今日の人気記事

学校

513 :彼氏いない歴774年 2013/10/09(水) 20:06:09 ID:IwX63MjT
高校生の頃
長期休暇の国語の宿題で、『一般人の応募作品で作る本』みたいなのに応募することに
当時高校の先生が好きだったデブスな私は、長期休暇で会えない寂しさが爆発してた
国語教師にしか見られないのをいいことに、応募作品にその想いをぶつけて提出

そしたら採用されて、掲載本は全国の書店へ
だけでなく、賞状が学校に届き、全校生徒の前で表彰&校長が作品朗読

あのデブスがあんなの書いたのかwwwとpgrされたのがスレタイ
ちなみに家に掲載本が届き、両親は苦笑いしてた…


369 :彼氏いない歴774年 2013/09/26(木) 10:14:32 ID:UVndCD7o
私は小6の参観日で「ひとり3分くらいで6年間の思い出を前に出て発表しよう」みたいなことをやったときに
みんな原稿をもって普通の思い出発表してたんだけど、
なんかおもしろいことやってやろうと思った
たぶんそのときガキの使いをよく見てて、ダウンタウンのフリートークみたいなことをやりたかった
クラスメイトは笑ってくれている人もいたけど、担任苦笑い
平日にわざわざ仕事やすんで参観にきた母から帰ったあと怒られた
あんたみたいな地味なやつがああいう受け狙いすんのが最高に恥ずかしいんだよ!
というようなことを言われた…。
それ以後目立とうとするのは止めました

749 :彼氏いない歴774年 2013/10/22(火) 04:01:21 ID:DuG/uDIX
ここ見てると扉が開きまくって心が荒れる

まだましな方の思い出だけど中二病が小4くらいで発病して、
男子に「人生なめんじゃねえぞ」とか言いながら親指を下に向けたりしてた
「お前母乳くせえんだよガキww」とか言ったりもした
わかめみたいな顔してるとpgrされてた喪ブスが調子のってこんなことしてた
中学では寡黙系に変貌して無言で男子を睨み付けるくらいにはレベルを落とした
この前すっぴんで相変わらずもさいわかめみたいな状態でその男子と偶然すれ違って涙出た

529 :彼氏いない歴774年 2013/10/10(木) 06:19:44 ID:Hxao6Nae
中学生の時、入学して数週間たった頃知らないメアドから
はじめまして、隣のクラスのB男です
A子ちゃんのメアドだよね
入学して一目見た時から気になってて友達にメアド聞いちゃった

みたいなメールが来た
当時、私はちょっと人より地味なくらいでブスじゃないと思っていたので、嬉しくなって
はい、A子です、メール嬉しいな♪♪*^.^*みたいな返事をしてメールのやり取りをしていた
次の日、私のメアドを教えた友達を探してその子にB男について聞いてみたら、B男は他小で一番もてる男子で、昨日の昼休み、私の顔か好みだからとメアドを聞いてきたらしい。

506 :彼氏いない歴774年 2013/10/09(水) 14:38:25 ID:31a2O9B5
小学校の頃、図工の時間はいつも移動教室だった
図工室では名簿順に男子二人女子二人を一組としてひとつの大きな机に座らされた
そこで一緒になった子が嫌だった

女「はぁ~…(これ見よがしな溜息)」
喪「………」
男1「元気ないけどどうしたんwww」
女「何かつまんないなって…」
男2「何で?wwwww」
女「え~?ってかこの班嫌いな人いるし嫌なの」
男1「えっマジで?www嫌いな奴って俺?wwww」
女「違うしwwww男1君は嫌いじゃないからwwww」
男2「じゃあ俺かよwwwww」
女「男2君も楽しいからいいよwwwwでもね~(チラッ)」
喪「………」
男1・2「えっ…」
女「はぁ~…」
喪「………」
男1・2「………」

図工の時間はあまり覚えてないけどこの会話が強烈に残ってる

345 :彼氏いない歴774年 2013/09/24(火) 23:07:41 ID:Ta0cFWFd
小学生の頃
市内合唱コンクールの参加クラスで伴奏担当になった
凱旋帰校したあとの慰労会で、クラス全員整列して校長の話を聞いている中
壇上でふと、「すいません!すいません!」と言いながら腕立て伏せをしてみてしまった
その様子はビデオ撮影されていて、クラスメイト全員の手元に記念配布されてる
まさに魔が差した行為なんだけど未だにその時の自分の心境はわからない
当時やっていた加トちゃんケンちゃんごきげんテレビのおもしろビデオコーナーに投稿してやろうとした父兄もいたらしい
されて没になったのかされなかったのかは知らないが
あのビデオが全部発火してしまえばいいのにと思う

637 :彼氏いない歴774年 2013/10/17(木) 22:40:06 ID:e+KEIOdf
みんなと比べたら全然プチだけど。
小学生のとき他の人と違って冷めたこと言うのが格好いいと思ってた時期があった。
隣のクラスの担任が「今日の口紅の色梅干しみたいに真っ赤でしょ。」と言ったとき
みんなが本当だ綺麗ー!と言ってる中、私は梅干しってくすんだピンクじゃんとツッこみ、周りの人も笑ってくれてた。
ある時隣のクラスに遊びに行ってると、前述の担任に話しかけられた。
「名前なんて言うのー?」
「喪山喪子です!」
「いい名前だねぇ!(ニコニコ」
「デュフフ(照」
>続きます。

