今日の人気記事

オカルト

1: 名も無き被検体774号 2016/12/14(水) 03:39:43.92 ID:lEg0lFAl
ちょっと聞いてほしい。 
今から16年前になると思う。 

大阪の閑静な住宅街の電信柱に、尋ね人の貼り紙があったんだけど、
どこかでそういう尋ね人ビラの見れるサイトを知りませんか?


102: 恋人は名無しさん 2010/09/13(月) 21:54:17 ID:e42JoAj9O
寺や神社や占い師さん達に「守護者すっげー」みたいなことをいつも言われる私の修羅場。 

付き合う前は優しくて明るい人と思ってた彼氏が、DVモラハラ男だった。 
いきなり豹変するのではなく、 
小出しにしつつ飴と鞭を使いわけるタイプ。 
半ば洗脳に近かった。 
初っ端から殴られてたら即逃げるんだけど、優しく嫌味を言うことから始まり、 
暴力沙汰になるのは付き合って半年後。 
もう完全に「私が悪いから怒られるんだよね」と思い込んでいた。 
その頃は優しい嫌味ではなくねっとり嫌味と軽い暴力に進化してて、 
私が凹んで謝ってたらサンダルはいてる私の脚を彼が革靴で踏み付けようとした。

踏まれる寸前、彼氏の頭に鳥の糞がボトッ。 
空を見渡しても鳥は居なかった。 

彼氏の部屋で彼氏が他愛のないことで切れて手を振り上げた瞬間、 
棚の上にあったものが彼氏の頭にヒット。 
棚のすぐ近くに居たわけじゃないのに。 

私に熱いお茶をひっかけようとした瞬間、持ち手が折れて彼氏の股間にバシャッ。 

私にライターを投げ付けようとした瞬間、ライター着火。 
彼氏の服に燃えうつり軽い火傷。 

私を怒鳴ろうとした瞬間、茹でていた玉子爆発。 
鍋の近くにいた私無傷、鍋から離れていた彼氏の顔にヒットし、火傷。  

239:  2008/02/24(日) 09:54:50 ID:7HEfDi1a0
 
私も占い師に「長生きできんね」と言われたことある。

理由も聞いた。


「あんた、大陸に行ったことあるだろう?
そこで憑かれたんだと思うけど、悪霊なんてもんじゃない。
神に近いから、まず払えないし、どこに行っても障ることを恐れて何もできないよ。」とか。

確かに、仕事で中国に数年住んでいた。

「まあ、日本にいる限り、息子さんが成人するまでは持つよ。あんたの背後に白狐が見える。
これが強いし、あんたの家系、将門信仰してる者がいるからね。お祖父様お祖母さまに感謝することだ。
・・・それと、叔母さんかな? 修道院にいる人もいるねえ。彼女も遠くからあなたを守っているよ。
・・・でも、あと数年だね。」

息子、もう15歳なんですが。あと5年でこの世とさよなら?それを何故断言できる? 


私の不審そうな顔に、占い師は続けた。
「あんた、過去に手の筋切って何かできなくなってない?」
確かに。ジャズピアノをやっていてそこそこ仕事もあったが、
交通事故の後遺症で今、左手があまり動かず、ピアノなんてもうとても無理な状態である。
 

64: 愛と死の名無しさん 2011/01/03 14:13:24


友人(新婦)の式。オカルト注意。 

新郎新婦の生い立ちみたいなプロフィールビデオが流れたんだけど 
写っちゃいけないものがバッチリ写ってた。 
他にも何人か気付いた人がいたらしくてザワザワ…ザワザワ…。 
で、その変な空気がやっとおさまりそうってところで、 
新婦の従姉妹(?)が中二病かメンヘラか分かんないけど 
「○○ちゃん(新婦)は祟られてる!」と叫び出してさあ大変。 
父親らしき人に即行でつまみだされたけど、 
「怨念!悪霊!私が除霊してあげる!」ってロビーでも暴れてた。

そのPVは新婦の手作り。
小さいプレビュー画面を見ながら作ってたせいで気付かなかったらしい。
当時、新婦は皆がザワザワしてるのは
あまりにもPVの出来が良くて感心しているせいだと思ったらしい。
いきなり従姉妹が叫びだした時には
「何のサプライズ演出かと思ってワクワクしたのにww」って笑ってた。

式後、PVを家族で確認したところお父様が「かあちゃんだ」とポツリ。
なんと写っていたのは生前からイタズラ好きだった新婦のお母様だそうな。
お母様が亡くなったのは新婦が3~4歳の頃だったため
あまり記憶もなく、写真と見比べてもピンと来なかったらしいけど
お父様が呟いた「かあちゃんだ」を聞いた瞬間に
涙があふれてとまらなかったそう。

そうだよね。
悪霊が「あっかんべー」して写るわけないもんね…。

あれ?もしかしてスレチか?どうもすみませんでしたー。

92: うぐいす 2001/04/19(木) 10:57


3歳になる娘が言う事には、我が家には「ささろさん」がいるそうです。
大きくて白くて優しくて、顔が無いそうです。


717: 名無しさん@おーぷん 2014/06/22(日)14:44:37 ID:Vw1mGYbYA
本当にやった復讐というか、こちらがやられた話。

昔から玉の輿に乗るのが夢だった。そのため、高校に上がると同時に地味ブスな友達は全員排除。派手できれいなギャルにばかりすり寄っては男を紹介してもらっていた。
1人地味ブスな友達Aちゃんは、派手な友達と付き合う私をやんわりと止めてくれたが、地味ブスの嫉妬乙ということでシカトしていた。

