今日の人気記事

ほのぼの

188: 名無しさん@おーぷん 2015/02/17(火)14:04:44 ID:NEF
昔、ちょっとマイナーな漫画家が好きになって既刊を探しに本屋を色々めぐっていた頃
友人の家に行く途中の商店街で小さな本屋を見つけて、こういうところにはないか、と思いながらも入店したら、そこかしこに
「立ち読み禁止!」「中身確認厳禁!」「本を手に取ったら必ず買うこと!」
と手書きの張り紙がベタベタ貼ってあって引いた(雑誌もヒモで結んだりしていなかった)
店にはおばあさんが1人いて、店に入った途端ギロッと睨まれてうわぁと思ったものの一応コミックスコーナーの確認だけでも…と奥に進もうとしたら
「あんた!何しに来たの!」
何しに来たって本買いに来る以外に何があるというのか。
もういいやあっても買わないと思って無言で出ようとしたところに、男子高校生が2~3人入ってきてジャンプ立ち読みし始めた
えっ怒られるよ?と見てたら、ばあさんさっきまでとうって変わって
「あらぁ○○くん~」とニコニコ
あーそうか常連以外お断りってやつですかハイハイと店を出て、友人にその話をしたところ
「あーそこ私もやられたw大家さんに聞いたら、近所でも有名な若い男の子以外追い返す本屋らしいよww」
そんなんでやってけるのかと。
今は通販も充実してつぶれてるんだろうなーと願う


694: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/12/05(月) 02:08:11


 
どうにもならない事情があって、会社に辞意を伝えた日。 

これから帰るって妻にメールしたら、ちょうど近くまで
車できてた妻が迎えにきてくれた。
妻が運転する車でしばらく走ってから「きょう会社辞めてきた。


来月から無職」って伝えた。
恐る恐る顔色を伺うも無表情。

伝わってないのかなと思い、今度は妻の横顔に向かってはっきりと、

「おれ会社辞めたよ」。

妻はもう一度、全く同じ口調で「そっか」。
あとは二人ともほとんど無言で、カーラジオの音だけが響いてて、
おれは自分の胃がすごく冷たく感じたのを覚えてる。

家に入ると、いつものように出迎える猫。
妻は、猫を抱き上げて頬ずりし、心底嬉しそうな声で、

「パパ、会社辞めたってー。嬉しいねー。やっと楽しいパパに戻るよー」。

家では会社内のゴタゴタとか一切話さないようにしてた。
ストレス溜まってても気づかれないように気をつけてたし、愚痴どころかため息すらつかないようにしてたから、辞めたことを伝えたら、驚くだろうし悲しむだろうし怒るだろうなと思ってた。
少なくとも喜ばれるとは全く思っていなかった。

隠しても隠せるもんじゃないんだな。
ちゃんとわかってたんだな。

煙草買ってくるっつって外に出て、誰もいない駐輪場で一人で泣いた。


あのときは、こいつと結婚して本当によかったって思ったよ。


92: 名無しさん@HOME 2008/08/13(水) 11:19:01

流れ豚ギリ投下

天麩羅どおりなクソトメ様
一人目の女の子を産めば「能梨・役立たず」二人目を流産すれば「馬鹿女・お前が氏ね」
と言われまくり、旦那の前では「女の子は可愛いわーw」「残念だったわね・・・」と
良い姑を演じるため、私が何を言っても旦那は分かってくれなかった。

そこでトメの暴言を録音し、大量のCDにしておいた。
全部違う内容でタイトルも「遂に出た本性」「仏前なんて関係ない」とか色々つけて
車に積んでおいた。

トメはいつも休日に凸して台無しにしてくれるので、娘を私実家に預けてから
トメ・旦那・私でトメの買い物に行く事に。

買い物に行く車の中で旦那はいつもなにかCDをかけるので
早速準備していたCDを流した。

「あんたなんか早く出て行きなさいよ。あの孫子も連れて行きなさいよ?
 あんたに似てるから可愛くもなんともないわっ。
 それかあんたに保険かけるから死んでくれない?あ、交通事故なんかいいわね。
 向こうからももらえるし。そしたら孫子はあんたの親にあげるから。」

