気記事

育児

160 :名無しの心子知らず 2012/08/07(火) 07:31:56 ID:uvlqnrTL
数年前の夏休み前に子供の幼稚園同クラスAママ(男児持ち)が

「私さんの家にAを遊びに行かせますが○日○時か×日でいいですか?」
と、一方的に通告してきた
そもそも家は女の子だし、挨拶程度しかしたこと無い人、家も知らない
他のママに聞いてみると、家も家も、とクラスほぼ全員で日時だけが
名簿順らしき割り振りだった(お盆の数日を除く夏休み中の計画みたい)

役員ママが「夏休みはそれぞれ予定があるし、一方的に言われてみんな困っている」
やんわり注意したら「誰とでも仲良くできる理想の子育てをしようとしているのに
なぜ水を差す。それに第二候補の日時をお知らせしてるから一方的では無い」
だって…

其処の子、乱暴じゃないんだけど順番を守らないとか独り占めするとかで
お友達いないんだよね~
発達障害といえるほどじゃないけど、変な子
お母さんがキチだからだと思うようになったよ


219 :名無しさん@おーぷん 2017/07/20(木) 09:59:53 ID:wkD
去年の6月くらいかな?
子供連れて川沿いの公園に行ったんだけど、途中日陰も無い場所で爺さんがひっくり返ってるの
近くのベンチに座ってる人も無視していたし、俺もスルーして通り過ぎたんだけどやっぱ気になるよね
せめて木陰に移動させようと思って、子供を遊具のところに置いて爺さんの所へ戻って声を掛けたんだ

酔っぱらいだったwしかもかなり悪質な絡み方の
俺につかみ掛かろうとしたけど、うまく立てずにまたひっくり返ってた
この時点で周りの人が手を貸さなかった理由がようやくわかったよ
もういいや、お前はそこでかわいてゆけ

もちろん、困っている人を助ける事は大事な事だと思うけど
特に女性や高齢の方、自分の安全を確保した上で出来る範囲で行動してください

441 :名無しさん@おーぷん 2016/11/30(水) 22:54:45 ID:v45
10年くらいまえかな。
当時住んでたマンション、上の部屋の子供が毎日ドタドタうるさかった。
何度注意やお願いしても一向に直らなかった。
子供自体挨拶もしない、母親より若い私をクソババア呼ばわりで可愛いげのない子供だった。
シンママで母親は朝から夜まで働いてるし、気の毒で余り強気に言えなくてね。

ある日子供っぽい筆跡で可愛いレターセットでラブレターを書いてみた。
次は悪口満載の手紙をかいた。
ラブレターもバーカ本気にすんな!みたいに書いて。
ほぼ毎日悪口の手紙を書き続けたら、学校に行かなくなったみたい。
なので児童相談所に連絡したら、学校に行ったみたいだけど、学校来るなアホって手紙を書いたら、引きこもりになった
子供相手に大人気無かったと反省してる。

207 :名無しさん@HOME 2016/12/22(木) 00:56:07 0.net
ずーーーーーっと勝手に叔母だと思ってた育ての親が、亡くなった母の単なる幼なじみだった。

両親が生きてる頃からみんなで旅行したり、母が入院中に家事をしに来てくれたり、小さい頃の母と一緒に写ってる写真とかいっぱいあったから勝手に母の妹だと思ってた。

身内でもない幼なじみの五歳児を面倒みてくれて大学まで出してくれた育ての母。
初めて知った時はショックとかではなく、本当にただただビックリした。

知った時は心臓がバクバクして息が詰まったけど、育ての母は「えー?知らなかったの?」とあまりにもサラッとしてて1人で頭の中が修羅場ってた。

284 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2015/08/27(木) 05:28:21 ID:vAQE4h/7.net
昨日の夕方前の事なんだけど。

我が家に滞在している義父(普段は別居してる)が、私の近所で有名な放置子に
何かを叫びながら、鬼の形相で追い掛けていた。

その放置子から逃げ回ってる人なら何度か見たけど、追い掛けて回してる人は初めて見た。

何だろう、嫌な予感しかしない。
何で追いかけ回していたか、義父に聞こうかと思ったけど、早寝で聞けなかった。

旦那は夜勤で、もうすぐ帰ってくる。
旦那に聞いてもらおう。

なんか中途半端な報告でごめんね。

381 :名無しさん@おーぷん 2017/06/05(月) 21:45:41 ID:R6j
文章をふだん書かず文才がないのでごめんな
出戻り姉一匹あり 姉のコブ二匹 どっちも俺実家に今住んでいる
いわゆる叱らない育児で、二匹とも野ザル同然
両方男 上は小3 下は幼稚園年長
姉があまりに酷いので嫁が週1で行ってなんやかやしてた
しかし野ザルは嫁をナメまくっていつも蹴ったりしていた
それがエスカレートし、嫁が怪我をした
足と片方の眼球 それで今離婚危機
俺と結婚しなければ健康体だった嫁をかたわにしてしまった
弁護士探したが、身内相手の裁判は基本引き受ける人いませんよと言われた
大した金取れなくて弁護士が採算あわないらしい
絶望と憎しみしかない
姉と上のガキをはったおしたが何も戻ってこない

