今日の人気記事

ほのぼの

42: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/10/02(水) 09:45:44.55 ID:a/kVdvWX
夫が希望とかいて「のぞみ」と読ませる名前が良いと言ってるのですが、どう思われますか?
なんか恥ずかしい感じがするのですが。





115: 1/2 2007/06/09(土) 18:59:54 ID:b84jOK1e
 
高校のころの話です。 

ある日の放課後、同じクラスの女子(以下S子とします)から手紙で呼びだされました。 

自分の顔はすごくブサイクで、女子達からは「キモ夫」とか影で呼ばれてるらしくて 
まさか告白はないだろう、と思いましたが、
やっぱりちょっとは期待していたのでニヤニヤしながら指定の場所に行きました。 

そこにはもうS子がいて、「前から好きだった、付き合ってほしい」といわれました。 
もう天にも昇る気持ちですごく嬉しくなってしまい、

「僕でよければよろしくお願いします」と返事をしました。(カミカミでした) 
その後、すごくテンパってしまい、とりあえず一緒に帰ろうかとS子の手を繋いだら
「ぎゃっ」とか変な悲鳴あげて振りほどかれて突き飛ばされて、
「もうギブ!」とかってS子が泣き出しました。

そしたら、脇の部室のベランダから同じクラスの女子4人が出てきて
「よくやったよ、Sちゃん」とかなんかポンポン肩抱きながら励ましだしました。
ポカーンとしてたら、女子たちがこっちをキッと睨んで
「あんたSちゃんになにしてんだ、泣いてるじゃん」とか怒鳴られました。

よくある話だけど、結局自分への告白は、女子たちの罰ゲームだったみたいなんで。
何の罰かは忘れました。

「無理矢理手を繋ぐなんて痴漢だ」「キモ顔の癖に本気にするな」
「とりあえずSちゃん泣かしたから謝れ痴漢野郎」とかいろいろ罵声を浴びせられました。
S子は泣きながら「キモいんだよ!」と手をハンカチでゴシゴシしながら怒ってるし
取り合えず何も言い返せず、S子に向かって本当にごめんなさい、と謝ったんですが

「土下座しろ」とか言われる始末・・・。失恋もちょっとだけ混じってショックでした。



923: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/10/10(木) 23:24:12.84

軒先が2メートルぐらいしか離れてない隣家が火事になったとき、

いったん家族と一緒に外へ避難した母が、
いつの間にか家の中に戻っていた時が修羅場。

985: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/08/18(水) 10:32:05 ID:ZZLr7gUu



猫の話。 
先日、雲一つない良い天気の日、よく見かける野良猫が、塀の上でうつらうつらしてた。 
普段は私を見るとすぐに逃げていくのに、なぜかその日は身動きせずに半目を開けて箱座り?(足をぜんぶ体の下に隠す座り方)でいるので、ちょっと近づいてみようかな~と、ゆっくり寄って行ったら、突然、同じ格好のままコローン、ドスッと塀から落っこちた。
ほんと、まるでヌイグルミが落っこちるみたいに。 
道路に落ちても身動きせずに半目のまま。 
こんな、目の前で死なれちゃ嫌だしと思って、ショッピングバッグに入れて動物病院に持って行ったら、結果は熱射病。
まさか猫が熱射病になるとは思ってなかったのでビックリした。
治療費に諭吉が飛んでさらにビックリした。
良くなったら元の場所に戻してやろうと思ってたのに(もしかしたら他の家の猫かもしれないし、野良猫は慣れないと聞いたので)、クーラーのある部屋から動こうとしない。
それどころか、勝手にタオルを数枚運んできて、ソファーの陰に巣作りしてる。
拾った場所に『迷い猫預かってます』のポスター貼ろうと制作してたら、ちょっと目を離した隙に口にくわえてブンガブンガ振ってボロボロにしてくれた。
保健所に飼い主から電話行ってないか聞こうと電話してたら突然飛び乗って足でケリッと電話機落とされた。
ネットの里親募集サイトに募集出そうとしたらキーボードに寝転がってびくともしない。
どうしたらいいの、これ。
猫の話。 
先日、雲一つない良い天気の日、よく見かける野良猫が、塀の上でうつらうつらしてた。 
普段は私を見るとすぐに逃げていくのに、なぜかその日は身動きせずに半目を開けて箱座り?(足をぜんぶ体の下に隠す座り方)でいるので、ちょっと近づいてみようかな~と、ゆっくり寄って行ったら、突然、同じ格好のままコローン、ドスッと塀から落っこちた。
ほんと、まるでヌイグルミが落っこちるみたいに。 
道路に落ちても身動きせずに半目のまま。 
こんな、目の前で死なれちゃ嫌だしと思って、ショッピングバッグに入れて動物病院に持って行ったら、結果は熱射病。