派手な友達と合コンに行っても、元地味ブスな私がおしゃれしたところで生まれつき美人にかなうはずもなく、お笑い担当やパシリにされていた。
支払いはもちろん私。完全に見下されてたんだと思う。
しかしブスな私でも物好きな男がいたのか、お金持ちで家柄もいい、しかもイケメンな今の旦那に一目惚れされ、とんとん拍子に結婚話がすすんだ。
調子にのった私はべらべらと自慢しまくり、やれ新居は都内の高級マンションだの車は何千万の外車だの、
ハリーウィンストンのダイヤの婚約指輪だの、美人たちに見せびらかしまくった。美人たちは表面上はへー、よかったねと言ってくれたが、でも騙されてるんじゃない?まだ結婚は早いよ、あなたのどこが良かったのかねと嫌味を言われた。
イケメン金持ちと結婚した私へのひがみだろうと相手にせず、結婚式の招待状を発送した。
返ってきた招待状を見て唖然とした。
欠席、欠席、欠席…
高校時代から仲の良かった派手美人たち全員が欠席。
理由を聞くも、バイトが入るかもとか、旅行に行くかもしれないとかそんな理由ばかり。
私側の出席者は親族のみとなった。
そんな時、地味ブスと見下していたAちゃんから実家あてに電話がかかってきた。かけなおすと、私ちゃん結婚おめでとう。式の予定はあるのかな?と本当に心から喜んでくれた。思わず泣いてしまい、高校時代の派手美人たちから全員に欠席されたこと、祝ってももらえなかったことを話した。
まだ席があいているなら、私行かせてもらっていいかな。とAちゃんが言ってくれて、涙がとまらなかった。
結婚式も無事に終わり、新婦友人席がないため親族席に座ってくれたAちゃんに心から感謝の言葉を伝えた。
先日、Aちゃんの結婚式に招待していただいたので書き込み。
地味ブスと思っていたAちゃんは化粧映えがして、ものすごいきれいでした。
あれから何年かたちますが、結婚式ドタキャンの派手美人たちは、35を過ぎてもまだ独身なようです。


344: 名無しさん 2014/04/14(月)14:10:29 ID:27knRq1dn
とりあえず初めに登場人物紹介

私子・・・24歳、報告者
姉子・・・26歳、私の姉で、私から旦那を寝取る
A男・・・24歳、私子旦那、後姉子と浮気
B男・・・28歳、姉子旦那

ある日突然、姉夫婦宅のB男から電話があった。
「姉子が浮気をしている。貴方の旦那と。」と言われ私子頭の中真っ白に。

最近姉子の行動を不審に思っていたB男が姉子が入浴中に偶然開きっぱなしだった携帯の中を見てみると、そこには出るわ出るわ浮気の証拠。
さらに行為の最中&後の写真も撮って残していたらしい。テラキモス

私は何分おつむが弱いもんで、自分の旦那が実の姉に寝取られていたというのにB男に知らされるまで気づかなかった。というかA男の行動に全く疑問を持たなかった。

てことは、A男の携帯にも同じものがあるはず。というわけでこちらもこっそりとA男の携帯を拝借すると、まあ案の定でしたわ本当にありがとうございました。(しかもロックかけてないでやんの。アホすぎる。)

まずA男を逃げないように縛り付けB男を私宅に呼んでからアホ姉も呼びだした。A男の携帯から転送しておいたメール&キモ画像を姉子にみせると姉子顔が青ざめる。一連の流れを説明すると

・私が姉子にA男を紹介したときから姉子はA男に好意を抱いていた。
・姉子はこの時既婚だったが、お構いなしにA男からこっそり連絡先を聞いていたのだそう。
・A男はA男で姉子のプッシュに乗ってしまい二人でやることやり続け今に至る

とまあこんなとこ。
当然私子B男激怒。土下座する二人だがこのクズ共にさくっと鉄挙制裁を下した。とりあえず私は実の妹の旦那を奪い取るようなアホな女の性欲を半減させる為に胸パンチ&股間蹴り十発ずつ程かましてやった。B男は不倫の誘いにホイホイ乗っかる尻軽男を蹴っ飛ばしておいてくれた。
姉子があまりにもデカイ声で泣き喚くので、近所の人が虐待してると思ったのか家の周りで騒ぎ出したが、事の詳細を説明すると「暴力は程々にね」と注意されて帰られた。泣きたいのはこっちだっつーの。

んで、慰謝料を請求しておきまだ疼くまったまま呻いてる姉子とあんぱんみたいな顔になったA男を私宅から放り出す。その後私子夫婦も姉子夫婦も当然離婚。当分結婚する気にはなれそうにない。
昔は仲のいい姉妹だったんだけどな…。悲しいけどもう姉なんていらない、一人っ子でいいや。


このページのトップヘ