今日の人気記事

職場

295 :名無しさん@おーぷん 2015/07/15(水) 23:54:13 ID:gw5
今週から働き始めた職場の先輩ママ社員がどうやらキチママだったようだ

ここの会社の仕事場は私物携帯持ち込み禁止で抜き打ちで持ち物チェックまである
みんな仕事場に入る前にある小部屋兼休憩室に荷物を置いている
この部屋に入るだけでもセキュリティゲートがあるので社内の人間しか入れず今まで盗難は起こったことないし、仮に起こっても入室記録と監視カメラからすぐに容疑者は糸交り込める

今日休憩時間に休憩室にいたらキチママに話しかけられた
どうやら私がスマホに指紋ロックをかけていることが心底気に入らないらしい
最初は「私達職場の人達を疑っているの?新人のくせに生意気これだからゆとりはふじこふじこ!」
って感じで怒っていてどうやって誤解を解けばいいか頭をフル回転させていたらこんなことを言われた

「○○さん(私より一週間早く働き始めた新人仲間)みたいに分かりやすい数字四桁にしてよね!」
「 私 が ス マ ホ を 覗 け な い じ ゃ な い ! 」
もうメダマドコー状態
休憩時間で上司も近くにいる状況でそのセリフを口走ったためそのまま上司に連行されていった
終業時間までキチと上司は帰ってこず、水曜はノー残業デーで定時帰宅したためその後どうなったかはシラネ

私が指紋ロックを掛けてなくて1111とかわかりやすいパスワードにしていたらキチは私のスマホを覗いていたかと思うとゾッとした
スマホ覗いて何を見てる得た情報をどうしている今週から働き始めた職場の先輩ママ社員がどうやらキチママだったようだ


42 :おさかなくわえた名無しさん 2013/11/15(金) 09:46:47 ID:5j38MYA4
教授の勧めで学卒で入った会社がスレタイ。
参考までに教授と会社役員A氏は同期の桜で、俺の大学の先輩でもある。
新卒は毎年150名前後が採用され、男女比は8:2ぐらい。
でも女子が揃いも揃ってブスばかり。
何度か教授、A氏に飲みに誘っていただいたのでブスだらけのわけを聞いてみた。

理由は簡単で、可愛い娘はすぐに結婚して退職するけど、ブスは残る。
長い目でみると会社の戦力になる。
事務や総務といった内勤がメインだから、対外的にも悪影響はないからとのこと。
大局的にはそうかも知れないけど、怨念渦巻く魑魅魍魎のブス同士の世界知らないからそんなことが言えるんだ。
全てを見てくれとは言わない。
同じフロアの、僅か十数名のブス社員だけでもいいから、よ~く観察してみてくれ。
ブス同士の派閥、足の引っ張り合い、貶しあい、負の要素だらけだ。
経営者から見れば、決算報告の数字上では利益を生む人材なのかもしれない。
でももう懲り懲りだ。
「やる気」「向上心」「モチベーション」そんなものはすぐに削ぎ落とされてしまう。
ブス同士がスクラム組んで自衛しているから、自然と男同士で固まる。
自然とあちこちに見えないカベができる。

他社に入社した大学の同期のSNSを見てると、ほんっとうらやましい。
「○○プロジェクトが大成功に終わり、慰労のバーベキュー大会!お子さま連れも若い女子社員も大はしゃぎ!」
「秘蔵セクシーショット満載!秘書課の女性たちと海水浴に行ってきました!つづきはPASSを入力してね!」
こういうノリ、こちとら入社してからただの一度もねえんだよ。

「来年度から美人も採用しようか?」
はいもう手遅れです。
ブスのブラックホールが永遠に存在し続ける限り。

369 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/02/20(月) 23:08:12 ID:wPp+J16D.net
就活してたときの話。

