今日の人気記事

冠婚葬祭

742 :名無しさん@HOME 2018/10/08(月) 13:45:10 0.net
書き捨てさせてください。
義姉が欲張りすぎて話にならない。

夫は次男。義姉、義兄、夫の順番の三人兄弟。
先日数年の自宅介護と数か月の入院を経て、義母が亡くなった。
遺産は、不動産7割と現金類。そして不動産収入あり。

介護中は、同居の義兄夫婦が面倒を見ていたし、私は遠距離だったので助かっていた。
だからこそ夫が「兄ちゃん(義兄)夫婦が全部継げばいい」と、あらかじめ聞いていたし、その後も「相続放棄する」と言ってきた時にも文句はなかった。

でも義姉が「絶対に公平に」とか言い出して、話しがもつれている。
その上夫にまで「末っ子ちゃん=夫が相続放棄すれば、取り分が増える」とか連絡してきて、夫激怒。
おかげで全然相続の話ができないらしく、夫がいつもイライラしている。
義兄が、義姉ばかりに気を遣うのも気に入らないらしいし。

早く片付けよと、ホントそう思う。


66 :名無しさん@HOME 2016/02/08(月) 15:26:53 0.net
先日婿入りした兄が亡くなった
兄嫁から「葬儀はこちらで執りおこないますので口出し無用です」みたいなメールがきた
兄夫婦とは仲良くなかったし嫌な思いしそうなので花輪をだして参列して帰ってきた
しばらくして葬儀屋から請求書が届いた
俺も親も訳分からず葬儀屋に連絡してみると兄嫁が息子の葬儀なんだから支払いは親がするのが当然だからあちらに請求しろって事だった
うちは無関係だし兄嫁から口出し無用と言われいるので支払いは出来ないと説明したら葬儀屋は理解してくれた
数日後兄嫁から内容証明が届いた
葬儀代はそちらで払え
兄の生命保険金を全てこちらに渡せ
娘が高校卒業まで学費等を援助しろ
兄が建てた家のローンを払え
もう何が何だか
気になって兄の会社に問い合わせてみた
そしたらそっちでも問題なってて弁護士さんまで入ってる様子
兄の会社の就業規則では「業務中に亡くなったは葬儀費用、子息が高校卒業まで学費を支給」とある
今回、兄は休日自宅で亡くなったからそれは適用されないらしく会社からは見舞金と一時金と退職金が出るだけだったらしい
しかし退職金は労金からの借金と相杀殳されてほぼなし
兄の生命保険金の受取人は保険料を払っていた母だったから兄嫁は請求権はない
兄が家を建てた時、兄ではローンが通らず兄嫁と兄嫁父でローンを組んだらしい
兄がローン組んだのであればタヒ亡保険でローン完済になるけどそれもなし
だからウチになんとかしろって事になったんだろうと
まぁ放置しますけど

56 :名無しの心子知らず 2013/10/19(土) 12:46:19 ID:SXAkImbT
娘の幼稚園のクラスメートが亡くなった。
去年からずっと入退院を繰り返していて、長くはないと言われてはいたらしい。

お葬式の帰り、あるママが
「祭壇に飾ってあったランドセル、数量限定ですぐ売り切れちゃったヤツだった。
うちはあれ買えなかった。
天国でランドセルなんていらないんだから、限定物なんて買わなくても。
お供えはニトリとかイオンとかのランドセルにしといて
限定物は必要な人に譲るべきじゃないのかな。
うち、××のランドセル買うつもりなんだけど、あの祭壇のと替えてもらえないかな
だって、せっかくのランドセルが宝の持ち腐れだよ」
というようなことを言い出して、ドン引きした。

闘病生活の中、小学生になるのをすごく楽しみにしていて
ランドセルを毎日病室で背負ってたと、喪主挨拶で言ってたのに。
あのランドセルを背負って小学校に通うのを目標に、闘病生活頑張っていたんだろうに。

218 :おさかなくわえた名無しさん 2019/10/31(木) 13:52:46
結婚を考えてた彼氏がいるけど破談になりそう。
理由は私の身内に警察官が居て身辺調査必要だから。
彼母が反対してるって。
身辺調査が今時古い、プライバシーの侵害、信用出来ないなら嫁いで来なくて結構って。
好きだったし、結婚したかったのに多分無理。
すごく悲しい。

336 :名無しさん@HOME 2011/11/16(水) 12:14:57 0
義弟嫁と知らんうちにモメて解決してた。

義弟のとことうちは同時期に親に挨拶して結婚決めたんだが、あっちは出来婚だったので、
義弟嫁出産時はまだ私たちは結婚してなかった。
なので、独身兄から弟への結婚祝いとして(現金3万円)、その婚約者の私からメゾピアノ
だったかな?忘れたけど当時女の子持ちの友人に聞いた貰って嬉しいブランドの服を贈った。
二万くらい。

義弟は義実家の隣市に住んでいて、うちは遠方。年に1~2回の帰省時に会うくらいで、
あまり喋ったこともなかった。
でも、私が男の子を産んだとき、「男の子って服もかわいくないし、汚くてつまんないです
よねw」とバカにしたように言われたので、さらに疎遠になった。