303 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/08/23(日) 22:24:43 ID:chjY07df.net
弟夫婦の子供が来年小学生。
てなわけで、弟がウチの両親と祖父母に「ランドセルと机買ってね」と連絡してきた。
それ聞いて両親激怒、祖父母困惑。
だって弟夫婦の子供、写真でしか見たことない。しかもその写真も1歳になるころには送られなくなった。
両親は「会ったことのない孫になんかやるものはない!」とブチ切れ。
弟は「姉ちゃんとこにはやったろ!」と逆ギレしたけど、両親が
・私夫婦は旦那側の親戚が誰もいないこと
・旦那の配慮で私の実家と祖父母の中間に住んでて、いざとなったら私夫婦に色々と手助けをしてもらっていること(祖父母の通院の車出しとか)
・両親も祖父母も、私の子供たちには新生児のころから頻繁に会っていること
・ランドセルも机も当初旦那が拒否したが、お祝いとして孫(ひ孫)に贈ったこと
・それは全て旦那が私側の親戚との付き合いを頑張っていることと、孫がきちんと自分たちにお礼を言える子だったからしたことだ
と説明した。

弟夫婦は結婚報告以来会ったことない。
私の実家から車で1時間ほど離れたアパートに住んでるとは聞いてるけど、弟夫婦は車持ってないからか、本当に会ってない。
弟嫁の顔をみんな忘れてるくらい。
弟経由で、弟嫁の実家は徒歩5分の距離と聞いてるから、弟嫁両親たちは毎日のように孫を見れるらしい。
溺愛してるって弟は言ってるのに「小学生で必要なものは旦那の親の方が買うもんだ」と、孫に1円も出さないと宣言してるとか。

弟が「じゃあ今度連れてくるよ」と言っても「今更遅い」と両親が拒否。
弟は「姉ちゃんとこと同じ孫だろ!」とブチ切れると「孫はすでに2人おるから知らんわ!」と特に父がブチ切れ。
その後、実家に数年振りに弟嫁から「あなたたちのことは既にタヒんだことにしてるんですけど、生き返らせたかったらお祝いよろしく!」と電話がきたらしい。
対応したオカンが「タヒんだままで結構!」と返したらものすごいふぁびょってたみたい。

弟嫁、結構アレなキャラだったんだなぁ。

533 :名無しさん@おーぷん 2016/12/14(水) 22:17:36 ID:K3U
子供の頃のことをふと思い出したので吐き出し。

私と妹がまだ小さい頃、家の近所にレストランができた。
その店のシェフが偶然にも母の知り合いで、
オープン初日だけ手伝ってくれないかと頼まれて母が昼と夜に行くことになった。

当日の夜は母がいないので父と私と妹の3人で夕食を食べてテレビを見て、
そのうち間が持たなくなったのか、「母さん呼んで来い」と父が言った。

私が悪戯心で「お父さん怒ってるって言ったら急いで帰って来るかな?」と聞いたら
父は「ああ、父さんが怒ってるって言っていいぞ」と答え、
馬鹿な私は本当にお店に行って「お父さん怒ってるから帰って来て」と言ってしまった。
お店の人達は慌てて母を帰してくれて、今思えば本当に悪いことをしたと思う。

家に着いたら「あんた何言ってんのよ!」と母に叩かれ、両親の大喧嘩が始まって、
私はそれを見て怖くて泣きながら自分の馬鹿さ加減を呪い続けた。

お店に行った時、母はとても楽しそうに笑顔で注文を取っていて、
社交的な性格だから接客業とか好きだったんだろう。本当にイキイキしていた。
それを私が一瞬でぶち壊してしまったんだと思うと今も後悔しかない。

317 :名無しさん@おーぷん 2015/10/12(月) 21:50:18 ID:1Fa
現在も起きてることなんですが、ここ数日この時間になると熱唱し始めるお兄さんがいる。
すごい迷惑。

でもベランダから外を見ても歌ってる人は見当たらないし、
これは家の中から歌ってる声が筒抜けってやつなのか、歌ってる人が分からない。
うちは小3、年長、1ヶ月の3姉妹。
上2人は21時には寝かせるんだけどちょうど21時ぐらいから歌い出すんだわ。
最初はあまりの熱唱ぶりとちょい音痴に笑ってたんだけど、
最近はうるさくて眠れなくて本当に迷惑。
窓閉めても聞こえるんだよ、どんだけ熱唱なんだよ。
1か月の末っ子も、よし!寝た!って時に歌われると結構気になるようでモゾモゾして起きてしまう。

声からして高校生~大学生、30代まで?ぐらいの男性だと思うんだけど、
近所に住んでないんだよね。
いないことないんだけど、さすがに3軒隣から聞こえてるとは思えない。

でも歌ってる人が家の中から歌ってたらそれって注意できるもんかな?
騒音、ってことになるんだろうか。
今もよく分からない洋楽?英語?の歌を歌ってるよ。

このページのトップヘ