今日の人気記事

病気

324: 名無しさん@おーぷん 2015/02/18(水)15:47:06 ID:j7H
ウチの糞ニート弟がイキがって
「専業主婦は甘えんな、今は家事はボタン1つでできる時代、働け糞ども」
とご機嫌でネットで書き散らしていたのを発見

その時ちょうどオカンが入院するしないで家がモメてる時だった
話し合いに参加しない・当然金も出さない・手伝いもしない
オカンが具合悪くて家事できないことに腹を立て糞ニートが書き込みまくった模様
「おまえも話し合いにおりてこい」
と部屋に踏み込んだら意気揚々と専ブラ開いてやがった
いつもならスルーするとこだがさすがに腹に据えかねた
父と長兄とで引きずり出し、
「糞ニートは甘えんな、働け糞ニート」
「家事はボタン1つでできるんだろ。これからお前のための家事は一切やらんテメーでやれ」
と皆で罵倒し泣かして放置
実際母は即入院だし以後は糞袋にかまってる暇などなかった


987: 名無しさん@おーぷん 2014/12/14(日)17:35:05 ID:MFV
遅刻が怖過ぎて、気がついたら記憶が無かったこと。

私は学生時代、電車遅延以外の遅刻をしたことなかった。
社会人になってからは益々遅刻が怖くなって、
絶対に遅刻しないように会社に1時間前に着くようにしてた。
ある日電車が遅れて、30分前に会社到着。
上司何人かに、「今日はいつもより遅いねー」って、言われた。
別に遅くないんだけど、すごく失望された気がして怖くて怖くて壊れた。

寝過ごすのが怖くて眠れなくなってね、
11時に布団に入って、2時くらいまでアラームかけたのか
ひたすら確認、再確認。
朝も二度寝が怖くて、4時半から6時まで15分おきにアラーム設定。

そんな生活を一年くらいしてたんだけど、
ある日を境に休み時間になると
スイッチがOFFになったロボットみたいに動かなくて、
同僚が話しかけると前日と全く同じエピソードを話すんだって。

気がついたら何日か分の記憶がなかった。
その間も普通に仕事出来てたらしいんだけど、
ストレス性の蕁麻疹で顔は腫れるし、
たまに涙を溢れさせながら仕事してたらしくて、
会社から勤務時間でも構わないから、今すぐ医者行けって言われた。
医者に行ったらストレスの原因を取り除かないと治らない、
一度休んだほうがいいって言われて、仕事辞めた。

この間もぼんやりとしか記憶がなく、気がついたら無職だった。
目が覚めて、びっくりして会社に連絡したら、
きっちり引継ぎマニュアル作って辞めてたから問題なかったって。
私のストレスは遅刻恐怖の他に、
仕事が多すぎるっていうこともあったみたいで、
私が辞めた後、仕事が回らなくて半年で4人補充したそう。
部長さんが嘆いてた笑

その後、すぐに夫と結婚。
周りになんで若くてまだ子無しなのに嫁遊ばせておくのか?って、
夫が責められてて本当に胸が痛かった。
夫は「帰ったらピッタリにうまい飯とお風呂と嫁が待ってるんですよー、
一馬力でも飯美味いし、やりくり上手な嫁なんで問題ないっすー。」
って、のらりくらりかばってくれてた。
その頃、私は最寄りのスーパーにも出かけられない状態だったから、
夫なしだったらどうなってたのかわからない。

数年経った今、近くなら1人で外出も出来るようになったし、
夫念願のチビがお腹にいる。
私に出来ることはまだまだ少ないけど、
生まれてくるチビのために、もっともっと強くなりたい。
夫が大好きだー!

451: 本当にあった怖い名無し 2013/11/06(水) 01:34:35 ID:SyCBI9UlI
余りスカットしないと思いますが、お付き合い頂ければ幸いです
分割投下になります
前提
私 元の名前をA、現在の本名はB
Aとbの名前は全く別
山田太郎と藤子不二雄くらいに違う

元親 
金への執着心が凄く、唯我独尊
「本当にやりたいと思ったなら、どんな事があってもやる!」
が口癖
自分で責任を取るのが嫌で、人を壊れるまで追い詰めて自分の思った通りにさせる
一番嫌なのが、自分で付けた名前を蔑んだり馬鹿にする
(○太郎なら、バカ太郎とかデコ太郎などと呼んで怒る
名前を否定されたりされるのは、子どもにはかなり辛い)

子供の頃から思い込みが激しく、精神的に人を殺してまで追い詰め、影響下に置こうとするんで
私と姉は完全に壊れた
(例:祖父の形見と同じものがお宝鑑定番組に出て、高額鑑定される
=金になる!と売るように迫る
断っても断ってもしつこく迫る
終いには私を育てるのに幾らかかったか、私がそれを持つ事は許されないと四六時中騒ぎ、根負けするか、マインドコントロールされて、手放すまで追い詰める
で、自主的に手放したんだから私は悪くないと言う感覚)
とにかく、自分の思った通りに行動しないと、しつこく追い詰め、結論は自分でやったんでしょ?私は知らない、責任は自分の繰り返し