当時私は地方から都心に進学をしており、就活も都心でしてた。
でも私は地元に戻りたいという気持ちもあったから、地元にも支社があったA社の説明会に行くことにした。

説明会の受付を済ませた直後にその会社の方に呼び止められ「是非うちを受けてよ」と個人的に説明会が始まるまで説得された。そんなことは初めてだったからビックリしたけど、専門的な大学だったから目付けられたのかな。

もちろん受ける気でいたから、質疑応答の時間も積極的に手を挙げて「いくつか地方に支社があるが希望は聞いてくれるのか」と質問した。
そうしたらA社の社員は「聞きますよ、まぁあなたを◯◯県のような田舎には飛ばさないから安心してwww」と笑いを取った…
つもりでいたんだろうけど、いやいや私そこ出身なんですけど??
「私はその田舎の◯◯県出身なので、そこに飛ばされたいんですー(*^ω^*)」
と笑顔で返事したら凄くあたふたして、汗もダラダラかいてた。さっきまで偉そうに喋ってたのに、しどろもどろ状態。
こいつはこうやって普段から人を見下す奴なんだなって一気に冷めた。

あとで上司に咎められろ!と呪いながら、そのまま途中で帰った。周りの友人にもその話をうっかり話してしまった。すぐ広まった。

その会社は何があっても受けませんでした。

756 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 18:53:06 ID:wlQCNi7a.net
バブル好景気時代の話、
当時勤めていた会社の新卒新人歓迎会の2次会で「私の両隣には安月給の男性の新人さんは
座らないでね、私と釣り合う男は最低マイカーを現金でポンと買える位の収入じゃないと嫌!」
とか上から目線の馬鹿なお局OL(当時24歳)が居た。

何故か芸能界ネタや当時流行ってたトレンディードラマの話ばかりで新人たちもウンザリ、
すると一人の女性の新人が「もうすぐクリスマスの○○先輩、自分の得意ジャンルの話ばかりで
盛り上げようとしないで先輩として仕事に対するポリシーとか新人へのアドバイスとか何か他に
言うべきことはないんでしょうか?」「そういう気が利かない次はクリスマス本番の女性にマイカー
を即金で買えるくらいの高収入の男性が魅力を感じるものなのでしょうか?」とお返し。

ちょっと気まずいムードを察したベテラン先輩がお局OLをフォローするような形で挨拶をしてから
おひらきにした。
お局OLは後から会社のお偉いさんに呼ばれて「飲み会で酒が入ったとはいえ、新人に対して
無礼な振る舞いは今後は注意するように!」と軽く注意されたらしい。

834 :名無しさん@おーぷん 2016/12/25(日) 22:24:20 ID:???
簡単なところでいえば、メールを打つ時間を短縮するために
「よ」の変換で「よろしくお願い致します。」となるように辞書登録したり、
開くのに時間がかかるデータのよく参照する部分だけを印刷して手元に置いておいたり、
仕事をする上でのちょっとした効率化の積み重ねでほぼ残業なしで帰宅できるようにしてる。
難しいところでいえば、データを自動で書き出して任意のフォルダに放り込むプログラムを組んだり、
英語版しか出てないバンドルソフトの翻訳マニュアルを作ってみたり、
定時でとっとと帰るために勉強して、自分が作業しやすい環境をこつこつ整えた。
もともとプログラム言語なんかさっぱり分からなかったし、英語も赤点しか取ったことなかったから
本当に苦労した。

ある日それを知った同僚から「ずるいずるい」と連呼されて
「どうして自分だけ黙って楽をするの?」
「どうして教えてくれなかったの?」
「どうして私の分もやってくれないの?」と責められた。

そういうのは自分で調べたり工夫したりして各自で勝手にやるものだと思ってたから
人に教えてもらわなきゃ分からない、やってもらわなきゃできないって堂々と言える根性に驚いた。
「人が苦労して身に付けたものを『ずるい』と言う人に簡単に教えたくない」と思わず言ったら
怒ったような顔して「もういい」と吐き捨てて席に戻って行った。
こんなんでも勤続年数が私より3年長いってだけで給料もだいぶ違う。
定時でとっとと帰る私より、おやつバリバリ貪ってネットサーフィンしながら
ダラダラ残業してるこのポンコツの方が真面目に責任感持って仕事してるって評価らしい。
上記のやりとりも上司に見られてて、私は協調性がない、仕事はチームでやるものだって諭された。

