今日の人気記事

食事

926: 名無しさん@HOME 2011/07/01(金) 16:37:10.99 0

結婚して初めて夫の実家に泊まった。
夕飯の時、ウトメから質問攻めにあった。

すべてに答えた。

トメが「嫁子さん、ちょっと食事が遅すぎない?もうみんな終わるのに
あなたまだ全然じゃない。困るわ。片付けが遅くなるし」と言った。

コウトが「飯食わせないで話しかけるオヤジとお袋が悪い」とぼそっと言った。

下戸のコウト、ありがとう。

すでに酔っ払っていた旦那、死ね。




969: 可愛い奥様 2009/09/08 16:32:06 ID:25annla30


妙に沢山のコクゾウムシ??みたいな小さな黒い虫が 
マンションの中を飛ぶようになって、なんだろうなんだろうって 
思ってたら。
台所に一年近く放置してあったスパゲッティに
いっっっぱいにコクゾウムシが繁殖してた。
白アリに食われた建物みたいに、スパゲッティの
まわりに木の粉のような何かが小山のように落ちてて
そこにも一杯黒い虫がいた。

速効で綺麗にした。

夫にも子供にも内緒だ。



638: 恋人は名無しさん 2010/09/22(水) 20:03:59 ID:1t4ki26b0
田舎つながりでプチな修羅場を投下。
文章苦手なので、わかりにくいところがあったらスマソ

俺は体質的に酒が飲めない。
親父と兄貴も飲めないし、父方の親戚も下戸ぞろい。
母方はそうでもないらしいがあまり付き合いがないし、母も滅多に飲まないから
酒には縁のない一家として暮らしてきた。

俺と彼女は就職してから知り合い、二年付き合って
結婚の話が出るようになった。
彼女の親に挨拶に行く際、彼女には
「田舎の人だからお祝いごとにはお酒が付き物ってすぐ言いだすけど
両親には俺男くんがお酒飲めないことは言っておいた。
なるべく両親の隣を離れないで」
と言われた。

彼女の実家は、同じ県内だけど鈍行で一時間以上かかる土地。
家が平屋で広くていかにも由緒ありげ。蔵もあった。
畑も広々。
俺が車からおりただけで近所の人がわらわら見に来なすった。


096d4e41
575: 名無しさん@おーぷん 2015/03/16(月)00:43:24 ID:mpP
先日、夫とお昼にラーメン屋に入った。

少し早い時間だったので客は私達だけ。
厨房には大将が一人。
あとはバイトらしい若い女性が三人がテーブルを拭いたりお盆を持ってウロウロしていた。

案内されてテーブルにつき、ラーメンとチャーハンのセットを2つと餃子を1人前頼んだ。

スマホをいじりながら待っていると10分位でラーメンが2つカウンターに置かれたのですぐ持ってくるかと思ったら三人は知らん顔でテレビを見たり所在なさげにウロウロするだけ。

大将はチャーハン作成に入った模様。
ジャッジャッと炒める音が聞こえるもののラーメンは放置のまま。
8分ほどして、カウンターに置かれるチャーハン。
ようやく来るかと思ったら、やっぱり3人はぼんやりしたまま。

大将は餃子作成に入った模様。
相変わらず、客は私達だけ。
餃子完成までラーメンもチャーハンもそのままかと思いウロウロしている女の子に
「あのカウンターの、うちのオーダーですか?」
と聞くと
「そうですよ」
「冷めちゃいません?」
「セットですから」
とわけのわからないことを言って逃げるように厨房に入っていった。

結局、餃子完成まで放置プレイされた。

届いたオーダーは、餃子はアツアツだけど、ラーメンは推して知るべし。
チャーハンもずいぶん冷めていたので
「ラーメン、カウンターに放ったらかしで冷めてますよね」
「そうですか?」
そそくさと去っていった。

夫と無言で食べて、お勘定時に夫が
「ラーメンもチャーハンも冷めてて残念でした。
アツアツが食べたかったです」
と大将に言うと
「そうでしたか。すんません」

出来立て料理を放置とかウロウロするだけのウェイトレスとか本当に神経が分からんかった。

76: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/05/13(水) 15:07:53  ID:nHfYaE1b
冷め話。 
「おいしいのが食べたい」と言うので、私が住んでいる駅にあるお寿司屋さんに行った。
(普通のお寿司屋さんよりちょっと安いぐらいの回転寿司だけど) 
それを食べた元彼、食べるなり苦笑いをし首をかしげる。 
「え?ダメ?」と聞いたら
「ううん、おいしいよ」と言って、またニヤニヤにて首をかしげる仕草をする。 

海育ちの私からしても新鮮でおいしいと思うのに・・・。 


首を横に振ってニヤニヤしたり。
「君のおいしいってこのレベル?」的な態度。
お腹すいたと言っていたのに10分に1皿ぐらいしか食べず、4皿ぐらいでバカにしたような顔で
「もうお腹いっぱいだよ」と。またニヤニヤ。

あいつとのデートなんか、一皿100円ぐらいの回転寿司ばっかだったのに。
その時はバクバク食べてるのに。

何がそんな態度をさせるのか解らなく、自分がおいしいと思うもの嫌な態度でバカにされたと思ったら、一気に冷めた。
店を出て1時間ぐらいしたら
「なんか食べようか」とも言いやがった。