636: お茶 2012/11/20(火) 09:16:59.32 ID:WZgSiIa+
以前私はお茶を習っていました。 
井戸端会議みたいで、
わき合い合いとしてて楽しかったです。 
そこへ勘違い男H君が入ってきました。 
私は最初からH君にイヤーなものを感じて、
事務的な会話以外一切しませんでした。 
「茶器はこうして洗います。」とか
「道具はこうやってしまいます」とか位でしたね。



しばらくするとH君の態度が馴れ馴れしくなってきました。
先生が「私ちゃんにお茶を立ててあげるわね」
といってるのに、H君が私にお茶を立てて出してくる。
メンバーと一緒にいるのに私にだけ挨拶をする。
茶器を片づけてるとすり寄ってくる。

「私ちゃぁぁぁん(はぁと)。ダメじゃない(はぁと)。
もぉぉぉぉ、めっ(はぁと)」
私:ぞぉぉぉぉ・・・
そして先生もそれを容認してる状態でした。
これは絶対おかしい。

私はH君がいない時「H君がおかしいんじゃ
ないかな」とみんなの前で話しました。
案の定、H君は「私ちゃんが僕(H君)のことを
好きなんだ」と周囲に言いふらしてたそうです。
先生は二人は仲がいいんだと思ってたそうです。

私「私はH君がヤバイ人物と思ってたから、
事務的なこと以外は一切会話してない。
私の個人的な話はしてないずだから。
メアドも交換もしてないし。」
みんなも「二人が個人的な会話をしてるのを
見たことがない」と言ってくれました。

A「でもH君は私ちゃんと個人的な会話
したことになってるよ」
私「えっ・・・」 
B「これって恋愛妄想じゃない?」

一同、H君は完全におかしいという結論に。

716: 名無しさん@HOME 2012/04/26(木) 06:56:21
小学三年生の時、いつもの様に親友(友子としておこう)の家に遊びに行ったら知らない年下の女の子がいた。
この子誰?と聞くと友子の従妹だという。今日一日は面倒見なくちゃならないらしい。

最初こそ人見知りしてきた従妹ちゃんだったが、すぐ打ち解けて三人で遊んだ。
そのうち、友子が何でだか忘れたけれど用事があって30分くらい外に出て行ってしまった。

しばらく従妹ちゃんと遊んでいたが、トイレ行ってくると言ってしばらく帰ってこなかった。
おかしいなーと思い、探してみると、台所で冷蔵庫をあさっている従妹ちゃん発見!!

私「人の家の冷蔵庫あさったらダメなんだよー!!」
従妹ちゃん「あれを一口でいいから食べたいの!!」
と冷蔵庫の奥にある友子母お手製のショートケーキ?が置いてあった。
私「おいしそうだけど…ダメだよ。友子が帰ってくるまで待とう」

と言うと従妹ちゃんぽろぽろ泣き出した。

260: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/02/10(水) 21:46:23 ID:zhrp3tkf
数年前に某携帯ショップで働いてた。 
その時はリーダーの30代のおばさんと私の二人のシフトで、若い男性が解約に来た。 
普通に手続き済ませて、お決まりで
「宜しければ理由を教えて下さい」
的な事を最後に言うんだけど、まあ大体あやふやか、そう細々と話してくれる事は当然ない。

でも、その人はちょっと黙って、それからぽそっと
「…もう、先が長くないんですよ」
私らは一瞬意味がわからず反応出来なかったんだけど、お構いなしに、堰を切ったように話しだした。
「もう手術しても遅い、全身に広がってる。薬とかで遅らせても苦しいだけ。
だから何の処置もしない事に決めた。半年、或いはその半分ももたないけど。
今日は携帯解約して、明日は部屋を引き払う。私物は全部処分して、ちょっとぶらぶらして、いよいよ動けなくなる前に、病院に行く」
と途切れ途切れに話してくれた。
抑揚もなく、訥々と話すのを聞いてる内に漸く事情が呑み込めた。

リーダーの方が早く立ち直ってて、
「差し出がましいですが、ご家族は?」と尋ねるも、
「そんなの、いやしませんよ」と返ってきただけだった。
それじゃ、と言って店を出ようとするので、咄嗟に
「有難うございました」と言ってしまった。
今思えば何が有難うだ、気を使えよって自分でも思うけど、何か言わないとと思った。
でも、ごめんなさいとか頑張れってのは違うと思った。
その人は表面上は気を悪くした風もなく、ちょっと困ったように笑って、
「聞いてくれてありがとう」といって、とうとう出て行ってしまった。

今はもうその仕事はしてないけど、携帯ショップとか見かけるとたまに思い出す。
あの人が覚悟を決めていたのか、それとも諦めていたのかは分からないけど、
生とか死とか、そういうのをすごく衝撃的に印象付けられた。


236: 名無しさん@おーぷん 2015/01/05(月)18:02:34 ID:???