協調性やチームワークなんて、相手が仕事に対して私と同じ熱意や姿勢を持ってないと
成り立たないものですよ。と言い返したら「熱意を持たせるのも腕の見せどころだよ☆」と
わけのわからないことを言われて唖然。

なんで後輩が先輩に熱意持たせなきゃいけないの?そんなもんは本人の資質でしょう。
そもそもうちの部署にチームでやる仕事なんか1つもないじゃん。
まったくバカバカしい。

455 :恋人は名無しさん 2006/09/23(土) 00:34:32
社内恋愛の修羅場を見たときの話。
かなり前の話なので曖昧ですが。

当時私は小さな営業所(A支店)の事務をしていました。
そこから車で30分足らずのところにも小さな営業所(以下B支店)があって、
そこの事務が退社して、新人(以下めぐみ)が入社してきました。
A支店に女性事務は2人、B支店は1人なので、めぐみが仕事になれるまで、
私がAB支店間を行き来して仕事を教えたり手伝ったりすることになりました。

めぐみの第一印象は垢抜けない田舎っぽい子(実際田舎なんですが・・・。
でも、田舎の子って無駄におしゃれしてるんです。)って感じでした。
すっぴんで眼鏡かけてて。
決して元が良くない訳ではなかったのですが、全くおしゃれに関心がないようで、
勿体ないなぁって思っていました。

仕事面で困ったことはなく、2ヶ月ほどでめぐみはほぼ仕事をマスターしたので、
私は再びA支店に専念できるようになりました。

それから何回か会社のイベントでめぐみと会ったのですが、見るたびに垢抜けていきました。
「恋でもしてるの??」って聞いたら「うんっ(ニコッ)」って答えて、かわいかったです。
でも恋の相手に関しては一切しゃべりませんでした。

279 :おさかなくわえた名無しさん 2014/04/07(月) 18:48:04 ID:KiuaXU+k.net
病院に入院する祖父に、早く良くなって欲しいと願いを込めて高価な釣竿をプレゼントしたら

「聞いたんだけど、あんた初ボーナスで胃癌であと数年しか生きられない年寄に
10万もする釣竿なんか買ったってほんと?願掛けのつもり?ばっかじゃないの?」

と自分の好きな男性職員が私の教育係になった事が気にいらず
何かと嫌味を言って来たり嫌がらせをして来る同郷出身の会社のお局様から言われたので
釣りが趣味の専務と課長達が同じ食堂内にいるのを確認した上で

「ひどい……おじいちゃん、一日でも早く身体治して釣りに行くって……行くって……
あと数年じゃないもん……まだまだ長生き……長生きさせるもん! 釣竿なんかって、釣竿なんかってうわーん!」

と盛大にマヤってやったらお局様どっかに飛ばされちゃった。

811 :1/3 2012/08/31(金) 13:25:27 ID:p1yeqPzE0
大した話じゃないが、結果的に復讐ぽくなった話。

仕事場の飲み会で殆ど初対面の別の部署の子が声かけてきた。
「ゲーム詳しいって本当ですか?私も大好きなんで
ずっとお喋りしたいと思ってたんですー!」
私は以前ゲーム系の会社にいたことがあり、その話を聞いた彼女(Aとする)は
仲良くしてください!遊んで下さい!って言ってきたのだった。
Aはおっとりして素朴な子。
勿論メール交換して、何度かプライベートで遊んだりした。

その後、Aは移動になり、隣の部署に移って来た。
隣の部署は仕事も私の部署と被っており、行き来がある。
しかし、私の上司が嫌なヤツなので、隣の部署の人達とはちょっと険悪。
私は関係無いのに挨拶してくれるのはせいぜい以前の同部署の子と
性格の優しい2人くらいだったので、やったー!また1人味方が増える!!
とのんきに喜んでた。