616: 1/2 2014/08/08(金)19:52:51 ID:???
 
とれたて。ちょっと動揺している。

微変態注意。フェイクあり。長いのでわけます。

自分は大学生一人暮らし。

一昨年 大学に入学した時に引っ越して来たんだけど、
新婚さんとかも住むようなちょっと広めの間取りの集合住宅に住んでる。
廊下をはさんで各部屋が向かい合うみたいな作りのところ。

自分の部屋は角部屋で、同じ角部屋お向かいが小梨のご夫婦
(アラサーだと思うけど20代かも)だった。
引っ越し当初からなんだけど、ときどきそのお向かいの部屋からしてる声が聞こえてきてた。

って言っても、学校から帰って来たときとか、
バイト行く前とかの昼間から夕方にかけて、廊下に出ると聞こえるって感じ。

ちょっと気まずかったんだけど1か月に2回あるかないかぐらいだし、自分の部屋に入れば気にならないし、
旦那さんが夜勤務で昼間家にいて、だから仕方ないのかなくらいに思ってた。
夜は聞こえたことなかったし。

ごくたまーに玄関でやってるのか、こっちの部屋まで聞こえてきてたけど。
仲が良いのね、って感じだった。

ところで、今 住んでる地域は自治体がしっかりしているというか、
草刈りとか側溝掃除とか祭りの準備とかそういうものを
戸建てだろうと集合住宅だろうとできるだけ住民を招集して皆でやりましょうっていうところ。
協力金を払えば参加しなくてもいいんだけど、学生の自分はだいたい出られるし、協力金ケチりたいので毎回参加してる。
で、去年の夏、地域の草刈りがあった日曜日の早朝に。

普段 そういった集まりで見かけないお向かい夫婦だったんだけど、その日は旦那さんが参加してた。
だから挨拶がてら、「夜間お仕事なのにこんな朝からご苦労様です、頑張りましょうね!」と声をかけた。
そしたら旦那さん「??」な顔。「どうして夜間だと思ったんですか?」と逆に聞かれる。
ここでまさか、いやいや平日昼間からしてるじゃないですか聞こえてますよとは言えない!と思い
「いや、あの、学校から帰るとお二人がよく楽しそうにされてるのが聞こえてくるので昼間いらっしゃるんだなと思って」
と、半ば不自然なことを言ってしまった。
後から、これでも当人からは完全に「聞こえてますよ」と受け取れるな、と後悔。

「ああ、そうですか」となんとなくうすい笑いで言った旦那さんの顔を見て、
迂闊だった、失礼なことを言ってしまった、実は仕事もしてないのかもしれない、
事情を知りもしないのにご苦労様ですとか世間舐めすぎ、とそのあと2週間ぐらい凹んだ。

748: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/11(水) 10:36:55.94 ID:gOYYFZOi.net
震災の時、実家で流れて来た?猫を拾って飼っていた(雑メス5歳)。 
一昨年、家に来るヤОトの配達員が変わり、挨拶と配達に来た際に 猫が配達員に駆け寄り配達員の兄さんが、号泣しながら
「トラ(仮)!!トラ!(泣」と抱き締めて 元飼い主だったと判明。
兄さんは、再会時ペットが飼えないアパート暮らしだったので 暫く家で預かる事になり主に猫の面倒を見ていた母親と姉が、
「いつでも猫に会いに来て下さい」と家も両親兄弟も亡くした兄さんに同情した。
私は去年大学に入り家を出たが、年末姉が結婚すると言うので、帰省したら 相手がその配達員の兄さんだった事。
猫を見に行っているうち、おやつ、ご飯と親しくなり姉とも親しくなったらしい。
猫は3日で恩を忘れてしまうと言うけど、意外とずっと忘れないものかも知れないよね。
震災つながりで 姉が猫と共に嫁さ行くのでかきこ。