762 :彼氏いない歴774年 2013/10/22(火) 21:56:50 ID:Oq0RDdqr
ちょっと前置きが長い上にインパクトもないぼんやりした思い出なんだけど…

小4の時に担任になった女性.教師が、掃除のフォーム等わりと細かいとこまで指摘する感じの
どちらかというと昭和な厳しさを持った人でなんとなくクラスに馴染んでなかった
当然DQN男子ともよく衝突してたんだけど、そのDQNがある日登校拒否を発症
ずっと後になって聞いた話だとどうやら家庭環境が原因らしかったがDQN母は学校側に猛抗議
厳しい女性.教師が原因だと問題になって、何度か放課後に会議してたりと異様な雰囲気を子供ながら感じた

で、女性.教師は日に日に落ち込んだ様子になっていって
国語の朗読の最中に急に泣き出したり明らかにおかしかった
私も正直先生の厳しさには辟易してたんだけど
その頃にはむしろ先生可哀想だなって思ってて
普段は恥ずかしがりであまり先生と気安く話すタイプではなかったけど
その女性.教師にはなるべく話し掛けたり雑談するようにしてた
先生も先生でDQN男子グループに物凄く気を遣うようになってた

一応ここからが本題で、ある時「社会見学の思い出」みたいなテーマで描いた絵を
先生がいくつかピックアップしてコメントしていくような品評会的な授業があった
その時に先生が出してきたのが私の絵で「これはあまり社会見学の内容が伝わってきません。
自分の描きやすいものを描いてるだけで、悪い例ですね」と批判して、
さらに「それに引き換えDQN君のこれは見学したものの大きさがよく伝わってきます。
私はこういう絵を描いて欲しかったんですよ」とベタ褒め
大人になった今こうして文章にしてみると大したことないし
先生からしたら正論だったのかも知れないけど
当時のショックなようなガッカリするような気持ちだけはやけに残ってる
「私は先生に親切にしてあげたのに」みたいな傲慢もあったのかも
それ以降私もあまり先生とは話したりしなくなった

結局その先生は最後まで生徒と打ち解けることはなく
もうあと数年で定年かというお歳だったけど
私たちのクラスの担任を最後に退職したみたいだった

上手く言えないんだけど、あの時
夜にうちの親も含めた保護者が集まって会議してたこととか
先生がDQNに気を遣いまくって一時間潰してドッジボールをしたこととか
そういうあれこれから漂ってたなんとも言えない異様な空気と
私の先生に対する同情とか失望とか全部引っ括めて
なんだか思い出す度に暗い気分になる

長い教師人生の最後があれだったってことが
やっぱり子供心にも罪悪感っていうか…
もう十数年以上前のことだけど本当にずっとずっと心に残ってる

815 :名無しの心子知らず 2012/09/04(火) 08:30:30 ID:G7XpCSSm
2学期が始まって1週間。
その間にやられました。

娘は自由研究に植物を使った物を造り、それをまとめました。
お店(園芸店)でも1000円くらいで売ってるものを自作しました。
提出して次の日に避難訓練のお迎えで学校に行ったのですが、そこでママに目を付けられ、盗まれる。
その時は犯人わからず。
次の日、枯れた時用に作ってあったものを持っていきました。

で、学校からのお便りに娘の作品が代表に選ばれたと。
するとその日の夕方、学校から「潰された」と連絡。
また次の日に予備を持たせる。

とうとうママは自爆。
「なんでうちのが選ばれないの!」
と学校に凸。担任、学年部長で説明とお説教。

担任は私とママを会わせないように処理してくれました。
教育ママで有名なママさん。
選ばれなかったのがショックで凸したらしいが、盗むほどの物ならしょうがないでしょ!と学年部長に言われて納得したそう。
お手紙で謝罪され、受け入れました。

予備も5個あるし、言えば私が作ったのでよければあげるのにな。
それに10個作っても制作費は1000円くらい。
なんだかなぁ…

119 :彼氏いない歴774年 2008/07/18(金) 11:49:43 ID:xZMrM30C
先生の声以外聞こえない五時間目の授業中
昼食後で気候も良かったので半分以上の生徒はうとうと
私も壁に顔を向け、机に突っ伏した状態で良い感じにかまどろみの中へ……
と、その時だった

「ブゥー」

あまりの音の大きさに目が覚めた数秒後
瞬時に血の気が引いていくのを感じ、完全に意識が覚醒した
最初は夢かとも思った 出来ることなら思いたかった
が、明らかに教室の空気がおかしい
今度は心臓がバクバクになり、大量の汗が湧き出てくる
もはや顔を上げることも、現実逃避に寝直すこと出来ず、ただただ寝たふりをし続け
結局、授業時間の終了を知らせるチャイムで今起きたように装った

そんな時だけ恐ろしく空気を読んだらしいクラスメイトは、
数日間は腫れ物に触るようなよそよそしさがあったものの、
後にも先にも、一切突っ込みや冷やかしを入れられこともなく卒業した

その頃の友人と全く連絡を取っていない為、笑い話にも出来ない現在に至ります

このページのトップヘ