今日の人気記事

冠婚葬祭

308: 愛とタヒの名無しさん 2011/02/22 14:03:02
新郎従妹で出席した結婚式。 

新郎はいわば本家跡取りで、実家は田舎だけど土地持ちのいわば地元の名家。
いい大学出て新郎両親の自慢の息子だったんだが、
就職した東京で係累のいない彼女連れ帰ってきて一族発狂。 

大騒ぎしたあげく、駆け落ちしそうになって新郎両親が渋々許可→新郎母が決めた式場で 
結婚式をあげ、結婚後は実家に戻って同居となった。 

私含むイトコ世代は「あーあ、嫁いびりされるぞこりゃ」とうんざりしてた。 

披露宴がはじまると、新婦側の出席者は新婦の勤め先の上司夫婦と同僚代表のおばさんが 一人、
あとは新婦友人の女性が一人だけ。 
新婦は幼い頃に両親が事故で他界したそうで、親戚をたらい回しされて育ったそうだ。
今どきあるんだね、太変だねと言っていたが、実際に家に迎える新郎両親は
「どんな育ちだかわかったもんじゃない!」とはなっから身構えてた。 
あと、交通費もかかる地方での式だからしょうがないかもしれないが、これだけ少ない招待 
客って新婦に何か問題でも??という空気は少なからずあった。 

ぴりぴりムードのまま式がはじまり、新郎側招待客の長いスピーチが続いたあとで新婦上司 
がスピーチ。穏やかで心のこもった挨拶で、新婦の人となりや仕事ぶりを褒め、信頼する部下 
が仕事を辞めるのは残念だが…と、心の底から新婦の幸せを祈っているのがわかるスピーチだった。 
その後、新婦友人(以後A)がスピーチの壇上にあがった。 

新婦友人は小学校の4年の夏から5年の秋まで同級生だっただけの人で、新婦が別の親戚の家に 
行くのに引っ越したあとは、ときどき文通してたんだって。で、結婚が決まってはじめて手紙に 
彼氏がいたことを書いて結婚式に出てくれないかと言われ、仕事で海外にいたのを急遽帰国して 
きてくれたのだそうだ。


915: 名無し 2016/10/31(月)11:18:37 ID:Qs9
吐き出しです。

先日あったことで、
小学校からの友人の結婚式で、
早めに美容室が終わり
駅に一時間前に着いて待っていました。
(15:40発)

送迎バスがでるとのことだが
まてどまてど来ない。
十分すぎて式場に確認したら
「責任者の方と連絡されました~?」
連絡先も誰かも知らない。

「え、じゃあ確認して折り返します」
20分以上待たされました。

「バスはちゃんとつきました!!
1 5 : 3 0 に〇〇駅の〇〇側でした。ですので~」
カチンときて
招待状に書いてあった時間が違う、
集合場所も地元民もあまり使わない
スポーツ施設側(駅からの出入口はない)で、
招待状には駅の名前だけだったので
バスターミナルもある正面で待ってたと伝えるも、

「じゃあ隣県(会場)の主要駅までなんとか来て
そこからタクシーで来てくださいとのことです!!」

帰りました。

直後新婦から連絡来て御祝儀は送る、
晴れの日にごめんでまた後日で終わり。

調べたら当日欠席なら電報送るのがマナーとあったけど
そんな気力もなかったしなにより疲れた。

友人はやっぱり遅れてでも~で何件かLINE来てたけど
そこまで行くのに軽く1時間以上かかるから。
正直無理。

既女板に間違えて投稿して
書き方が悪く私の頭の悪さがうかがえると
レスがついていたので一部書き足しと添削してます。

435: おさかなくわえた名無しさん 2017/02/26(日) 01:20:09.52 ID:v6RKWnNF
鬼女の皆さんに質問させていただきたいです。 
30歳の結婚を控えた女ですが、未来の義弟嫁とのことで悩んでいます。 
文章が下手なので過剰書きになるのですが お願いします。 