242: スペースNo.な-74 2009/11/29(日) 01:39:20
 
電車で、四歳か五歳くらいの男の子とお母さんが前に立ったので 

「お子さんだけでも……」 

と席を譲った。
お母さんも男の子も「ありがとうございます」って言ってくれただけで

かなり和んだが、その後男の子とお母さんが先に降りる時、
男の子が席をぽんぽん叩いて

「おねえさん、お席おかえしします!」

って超笑顔で言ってきた。

お母さんの教育が良いんだろうなあ。

自分もあんな子が欲しいや。


83: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/05(金) 22:46:51


 
ホームセンターのレジにて 

嫁(店員) 「あっ、あのう? イチゴジャムの作り方分かりますか?」 


俺(客) 「えっ!?」 


その後ケコーーーン



84: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/05(金) 22:46:52
ちょw 
帰宅後でいいからkwskしてってくれw

188: 名無しさん@おーぷん 2015/02/17(火)14:04:44 ID:NEF
昔、ちょっとマイナーな漫画家が好きになって既刊を探しに本屋を色々めぐっていた頃
友人の家に行く途中の商店街で小さな本屋を見つけて、こういうところにはないか、と思いながらも入店したら、そこかしこに
「立ち読み禁止!」「中身確認厳禁!」「本を手に取ったら必ず買うこと!」
と手書きの張り紙がベタベタ貼ってあって引いた(雑誌もヒモで結んだりしていなかった)
店にはおばあさんが1人いて、店に入った途端ギロッと睨まれてうわぁと思ったものの一応コミックスコーナーの確認だけでも…と奥に進もうとしたら
「あんた!何しに来たの!」
何しに来たって本買いに来る以外に何があるというのか。
もういいやあっても買わないと思って無言で出ようとしたところに、男子高校生が2~3人入ってきてジャンプ立ち読みし始めた
えっ怒られるよ?と見てたら、ばあさんさっきまでとうって変わって
「あらぁ○○くん~」とニコニコ
あーそうか常連以外お断りってやつですかハイハイと店を出て、友人にその話をしたところ
「あーそこ私もやられたw大家さんに聞いたら、近所でも有名な若い男の子以外追い返す本屋らしいよww」
そんなんでやってけるのかと。
今は通販も充実してつぶれてるんだろうなーと願う

694: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/12/05(月) 02:08:11


 
どうにもならない事情があって、会社に辞意を伝えた日。 

これから帰るって妻にメールしたら、ちょうど近くまで
車できてた妻が迎えにきてくれた。
妻が運転する車でしばらく走ってから「きょう会社辞めてきた。


来月から無職」って伝えた。
恐る恐る顔色を伺うも無表情。

伝わってないのかなと思い、今度は妻の横顔に向かってはっきりと、

「おれ会社辞めたよ」。

妻はもう一度、全く同じ口調で「そっか」。
あとは二人ともほとんど無言で、カーラジオの音だけが響いてて、
おれは自分の胃がすごく冷たく感じたのを覚えてる。

家に入ると、いつものように出迎える猫。
妻は、猫を抱き上げて頬ずりし、心底嬉しそうな声で、

「パパ、会社辞めたってー。嬉しいねー。やっと楽しいパパに戻るよー」。

家では会社内のゴタゴタとか一切話さないようにしてた。
ストレス溜まってても気づかれないように気をつけてたし、愚痴どころかため息すらつかないようにしてたから、辞めたことを伝えたら、驚くだろうし悲しむだろうし怒るだろうなと思ってた。
少なくとも喜ばれるとは全く思っていなかった。

隠しても隠せるもんじゃないんだな。
ちゃんとわかってたんだな。

煙草買ってくるっつって外に出て、誰もいない駐輪場で一人で泣いた。


あのときは、こいつと結婚して本当によかったって思ったよ。


このページのトップヘ