早速移動した彼女に会ったのでニコニコ挨拶したら、
「はぁ、、、」と微妙な反応。
あれ?と思いつつ、行く度に挨拶するも、会釈だけとかで笑ってもくれない。

328 :名無しさん@おーぷん 2015/06/19(金) 23:16:20 ID:Wyg
スーパーでレジのパートをしてるんだけど、酷いのが来た。
妊婦の奥さんに商品を山盛りに詰め込んだ籠を持たせてた旦那さん。目撃したのは品出ししてたパートさん。
カートがあるからぜひご利用くださいと言ったらしいんだけど、何故か旦那さんが必要ないですと言ったらしい。
他のパートさんは奥さんがカートを使いたいと言っていたのを聞いていて、速攻でカート置き場からカートを持っていった。そのときも旦那さんは必要ないいらないと答えていた。
最後に私のレジを通った。妊婦さんや高齢者のお客さんには支払済みの商品を店員がサッカー台まで持っていくのを徹底しているが、旦那さんがそれを拒否。それでも私が運んだけど。
袋詰めも奥さんがしてた。その間、旦那さんはスマホいじり。詰め終わった袋(3つあった。1万超えの買い物でした)を持った瞬間に奥さんがよろけて膝をついてしまった。
慌ててかけよる店員たち。旦那さんはさっさと車に戻ってしまった。店長が荷物を車まで運んでいった。
その後のやりとりはよくわからないが、奥さんに「頑張りすぎないで」と声をかけたらしい。
後日店頭にある「お客様の声」という客が要望や改善してほしい事を書くコーナーに、
「誰も助けてほしいなんて言っていないのに何故手を貸したのですか?世の中は妊婦に甘すぎる。この店の店員のせいで離婚するかもしれない」という内容が投函されてた。
それからはあの夫婦は一度も見かけていない。奥さん逃げ切れてたらいいんだけど・・・

193 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 21:25:42 ID:k6W3+mIJ0.net
今年の夏のバイト先の話です。
経験はなかったんだけど、日給がかなりよかったので建設会社に面接に行きました。
結果は即OK。早速、明日から来てくれと言われとんとん拍子に決まった。
バイト初日。朝、みんなに紹介されたんだが、そこにいた現場監督の○○さんに
「名前はええわ。どうせつづかんから」と言われた。嫌な人だ。坊主頭で顎鬚
目つきが悪いというかどこをみているか解らないキチ外目つき。
不運にも、その○○さんの現場に連れてかれた。現場に着くなり
「お前、今から30分以内に猫のタヒ骸拾うてこいや」
俺?目が点で半笑いの俺に、もう一度
「お前の仕事じゃ!はよー猫のタヒ骸拾いにいけや~」
俺、「冗談ですよね?(汗)そんなもの何するんですか?(汗)」
「昨日苦情が出たんや!そいつんちに投げ込むんや!」
きちがいだ!
俺「………あの、猫のタヒ骸なんて普通にありませんよ(苦笑汗)」
「あったりまえじゃ~!お前が用意するんじゃ!」
つまりは、俺に猫を○させてタヒ骸を用意しろと言ってるわけだ。
まじ怖かった。きちがいっぷりに。
とりあえず、やりすごす為に1時間近く時間をつぶして、○○さんに
「すいません。猫のタヒ骸も生きた猫もいませんでした」と詫びた。
○○さん「ッチ!じゃーその辺の田んぼから蛙捕まえてこいや!」
これは、嘘つけなかった。まわりからは蛙の鳴き声がきこえたからだ。
俺は、バイト代を放棄して、そのまま帰った。

その日、携帯に鬼電されたが当然出なかった。
アパートに帰るなり、表札の名前を書き換えた。夜、玄関のドアがドンドン!
当然出なかった。次の日から1週間友達の家に避難した。

それからアパートに戻って2週間、とりあえず異変はないが、引っ越しを考えてる。

このページのトップヘ