大学の時、ゼミの友人に彼氏を紹介された。
痩せて背の高い、眼鏡かけた大人しそうな男性だった。
他学部の学生で、「私のこと一目ぼれなんだってw」と自慢してた。
友人は確かにすごい美人なので、流石だなーと思った。
いつも友人は彼を連れて歩いてたので、
その後も何度か彼と話す機会があった。


しばらくして学食で彼を見かけたので話しかけると、ひどく落ち込んでた。
持病があること(マルファン症候群)をカミングアウトしたら、
友人に「気持ち悪い」の一言と共に、その場でフラれたらしい。
あんまりに落ち込んでるので、
とりあえずその日の授業を捨てて彼の話を聞き、
家まで送って行った。
連絡先も交換し、「愚痴なら聞くからね」と伝えた。

それが旦那との馴れ初め。

そのゼミ友人からは、
「私のお古どう?」とか
「病気持ちって知ってて付き合うとか。頭おかしいの?宗教?」とか
散々からかわれたので着拒した。

結婚も、子供作る時も二人で散々話し合ったが、
今のところ家族楽しく健康に暮らしてるし、
悩んで作った子供も結局マルファンでなかったことにもホッとしてる。

ゼミ友人のことは、嫌がらせ当時は恨んだけど、
今は私の幸せのお膳立て係をしてくれたのだから、
悪く思っちゃいけないなと反省してる。





310: 名無しさん@HOME 2013/04/24(水) 22:42:12.00 0

多分身バレはしないと思うんだけど、
自分の若い頃の修羅場。 
小学生でモアレ検査っていう、
側湾症っていう勝手に背骨が曲がる病気にひっかかった。 
再検査することになって、詳しく調べたら悪くって、
医者に「なるべく早く手術を」ってすすめられたんだけど、
そうしたら、親が「背骨が曲がっても、
自然のままで生きていけばいい」 
って、手術しない方を選択した。
医者はけっこうキレて、
「好きにしろ!」っとか怒鳴ってたと思う。



それから5年経って高校の時、
どうしても腰が痛いし、明らかに背骨が曲がりだして、
親に手術させてくれって頼みこんだけど、
両親は拒否した。

肋骨とかが圧迫して、
呼吸とかもしにくくなるから、走るとしんどい。
だんだん目で見て曲がってるって分かってくる。
担任もヤバいと思ったみたいで、
両親に三者面談の時とかに話してくれたけど、
「教育方針の違い」で片付けられて手が出せない。

金がないのでも、愛されてないのでもない、
盲腸とかの手術は普通にさせてくれるし、
本当に普通の親なんだけど、
この手術だけはがんとして拒んでいた。
「死ぬ危険性が1%でもあるなら、やらせられない」
って泣かれたこともあるけど、
何回も入院や手術したことあるから、
本当に意味分からない。
何とか分かってもらおうと訴えても、
「反抗期」「お前も親になったら分かる」で全部片付けられた。

285: 名無しさん@自治スレ参加募集中 04/09/15 03:31:35 ID:sCZ9sCzt
最近耳が遠くなってきて、周りから
「難聴になったんじゃないの?」って言われるほど聞き返したり、
テレビの音を大きくしたりしていて自分でも気になっていた。
耳垢は自分でキレイに取っていたし、やっぱりこれはおかしいと思い
耳鼻科に行って、小型カメラみたいなので左耳を覗いたら
耳垢は全部取ったと思っていたのに、耳栓みたいに耳垢がギッシリ詰まってた!
医者にも「こりゃ聞こえないはずだわ」と言われて
ピンセットで取ってくれようとしたけど、固くなりすぎて取れない。

これ以上は鼓膜をキズつける恐れがあるからって、
耳垢を柔らかくする薬みたいなのを耳に入れられ、待つこと15分、
もう一度ピンセットで取ってもらうと ゴワァッ ジョワァッって
水中から陸に上がった時のような音がして、急にライブ会場にいるみたいに
周りの音が大音量で聞こえるようになった。

しばらくは慣れなくて手で耳ふさいでたw
特に紙のカサカサする音が鼓膜に響いてすごかった。
こんな体験生まれて初めてですた。

539: 名無しの心子知らず 2013/01/18(金) 15:36:29 ID:yyYkFI66


ある日、小学校から帰ったら妹が泣きながら玄関に迎えにきた。
何??と思ったらそこへ隣のおばちゃんがピンポン連打でウチに来た。
ただならぬ雰囲気だったのでドアチェーンをしたままドアを開けたら
「開けろ~~!娘を返せ~返せ返せ返せーーーーー!」と言いながら
すごい勢いでドアをガンガン引っ張り開けようとし
ちドアチェーンの留め具のネジがパン!パン!と2つ外れた。

このページのトップヘ