等など

旦那が「おいっ」と叫んだけど、私が笑顔でいたら黙った。
トメもファビョってたけど、旦那に睨まれて黙りこくった。私はニコニコしながらずーっと流してた。
旦那とトメの顔がみるみるうちに赤→青→白になっていった。

510: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)21:48:45 ID:5sZ
バスの運転手になり独り立ちをし路線をワンマンで走るように成った頃

乗客は殆ど乗ってこない路線を走らせていたときに
誰も乗っていないと思っていて車内マイクにして歌を歌ってた。
バスの運転手ならわかると思うけどいい響き方するんですよ
で、ノリノリで歌いながら案内アナウンスも方向幕も切り替えず走らせていると
不意に「ピンポーン」が...

焦ってミラーを確認したけど人は映ってないし
え? と思いながらもバス停に止めると小学生位の女の子が
下を向きながら早足で来てお金を入れて降りていった
一番驚いていたのは女の子だろうけど、
車内ミラーで確認して誰も乗っていないと思いながら
歌ってたのを聴かれた恥ずかしさと 降りる直前に降車ボタンを押して、
足早に降りていった少女共に修羅場だったと思う。

519: 名無しさん@おーぷん 2014/05/08(木)12:54:26 ID:ULbkDPnHg
オカルトな復讐?

小学校の同じクラスにガキ大将がいて、それがまた、けっこうなDQNでした。名前は普通でしたが。
ある時、放課後みんなで遊んでると、途中ガキ大将が無理やり入ってきて、それにある男子が文句つけて大喧嘩に。
最後は散り散りになって、うやむやのうちに解散で、別の男子と一緒に帰ってるとそこにガキ大将が。
なぜか二人して頭にゲンコツを、ゴチーンゴチーンとお見舞いされ、私と男子は大泣き。
あげくガキ大将は私が身に付けてたお守りと、男子のリストバンドを奪い取り、去って行きました。
「これは人質な!」とかなんとか。
喧嘩相手男子は敵で、私と男子にガキ大将側に付け、ということらしかったです。

男子と別れ、家に帰ってそのまま隣の祖父の家に行き、祖父にその日の出来事を話しました。
(家同士は廊下でつながってました。)
祖父は拝み屋で、祖父に貰ったお守りを取り戻すようにおまじないをして欲しい、とお願いしました。
すると祖父は、「それだけ済まねえ、そのガキ大将にバチあてちゃろう。」と笑いました。
そして御勤めをするからと、私を家に戻しました。


その後、泣きはらしたガキ大将とその母親が家を訪ねてきて、家の両親と私に謝りながら、お守りを返してきました。
それからどうやら、祖父の家にもお詫びをしたらしいです。
祖父はニコニコ笑うだけで、何をしたか教えてくれませんでした。
ガキ大将は、あまりおとなしくはなりませんでしたが、私にだけはビクビクとして怖れるようになりました。

祖父がなくなった後、たまたま親族にその話をしていると、父が
「おじいちゃんは、拝み屋だけど、それよりもずっと拝み屋続けてて作り上げたネットワークが凄いから…」
と言いました。伯父や叔母も、ウンウンうなずいてました。
どうやら、ガキ大将の父親が勤めていた工場の会社にもツテがあるらしく、手を回したのではないかと。
田舎町なので、工場に勤めている人は多く、その会社の幹部や役場の人に誰かについてチクリと言えば、すぐ当人に伝わる位だそうで。
どおりで、お葬式が異様な雰囲気だったと…。

祖父の拝み屋稼業の正体が知れて残念でしたが、孫バカだった(特に私に対して)と話に花が咲いたのはよかったです。


179: 名無しさん 2014/03/29(土)09:57:03 ID:T1334SA0C
親父の話です。

柿とか作ってた農家なんだが、たまになっている柿を盗まれてた。
組織的な訳じゃなく、人ひとり持てる程度だけど。
でも鴉やイノシシならある程度はしょうがないが、人間にやられるのは腹が立つ。