・私 30女 /旦那予定(婚約中 以後旦那 30)/
旦那弟(婚約中以後義弟28)/義弟婚約者(以後義弟嫁28)の間でモメてます 

・私たちと義弟たちは同じくらいの時期から付き合っていた 
・私たちが入籍を今年5月、挙式を12月にするこになった 一カ月前に両家族に報告 
・義母や義父には賛成してもらった 
・この時点で義弟カップルの存在は知っていたけど会ったことがなかった 
・この義弟カップルは4月入籍10月挙式を決めていて式場は昨年から予約済み 
・義弟たち(主に義弟嫁)が挙式の感覚が二ヵ月
というのは狭いのではないかと言いだしたらしい 
・理由は旦那側親族で飛行機の距離のゲストが多いため 
・義母たちも言われてみれば…という感じになっている 
・義弟嫁は式場予約の前に、義弟から夫に結婚の予定や挙式の予定を確認したらしい 
・その時まだ結婚を考えてなかった旦那は先にやってと気軽に言ったらしい。私には相談なし 
・義母にも義弟嫁から「お兄さんたちより先でも大丈夫ですか?」と確認し、
義母もオッケー出したらしい 
・私は義弟たちのことはつい最近聞いたけど、今のままの日程でいいと思っている 
・義弟たちが、私たちが本気で12月に式を上げると知って、
自分たちの結婚をキャンセルして来年秋にすると言い出し、もめている

535: 愛とタヒの名無しさん 2011/02/09(水) 08:25:08
先日出席した友人(新婦)の結婚式 

ブーケトスの際、集まったほとんどの人が 
「まぁ、遊びだしね」 
「実はめんどくさい」 
と小声で言いながら苦笑している中、貰う気満々の女性がいた 
いざ、ブーケが投げられると、きゃ〜と言いながらみんなが手を引っ込めたり、さりげなく隣にパスしたりしているうちにブーケは見物に来ていた女の子の手に 
「すごい!今度お嫁さんになるよ」 
と私が言うと女の子は嬉しそうに飛び跳ねた 
すると貰う気満々だった女性がその子からブーケを奪い取った

嫌がるその子の手を無理矢理開かせての行為に、新婦も飛んで来てみんなで止めたが女性は鼻息荒く 
「私が結婚しちゃいけないの!?」 
その言葉に場が一気に白けた 

一人ブーケを手に女性が戻った先は新郎親戚の席 
が、「こっち来るな」「何て見苦しいことすんの!」と座っていた人たちから怒られ、女性の反論する声が全部丸聞こえ 

覚えているのはそれだけな結婚式だった  

455: 可愛い奥様 2016/12/05(月) 20:54:59.19
親族にはバレてるけど、他人には隠したい過去。 
多分、母親としては最低な類に入る。

私は男の子の双子を産んだ。その下には更に女の子も1人いる。 
夫の兄夫婦は、どちらも高学歴高収入な夫婦だけど、30後半になっても子供が出来ずにいた。 
法事等で義兄夫婦と会うたびに子供らに「ウチに1人おいで」と言われていた。 
と言っても、義兄夫婦も周りの人も、私たち夫婦もそれが冗談だとわかっていたので、毎回笑って流していた。
 一度言えばそれ以降は言わなかったし、毎回「また言ってるよww」って感じだった。 

双子が小4になった時のGW。義実家に遊びに行くと義兄夫婦もいた。 
そしてお馴染みの「いつも良い子たちだね~ウチに1人おいで!」が始まった。 
義両親もいつものことだから、あらあらで終わろうとしてたんだけど、双子の兄の方が「いいよ!叔父さん叔母さんのとこの子になる!」と言った。 
その時もまだみんな「こらこら~ww」ですんでたんだけど、やたらと「いや、本当になる!」と双子兄も譲らなくて。 
まずいと思ったのか義兄夫婦が「冗談だよー」で終わらせようとしても、頑なに「叔父さんとこの子供になるよ!」と言い続けてた。 

