今日の人気記事

病気

288: 名無しさん@HOME 2006/07/20(木) 11:17:24
 
はじめていえました。 

私が原因の不妊だったので、ずっと何をいわれても仕方ないんだと 
思って耐えてきたけれども、ようやくいえました。 
そして今後は接触しないという念書もとれました。 
「甥くんのようなどうしようもない子供を産むくらいなら、 
産めないほうがましです。また、産んで姪ちゃんのように

あなたたちにひどい扱いをされるような目にあわせる子がいなくて

よかったと思います。

今後、私たちは、姪ちゃんと義兄さんとしかお付き合いしません。

他の方が今までのようなことを行った場合は、法的措置をとります。
あなたたちとは『他人』です」

それまで20年ずっと耐える嫁しかできなかったけれども、
姪ちゃんにこちらのスレを拝見してイメトレした結果です。

はじめてコトメに心からの笑顔で話すことができました。



283: 名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2015/04/02(木) 15:20:41.90 ID:7yIRrdlq.net
すみません、長文です。

37歳 現在12w双子妊娠中です。(DDで8割くらいで二卵性らしい)
過去に8年前と5年前に正常児を出産。
その後3年前と1年前に17w、20wでの後期流産を経験。
もう少しプライベートが落ち着いたら不育症等々の検査を受けておこうかと
思っていたところにの双子を妊娠(自然妊娠)

流産時、胎児の検査は受けておらず、
今までと同じ個人病院での出産を予定して受診した今回ですが、
双子は無理とのことで総合病院に転院。
そこで経過を見た医師から初めて私か夫が染色体転座のキャリアである可能性を聞き、
羊水検査を受けるべきかの決断を迫られています。

元々、年齢や、過去の経験から出生前診断は受けるつもりでいたけれど、
クアトロ等、母体血液での検査は双子は対象外、と聞いたので、
つい先日都内のクリニックで初期胎児ドックを受けたところ、
NTも心臓も尾骨も問題なくリスクは低い、と聞いてちょっと安心していたところでした。

中の人が一人だったら迷わず受けるところですが、双子だけに費用は倍かかるらしい…
片方だけの中絶はできないのに片方だけ問題アリ、だったらどうすんだ、
とかもう頭ゴチャゴチャです…

やっぱり受けるしかないかな…




81: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/08(火) 02:40:04.58
そのうち俺ら夫婦、新聞に載るぞwという話。
ネタだと思って読み飛ばされたし。 

結婚して5年以上、子供ができなかった。
することは人一倍していた。仕方なく不妊治療。
で、誘発剤のようなものを使用したところ、
めでたく懐妊、それも双子。俺たち歓喜!

2年後「もう1人欲しくない?」と嫁言い出すが、
「次は自然にまかせていいじゃないか」と俺。
自然に任せてたら3つ子懐妊w
自然じゃねえと病院に行くと、

「1回産道使ったんで、通りやすくなったんでしょうか」
医者、あてにならん。

これ以上は勘弁と、避妊を検討。
嫁が処置するか俺が手術するか。
「俺が避妊体質になったら安心してよそで遊ぶかもしれん」というと、
「どっちがいいかお医者さんに聞きましょう」
夫婦で病院にいって処置の検査を受ける。
「おめでとうございます。ご懐妊です」

俺も嫁も呆然。おまけに
「双子の赤ちゃんですね」

5年で7人産まんだろ、普通は。
嫁「出産後にくくりますから、
こいつ(俺)のも手術してくださいw」

俺の稼ぎもそれぞれの親の金も、子供のために続々と出て行く。
嫁はハリガネみたいに痩せた。
家族団欒というよりはカオスの世界だ。

でもがんばってる。


245: 名前は誰も知らない 投稿日:2011/03/11(金) 19:14:29.16 ID:6ezcB0+tO

スレチだと思うがどこに書いたらいいかわからん。
聞いてくれ。

元嫁が俺が精神病んで入院中に男作って出てった。

当初は恨みもしたがいまは憎いとか恨めしいとは思ってない。
ちょいちょい連絡したり会って飯食って
悩みとか聞いたり相談乗ったりしてた。

なんてお人好しなんだろな、俺。

だってまだ好きなんだもん。

まーそうこうしてるうちに元嫁妊娠。
相手の男には夢があるらしく夢を追いたいから結婚できないらしい。
結婚するってんなら諦めもつくのにね。

まぁそんなこんなで先日も会ってきたのよ。
体調悪いって言うから家にお見舞いがてら行ってきた。

なんかグダグダしてたら帰れなくなって一緒に寝たのよね。
まぁ夜の意味でも寝たのよ。

後悔してる。今でも正直大好きやし。
どうしても今すぐ会いたいと思う。
元嫁想いつつ泣きながら一人遊びしてる俺なんなんだろうねww

知人にこんなこと話せないしオマエラに吐き出してみた。
正直しんどいし誰かどうにかしてほしいわ。


369: 愛とタヒの名無しさん 2010/11/10(水) 17:21:25
親が子どもの決めた式の内容が気に入らなくてぶち壊したことがあったよ
新郎の友達で出席したのだけど、新郎新婦が勤めていたレストランを借り切ってのウエディング
新婦側両親と新郎は母は二人の希望通りにやってほしいと全面的にバックアップ
ただ問題は新郎側の父親(ちなみに新郎母とは離婚している)で、昔ながらの神前式をしつこく二人に要求してた
よくある例で「金は出さんが口は出す」の典型で、新郎親戚を多数呼んで宴会風味なのをしたかったらしい
お金がないわけではない(新郎の家はかなり土地で潤っている)のだんらただのケチ
結局折り合いがつかず新郎父は怒りのままに不参加決定

