今日の人気記事

冷めた

435 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/15(土) 19:00:53 ID:fPH4uM+/0.net
結婚3年。娘10ヶ月。
携帯代が3万~7万。注意すれば
「育児で他にやることないから電子コミックしか読むことがないからしかたないじゃない!」
美容代も2万~3万
ジムに行って、夜ポテチ食ってるしそれじゃ
痩せないだろ。
人が家事をやりゃあ何かと小言。
うちの両親にもあたりがキツイし…
もう限界がきた。娘には申し訳ないが
離婚を、決意した。


94 :名無しさん@おーぷん 2017/09/18(月) 09:39:08 ID:iCn
よく楽しそうに妹の話をしていた彼氏が実は妹なんていなかったこと。
それ以外は優しいし趣味も合うし話も面白く、イケメンではないけど好きな顔で細マッチョの最高の彼氏だった。
ある日突然、改まって「話しておきたいことがある」というから何かと思ったらその話だった。
なんでそんな嘘ついたの?と聞くと、付き合う前の飲み会で私が「妹いる男性が好き、私にも兄がいるから相性が良い」と言っていたからだと。
その場では私に好かれたいためにそんな嘘ついたなんて馬鹿だけど可愛いなぁって思ったけど、冷静になって結構リアルな妹のエピソードを話していた彼氏を思い出したら急に気持ち悪くなって別れた。

78 :名無しさん@おーぷん 2017/09/11(月) 23:58:24 ID:k6c
就職直後から9年間、「嫁とは何年もレスだし家庭内別居中。離婚秒読み状態。必ず君を幸せにする」
というありがちなセリフを鵜呑みにして妻子持ちの上司と付き合っていた。

上司はすごくモテていたにも関わらず、二人きりの時には「君が一番だ。いい女だ。離さない」と私にぞっこんなのでアホな私は鼻高々。
デートはわざわざ県外へ行き、折半して部屋も借りた。とにかく全てが彼色。
周りが結婚しだしても全く焦らなかった。なんてったって真実の愛(笑)がこの手にあるから。

そうこうしている間に私はアラサー、上司は45歳。深くなったシワも上がらない肩も頻尿ぎみな所も全部愛してた。
愛してたんだけど、ある時白髪の増えた頭を撫でながら ふと
「この髪も皮膚も、何だかんだで帰りを待ってる奥様の手料理で出来ているのよね」
「こいつの唾液も汗もその他もろもろ色んなものも、知らない女の作った飯から出た老廃物なんだよなぁ」
「うわ汚ったね」
そう思い出したらもう止まらない。元々私はそんなに優しくない。幸せそうに私の膝枕にうずまる中年男性の頭部をゴン!と床に落とし、
「お前さぁ、なんでそんなに年老いてんの?」
って聞いてみた。何かを察した中年男性、服を着て荷物をまとめて合鍵を置いて出て行った。

その後すぐ退職し、色々どうでもよくなって別の上司と交際0日でスピード婚。
今年で45歳になった夫も、いつかの誰かさんよろしくシワも白髪もあればYシャツも黄ばむ。肩も腰も痛い。
でも可愛くてたまらない。あの頃は若かったなーとしみじみ思う。

48 :名無しさん@おーぷん 2017/08/30(水) 10:09:27 ID:vJ4
おっとりイケメンの元彼、「新車納車されたけどカーナビ付いてなくてさぁ~
担当の女の子が『ごめんなさぁい><私ってばドジ~><』って泣いて謝るから許してあげちゃったぁ^^」
「プライベートでも連絡くれるいい子だからさぁ、結局お金の事も言えなかったぁ~^^」
と言うので、それって公私混同じゃね?誤摩化されてるからきちんと差額返金して貰おうよ!と説得してもニコニコヘラヘラ。
一緒にいるといつか大損こきそうなのでさっさと別れた。
元彼と仲間から冷たい女扱いされたけど、ああそうですよとCO。

その後今の夫と付き合いましょうか、となった時に
リスクマネジメントを兼ねてこの話をしたら「俺は”泣いて済むなら警察いらへん”の精神やな」と言われ、やっとスッキリした。

41 :名無しさん@おーぷん 2017/08/29(火) 01:58:10 ID:1oQ
大学時代にちょっとあほで可愛いなーと密かに好きだったサークルの先輩
20代後半になった頃に職場が近いことがわかり数回2人で飲んだ
やっぱり可愛くて、どこか抜けてて放って置けないというか、守ってあげたくなるような感じは当時のまんま
仕事は事務をしているらしく、営業とかでばりばり働くイメージないもんなーと思った

何度目かの帰り道に、意を決して告白したらOKをもらったが「付き合うなら言わないといけないことがある」と言われた
バツイチか?子持ちか?早く結婚したいとか?といろいろ頭を駆け巡った

「仕事、事務してるのは本当だけど、社員じゃなくて役員なの」
あほ可愛いと思ってた先輩が役員でしっかり仕事してる話を聞いて、なんかすーっと冷めてしまった
自分でも最低だとは思うが先輩には謝って告白は無かったことにしてもらった

