今日の人気記事

食事

628 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/10/18(水) 23:50:32 ID:wJULEmrRM.net
普段は普通に美味しいぎょうざを作ってくれる嫁がなぜか今日はパクチーをたくさん入れてくれた
別にパクチーは嫌いなわけではないんだけど大量すぎてパクチーの味しかしなかった…
パクチー多すぎてパクチーの味しかしないパクチーぎょうざだねと伝えたけど伝わっただろうか


890 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/26(土) 00:37:30
「秋の旬カレーだよ」と出されたのは
ご飯に秋刀魚の丸焼きがドーンと置かれ、そこにドバーとカレーがかけられたもの。
いつもなら黒焦げの秋刀魚が今日に限っていい感じに焼けている。
大根おろしと醤油で普通に食いたかった…
隠しきれない存在感を示すチョコ風味のカレーと秋刀魚の相性はなんとも言えない。
「案外アリだよね」ってマジかよ…

212 :名無しさん@おーぷん 2017/07/22(土) 10:01:44 ID:GtT
昨日、仕事してる最中からカップヌードルカレー味が食いたくてたまらなくなり
嫁さんに「今日の夕飯にカップヌードルカレー味を添えてくれ」とメールしておいた。
帰宅したらリクエスト通り、おかず+カップヌードルカレー味が用意してあり大満足。
喜んで食ってたら、市内に住んでる姉がスイカのおすそわけに来た。
スイカはありがたいんだが、カップヌードルカレー味を食ってる俺に冷やかな目+嫁さんにイヤミ。
「俺のリクエストだ!」と言うと
「結婚した男が夕飯にカップヌードル?あんた頭おかしいわ」
「(嫁)さんも常識で考えなよ。言わなきゃわからないこと?」
と捨て台詞吐いて出て行った。
しかも即母にチクったらしく、母からもイヤミ電話が来た。

結婚したらカップヌードルカレー味を食っちゃいかんのか????!!
そりゃ俺が疲れて帰ってきてカップヌードルカレー味しか置いてなかったら悪妻だろうが
俺が食いてーって頼んだんだよ。しかもちゃんとおかずも野菜も用意してあるんだよ。
結婚したって夜にカップヌードルカレー味を食いたい時はあるわ!!

しかも母と姉はやたら「おふくろの味」信者。
おふくろの味は否定しないがそりゃメシウマ家庭に限られるだろうが。
信仰するほどメシウマな母親なんて身の回りで見たことねーよ。
とにかくカップヌードルカレー味を馬鹿にすんな、ぼけが。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/07(日) 06:15:00 .net
俺は元々ご飯党なんだが朝食はいつもパンかシリアル
平日は時間も早いし毎朝ちゃんと起きて用意してくれるだけ有り難いと思ってるから文句は言わんが
朝9時頃に起き出してのんびり用意出来る日曜日くらい、味噌汁玉子焼き夕飯残りの何かおかずの簡単なので充分なんで和食が食べたいなって言うのは我が儘だろうか
自分で作ろうとすると冷蔵庫の中身勝手に使うなって怒るし…

269 :名無しさん@HOME 2004/10/20(水) 23:34:28
うちの姑は、外食しないのが自慢。
ご飯を食べに強制召喚されるたびに、家庭料理のよさ、料理上手なワタシ、女なら料理ぐらいできないと…と
「料理下手の嫁」に講義してくれます。(近距離別居です)
私、料理できますよ?といってみても、「ふーん、だけどね、うんぬんかんぬん…」とちっとも聞きゃしねぇ。
毎回毎回これなので、正直うんざりしていました。
おととしの大晦日も実家に呼ばれて、早速始まったありがたーい講義を拝聴しているときに、
旦那が口を開きました。
「うるさい!飯くらいゆっくり食わせろ! 大体、今このテーブルの上にお袋が作ったもんがあるなら教えてくれ。
これじゃ外食と変わんねーよ。自慢できるほど料理上手でもないくせにえらそうに嫁子に説教すんな!」
その日の献立は、スーパーのお寿司、オードブルセット、お刺身でしたw
姑は色々言い訳してたけど、それ以来講義はなくなったので、本当に嬉しかったです。

そういえば、結婚前に舅が「外に食べに行こうか?」と誘ってくれた時、
「外食なんてとんでもない! ラーメン作るから食べていきなさいよ」
と言って出されたものが、具なしのインスタントラーメンと市販の浅漬けだけだったことを思いだした。

849 :名無しさん@HOME 2012/02/08(水) 01:11:48 0
トメからの電話に、最近子供が自分でご飯を食べられるようになったと
言ったらトメが急に、「ご飯をいつ炊いているの?」と怒りだした。
「朝夕は炊きたてを食べさせてます」と答えると、
「じゃあ夜遅く仕事で疲れて帰ってくる息子は、保温されたご飯を食べてるの!?」。
夫は末っ子長男で、ずっと勉強が出来たっていうウトメの自慢の子。義姉たちより何より夫最優先。
「私は、あの子の食事に合わせてご飯を炊いて、炊きたてしか食べさせてなかったのに!
嫁にそんな扱いをされるなんてかわいそうすぎる!何様なの!!!」と怒鳴りまくり。