そして当日
無事式は始まりご飯も新郎新婦の上司たるオーナーシェフが腕を奮いとてもおいしい
メインを半ば食べたくらいで式も終盤のころ…
新郎父が顔を真っ赤にしながら来襲
家から持ってきたと思われる消火器をぶちまけやがった…
自分の思い通りにならない式なんてぶち壊してやると言わんばかりに撒き散らす
大混乱のレストラン内、それでもダメージ少なかった男たちで父親を取り押さえた
それでも暴れるので倒れたテーブルのクロスでふんじばって拘束
その後は消化液が目に入ったり吸い込んで気分悪くなったりした人を搬送するのにおおわらわ
父親は新郎が通報して逮捕、レストランオーナーや被害者にも訴えられ数千万の多額の賠償金を背負った


281: 愛とタヒの名無しさん 2008/02/17(日) 16:46:22
新郎が、式に出席した新婦の知人(ほぼ他人)に一目惚れ。

新郎、脳内が沸く。
招待状の送付先を調べて新婦知人に会いに行く。
新婦知人、迷惑だと新郎を追い返す。
新郎、何故かトチ狂ってストーカー開始。
新婦知人、新婦に苦情。
新婦と新婦両親が新郎を問い詰める。
新郎、「彼女と僕は運命の恋人」
「君と結婚したのは彼女と出会うためのステップだっただけ」
「彼女も僕を愛している、それはよく理解している」
「というわけで別れてくれ」

新郎新婦、式から1ヶ月で離婚。
新郎、新婦知人にプロポーズ。
新婦知人、転居して逃亡することに。
その費用を新郎両親に請求する。
新郎両親、新婦が仲良くもない知人を人数合わせで呼んだせいと責任転嫁。
新郎両親と新婦両親が裁判寸前。←今ここ

一方その頃、新婦は新郎の友人に相談している間に恋心が芽生え、
新郎友人の職場に「来ちゃった…v」をやって追い返されていた。

お前らお似合いだな。


367: 名無しさん@HOME 2014/01/26(日) 20:44:41.20 0
流れ切ってしまいすみません。
初めての書き込みと、文才ない為、不手際等ございましたら申し訳ございません。
スレ違いの場合は誘導お願い致します。
またフェイク込ですので、おかしな点ございましたらすみません。
長いです。

◆現在の状況  先ほど夫に「出て行け」と言われた
◆最終的にどうしたいか  出て行きたくはないし、離婚する気もない
◆相談者の年齢30歳・職業会社員・年収400万(手取り額)
◆配偶者の年齢28歳・職業無職
◆子供 2人(2歳・0歳)
◆結婚年数
◆子供の人数・年齢・性別
◆親と同居かどうか 別居

続く


775: 名無しさん@HOME 2012/07/04(水) 06:17:59.40 0
結婚前からさんざんな目に合わされてきたウトが、昨日癌だと夫から聞かされた。
心にもなく「初期なんでしょ?初期なら治るもんね」と明るく励ます妻っぽいことを言いつつ、
心の中では「まあ、初期だったとしてもそんなに長生きはしないんだな」とホッとした。
弱ってきたらちょっとはかわいそうと思うかもしれないけど、今のところどうでもいい。
リアルではこんなこと誰にも言えないけど、正直ガッツポーズしたい気持ち。


424: 名無しさん@HOME 2012/05/23(水) 06:22:36.36 O
肝臓ガン餅のウト。
なまじ金はあるから、自費で最先端の治療を受けまくって、入院する部屋も立派な個室(トイレ、風呂、台所、家族の仮眠部屋つき)で、見ていて痛々しいくらいだった。

結婚前に家に遊びに行ったら、結婚の条件を何個もつきつけてきて、
「息子(今の旦那)には、もしもの時に臓器を提供するよう頼んでて、息子も快諾している。
だからその時には嫁として文句を言わず従いなさい」とか言ってた。

数日前、検査したら急に余命数ヶ月と言われたらしい。
もう高齢で、受けたかった臓器移植も大学病院での最先端治療も難しいそうだ。
今ウトも義実家もエネ夫な旦那も「お父さんがかわいそう」って大騒ぎしてるけど、
結構恵まれた環境で治療してたので、勝手にどうぞって感じがするよ。


このページのトップヘ