その日はいつも通り帰宅したんだけど、帰宅した後もずーっと「俺、向こう(義兄夫婦)の子供になりたい」と言うもんだから、私も夫も「いい加減にしなさい」と少し強めに叱った。 
それからお盆まで毎日毎日。義兄夫婦の子になりたいと。 
何度も「なぜ?」と聞いた。 
向こうがお金持ちで優しいから、と返って来た。 

そりゃ義兄夫婦共に稼ぐ職業で小梨だから、ウチの子供らにいつも良い物を買ってくれてた。 
双子の弟が「俺とお母さんたちと別々に暮らすんだよ?いいの?」と何度言っても「別に平気」と。 
最終的に「俺、お母さんよりも叔母さんの方がいい」と言われて、自分でも驚くほど双子兄への色んな感情が消えた。 
だからその場で「いいよ。じゃあお盆でさよならだね。荷物まとめなさい」と笑顔で言ったらしい。 
それ聞いて双子兄もウキウキと荷造りしたらしい。

437: おさかなくわえた名無しさん 2011/11/18(金) 22:12:48.65
新郎新婦共通の友人として夫婦で出席した披露宴が
不幸と言うか修羅場と言うか…
いや、はっきり不幸だったかも。 

新郎新婦は高校時代の同級生。 結婚式は普通に良い式だったらしい。 

結婚式が終わり披露宴の会場へと移動したら、 
新郎親族.新婦親族.新郎の職場関係.新婦の職場関係.新郎友人.
新婦友人のテーブルの他に共通の友人の席があって私達は其処に座った。 

共通の友人達は皆、高校時代の友人で片親だったり家に居場所が無かったりと訳あり。 
其処に目の覚めるような迫力美人が居た。 
美人さんは私達の一つ年上の先輩で、姉御肌と言うか肝っ玉母ちゃん気質と言うか…
まぁ、新郎新婦だけでなくそのテーブルに居た全員の恩人みたいな人。 
本来ならその日は長期出張中で地元に居れなかった筈のところ、
新婦がごねにごねて披露宴だけでなく親族だけでする筈の結婚式にまで出てもらって其処に居た。

社会に出てまで美人姉さんにワガママかます新婦や美人姉さんを見て目の色変える野郎共、美人姉さんage新婦sageする新郎親族に少しイラッとしたものの披露宴は滞りなく進み、二回目のお色直しの時に事件が起きた。 
あと、蛇足だけど…美人姉さん、一回目のお色直しの時に新郎新婦や招待客が連れてきた子供達に集まられてもニコニコして、トイレの面倒まで見てあげてた。 
新婦sageの新郎親族には柔らかな笑顔としか言い様無い顔で口調は優しく内容は辛辣に雰囲気壊さず皮肉かまして黙らせてた。 

で、二回目のお色直し。 
新郎新婦待ちの歓談中、美人姉さんをしつこくナンパする新郎友人に一言。 
「ご好意はありがたいのですが、私には結婚を前提にお付き合いさせていただいてる方がおります」 
この言葉で共通友人ら発狂。 
「美人姉さんが結婚なんて!」と大騒ぎ。 
それが新郎にも伝わって、着替えも済んでないのに掛け戻ってきた。 

新郎「美人姉さんは一生独身だと思ってたからアイツで我慢したのに!」 
私夫「俺もだよ!」 

まぁ後は修羅場でした。 
久しぶりの美人姉さんのお説教、怖かった… 

美人姉さんも新婦も私も不幸な披露宴でした。

673: 愛と死の名無しさん 2010/10/07(木) 02:08:16
やっちまいました… 

土曜に結婚式いってきたんですが、メインの肉料理のあとに硬すぎるシャーベットが出たんですよ。 
ご歓談ください中だったもんで皆シャーベットをスプーンでがりがり削ってたんです。 
で、食べるのに夢中な私、おもいっきりスプーンをつきたてたんです。シャーベットに。 