続く



1 :名無しさん@おーぷん 2015/03/21(土) 22:37:07 ID:GxE
いくつかアドバイスというかお話しますね

501 :愛とタヒの名無しさん 2008/04/06(日) 18:08:48
親戚のお兄ちゃんが新郎の結婚式、レストランで人前式だったんだけど、
変なお婆さんが「娘の結婚式だ!」って押し掛けてきて騒いだらしい。
式の直前だったのに、新婦両親は揃って青い顔で出て行った。
その後式は少し遅れて始まったけど、新婦さんは普通ににこにこしていた。
変だなーと思ったのを覚えてる。

最近ようやく事情を聞けたら、新婦さんは養女で変なお婆さんは本当の母親。
落ちぶれたお嬢様だった実母は、新婦さんの実兄が逆玉に乗ることになって
返り咲きの機会が来たとヒートアップしすぎちゃったらしい。

何としても結婚を成功させようとして、借金して服や家具を買ったりしたらしい。
しかも、まだ小さかった新婦さんが自分の家の貧乏さをうっかり言わないように
婚約者が来るときは、口にガムテープ張られて庭の物置に閉じ込めてたとか。
それでも婚約者に妹がいることがばれて、一度会いたいと言われちゃったから
慌てて自分の友人の家に「あげる」と言って養子に出してしまったんだそうだ。
「もううちの子ではないし、親に会ったらめでたい席で泣くから結婚式にも出さない」
ということで結婚式を乗り切ったらしい。

当たり前だが新婦さんは実母をひどく恨んでいて、連絡を絶ってたという。
しかしそこまでした実母、実兄さんの浮気であっさり離婚し逆玉から転落。
今は息子からも娘からも縁を切られて孤独らしい。

新婦さんは「あの女はいつも私を不幸にする」と控室で言ってたそうだ。
今は幸せらしいのでよかったねと思う。

147 :愛とタヒの名無しさん 2014/11/18(火) 02:41:00 .net
結婚式のサプライズは下手すると大惨事になるからやめといたほうがいいよね。
兄が結婚やめたのもサプライズが原因だったよ。

909 :愛とタヒの名無しさん 2013/06/27(木) 20:38:46
昔出席した友人の結婚式。

新婦は大学時代の友人で、サークルではかなり濃い付き合いをしてきた子だった。
頭のいい子で、某有名大学の付属上がり。実家も裕福でセンスもいいし、自分大好き!なところはあったけど
それも彼女の魅力のひとつって感じで素直ないい子だと思ってた、その時までは。

式披露宴にあたり両親援助などはなかったみたいだけど、いろいろ工夫すると言っていたので、
仲間内で最初に結婚することもあり皆で応援し、「手伝うことがあれば言ってね」と声をかけていた。
当日は高層階からの眺めが魅力の都心有名ホテル。一日二組限定で当然高い式場だった。
装花にも季節のプチオブジェを挿したり、お色直しも和装を取り入れたりとこだわりのお式で
とても素敵で満足していたのだけども。

朝からの式披露宴が終わり、二次会までの時間を喫茶店で仲間と持て余しながら
引き出物をあけると、まさかの、焼き菓子(個包装ひとつ)とキッチントングがひとつ。
「えっ??もしかして入れ忘れ??」と思って周りを見ると、それぞれ おたま や さいばしなど。
ギフトカタログなども一切ない模様。

「節約できる所はなんとか節約したい」って言ってた彼女。
そのときまでは気にならなかったいろいろが浮かんできてなんか釈然としないまま、
それでも披露宴終了後5時間の時間をつぶして無事二次会まで出席してきたあの頃の私(と、サークルのみんな)を
褒めて上げたい。

234 :愛とタヒの名無しさん 2018/02/18(日) 21:51:11 ID:ysGHAbdp.net
私の結婚式の前日、彼氏の勤め先が無くなるというニュースが流れた
彼氏本人もその日の仕事を終える2時間前に初めてただならぬ事態を知らされ
終業後に集められて涙目の偉い人から説明を受けたそうだ
全国ニュースになったかどうかは知らないけれど、たぶん日本の1/5ぐらいでは話題になったと思う
結婚式では母が大反対
彼氏側も両親オロオロ
どうするの?どうするの?と喚く母に高砂から「どうしょーもないわ」と言って挙式続行
母は不幸のドン底
父妹も本音では気分が沈んで不幸な結婚式だったことだろう
そして翌日からは北海道に新婚旅行
キャンセルしてもほとんど戻って来ないから続行
帰宅したら相手から破談を言い渡されました
結婚相手が土壇場で失業したという非常事態に泣きも喚きもしない私は、彼氏一家からは
いわゆる海千山千の図太い女であろうとみなされていた
何だか場数踏んでそうとも言われた
もっと女々しく泣いてやれば良かったのだろうか?
新郎側も幻滅ポイント積み立てるだけの挙式だったのか
しかし破談になった結婚式は後々思い起こせば滑稽なものだね

このページのトップヘ