別れてよかった。

888: おさかなくわえた名無しさん 2008/07/11(金) 14:15:26 ID:0WbmKN/D

287 名前:おさかなくわえた名無しさん メェル:sage 投稿日:2008/07/11(金) 13:14:09 ID:iZF3raz1
前にバイトしていたラーメン屋での出来事。
チンピラ風の男女がご来店。
何か嫌な感じだなぁと思ってると、
案の定
「髪の毛入ってるぞゴルァ!!!!」
と、
長い髪の毛を摘みながら
厨房を睨んできたので、

スタッフ全員(といっても俺含め3人)で
帽子を取りながら
「はい?何でしょう?」
それを見た兄ちゃん、
ええええええ????って顔しながら
「あ、いや、何でもない・・・」
周りの客も笑い堪えるのに必死。

スタッフ全員坊主です。
五分刈りなんです。
長い髪なんて入るはずが無いんです。
完食して帰られました。


730: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/11/03(月) 19:18:18.19

うちも義兄嫁がやや潔癖症。
義実家に人が集まる時は、トメの手料理や出前で頼んだお寿司などの
ごちそうの他に、必ず大量のおにぎりが出て来るんだけど、
義実家で同居している義兄嫁はふりかけ等を混ぜ込んで、ラップで
奇麗に包んだもの、トメのはワシワシ握った塩むすび。
そして、義兄をはじめ皆が食べるのは、トメの塩むすびの方。
義兄嫁はそれが面白く無いらしく、
「他人が素手で握った物なんか食べたく無いよね~」
みたいな事を私に囁き、しつこく自分の無菌おにぎりを勧めて来るが、
どちらのおにぎりを食べても角が立ちそうなので「後で頂きます...」と
スルーしていた。
最近は義兄嫁が、私の取り皿に勝手にラップおにぎりを置くようになり
私は私で義兄嫁が席を離れた隙に元に戻すという、嫁同士の静かな戦いが
始まってしまったw
今の所私はお客様状態で、食後の皿洗いくらいしか手伝ってないけど、
そのうちおにぎり作りに参加しろと言われそうで戦々恐々。

44: 名無しさん@おーぷん 2014/07/07(月)19:27:13 ID:???

この時期になると思いだす話
もう10年くらい前

近所のねーちゃんが外人の旦那連れて帰ってきた
旦那は身長2メートル近い白人

ねーちゃんはとあるオタ系在宅自由業
東京の気候がイヤになって田舎に戻って畑でもしながら
仕事するべと旦那と話し合って戻ってきたらしい
ちょうどネットやメールも普及しきった頃だったし

田舎の年寄り連中はゲージンだ、ゲージンだと
白人旦那にびびったが、旦那が気のいい人なのと
畑仕事を熱心にやってる姿に打たれてか
だんだんみんなに溶け込んでいった

余談だが白人旦那は回覧板を回すのがなぜか好きで
回覧板が来るといつも大喜びで「ボクが回す!」とすぐ
隣に回しに行っていた(読めよ
あと日本の犬が大好きで犬がいる家に回覧板を回したがった
いや順番があるんだよ
しょうがないから旦那のために次を犬がいる家にしてやった

529: 恋人は名無しさん 2013/12/04(水) 07:26:38.58 ID:DjS6wpzu0

ポークジンジャーの付け合せにせんキャベツを添えたら無言で捨てられた。 
"キレそうだけど冷静に振る舞っているオレ"みたいな軽い震え声で、 
「油ついたキャベツ嫌いだってオレ前から言ってるよね?まだ覚えない?」 
いやいや、あなたとはまだつき合い始めて3カ月で、料理つくったのは今日が初めてだし。
何か雑談の中で本人は言ったつもりかもしれないが、そんな情報こちらは全く覚えていない。 
というか、食べたくないならそのまま皿に残せばいいだけだと思うのだが。 
一応「気が利かなくてごめんね。今度から別容器でサラダにするから」と言ったら、 
「いやー、せんキャベツはやっぱりソースが常識じゃないかなー」と、 
やはり先刻のような口調でかぶせてきた。 
変なところで食べ物のこだわり強すぎる人は無理かもしれない。 
それ以外は頭がよくておもしろくて、決して悪い人ではないのだけど。


568: 1 2013/08/01(木) 03:52:46.00 ID:Xg3g0m0L
ビーフストロガノフと角煮が食べたいという彼氏のリクエストで 
休日の朝から結構手間暇かけて作っていて、 
もう少しで出来上がりというところで彼氏が家に到着 

味見をしてもらおうと、少し食べさせたところ 
ニコニコしながら
「こんな程度の味付けじゃお嫁さんにはしてあげられないよ? 
及第点には足りないね」
と流し台に料理を捨てやがった 

唖然とする私に「俺は味付けには煩いし中々合格点あげられないけどw 
まぁ頑張って合格点とれたら結婚してあげてもいいよw」と言う言葉で 
我に返り、サーと恋心が冷めた 
その後すぐにカーッと怒りがわいてきて 
彼氏の髪の毛を掴んだ

このページのトップヘ