74 :名無しさん@おーぷん 2015/08/04(火) 21:54:19 ID:3Zo
「君が放ったナイフは僕の心臓をえぐり、更に周りの人まで傷つけた。
君はどこまで僕を傷つければ気が済むんだ?
君はどこまで僕を追い込めば気が済むんだ?
僕は十分に償いをしただろう?
そんなに僕が憎いのか?そんなに僕を恨んでいるのか?
君はそんなに醜い人だったのか?
一度は僕を愛したんだろう?
一度でも愛した人をここまで貶めたいのか?
いい加減君は過去を捨てた方がいい。過去に囚われていい事なんて一つもないだろう。
もう憎むのはやめよう。 博愛という言葉の元に。」

元旦那からメールでは無く、友人を介してレターが届きました。
なんか私が悪者みたいになっていますが、浮気をしていたのは元旦那の方。
離婚原因が浮気というのが職場である役所に広まり、更には浮気相手が同じ職場と分かり四面楚歌になっているそう。
自業自得ですよね。こちらは高みの見物をさせて頂くとします。

186 :名無しさん@おーぷん 2017/09/30(土) 09:09:28 ID:PLy
氷点下に冷めて別れたばかり。
彼、私には一ツ橋の法学部卒って言ってたけど、
実際は高卒で法律事務所の事務で5年働いていただけだった。
今は別の会社で経理事務やってる。
学歴詐称よりも、そんな嘘がバレないと思ってる頭の悪さに冷めた。
そんな大事なことを嘘ついてプロポーズとかどうかしてる。
別れ話したら「俺が一ツ橋じゃなかったら付き合わなかったんだろどうせ」って言われた。
面倒臭いので「そうだよ、だから何?」って言ってやった。
一ツ橋卒だって聞いたのなんか、
私の方から告白して数ヶ月後だったことすら忘れてるのかい。
なんかもう色んな意味で自分を殴りたい。

467 :おさかなくわえた名無しさん 2013/10/08(火) 14:17:21 ID:R6qU2MmJ
彼がオンラインゲームにハマって、仕事を頻繁に休んだり早退するようになった
デートの約束も何度もすっぽかされるようになった
そのオンラインゲームの話をよくされるんだけど
「なんとかっていうダンジョンで、すごい効率の悪いやつと当たっちゃって、すげー暴言吐きまくってやった」
とか聞かされても、やってないこっちからしたら意味不明
いい装備ゲットしたと言われて写メ見せられても、もちろんわかるはずない
いろんな話を聞きたくもないのに聞かされるけど、聞いてる限りなんか殺伐としてるw
彼曰く「ネトゲは時間と効率との勝負。下手なやつやにわかはやらんでよし!てかやるな!」
え、ゲームって楽しくやるもんじゃないの?なんでそんなにギスギスしてんの?

彼から、「(私)とのことはちゃんと将来の事考えてる。頑張って結婚資金二人で貯めようね」と言われ
結婚したら、ゲームにハマって頻繁に会社休むやつを私が支えなきゃいけないの?無理ですw
ってことで別れた

381 :おさかなくわえた名無しさん 2013/10/05(土) 15:12:13 ID:gM+S+pJq
何も自分で決められない男と付き合っていた。
そのくせデートをする時は前日までにすべての行動を決めておかないと気がすまない。
待ち合わせ場所から買い物する店、食事をする店、お茶をする店
各店舗への到着時間なども決めておかなければいけない。
会いたいと言われて予定をあけるも、どこにいきたい?どうする?何する?決めて?というばかりで、
全部私が決めなくてはならない。
万が一時間が余ってしまった場合は、どうする?どこ行く?決めて?ばかりで自分で考えようともしない。
そして行くあてもなくただ歩き続け会話もなくそのまま帰宅コース。
お前の行きたいところが俺の行きたい場所だ。お前の喜ぶ顔が見たい等言っていたが、
家に帰って彼のブログを見ると、歩き回って疲れただの、優柔不断な女は困るだの不満ばかり。
ブログやSNSでは別人格を装って出来る男のように振舞っている姿を見て一気に冷めた。
26にもなってメニューすら自分で決められない男なんて…

451 :1/2 2013/10/08(火) 00:43:16 ID:7Gskxy2d
入籍直前までに多額の借金を隠されていたのが一番冷めた瞬間だけど前々から冷めはじめてて疑問に思ってた行動を吐き出させてください

なぜかかわいい?写真を撮ってくれないこと(一応断っておくけど私はナルシストではありません)
以前お付き合いしてた人や、それ以外の友人とかでも観光地とかに行ったときには
はしゃいだ写真や笑顔で写った楽しそうないい写真をお互い撮りあったりしてたんだけど
なぜか彼はわざとシャッターのタイミングをずらして白目の写真や食事の途中の油断した顔の隠し撮りとかしかしてくれなかった
(よく芸能人とかを叩くときに使うような変顔のキャプ画みたいな感じです)

このページのトップヘ