つるーんと飛んでいきました。シャーベット。 
そして隣のテーブルのおねえさんの背中にヒット。 
悲鳴をあげるおねえさん。その拍子にひじがグラスにヒット。 
中身を撒き散らしつつ落ちるグラス。 

ごめんなさいまじで

360: 名無しさん@HOME 2016/01/16(土) 18:25:01.54 0
息子(26歳)が結婚をしたい相手がいると言ってきた。 
相手は24歳の女性。大学で同じサークルだった人で明るく良い子だそうだ。 
お父さんはサラリーマンで、お母さんはスーパーでパートで働いているらしい。 

俺の家は、自慢できる家柄でもないし、相手の家柄を気にすることは無い。 
相手のご両親が、無職でギャンブルに狂っているとかで無く、きちんと働いているなら、 
何も問題ないと思っていた。 

が、問題があった 
奨学金と云う名の借金。 
相手の親は、高卒で働けと言ったが
大学へ行ったのは自分の意志だから自分で払えと言っているらしい。 

もう一つが、結婚式の代金。 
息子は会社関係の人たちを呼ぶから、きちんとしたホテルでそれなりにやりたいと言うが、 
相手の親は、結婚式場で十分。ホテルでなんて贅沢と言っている。 

結論 
息子は、結婚後少し援助してくれ。
ホテルと結婚式場の差額分(相手負担分)をこっちでお願いしたい。 
俺の意見、借金を返済するまでこの家で同居しろ。家賃光熱費が無料になる。 
食費も同じものを食べるなら無料になる。二人の外食分だけ負担すればいい。 
お金を貯めて、奨学金を二人で返せ。それから二人で生活すればいい。 

差額分を負担すると、相手のご両親の立場が無くなる。 
相手親とは対等でいたいから、負担はできん。
俺からお前への借金としての貸し出しならできる。 

俺の考え方、おかしいか?


870: 愛とタヒの名無しさん 2010/09/03(金) 03:17:15 
やや不幸な結婚式 

新婦の実姉の息子(6歳くらい)がまったく落ち着きのない子供だった 

集合写真の際にじっと待っていることができず、カメラマンに向かって突進するなど序の口 
駐車場の脇にあった、鯉の泳ぐ池に石を大量に投げ込むわ 
式場ロビーを走り回り、置いてあるTVのチャンネルをすべて砂嵐にするわ 
司会用のマイクにむかって奇声を上げるわ(電源が入っていなかったのは不幸中の幸い) 
料理が運ばれた際の飲み物がオレンジジュースだったことに腹を立て「コーラ!コーーーラーーー!」と絶叫するわ 
新郎の友人一同がアコースティックギターで演奏しながら、お祝いの歌を歌っている壇上に駆け上ろうとするわ 

両親(新婦の姉夫妻)がどれだけ叱ろうとも、クソガキさんたら意に介さず 
最終的には業を煮やした両親にひっぱたかれて大泣きする始末 

でも一番酷かったのは、最後の「新婦から両親への手紙」的なシメの場面で 
いきなり大量に嘔吐しやがったこと 
クソガキがテーブルにギガトン級のゲロぶちまけんの、思いっきり見ちゃったよ ああ最悪 

566: UG 2007/12/07(金) 01:46:20.56 ID:MJATWMM0
こんばんは。
トリってまだ有効なんだろうか。

先日の最後らへんのレスで「今日で終わりにするよ」と言ったので、
ここに書き込むべきか大いに悩みました。

だけど、このスレにカキコしてくれた人には知らせたいと思ったので。
蛇足になるかもしれませんが、気に障るかもしれませんが。
ちょっと書き記したいと思います。
読んでくれるとありがたいです。

このページのトップヘ