「で、夫くんに炊きたて食べさせて、義父さんは? 義父さんだって子供が小さい時は毎晩
一緒に食事出来る時間には帰宅できなかったんじゃないですか?
トメさんが子供に炊きたてのご飯を食べさせたかったみたいに、
私も子供に炊きたて食べさせてなにかヘンですか?」と言って電話を切った。
帰宅したダンナに「大人の俺より、小さい子供の食事優先して何が悪いんだ!」と
言ってもらったら、トメ泣いていたらしいが…嫌過ぎるわ。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/17(木) 20:55:29
なぞなぞです

じゃがいも さつまいも さといも しゅんぎく
かぼちゃ にんじん はくさい にら だいこん
いとこんにゃく とうふ ゆでたまご はんぺん
かきあげてんぷら えびてんぷら ぎゅうすじくし
ぶたにくばら ふらんくふると とりかわ ぶたればー
ながねぎ なまうどん なす にんにく しょうが
さば いわし いか たこ まぐろ ほっきがい
えりんぎ しいたけ えのき やまいも

なにができるかな?



こたえ
嫁特製寸胴鍋煮込みのカレーうどん

冷蔵庫の掃除するのに外に出したら溶けてしまったと
とりあえず冷蔵庫の中で少量ずつ保存されていた何かを全部寸胴鍋へ
ニンニクやショウガも擦ったものじゃなく刻んだだけ
それだけじゃ微妙かなとあれこれ突っ込んでみて
20リットル鍋に半分以上になってしまったので煮れば減るの経験則から煮込む
おかずにするのも量が多いと思いうどん投入
灰汁だけはがんばってお玉ですくっていたら量が減ってきたが
やたら臭いのでカレーの王子様を入れてごまかす
小一時間も煮込んでいると俺が帰ってきたので
「今日はカレーうどんだよ☆すっごい手間かかったんだから彡☆」とにこやかに言い放つ

説教と言うわけじゃ無いが
食事後にどうしてこうなったのかを問い質す
経緯はわかったがまだ半分以上残ってるわけで

今から近所の嫁実家にお裾分けに行く修羅場始まります

310 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/10(月) 20:37:28
嫁が作る飯は、時々とんでもないものが出てくる事がある
先日、スペアリブのコーラ煮を作ってくれたんだが、これがくっそ美味かった
ということを言うと、嫁の中でコーラで煮るとなんでも美味くなるんじゃね?という結論に達したらしく、全ての煮物や煮付け、さらにはご飯までコーラ使って炊いたコーラ定食がしばらく続いた
これがくっそ不味かった
だがチキンな俺は、お、美味しいよ(震え声)としか言えなかった
本当!?今度また作るね!とタヒ刑宣告受けたのは言うまでもない
美味い時と不味い時の差があまりにも激しいうちの嫁
同じものを美味しい美味しい言いながら食ってるんだぜ・・・
そして今日家に帰ったら、コーラのストック置き場にファンタグレープが置いてあった
ふ、普通に飲むものだと信じたい

51 :名無しさん@HOME 2015/07/09(木) 08:49:18 0.net
うちの子が小さかった時、夫婦で相談して消化の未熟な間(だいたい身長100センチ越えまで)は刺身、蕎麦、生卵を食べさせないよう制限にした
別に幼児にわざわざ食べさせなくても困らない食品ばっかりだったので、暮らすのに特に支障はない
(旦那が蕎麦大好きなので、蕎麦は外食、と決めただけ)

だのに、義兄嫁から親の自己満に付き合わされる子供が可哀想だの、
ほらほらうちの子(義兄子、半年下)食べてるでしょ?お刺身おいしいよ~みたいな押し付けがあったので食事を一緒にしないようにした
冷たいとかこまごま文句は言われたが全スルー
幸い3歳の血液検査で大きなアレルゲンは見つからず徐々に解禁してって小1での今は刺身蕎麦もガンガン食べてる
義兄嫁からはほれ見ろとか、過保護とかモンペとかいろいろ言われたけど、結果オーライなので全スルー

問題はその少し後に義兄子がアレルギーで入院騒ぎになった、いきなり発症したらしい
退院後も食事に制限がかかるようになってしまった
そうすると、うちの子らが健康体なのを狡い狡い言うんだよね・・・
うちが制限してたのを自分たちだけ対策してずるい、て感じで言う
子がアレルギーで目の前が真っ暗になっちゃう気持ちはわかるが落ち着いて欲しい
あと、うちの子に義兄子が可哀想だから卵食べるなとか干渉してくるな!

218 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/24(日) 11:25:52 ID:HuVEOCysa.net
最近低温調理にハマってて、肉調理が楽しくて仕方がない
ここでもたまに、お菓子は美味く作れるけど料理下手な嫁がいるじゃん?そんな嫁には合ってる調理方法だと思うんだが

もちろん、ズボラな嫁には絶対やらせたくない…

このページのトップヘ