それである年、親父は柿を接ぎ木してまわった。
山すその道路そば、よく盗られる辺りを中心に。

それから実がなって、いつものように盗られる時期になったんだが、
親父が落ちてた柿を拾ってニヤニヤしながら見せてきた。

柿はひとかじりされて捨てられてた。
親父は「渋喰うとるw」と笑った。
接ぎ木をして回ったのはこのためだったらしい。
(接げば接いだ枝の実がなる。)

渋柿でも見た目は普通の柿と変わらないし、渋抜きすれば食べられる。
(出荷も出来る。)
でも盗人が渋抜きの手間かけるとも思えないし見分けがつくとも思えないので、
「もう盗らんじゃろw」と笑ってた。

俺も渋柿食った時のこと思い出して笑った。
あれイガイガするんだよな~。

昔話でした。

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 12:31:43.12 ID:uHJWjU6a0.net
昼帰ったら嫁が鰹節ご飯食ってた

俺32さい
嫁37さい
子供2

851: 名無しさん@HOME 2012/10/13(土) 15:35:31.49
 
書き逃げ 

姪(夫の妹の娘)が、小学校に上がったら 

「何で?何で?」と言いだすようになった 

お盆にお参りに行ったら

「何で?何でおばさん来たの?理由は?」
「何で?何でお菓子持ってきたの?理由は?」
「何で?何で仏壇に行くの?理由は?」
と、こんな感じだった

きょう、夫の野暮用につきあって顔を出してもやられたから、

つい本音が出た

「あんたって本当にバカね」
「何で?何でバカなの?理由は?」

「あんたがバカな理由なんて私は知らないわよ。自分の親にでも聞きなさい」

何を言われたのかかなり考えていたがそれでも理解できたようで
義妹に泣きついたが、義妹も呆れ果てている表情で

「うん、バカね」とトドメ

これで静かになることを望む


282: 可愛い奥様 投稿日:2012/01/31(火) 18:21:20.42 ID:1iQ89pDAO
小学生の頃、礼宮さまご成婚当時に紀子様フィーバーがあって、私は一目惚れ状態で紀子様ファンになった。

そして、「紀子様と友達になりたい!」という(如何にも子供の発想…orz)気持ちが強すぎて、「紀子様と友達になって仲良くなるには礼宮さまの兄弟と結婚すればいいんだ!」とトンデモ発想をして宮内庁宛てに手紙出した。

「わたしは皇太子さまが好きです。皇太子さまのお嫁さんになるにはどうしたらいいですか?」みたいな内容(子供なりに、「紀子様と友達になりたいから皇太子さまのお嫁さんにして下さい」と書くのはマイナスだと判断したw)。


後日、宮内庁から達筆な手紙(返事)が来て親がぶったまげてた。


中身は「両親・祖父母・先生など、周りの大人の言うことをよく聞いて、お友達を大切にして、勉強や習い事を頑張って下さい、笑顔で明るく元気に挨拶をすることも大切です。
色々な場所へ公務行くので、食べ物の好き嫌いをなくすことも大事です」とか無難な内容(しかし、「殿下のお嫁さんになれるように頑張って」みたいなのは書かれてなかった)だった。


手紙もらう=お嫁さんになれる!と勘違いした私は、その日から手紙に書いてあることを実行し、お手振りや会釈、姿勢を正したり歩き方の練習までしてた。



今思い出すと恥ずかしくて死にたくなる……。

69: 名無しさん@HOME 2009/01/14(水) 12:04:53
「年寄り頃すにゃ床の間に飾って何もさせずに良いもの食べさせておけばいい。」
と家庭科で習って以来、まじめに信じていたので、
とついて用を言いつけられるたびに義父母に向かって言っていました。
「『年寄り〜』と言いますからね。ご自分で動いたほうがいいと思いますよ」
今自分の振り返ると相当DQNだとおもうが、そうしたために
言ってから19年たった今でも、義父母は元気に自立している。

このページのトップヘ